下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

新門辰五郎

小川町 丸香

今日は下町番長「勝小吉」です。
私は勝海舟の父が書いた「夢酔独言」が大好きでよく読み、そして小吉親父の放蕩無頼ぶりに感動していました。この親父今で言うと「チョイ悪親父」ではなく「オオ悪親父」ですが、大酒を飲んだり(実は下戸)博打にうつつを抜かしたりするタイプではありません。
刀剣の目利きができることから刀の売買でシコシコと蓄財をします。しかしそこそこのお金が溜まると、趣味の着道楽につぎ込み、吉原で一流の花魁と遊ぶという、リッチではなくゴージャスな暮らしぶりです。そして新門辰五郎にも言わせしめるよう「江戸府下最大の喧嘩上手」でもあります。当該本を読む限り連戦連勝でした。勝小吉の一番の良さは友達を大事にし信義に篤いことですね、それと一度人に頼まれると騙される事も多々あるのですが誠心誠意に助けることです。
小吉のエピソードを以下に記しますので、その人となりを感じ取ってください。

5歳の時に喧嘩をして、相手を石で殴り口を切った。その後父親に下駄で頭を殴られた。
7歳の頃、2・30人を相手に1人で喧嘩したが敵わず、悔しいので切腹しようと思って脇差を抜いたが近くにいた米屋に止められた。
柔道の仲間に帯で縛られて天井につるされた。悔しいので皆が物を食べようとするとき上から小便をばらまいた。
小吉は生涯無役だったが、息子の麟太郎は将軍徳川家慶の五男初之丞の御学友に取り立てられた。小吉もこれを麟太郎の出世の端緒と期待していたようだが、初之丞は一橋家を継ぐとまもなく亡くなった。
島田虎之助を訪問したとき、不行跡の噂を聞いていた虎之助は小吉をあまり良く思っていなかったらしく、嫌味を言ってきた。小吉はかまわず吉原に連れ出して豪遊し、虎之助の度肝を抜いた。
地主の家で金が入用になったので、その知行地へ行って金策をした。村人が金を出し渋っているので「金策ができなければ面目がない。切腹する」と村人を脅し、とうとう金を出させた。首桶まで江戸から持参してみせたほどだった。
ある女に惚れてそのことを女房に言うと、女房は「その女をもらってあげる」と言った。自害してももらってあげるというので、小吉は女房に短刀を渡して遊びに出た。会った知人にそのことを話したら「女房に情をかけてやれ」と意見をされ、さすがに反省して家に帰った。
甥の男谷信友は幕末の江戸において力の斎藤・位の桃井・技の千葉と称された三代道場をもってしても歯が立たないといわれた達人だが、小吉は片手で捻ったという。新門辰五郎曰く「喧嘩で右に出る者なし」。ある意味、幕末最強の男と言える。
『夢酔独言』では、どうやって乞食をして歩いたかまで詳しく語っている。しかし仮にも武士の子が2度も出奔し本当に箱根の関所を抜けられるのかなど疑問があり、いくらか誇張も含まれていると考えられている。しかし「俺の真似をするな」と言いつつもやりたい放題の半生を子供たちにおおっぴらに書き残し、それがしゃべり言葉のように軽快に書かれていて、八方破れな小吉本人の声が聞こえるかのような面白い作品となっている。
勝小吉-Wikipediaより転載

当時の下町には下級武士(下級だから下町に住んでいる)がゴマメの様に犇(ひしめ)いていますので、このような町奴風の人がでて来るのでしょうね。
まして私が幼少の頃育った場所に生息していたのですから、堪らなく親近感を感じます。

今日のお店は讃岐人の“聖域”?讃岐人が絶賛する超繁盛さぬきうどん店「丸香」さんです。
住所: 東京都千代田区神田小川町3-16-1錦華通り お茶の水小南側
電話:非公開
定休日:日曜日、祝日、年末年始

丸香1
お店の外観です。

丸香2
店内の雰囲気です。今日は早くて15:50分の昼食です。しかし店内超混みです、すごいですね(笑)

丸香3
今日のオーダーは「釜たまうどん(熱)」@460です。最初は汁(つゆ)を掛けずに食べましたが、結構麺はショッパかったです。よって汁(つゆ)は控えめに加えました。無料天カスがあったので軽めにのせました。この天カスなにやら“イカ天”の残骸のような?…美味しいです!
麺の口当たりの良さ、喉越し、麺のコシ、確かにスゴイですね。これが所謂本場の味というものなのでしょうか。玉子は香川産地鶏のものを使用しているようです、後半は和製カルボナーラのようになってきました。たしかにここのお店はスゴイですね、超繁盛店なのが納得なお店でした。

それでは(^_-)

丸香 ( 神保町 / うどん )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ

神田 三田製麺所

今日は「下町っ子とえいば勝海舟」の話です
勝海舟といえばやはり江戸城の無血開城でしょう。
しかしその裏側では平和裡に城を明け渡す談判をすすめながら、事が破れたときの用意に、およそ奇想天外な作戦計画を練っていた。「海舟座談」(岩波文庫)に愉快なことが書かれている。
「吉原では金兵衛、新門の辰。この辺で権二。赤坂の薬缶の八、今加藤。清水の次郎長、行徳の辺りまで手を廻した。松葉屋惣吉。草刈正五郎と八尾松の主人などはそれぞれ五百人も率いている。公事師の正兵衛。講武所の芸者。吉原の太った芸者〆…」と江戸の鳶職、やくざ、芸者、香具師など総動員である。海舟は語る。
「あの親分子分の間柄をご覧ナ。何でアンナに服しているんだい。サムレエの世界にはない。精神の感激というもんじゃないか。そう思っているがね」
海舟は町をほっつき歩いて、この人々の心を結びつけている「精神の感激」をよおく弁(わきま)えている。そこで新門辰五郎たちの府下の博徒の親分三十余人、江戸いろは組の火消しはもとより、日本橋の魚市場、神田の青物市場の勇み肌の兄ィたち、血の気の多い連中のすべてに話をつけた。
「それからの海舟」半道一利著より転載

西郷吉之助との会談が不成功になり、西軍が江戸市中に進撃してきた時は、彼らを使って江戸八百八町に火を放ち、西軍を焚殺(ふんさつ)するという恐ろしい計画を練っていたのです。それにしてもスゴイ人間交友ですね、それもほとんどが下町人です。これらの背景があったから大西郷と差しで淡々と交渉できたのです。
ここから先は下町人しか分からないのですが、海舟は少年時代島田虎之助に師事し剣術を習いました。そして毎日稽古が終わると、牛嶋神社まで行き夜稽古をし、それから又道場に戻り朝稽古をしていたという、一体いつ寝ていたんだ、という荒稽古をしていたそうです。
これを今の地図でいいますと、自宅は両国四丁目ですのでそこから道場がある浅草の隣の合羽橋まで行き、そこから夜稽古をする為に向島一丁目にある牛島神社まで行き、払暁に合羽橋の道場に戻るという行程です。これって結構凄いですよ。昔の人は本当に体力があったのですね

三田製麺所1
このパチリは勝海舟の通用門(長屋門)です。このBlogを書いていたらこの通用門(長屋門)が石神井台の三宝寺にあるというので、車でワザワザ撮りにいったのです。勝海舟って清貧のイメージが強かったのですが、結構豪邸ですね。
※長屋門は近世諸大名の武家屋敷門として発生した形式で、江戸時代に多く建てられた。諸大名は、自分の屋敷の周囲に、家臣などのための長屋を建て住まわせていたが、その一部に門を開いて、一棟とした物が長屋門の始まりである。その後、長屋門は上級武士の住宅の表門の形式として広く利用されるようになっていった。武家屋敷の長屋門では、門の両側部分に門番の部屋や仲間部屋が置かれ、家臣や使用人の居所に利用された。侍屋敷の長屋門は武家屋敷のものより小規模であるが、基本的な構成はほぼ同じである。
Wikipedia「長屋門」より転載



つけ麺はあまり好きではないのですが、またまた食べてしまいました。
今日のお店は「三田製麺所 神田店」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田3-12-10 神田NSビル 1F
電話:03-5297-3883
定休日:無休

三田製麺所2
お店の外観です。

三田製麺所3
メニューです、ここは太っ腹ですね、200、300、400gすべて値段が@700です

三田製麺所4
店内の雰囲気です。

三田製麺所5

三田製麺所6

三田製麺所7
今日のオーダーは「つけめん」@700です。具は、メンマ数本、角切りチャーシュー、海苔1枚です。メンマはバルキーな感じで食感がいいですね。チャーシューは柔らかくイケますが、量が…あまりにも少ないじゃないですか
スープは魚介、豚骨のWスープでドロドロしています。味ですか、甘辛酸のバランスもよく美味しいですね。麺は腰のあるツルツル麺ですし、かなりレベル高いと思いますが。
何で三田製麺所という麺製造みたいな名前なのでしょうか?

それでは(^_-)

千駄木 つけめんTETSU(哲)

ゴールデンウィークど真ん中です。
今日は御徒町に買物があって結局上野、浅草、千束、御徒町、千駄木、日暮里と下町をグルリしてしまい結局20km位歩いてしまいました(笑)
それではその軌跡をパチリでご覧下さい。

先ず初めは上野を合羽橋に向かって歩いていると道路の中央に線路が出現します。
つけ麺哲1

つけ麺哲2
これは上野検車区といわれ銀座線等の東京地下鉄の車両基地です。おなじみの春日三球・照代さんの「地下鉄はどこから入れるんでしょうねぇ?夜も眠れない」というネタはこれを見たらできなかったでしょう…古すぎて誰も知らないか(笑)

次は「風呂で死んだは幡隋院長兵衛」さんや江戸中期の関東南画家の巨匠である「谷文晁」さんのお墓がある源空寺です。
つけ麺哲3

つけ麺哲4

幡隋院長兵衛
幡隋院長兵衛(ばんずいいん ちょうべえ)、は、町奴の頭領で、日本の侠客の元祖とも言われています。実在の人物ですが、芝居等の作品で有名です。本名は塚本伊太郎。悪旗本の水野十郎左衛門(みずの じゅうろうざえもん)と配下のやくざ者が江戸の民に乱暴を働くのを相次いでとどめたために逆恨みされ、慶安3年(1650年)4月13日水野の屋敷の湯殿(風呂場のこと)に呼ばれて丸腰のところを刺し殺されました。享年36歳。

つけ麺哲5
次は三社祭りの仕切りで有名な三社祭の宮頭、建設会社「新門」代表取締役の杉林仁一さん宅です。江戸時代末期の火消し 初代新門辰五郎から数えて7代目を襲名された方です。
この家の歴史は江戸の町火消の大親分新門辰五郎の義父、町田仁右衛門は東叡山輪王寺宮の衛士で浅草十番組に所属する町火消の頭領であったため、輪王寺宮が浅草・浅草寺の別院「伝法院」隠棲する際、新しい通用門を新設し、その門を辰五郎が守ることになりました。それで新門辰五郎と呼ばれる様になったそうです。また、辰五郎の娘は将軍「慶喜」の愛妾になっています。つけ麺哲11
三社祭の出番を待ちかねている一之宮、二之宮、三之宮の神輿連です。

つけ麺哲6
雷門です。つけ麺哲7
一般的に提灯の底部には龍の彫刻が施されています。実はこの写真を撮りたくて朝の8時に雷門に来てしまいました。ゴールデンウィークの大混雑の中この提灯の底部をパチリしていると中国人観光客にドツカレそうな気がしたものですから早く来たのです(笑)
しかしスゴイ彫刻ですね、下町育ちの私も多分見るのは初めてです。
龍は大海に棲んで雲をよび、雨を降らす魔力を持つと信じられてきました。木造の建造物しか持たなかった日本人にとって火事は恐ろしい災害で、雨を降らして建物を火事から救う龍は龍神として崇められてきました。多くのお寺や神社には「火事に遭わないように」と龍の絵や彫刻が奉納されています。

つけ麺哲8
宝蔵門です。つけ麺哲9
宝蔵門の提灯の底部です。この彫刻も瞠目させられますね
この大提灯はもともと日本橋魚河岸信徒(現在の日本橋小舟町、当時は日本橋区小舟河岸)の心意気を示したものとして万治2年(1657年)に奉納したことにはじまり(浅草寺志・・・高さ三間半、幅二間、重さ約五十貫)、3百有余年の歴史と伝統を今に連綿として受け継いでいます。現在の提灯は2003年の秋、江戸開府400年を記念して15年ぶりに新調されたものだそうです。奉納したのはやはり小舟町の人たちで、194の会社や個人から約500万円の費用が集められたそうです。大きさ重さとも従来のものと同じで、高さ:3.75m、直径:2.7m、重さ:400kgです。提灯の上部に小舟町から提灯を寄進することになったいきさつが記されています。

浅草寺本堂
浅草寺ご本堂内に鎮座しています御宮殿です。昭和30年春に完成しました。様式は鎌倉時代末期形式 唐様・三方軒唐破風千鳥破風付間口4.5m・高さ6m、総金箔押の荘厳な宮殿です。【パチリは浅草寺HPより転載】

つけ麺哲12
浅草寺宿坊です。宿泊所となる坊舎・僧院です。宿坊とは、本堂へのご参拝を御手伝いする所であり、修行する方をお助けするところでもあります。本来は僧侶が住み、本山へ修行を行う事から始まっております。今はこのように小奇麗ですが、昔はムジナが住んでいそうなオドロオドロしいところで、幼少の頃の長男はここを通ると泣き出したものです。

今日早起きして動き回ったものですからテンションが高くてすみません、やはり前振りがチョット長かったですね書いている私も疲れてしまいました(アホ)
今日のお店GWなのであえて一時間待ちして食べることにしたつけ麺の頂点「哲(TETSU)」です。

つけ麺哲13
お店の外観です

つけ麺哲15
店内の雰囲気です

住所: 東京都文京区千駄木4-1-14
電話:03-3827-6272
定休日:無休

つけ麺哲20
お店の券売機です。

つけ麺哲14
なんと親切な食べ方マニュアルです。

本日の獲物「つけあつ」@900です。このお店初心者の私はこの「つけあつ」をつけ麺の温盛りと理解したのですが、あつもり(温盛り)とひやもり(冷盛り)のW麺だったのですね。つけ麺哲21
つけ汁です。つけ汁は、濃厚なスープで非常に深みがあります。魚介系とんこつで魚粉入りです。チャーシューはホロホロで微妙にトロトロ美味しいですhappy01

つけ麺哲17
あつもりです。暖かい湯の中で麺が揺らぎながら光っていますつけ麺哲18
ここの麺は美味しいhappy01コシも強いですよ

つけ麺哲19
ひやもりです。これは予期していなかったのでお腹がくちく厳しかったですね。あつもり200gとひやもり200gですから私にとってはキツイのです。
でもこのお店接客もいいし味もいいし行列店なのは納得です。
それとお約束の「焼き石(スープ割りを暖める石のこと)」は今日暑かったので止めました…二つ隣のオバさんがスープに入れていましたが、湯煙りのすごい事すごい事驚きました。
しかし60分待ちは普段はできないのでGW、夏季休暇、年末休暇しか来られないでしょうネ(残念)

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ