下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

晴海トリトン

晴海 吉亀寿司

今日は「鉄道の旅」です。
鉄道の旅
日本人は時間にきびしいから鉄道が時刻どおりに走るというわけじゃないんです。日本人は時間にルーズなほうじゃないですか。それなのになぜ日本の鉄道が時刻表どおり正確かといいますと、それは、じっは、線路がたりないからなんです。外国だと、ちょっと輸送量が増えると、すぐに線路を複線にしたり、複々線にしたりするようですね。線路容量といいますが、線路がたっぷりとあるんです。 
ところが、日本では、なかなか線路を増やそうとはしませんね。たとえば、東海道本線を複線のままにしておいたり、東北本線など、かなり長いあいだ単線でした。これがもし外国だったら、とっくに線路を倍にしていたことでしょう。日本では線路を増やさずに、列車の連結車両を多くしたり、ドアを多くして乗降を早くすませて停車時間を縮めようとしたり、そういった方向で、問題を解決しようとしてきました。 
もちろん、日本は超過密な国で、とくに大都市の周辺は、おそろしく地価が高いからそうなるのかもしれません。 
少ない線路の上を各駅停車は走る、特急は走る、そのうえ、貨物列車は走るとなると、時刻どおり正確に走らなかったら、当然、全線大混乱になってしまいます。だから、正確に走ることが厳格に義務づけられることになるわけです。
「私の途中下車人生」宮脇俊三著より転載

日本の鉄道の運行が時刻表通りになっているのは地価が高い為に線路が足りないからなのですね。

確かに日本人は時間のルーズのようです。
日本国民に「時間をきちんと守り、欧米並みに生活の改善・合理化を図ろう」と呼びかけ、時間の大切さを尊重する意識を広めるために設けられたのが「時の記念日」ですからね。
時刻表の正確さを知っているだけに、日本人は時間に正確だというのは、誤った擦り込みです。
多分どこの会社でも会議の終わる時間はルーズのはずですからね、このことが日本人の時間のルーズさの証明です。

ところで今日のフリネタは「鉄道の旅」です。
個人的には仕事で使う新幹線の旅以外は「鉄道の旅」が好きです。
なぜなのでしょうか・・・
「鉄道の旅」は人の生活を感じる事ができます。
その土地の文化にふれることができます。その文化にふれることが独得の風情を作っているのでしょう。
特にお国訛りはいいようのない郷愁をかきたてられます。
また地方地方の風景は独自の美しさを持っており、見知らぬ生活のかおりがすぐにでもたちこめてくるような雰囲気すら感じます。
車窓から地方の町並を見ていますと、はっと胸をつくような、なつかしいもの、忘れていた物などで胸を押しつぶされそうになることもあります。

札幌勤務の時によく東北にいっていました。
一度青森で朝一の打合せが終わりJRで仙台に向かったことがあります。
確か青森→八戸→盛岡→一ノ関→小牛田→仙台という387km、約7時間の長旅です。
約7時間東北弁のシャワーを浴び続けていました。
訛りのきつい東北弁ですがそれでも日本語ですのでだいたいは分ります。
東北の人ってなんて素朴なんだろうと心から感じいったものであります。
あのとき車窓から見ていた美しい海岸線の集落が先の東北大地震で大被害をうけてしまった事をTVの画像で確認した時には胸がふさがれるような気持ちになりました。


昨日英キャサリン妃(Catherine, Duchess of Cambridge)が男の子を出産しました。
世界各国も祝福しています。英デイリー・メール紙によると、この度のRoyalBaby は過去100年間で最もおっきい赤ちゃんだったみたいです。すみませんupのtimingが遅れましたm(__)m



IMG_6453

IMG_6448

IMG_6445

IMG_6447
今日は晴海トリトンに出没です。
最初トリトン内のレストランで食べようと思ったら超満員でした。

IMG_6449

IMG_6450

IMG_6451
待つ気にもなれないので近隣の晴海グランドホテルに向かいましたら、レストランはガラガラだったのですが予約の方のみランチのようで、入店拒否されました。
なんじゃい、ここはホテル内レストランでしょう!

IMG_6452
ここからはジプシーです。
炎天下34度の気温の中、私の食べ歩き勘ピューターがたよりです。
さまようこと15分脳みそが暑さで沸騰してきました。
株式会社サークルKサンクス本部の方に行けばなんかなるかなと重たい足を引きずりながら出向いたところ、なな何とお寿司屋さんがありました。
まさに砂漠のオアシス状態といっても過言ではありません。
今日のお店は「吉亀寿司」晴海センタービル店です。

住所: 東京都中央区晴海2-5-24 晴海センタービル1F
電話:03-3533-5501
定休日:不明

IMG_6464
お店の外観です。

IMG_6462

IMG_6463
店内の雰囲気です。

IMG_6458
メニューです。

今日のオーダーは「ちらし」950円です。

IMG_6457
Welcome drinkです、嘘です。
業者の方の出張試飲サービスです。
二杯もいだきましたので少し元気が戻ってきました。
私は走っている時の暑さは苦にならないのですが、歩いている時の暑さは苦になるのです。
何故でせう・・・

入店する直前に上から目線の仕切りやのオバさんがいて、すごく感じ悪いのです。
普段ならすぐにこのようなお店はでてしまうのですが、なにせ30分近く彷徨していましたので、このイヤなオバさんの指示に従いました。

IMG_6459

IMG_6460
待つこと4分で「ちらし」の着丼です。
いわゆる東京の下町の並ちらしです。
その証左がネタです。
黄色い沢庵、とびっこ、かまぼこ、椎茸の煮物が乗っかっており、魚は鮪、いか、えび、コハダと並寿司メンバーです。
味ですかシャリによく酢がきていて温かいこと以外は見ての通りの味です。

IMG_6455
で〜もここのお店はすし以外のメニューが充実しているので大衆食堂的に使用すれば宜しいのではないでしょうか、まして席数多いですし、そんなに混んでもいませんのでね。

それでは(^_-)

晴海 イケ麺

今日は「君子豹変」の話です。 

大学3年の時銀座の三愛でアルバイトをしていた時の話です。

当時職場の課長は井上課長といって見た目ダンディですが大人しくどちらかというと影の薄い方でした。さらに申せば出世も大分遅れていたようです。
しかしたまに外人のお客がきますと売り場の女性が井上課長を呼びにきます。
何故かといえば、この井上課長は外国語が堪能なのでした。
といっても英語と独逸語だけなのですが、とても流暢なものでした。

ある日売り場のお局(つぼね)さんにそれとなく、井上課長、何で語学堪能なのですかね、と聞きましたら、大学は▲▲だし、お父さんの仕事の関係で中学までドイツで暮らしてみたいよ、とのことでした。
▲▲大学か!私の先輩じゃないですか、と記憶に刻みこんだのです。

しばらくして井上課長と話す機会があったので、躊躇(ためら)いながら、実は私、井上課長の大学の後輩なのですが、といいますと、そのようだね、履歴書見ていたので知っていたよ、とのことでした。
最近の大学の話聞きたいから今度飲みに行くか、とお誘いを受けたのです。

次の金曜日、井上課長から今日大学の悪友と飲みに行くから、一緒に来ないかと、声をかけられました。
その日の夕方、その悪友さんと、井上課長、私とで小粋な風情の小料理屋の暖簾をくぐりました。
しばらく取りとめない話をしていたのですが、少し興がのってきたころ、悪友さんが井上課長の旧悪を暴露し始めたのです。

この井上課長ってすごい方だったのです。
この悪友さんは柴田さんっていうのですが、その柴田さんが課長に成り立ての頃、上司と折り合いが悪く、会社を辞めようかとまで悩んでいて酒席でその行く末を井上課長に相談したそうです。
すると井上課長は、俺にまかしとけ何とかするから、と励ましてくれたそうです。

飲んだ次の日の昼前、柴田さんが昨日の酒が抜け始めたころに、受付の女性から困惑した声で電話があったそうです。“柴田課長、柴田課長の友人と称する方が「社長に会わせろ、頼みたいことがあるんだ!」”と叫んでいるんです、どうやらお酒を飲まれているようでかなり強行に申し入られるので応対に困っています。とのことでした。

柴田さんは全身から血の気がひき、あわてて五階の事務所から一階の受付まで脱兎の如く階段を駆け下りて行ったそうです。
すると井上課長が真っ赤な顔して“社長を呼べ”と声高に談判していました。
柴田さんは井上課長を取りなしながら会社の外に連れ出したそうですが、本当に驚いたそうです。

柴田さんは、今では笑い話だけど、まさか酒を飲んで会社にくるとは思わなかったよ、と言われていました。
井上は感情量が豊富でその中に宝石のように妙に透き通ったところがあり、それが酒を飲むと突然と洪水状態になっちゃうんだよな、としみじみと語ってくれたのでした。

しかし世の中、一見大人しそうな方が豹変すると怖い、という話をよくききますが・・・
それにつけても、大学の先輩、井上課長のことをあらためて見なおしたのでした。

今日の画像は天の川です。
日本とちがって迫力が違いますね!
天の川

天の川



今日は晴海トリトンに出没です。
今日はトリトン1Fのフードコートにある「イケ麺」さんです。

住所: 東京都中央区晴海1-8-8
:03-5144-8257
定休日: 無休

IMG_8704
お店の外観です。

IMG_8705

IMG_8706
店内の雰囲気です。
休日のランチタイムなので大半の方はジョッキを片手に食事を取られています。

IMG_8707

IMG_8708

IMG_8710
今日のオーダー「平打チーズカレーつけ麺」@850円です。
このお店はオーダーを頼むとワイヤレス子機が与えられ、それを持って席で待っています。
だいたい10〜15分で“出来ましたョcall”があります。
ブルブルッて子機が振動したので"出来ましたョcall"です、カウンターに取りに行きます。
見ためは美ウドンです、はたして美味しいのでしょうか?

それでは実食です。まずつけ汁に麺をつけてたぐってみました。
オゥオゥ、パンチがあるじゃないですか、いけます。
トロケチーズがmild accentになっています。
平打麺もgoodな食感です!

しかし付け合わせのトマトまではよかったのですが、タマネギを投入したあたりから急にethnic的振舞いが顕著になってきました。ウーン、何なんだこのウドンは、気分はもうVietnamです・・・これ以上は適切なcommentが見当たりません(笑)
イケ麺、オソるべし!
個人的には牛肉と人参あたりでお茶をにごしてくれても充分に結構だったのですがネ?
でも美味しかったですよ

それでは(^_-)


晴海 2010年 ぽっぽっや 1st

今日は「七福神信仰」の話です
ぽっぽっや51
もともとこの七福神信仰は室町時代からあったといわれています。人間の七福である寿命、有福、人望、清廉、愛敬、威光、大量を七人の神に結びつけ、上から寿老人、大黒天、福禄寿、恵比寿、弁財天、毘沙門天、布袋の順になります。しかもこの七神の選び方はまことにバラエティに富んでいるのです。恵比寿だけが日本土着の神で、あとはインド産が大黒と毘沙門、中国産が福禄寿と寿老人、唯一女神としての弁天さん、そして布袋にいたっては中国の唐の時代の実在の和尚であるといいます。神道、仏教、道教を全て総合、外来文化と土着文化とが習合して独自のものを形成したのです。
江戸末期に、さらにこれが神社寺院とくっついて、信仰というよりも一種の行楽としてその巡行が盛んになったといいます。
「それからの海舟」半藤一利より転載
なるほど七福神信仰は寺社の観光政策だったのですね。ちなみに下町っ子の七福神巡行は三囲(みめぐり)神社の恵比寿と大黒、弘福禅寺の布袋、長命寺の弁財天、白髭神社の寿老人、多門寺の毘沙門天、それに百花園の福禄寿です。言問橋からずっと北の方に川沿いに鎮座しています。ここを訪ね歩いて、それぞれの陶器製の小さな福神を購って、七福全部そろったところで、宝船を買って乗合船に仕立てるという趣向です。
ちなみにこのパチリは私の奥様が友人と鎌倉江ノ島七福神巡行をした時の各寺社での揮毫の一部(寿老尊)です。なかなか格調高いものですね、はたして御利益は如何に(笑)

今日は晴海トリトンに出没です。よってトリトンといえば云わずと知れた「ぽっぽっやラーメン」さんです。

住所: 東京都中央区晴海1-8-16 晴海トリトン3F
電話: 03-5144-8259
定休日:無休

ぽっぽっや52
お店の外観です。

ぽっぽっや53
店内からの景色です。さわやかな冬空ですね、雲ひとつありません。

ぽっぽっや54
今日のオーダーは初挑戦の「とんこつ塩らーめん」@900です。フリートッピングは野菜多め+玉ねぎ多め+にんにくです。それにしても盛がスゴイですね、丼からこぼれんばかりです。ちなみに、何で塩ラーメンは醤油より+100円高いのですか、と聞きますと、通常スープに塩を入れているのではなくて、別途手間隙かけて塩餡子を作っているからです、とのことでした。そういえば私の質問に答えてくれたお兄さんは、少し前までホールスタッフだったのですが、厨房に格上げされたようでヨカッタデスネ!

ぽっぽっや55
相も変わらぬ荒縄麺です。味ですか、これはペケポンですね。塩味がはっきりしません、サワヤカ系でもありませんしさりとてコクアリ系でもないのです。また隠し味なのか、ミジンコのように乗っけられた“サクラエビ”の香りも変に鼻につきます。
最近醤油味は安定して美味しくなってきたのに残念です、兎にも角にも“塩味”は難しいのです、さらなる精進を期待するところであります。

それでは(^_-)

ぽっぽっ屋 晴海トリトン店

烏賊(いか)って鳥(とり)賊ではなく烏(からす)賊って書くのを知っていましたか。これは烏賊(いか)が死んだふりをして海面に浮かび、餌にしようとして食べにきた烏に足を絡ませ水中に引き込み食べるからです。
でも烏賊(いか)の歯ってそんなに強いのかしら?
でもこれを知って鳥嫌いの私としては、烏賊(いか)好きだったのがさらに好きになりました(烏賊君迷惑

今日のお店はラーメン二郎系の 「ぽっぽっ屋晴海トリトン店」 です。
住所: 東京都中央区晴海1-8-16 晴海トリトン3F
電話: 03-5144-8259

今日の獲物はとんこつ醤油ラーメン@800です。

ここのお店門前仲町にある焼肉屋のオジサンが経営しています。
さらにトリトン内にある焼肉屋(トラジ?)もこのオジサンが経営しています。

しかしこのお店味が安定しません。そういえばラーメン二郎の創業店もそうでした。
でも昔は二郎の二階にあった雀荘にオジサン(総帥)自ら出前してくれたのであまり悪口はいえませんね(笑)

ここは調理人が一定しません。それとなぜかほとんどがミャンマー人の調理人が作っています、何故なんだろう?
ここの一番の欠点はキャベツです。たまに鮮度が悪いときがあって臭いの不味いのって何で味見しないのだろうとミャンマー語で言いたいくらいです。
あと木耳も当たり外れが多いいナ。
それとスープがぬるいのです。ミャンマー人は猫舌?
一時日本人の調理人がいたので、研修はどこでやるのときいたらそれはポッポ屋小伝馬町本店だそうで門前仲町の焼肉店ではないようです。でもそんなに研修は長くないみたいですね。

ここまで読んでいると不味いように思えるかもしれませんが、そんなことはありません。今日みたいに美味しい日もあります、でもマレですけれどね(笑)。
しかし好きだからグダグダいうのです。
最後にお店の入口の床の油のヌメリは綺麗にしましょう。
足の悪い時何度も滑りそうになり恐い思いをしました。

それでは(^_-)

Totto!DEL ManMa!

Totto!DEL ManMa!(トット!デル マンマ!)意味は多分お母さんのお魚かな?
晴海トリトンにできました。
毎日タコ部屋状態なのでブッチギレて、21:00に仕事を終わらなくても終わらせ行って来ました

住所: 東京都中央区晴海1−8−16
電話番号:03-5547−2255

味ですかナナ何とマジに美味しいですね。
最初はネギペペロンチーノ@980です。


ネギが多すぎるかもしれませんけれど、アリオオーリーオの重厚な味付けには決して多すぎることはありませんでしたネ(笑)

そして灰干さばグリル@580です。


これもさばの美味しさを十二分にかもしだしています。
というか「イタメシさば」はとても心をトキメさせます。

現在この店開店キャンペーンでお店の前のドリンクサービスチラシを手にとってお店に入れば、生ビール一杯がただです。
私の大嫌いなチャームも拒否れます。
さらに私の大好きなチューハイ濃い目も受け付けてくれます。
これからの季節はオープンテラスも利用でき東京湾の潮の香りも楽しめますヨ。

確かな調理人がいるイタ飯屋さんですね。
お勧めします(是非)

それでは(^_-)

晴海トリトン 鴻星海鮮酒家

すみません今日も21:00という早い時間に終わったので同期と部下とで飲みに行ってしまいました(ヘラ)。

今日は映画「マジックアワー」のイントロダクションです。
マジックアワーとは、映画の専門用語で夕暮れのほんの一瞬のこと。太陽が地平線の向うに落ちてから、光が完全になくなるまでわずかな時間にカメラを回すと、幻想的な画が撮れると言われています。一日のうちで世界がもっとも美しく見える瞬間、それがマジックアワー」ザ・マジックアワーオフィシャルサイトより転載。

マジックアワー
これは朝日なので、これの少し前の時間ですかね

要は光源がないので、陰影がない綺麗な写真が撮れるとのことです。
そして三谷監督が言いたかったのは、人は誰でも一日の内に最高に輝く瞬間があるよ、もしも今日なくても明日、あるいは明後日、あるいは近い将来に必ずその瞬間が来るから一日々を頑張って生きて行こうぜというエールなのですね。この映画面白そうです、絶対見に行きます。


今日のお店は晴海トリトン内3F階にある「鴻星海鮮酒家」です。
そして今日の獲物は「福建チャーハン」@1,260です。



このお店当Blogで二回ほど書きましたけれど最低です。
前回も接待飯でなければ二度と行かないと宣言しましたが、今回は接待飯なので懲りずにいってしまいました。
味ですか、赤阪四川飯店総帥陳健一に「料理の鉄人」に勝ったシェフの店とは思えません。最も勝った人は香港在住なので直には関係有りませんが・・・

接客悪い、熱々でない、味はハッキリしないという三重悪です。今回で三回目ですが何ら改善されていません。こんなチャーハンどこでも食べられます(怒)
場所が良いのでで賑わっているだけなのでしょうか、それともランチのみ手を抜いているでしょうかネ

今回もお取引様からもこれは美味しいと一言も言われずに、ひたすら商談を続けていたほどですから押して知るべしですネ(笑)

それでは(^_-)

訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ