下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

方言

高田馬場 べんてん 6th

今日は「標準語孝」です。
昨日栃木県は那須に打合せに出向きました。
そこで取引先の工場長と打合せが終わった後、呼んでもらったタクシーが来る間、雑談をしていました。
この工場長、栃木県は宇都宮生まれの宇都宮育ちなので、今日の今日まで標準語を話していたつもりだったようです。
先日地元の有名な行事がNHKでTV放送されていたのを偶然見ていたそうです。
するとその行事の紹介の中で地元の方のinterviewがあり、こともあろうにその地元の方の会話の下に字幕が流れていたのでした。
それを見てこの工場長は愕然としたそうです。
といいますのもこの工場長が那須で普段話している言葉は多少抑揚が語尾上がりになってはいるものの、決して方言ではなく、換言すれば栃木弁は標準語と信じていたからなのです。確かにこの工場長の日常会話は、栃木弁特有の語尾上がりがわずかに見受けられるもののほとんど標準語といってもよいと思うのです。
しか〜しそのわずかな語尾上がりが曲者なのです。

実は私の奥様も栃木県出身です。
普通の会話はほとんど標準語アクセントですが、何気ない時に語尾上がりがでてしまうのです。
奥様は東京ではシティガールで通したいらしく、常日頃栃木県出身であることを極力隠蔽?しようとしているのですが、やはり何気ない時に露見してしまうのですね。
そしてそれを私に指摘されると、仕方ないでしょう、栃木出身なんだから、シモツカレ「栃木県の郷土料理(煮物野菜)、個人的には野菜のクサヤだと思っている」好きなんだから、と逆ギレするのです。
例えが悪いのですが、薬物中毒でも深刻な薬物ははやめる事はできるのですが、ヘロインとかニコチンのような軽度の薬物はやめられないのと同じだと思うのです。
事程左様に軽度の方言(抑揚、アクセント)は抜けないのです。
日本人は単独民族で且つ右顧左眄(うこさべん)を必須とする民族なのでこの方言を隠したい気持ちは宣(うべ)なのかなと思います。

”久し振りに手を引いて、親子で歩ける嬉しさに・・・♪”
戦後の日本の数知れぬ人々がこの親しんだ歌を歌い続けた歌手の島倉千代子さんが亡くなりました。
私は亡き母が好きだったこともあり、島倉千代子さんには懐かしさがあります。
それにしても切々と歌う魂のビブラートは心に染みわたりますよね。
多分ですよ、島倉千代子さんをここまで私達に印象付けしたのは、タレントのコロッケさんの影響があるかと思います。
個人的にはこの「東京だョおっ母さん」を聞くたびに、皇居前で(歌では宮城)で記念写真を撮っている方々の飛びかうお国訛りがイメージさせられます。
また一つ日本人の情念を託せる昭和の歌い手が消えましたね・・・
合掌です。


久しぶりに嬉しいニュースです! 日本人ダンサーの蛯名健一さんがアメリカで最も素晴らしいタレントとして表彰されました。紹介の動画をじっくり見てください。



IMG_7675
今日は人間ドックなので朝早く会社に行って懸案をかたづけてから病院にダッシュ。
ここ20年、どこも悪いところはないで賞、をいただいておりました。
今年も同様かなと思ったら軽度の動脈硬化ですと・・・why?
例年なら
I feel like congratulating myself! (自分自身をほめてやりたい!)
ということでいつもは人間ドックの後、高田馬場にある行列のラーメン屋「べんてん」さんに行くのですが、動脈硬化にoily且つhigh calorieなラーメンはまずいでしょう!
で〜も今年も行ってしまいました。
やはりね、人間ドックのあとはね、「べんてんラーメン」さんですよね(笑)

住所: 東京都豊島区高田3-10-21
電話:03-3208-3790
定休日:日曜日

IMG_7669
お店の外観です。

IMG_7667

IMG_7673
食前と食後の行列風景です

IMG_7670
メニューです。

IMG_7671

IMG_7672
今日のオーダー「塩こがしラーメン(麺少なめ)」@850円です。
待つこと29分で入店です。
あんど待つこと10分で「塩こがしラーメン(麺少なめ)」の着丼です。
見た目、食欲をそそるぜ、ラーメンです。

それでは実食です。
本日のスープの塩味は過不足ない感じです、イケてます。
アゲネギとニンニクは少しパンチがない感じですが、あまり強すぎますと塩味を相殺してしまいますので丁度良い頃合いかもしれません。
麺はみずみずしくプリプリとしていて美味しいです。
「べんてん」さんはやはり麺でしょう。
と言いつつ味わい深いメンマもloveです。
程良くトロケルチャーシューもbravoです。
ここのラーメンは美味しいですね。
で〜も健康の為にラーメンを食べるのは年に一回がお約束でしょう(笑)

それでは(^_-)

新宿 人形町今半

今日は「津軽弁わがんね〜っきゃ」です。

その地方に根付いた独特の抑揚を持つ方言。若い世代はテレビから流れる標準語を聞いて育つので、あまり使用しなくなったと言われている。
例えば旅行で知らない土地に着いた時、最初に耳から聞こえてくる言葉が、今まで聞いたことのない不思議な響きを持つ方言だった時の感動ったらない。同じ日本国内なのに、まるで未知の世界に足を踏み入れた気分になれる。

この動画は、青森県北部、津軽半島の北東部にある東津軽郡外ヶ浜町蟹田駅で、地元のおばあちゃん2人が会話をしているところを録画したものだそうだ。
たわいもない世間話をしているのだそうだが、何を言っているのかわかったかな?地元の人ならおそらくわかるのだろうと、まさに映像に出てくるこの地(蟹田町)で生まれ育ったという友人に翻訳を頼んだところ、全部完全には聞き取れなかったそうだ。
なのでそのおかんに通訳してもらったのだが、ほんとうにたわいもない世間話だったようなので冒頭のみを紹介しよう。

やんべなあと思って、わ今、分別してらだばって
(やばいなあと思って、私今分別しているんだけど)

まあま とっちゃ なんも知らねえだ
(まあ、お父さん何も知らないのよ)

いーのおやじ、磯さ行ってしまっただ
(家のおやじ、磯に行ってしまったし)

わー行くめえに、それ今聞けるわけだば、ほんずだ、ばかだの、のーれ しからいるって。
(私が行く前にそのこと、今聞こえるわけならあほだばかだっていっぱい叱られるんだ)

さっちんもまだ青森にいるんだ。したはんで、まだしらねでいずれはいまいけばなあってはー。しゃべるんだばしからえでまうだ。
(さっちんもまだ青森にいるんだ。だからまだ知らないでいずれは今いけたらなあって・・・話したら叱られてしまうんだ)

元気にだばきけでまるべなな
(元気だと聞こえてしまうね。)

あのとおりびろたらして、ねるしてる
(あのとおりよだれたらして寝てる)

むったし昼飯くうもんだべ、一日のうち2日もくるもんだべ へば 今度そのあどおいさよってくどいででいぐのさ
(いつも昼ご飯たべにくるんだ。1日に2回も来て、そのあと私の家によってくどいていくのよ)

みんなへふったごともきけでまるわげさあーふふふ
(全部おならしたことも聞こえてしまうわけなのよー。ふふふ)


この女性らはどうやら病院に行く為に駅で電車を待っているようで、駅にくるのにバスを使ったのだが、バスが停留所にくる時間が変更になったみたいで、スコップで雪かきしてる時にバスが通ったので、バスを止め、運転手に話をして少し待ってもらって、慌ててスコップおいてバスに乗ってきた話とかをこの後していたようだ。
「よいこの方言講座:おばあちゃん2人が駅で話す津軽弁(青森県東津軽郡外ヶ浜町蟹田駅)」 カラパイアより転載

たちねぶた

立ねぶた
あずましなー、ばっちゃの津軽弁っていうのは嘘です。
正直6割位しか理解できませんでした。
札幌にいたときは東北地方には良く行っていましたが、津軽は五所川原(太宰治、吉幾三の故郷)と青森しか行ったことがありません。
親しい取引先に、来週津軽に打合せに行く、って言ったところ、その取引先から津軽弁は北海道弁の様に分かりやすくはないぞ、とさんざん脅かされたのです。
よくよく聞けば函館弁(函館弁のベースは津軽弁)が強くなまったものだと言われたものですので、んだ、わったっった(わかったって)、って返したもののすこし不安になっていたのです。最後の最後は筆談にすればいいじゃん、と嘯(うそぶ)いて当地に入ったのでした。

行ってみたらなんのことはない、標準語が通じること通じること、ほとんど痛痒を感じませんでした。地元テレビも標準語で放送されていましたしね、no problemです。
二回目に津軽に訪れた時に打合せの後で取引先に飲みに誘われたのです。
一軒目の郷土料理のお店で、取引先にお酒が入ったせいか少しずつ会話に津軽弁が入ってきたので、コミュニケーションが取りにくくなってきました。
そして二軒目は取引先行きつけのスナックです。
まったく会話が“わがね(わからない)”でした。
私が東京ものなのでserviceで津軽弁を使ってくれているのかと思っていたのですが、そんな気持ちはさらさらなく、津軽さきて津軽弁を話せないおめがわり(貴方がいけない)、というような事でした。
あまりの夜郎自大(尊大に振る舞うこと)さに、さすがにキレまして、取引先が泥酔してきたのを潮に携帯でタクシーを呼んで勝手に帰ってしまったのです。

そうそう次の日は五所川原駅から青森駅に向かう予定だったのですが、ここの電車の時刻表を甘くみていたがために、約3時間電車が来るのを待つことになったのです。
だいたいタクシーの運転手さんも、五所川原駅にいくのだったら電車は三時間くらいありませんよ、って言ってくれてもよさそうなものなのに駅に着いたら事務的に降ろされたのです。真冬だったので待合室の寒さに耐えきれず、駅前の酒屋兼雑貨屋さんにわけを話して中で待たせてもらうようお願いしたところ、こころよく受け入れてもらい暖をとることができました。その節は大変にお世話になりましたm(__)m

いずれにしても中国のような多数の民族が存在する広大な国ならともかく、ほぼ単一民族で構成されている上、国土もそれほど広くない日本国内において、同一の言語内でこれほどの多様性があるのは驚きですよね。世界的に見てもおそらく日本以外に類を見ないレベルでしょう。
明治になってから、その為に標準語(話し言葉)を制定するのですが、時の明治政府はすごい苦労をしています。この話は後日また書かせてもらいます。


長かった夏休みも今日で終わりです。
それにしても会社に行っている時は一週間をとても長く感じますが、夏休みの一週間は本当に須臾(しゅゆ=ほんの少しの間)のきらめきのように感じます。
明日からはまた戦うビジネスマンに変身しなければなりません。

IMG_6704
今日は代々木で奥様を帯同して自宅のrenewalの打合せです。

IMG_6706

IMG_6711

IMG_6732

IMG_6709
打合せが終わったら丁度お昼時でしたので代々木から新宿(正しくは千駄ヶ谷)に移動して高島屋さんに伺いました。今日のお店は「人形町今半」新宿高島屋店(精肉店)さんです。

住所: 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 新宿タカシマヤ B1F
電話:03-5361-5952
定休日:不定休(高島屋に準ずる)

IMG_6717
お店の外観です。

IMG_6724
厨房内の雰囲気です。

IMG_6720
「人形町今半」明治4年正月の新聞記事です。

IMG_6715
メニューです。

私の今日のオーダー「すき焼弁当(肩、モモ、バラ肉=80g)」@1,575円です。
奥様のオーダー「ステーキ丼(モモ=80g)@1,575円です。
地下1階店ですので、絶対に並ばないとよんでいたのですが、大スベリしました。
待つこと20分で席に着くことになりました。

IMG_6723

IMG_6725

IMG_6729

IMG_6728
待つこと9分で「すき焼弁当」の到着です。
見た目、老舗のすき焼じゃん、弁当?です。
牛肉は3〜4枚程度で後は豆腐、お麩、ネギ、チンゲン菜、しらたき、しめじで脇を固めています。
牛肉は確かに柔らかくて美味しかったのですが、しか〜しねです。
コスパは悪いと言わざるを得ません。
で〜も老舗の味が楽しめたので良しとしませう。

IMG_6726

IMG_6730
待つこと9分で「ステーキ丼」の到着です。
ステーキ丼は、大きめの蓋付きのお椀に盛られます。
肉はミディアムレアに仕上げられており、6切れに切り分けられていました。
肉はすごく柔らかですが、ここもやはり80gの呪縛を解き放つことはできませんでした。
味ですか、美味しいですよ、で〜もねです。
奥様は老舗の雰囲気が味わえたので良しとしませうと言っておりました。
似た者夫婦のようです・・・

IMG_6718

IMG_6722

IMG_6731
席の後ろの通路が業者や従業員専用の通路の為、買い物客は通りませんが、入退出をしています。
業者・アルバイトさん?以外は皆パチリのように深々と客側に対して挨拶をしていました。
武道をやっていた者としては、このような礼儀にかなった挨拶は好ましく思うものです。
このようなことを当り前に行う高島屋さんは好きです

それでは(^_-)

神田 神田天府

今日は「方言考」の話です。 
「安住伸一郎の日曜天国」を聞いていましたらラジオ沖縄で40年以上続いている人気番組「方言ニュース」を取り上げていました。
この番組は沖縄の文化、芸能、社会、政治、経済を味のある沖縄方言 には定評がある小那覇全人(おなは・ぜんじん)さん((1925年生まれ)と方言を通して沖縄の平和の心を伝える講演活動も精力的に行っている伊狩典子(いかり・ふみこ)さん(1931年生まれ)が月曜から金曜まで毎日放送しているものです。

次のURLがその番組の一部です。
音楽系データの加工技術がなくそのまま貼り付けますが、開始から23分8秒位からが方言ニュースです。お時間がありましたら聞いてください。画面の下段についているTime scaleをdragすれば簡単に聞けます。
如何ですかウチナーヤマトゥーグチ(沖縄弁)は。私は全く何を言っているのか分りません。いつも行くお寿司屋さんのお姉さんが沖縄出身だったで、たまさかiPODに録音したものが有ったので何を言っているのかを確認してもらいました。
お姉さんの解説では、最近の沖縄では沖縄弁で喋れない若者が増えているので、今の人達は沖縄弁を大事にして沖縄弁を残していかなければいけない、というようなことを言っているそうです。
当たり前なのですが、このお姉さんはこの難解な沖縄弁を完璧に聞きとれていました。これまた驚きです。さらに驚いたのは沖縄弁の文法は標準語と同じだそうで、語彙とアクセントが違うだけなのです。要は日本語なのですネ。
お姉さん曰く、沖縄でも最近核家族が増えてきて沖縄弁が話せない子供が増えてきているそうです。特に祖母、祖父がいない家庭ではその傾向が顕著のようです。沖縄県人としては寂しい限りだそうです。
私の奥様の実家、方言のきつい栃木でも最近若い人達は標準語を喋っており、栃木弁を喋っている若者は漫才のU字工事だけとか、勿論これは冗談ですが。
一昨年観光で行った高知でも土佐弁を喋れない若者が増えていると土地の古老が嘆いていました。そう言えば私の故郷、下町でも下町言葉=江戸弁を喋る人が少なくなってきており、最近では耳にするのは落語の世界だけです。
最近私のハマっている、大阪、船場はかつてこのような言い回しで喋っていたそうです。
「女かて、大阪の女(おなご)は昔から見よう見真似で、根性ある商いでけるもんだす、根性さえあったら、どんな小さなことでも目が通って才覚の利くもんや、あんたかて、お茶子頭なら、お茶子頭なりの才覚いうもんがおまっしゃろ、女同士でええ商いやりまひょな」
このような船場言葉(多分?)を話す大阪人もいなくなってきているのでしょうね。
時代の趨勢でしょうか・・・


須藤元気(Genki Sudo)「WORLD ORDER」の "2012"です。Performanceがまた進化しましたね!


今日は神田に出没です。
今日のお店は本場四川料理「神田天府」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田2-11-1 島田ビルB1F
電話:03-6206-9008
定休日:日曜日

IMG_0578
お店の外観です。

IMG_0579
メニューです。

今日のオーダーは「牛肉の四川煮定食(ライス、スープ、ザーサイ、杏仁豆腐、ライスお代り無料)」@780円です。
神田天府
実はこのお店は時間限定(12:45〜14:30)の4点セットがお得なのですが、多忙のビジネスマンには無理でありこのお店の好餌にはありつけないのです。

閑話休題おはなしはもどりまして
IMG_0580

IMG_0581
待つこと10分で着皿です。
見た目、美味しそうではないですか。それでは実食です。
四川料理の醍醐味は麻辣=マーラーと呼ばれる辛さです。麻は痺れるような花椒(ホワジャオ)と呼ばれる中国山椒の味、辣は唐辛子の辛い味のことです。
果たして四川の麻辣は再現されているのでしょうか。
辛いっ!すごいです花椒(ホワジャオ)の辛さが・・・
でも美味しい、特に牛肉が柔らかいのです。こりイケますね。
辛さが胃酸を刺激するのか、箸がすすみます。
辛さというのはそもそも調味料でなく熱量(hot)です、よって料理の美味さを倍加させる役割を担っているのです。従って料理が美味くなければ、どんなに辛くしても美味しくないのです。という意味でもここの料理は合格です。
次は時間をみつけて、4点セットにchallengeしたいものです、ハイ。

それでは(^_-)

練馬 ラーメン大 練馬店

今日は「方言徒然」の話です。
京都の舞妓さんは短刀(ドス)を見せるとき「ドスどす」というのでしょうか?

むかし山手線の液晶パネルクイズで「けーけけけ」とは鹿児島弁でどんな意味?という問題がありました。答えは「貝を買っていきなさい」らしいです・・・
これはあまりポピュラーでないそうです、確かに貝を売っているお店って少ないですからね。「こけけ」-->「こっちに来い」はよく使われるとか。

大学の時、鹿児島出身の友人が同じく鹿児島の友達に「わいぼらびんた」っていっていていました。
意味が分からず聞いたところ「わい」(あなた)「ぼら」(魚の名ですが、この場合はお馬鹿な意味)「びんた」(頭)、要は「お前馬鹿だな」っていうことらしいです。

長崎での電車の中の会話「あいとっと」「とっとと」とは「この席空いていますか」「いえとってます」とのことです。これはわかりますね。

静岡では「のろま」は「しょろしょろしてる」とか。

富山では「正座する」を「ちんちんかく」というそうですが、今では死語です-->富山で確認しました。良く使われるのは「ちんちんかかれんか!」-->「正座しなさい!」だそうです。

東京では「あたぼうョ」-->「あたりめぇだべらぼうめ」は死語になりつつあります。

北海道で一番難解な地名は「花畔」-->「ばんなぐろ」だと信じでいます。

何か肩の力抜けていますね、たまにはこういうフリネタもいいでしょう?


今日は仕事帰りに酒抜きで真面目に夕飯を食べに行きました、でも23時ですが。
今日のお店は「らーめん大 練馬店ラーメン」さんです。

住所: 東京都練馬区豊玉北5-32-9 フォレストヒラキ1F
:非公開
定休日:無休

ラーメン大1
お店の外観です。「ニンニク入れますか?」の惹句で有名なお店です。

ラーメン大2
お店の雰囲気です。気持ちよく店内パチリを許してくれました。

ラーメン大3
調味料の面々です、そうこのお店カレー粉がおいていました、エライ!
カレー粉好きな私は感動すら覚えました。

ラーメン大4
今日のオーダーは「ラーメン+野菜多め+ニンニクちょい入れ+魚粉」@600です。このお店二郎系かインスパイア系かは不明ですが、いずれにしてもその筋店です。
野菜多めにしたので、麺にたどり着くにはこの野菜の山を食べなければなりません。それでは食べ始めましょう。野菜は美味しいですね、この手の野菜に良く見られる臭みもなくスイスイと入ります。麺は太目の荒縄麺です、これは好きな麺ですね、固さもちょうどよく美味しいです。そしてスープです。熱くない、それにかなりoilyですね、oilyなためか味が薄く感じられます。仕方ないので卓上にあったカレー粉をガシガシかけます。すると意外とイケるじゃないですか、とても美味しいとはいえませんが、個人的には満足です。
コスパもいいし、店内も二郎系の様な妙な緊張感もなく結構でした。


それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ