今日は「どうなのでしょう?其の弐」です。
この時代に生きる 私たちの矛盾
#scene2 この時代に生きる 私たちの矛盾
アメリカのコメディアンの奥様が亡くなられた時に、牧師さんがお葬式で語った説教だそうです。
皆様、ご自分への戒めとして如何でしょうか・・・

ビルは空高くなったが人の気は短くなり
高速道路は広くなったが 視野は狭くなり
お金を使っているが 得るものは少なく
たくさん物を買っているが 楽しみは少なくなっている

家は大きくなったが
家庭は小さくなり
より便利になったが 時間は前よりも少ない

たくさんの学位をもっても
センスはなく
知恵は増えたが
決断することは少ない

専門家は大勢いるが
問題は増えている
薬も増えたが
健康状態は悪くなっている

飲みすぎ吸いすぎ浪費し
笑うことは少なく
猛スピードで運転し
すぐ怒り 夜更かしをしすぎて 起きた時は疲れすぎている

読むことは稀で
テレビは長く見るが
祈ることは とても稀である

持ち物は増えているが
自分の価値は下がっている
喋りすぎるが 愛することは稀であるどころか憎むことが多すぎる

生計の立て方は学んだが
人生を学んではいない
長生きするようになったが 長らく今を生きていない

月まで行き来できるのに
近所同士の争いは絶えない
世界は支配したが 内世界はどうなのか

前より大きい規模のことをなしえたが
より良いことはなしえていない

空気を浄化し
魂を汚し
原子核を分裂させられるが
偏見は取り去ることができない

急ぐことは学んだが
待つことは覚えず
計画は増えたが
成し遂げられていない

たくさん書いているが
学びはせず
情報を手に入れ 多くのコンピューターを用意しているのに
コミュニケーションはどんどん減っている

ファーストフードで消化は遅く
体は大きいが
人格は小さく
利益に没頭し
人間関係は軽薄になっている

世界平和の時代と言われるのに
家族の争いは絶えず
レジャーは増えても
楽しみは少なく
たくさんの食べ物に恵まれても 栄養は少ない

夫婦でかせいでも
離婚も増え
家は良くなったが
家庭は壊れていることを忘れないでほしい

愛するものと過ごす時間を
それは永遠には続かないのだ
忘れないでほしい

すぐそばにいる人を抱きしめることを
あなたが与えることができるこの唯一の宝物には 1円もかからない
忘れないでほしい
あなたのパートナーや愛する者に『愛している』 ということを
心を込めて
あなたの心からのキスと抱擁は傷をいやしてくれるだろう
忘れないでほしい
もう逢えないかもしれない人の手を握り
その時間を慈しむことを愛し話し
あなたの心の中にあるかけがえのない 思いを分かち合おう
人はどれだけ呼吸をし続けるかで決まるのではない
どれだけ心のふるえる時間があるかだ


どうなのでしょうか、いわゆる警世家の牧師の説教という事で宜しいかと思います。
最後のparagraphの最終行当りの“人はどれだけ呼吸をし続けるかで決まるのではない
どれだけ心のふるえる時間があるかだ”は胸に響き、腹に落ちます。
人生でどれだけ心のふるえる時間即ち感動している時間があるのでしょう?
有限な人生ですので須臾(しゅゆ)即ち瞬間、瞬間の積み重ねを大事にしていきましょう。
飄逸奔放(ひょういつほんぽう)の人生も大いにありだと思いますが、できればこのような感動の裏打ちが伴えばさらに素晴らしい人生になると思います。
アメリカの牧師は気のきいた説教をなさいますね、日本の宗教家特に仏教徒の僧侶は是非とも見習ってほしいものです。


私と周波数の合う人はきっと気に入ると思うカバーのPVを紹介させていただきます。



IMG_5778
今日はお茶の水に出没です。
時間は21時です。
たったいま打合せが終わり会社に戻るかどうか考えていましたが、それを考え始めたら急に疲労感に苛まれてきて、その思いは自然と消滅しました・・・
こんな時にはスタミナをつけないといけません。
ということで今日のお店は以前から訪問候補店にしていました「豚野郎」さんです。
スタミナつきますかね?

住所: 東京都千代田区神田駿河台2-6-15 3F
電話:03-3219-9322
定休日:日曜日

IMG_5777

IMG_5762

IMG_5765
お店の外観です。

IMG_5769
店内の雰囲気です。

IMG_5764

IMG_5766
メニューです。
日中はこの階段が大行列になるみたいですね。

IMG_5770
水入れです。
何かすごく大きいですね。
よっぽど味がしょっぱいんでしょうか・・・

本日のオーダー「豚丼(小)+温玉」@480+@100=580円です。
本当は中豚丼以上にしたかったのですが疲労感と空腹感がtoo muchなので小となってしまいました。
でもあまり食べたくない時は無理してもね・・・

IMG_5772

IMG_5771

IMG_5774
待つこと16分で、豚丼の着丼です。
見た目、美味そうじゃない丼、です。
ちなみに小豚丼はご飯が200g、豚肉が150gだそうです。
よかったです、中豚丼(ご飯400g、豚肉200g)にしなくて、この量で充分です(笑)
それでは温玉を丼センターに格納するために豚丼の真中に穴をあけます。
うまくセンターに収まりました。
肉はドンブリの御飯の表面を綺麗に覆うように並べてあります。
所謂薔薇盛風情です
中央にのせられた緑色のワケギが目に鮮やかです。
豚はバラ肉で、濃厚甘醤油ダレを漬けながら焼いていますので、食欲をそそる香ばしさがたちこめます。
肉の表面はカリカリで中のお肉はjuicyあんどvery softです。
味ですか?
おっおっ、美味しいじゃないですか!
濃厚タレも美味しく、御飯が進みます。
プラ〜ス温玉がnice assistです。
久々の超ウマウマですね。
この美味しさには舌鼓が乱打状態となってしまいました。
なにかすごく元気出てきました(笑)

IMG_5779

IMG_5781

IMG_5780
食後御茶ノ水橋袂の交番脇にあるロッテリアでcoffee breakです。
就職が決まった頃、丁度この並びの反対側にあるアテネフランセに、入社してから英語力は必要だろうという事で親友のウダと英会話に通っていました。
通い始めたのは大学4年生の冬でした。
大学での英語は一般教養でしたので、二年前には英語の授業をfile closeしておりました。
従いまして英語そのものをかなり忘れていたのです。
アテネフランセの英会話って授業は厳しくて、その上にすごい宿題があるのですよ。
最初のうちは真面目にやっていたのですが、その内に得意の怠け癖が首をもたげてきてやらなくなり、同じクラスの開成高校の二年生の子に、おべんちゃらを言っては宿題を写させてもらい一体何をしに来ているのか分からなくなってきました。
いつも授業を終わった後はお茶の水の安酒場で反省会をしていたのですが、要は酒を飲むために来ているのであれば、それならば高い授業料を払ってまで飲みに来る必要はないよね、と二人で勝手に結論づけして揃って退校しました。
今思い出しても、本当に何をしに行っていたのかな、と反芻する青春の蹉跌であります。

それでは(^_-)