下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

日本語学校

神田 ビストロ 石川亭 リターンズ

今日は「日本語ムズカシイデス」の話です。
日本語学校
たまに日本語を勉強中のカナダ人と話すのですが、日本語は難しいと言います。
まずよく聞き取れないといっています。
たとえば「乳母車(うばぐるま)」とか「御御御付け(おみおつけ)」なぞはイジメにちかいと申していました。
まあこれは話す日本人がこれらの言葉をキチンと一語一語をしっかりと発音しているわけではなく、口の中でもぐもぐ言っているからですね。
ましてすべての日本人はこれらの言葉を正しく聞きとっているわけでもなく、前後の話の流れから理解していますので外国人からするといきおい難易度が高くなるわけですよね。

次に母音で構成されている名詞に戸惑っています。
たとえば「かいぬし(飼主)」と「かんぬし(神主)」の「い」と「の」を言い間違えただけで全く通じないとか。
「真面目(まじめ)な人」というつもりだったのが「みじめなひと」と言ってしまったのですが、逆にjokeとして受け取られて問題なかったとか。
さらに申せば、ある外国人が酒屋に梅酒を買いにった時に、梅酒という言葉を失念した為「うみのしゃけ」くださいといったら、家(うち)は酒屋ですといって、丁重に断られたそうです。
この外国人は「梅の酒」をください、といったつもりなのに、全く通じなかったのですね。
英語では第一アクセント第二アクセントが明確に定義されており、まして子音が多用されているため、たとえば「サプライズ」を間違えて「サプガイズ」と発音してもなんとなく通じますものね。

さらに日本語のお約束です。
外国人がよく使う「昨日は天気が暖かったですネ」ですが、日本人は「昨日は暖かったですネ」といえば昨日の天気のことをいっているんだなと即座に分かる為に「昨日は天気が暖かったですネ」といわれれば逆に違和感を感じます。この辺りの言い回しも外国人にとって理解しにくいようです。
他に「昨日は暖かいです」も違和感がありますね。日本人は「昨日は暖かったですね」と言いますので、きちんと過去形でいわないと、これまた違和感を感じます。
もう一つレストランで既にきている料理以外を追加しますと、ホールスタッフのお姉さんは「伝票をおあずかりします」といいますが、実際に行われているのは既にテーブルに置かれているレシートに追加オーダーを加算をしているのですよね。
このレベルになると外国人は理解不能の領域に入るようです。確かにこれを理解するのは難しいですね(笑)

丁寧語も難しいのです。
ある外国人は、「僕は、waterを『水』、dishを『皿』って日本語学校で習ったんだ。でも、日本でレストランに入ると『お水』、『お皿』っていうようね。どうして『お』をつけるんだろう」、と悩んでいました。
これを質問された彼の友人である日本人は、「丁寧な表現をするときは『お』をつけるんだ」と説明すると、その外国人は「それではriceは『おご飯』っていうの?」って切り返されて戸惑ったそうです。
一般的に、和語には「お」がつき、漢語には「ご」がつくといわれていますが、長年に亘って当り前に「お」と「ご」を使い分けている日本人は、これは和語だから「お」をつけるとか漢語だから「ご」つけるなんて考えて話している人は一人もいません。
これまた外国人にとって難易度が高いようです。

最後に電話の相鎚(あいづち)です。
日本人は電話で話す時に、「そうそう」とか「うんうん」とか相鎚をうちますが、外国人からすると、これは相手が何か理由(本人が嫌いとか等)があって、はやく電話をきりたがっているのだと思いこむ様です。
折角仲良くなった日本人と電話で話せるようになったのに、その相手が自分との会話を早く切りあげたいのかと勝手に思い込んでblueな気分になるみたいですよ。


こんなカーナビどこで売っているのでしょうか?



今日は神田に出没です。
偶然ビストロ石川亭本店さんの前を通ったら行列がなく、店内を覗くと空席もあったので吸い込まれてしまいました、black holeか(笑)

住所: 東京都千代田区内神田1-5-6 小山第二ビル1F
電話:03-3291-3158
定休日:日曜・祝日(ランチ予約不可)

IMG_1238
お店の外観です。

IMG_1242

IMG_1245
店内の雰囲気です。

IMG_1239
メニューです。

本日のオーダーは「本日のランチ」@1,100円です。
内容は前菜、小エビのエスカベッシュ、主菜、豚ロースのグリエ、黒コショウソースです。

IMG_1240

IMG_1241
前菜、小エビのエスカベッシュです。
エスカベッシュって、鯵の南蛮漬けみたいな・・・と想像されたりする方がおられるのですがけっして「油で揚げて漬ける」料理ではございません。要するに、マリネなんです。
味ですか、これは小エビがプリップリッしていて食感最高です。
これはスゴイですネ。
少し遅い入店ですと売り切れですものね、納得の一品です。

IMG_1243

IMG_1244
主菜、豚ロースのグリエ、黒コショウソースです。
漢(おとこ)の料理です。
黒コショウの香辛料powerが全開です。
これまたベースのマッシュポテトと合せて食べるとこのお店の屋根を突き抜けんばかりの美味しさです。ちょっと肉はかたいが、個人的には好きな味です。
この豚ロースのグリエはいいな、また食べに来ましょうhappy01

それでは(^_-)


静岡市 驛麺通り

今日は「日本語学校での面白い話」です
今日ラジオで日本語学校での面白い話をしていましたのでご紹介します。
1. 勘違い
「立って言ってください」と先生が生徒にいいますと、その生徒いきなり「た」って言った。
2. あれは何て言うんですか?
・スプーンは日本語で何ていうんですか、フォークは?
・醤油皿で仕切りがあるものを持ってきてこれ何て言うんですか?→答えは「薬味醤油皿」だそうです…知ってる日本人は少ない
3. 単語を知らない
・隣に死んだ人がいます→本人は「隣は墓地です」と言いたかった
・一番最後から一番最初の人→本人は「ビリ」と言いたかった
4. 日本に来る前勉強したテキストが変だった
・「素敵なお召し物ですね」といわれたら「こんなのはボロでございます」というと思い込んでいる
・「そうでござるか」が丁寧な言い方と思い込んでいる
5. 単語をうろ覚えている
・マリさんがウロウロしている→おまわりさんがウロウロしている
・カラクチは何種類有りますか→宝くじは何種類ありますか
結構可愛いですね(笑)
ちなみに外国人が一番聞き取れない日本語は「乳母車」だそうです。

ここのところ忙しくてお昼が食べれなかったり遅かったりしています。
今日もお昼は15時です、決してオヤツではありません(笑)

驛麺通り1
この看板に引き込まれて入店しました。

住所: 静岡県静岡市葵区黒金町46 JR静岡駅 アスティ静岡
電話番号:054-205-3730
定休日:無休

驛麺通り2
今日のお店は静岡の「驛麺通り」さんです。お店の外観です。


驛麺通り3
今日のオーダー「和歌山スペシャル」@780です。

驛麺通り4
甘辛く煮た豚バラと卵黄が特徴です。味ですか、美味しいじゃないですか。駅構内にあるので甘く見ていたのですが、かなりのレベルです。お約束のスープも熱く、細麺もよくこの豚骨スープにからんでイケます。侮って失礼しましたという感じです(笑)

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ