下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

新選組

海浜幕張 デリフランス

今日は「続池田屋事件異聞」です。
幕末の京都は政局の中心地となり、尊王攘夷・勤王等の政治思想を持つ諸藩の浪士が潜伏して活動していた。
長州藩は会津藩と薩摩藩による宮中クーデターである8月18日の政変で失脚し、朝廷では公武合体派が主流となっていた。尊王攘夷派は勢力挽回を試みており、京都守護職は新選組を用いて市内の警備や捜索を行わせた。
5月下旬頃、諸士調役兼監察の山崎烝・島田魁らによって四条小橋上ル真町で炭薪商を経営する枡屋(古高俊太郎)の存在を突き止め会津藩に報告。武器や長州藩との書簡等が発見された。
古高を捕らえた新選組は、土方歳三の拷問により古高を自白させた。
自白内容は、「祇園祭の前の風の強い日を狙って御所に火を放ち、その混乱に乗じて中川宮朝彦親王を幽閉し、一橋慶喜・松平容保らを暗殺し、孝明天皇を長州へ連れ去る」というものであった。
さらに探索によって、長州藩・土佐藩・肥後藩等の尊王派が古高逮捕をうけて襲撃計画の実行・中止について協議する会合が池田屋か四国屋に於いて行われる事を突き止めた。


1cad290a-s

81263b7b-s
亥の刻(22時頃)すぎ、捜索の末に近藤隊は池田屋で謀議中の尊攘派志士を発見した。
近藤隊は数名で突入し、真夜中の戦闘となった。
20数名の尊攘派に対し当初踏み込んだのは近藤・沖田総司・永倉新八・藤堂平助の4名で、残りは屋外を固めた。
屋内に踏み込んだ沖田は奮戦したが、戦闘中に病に倒れ戦線離脱した。
また1階の藤堂は汗で鉢金がずれたところに太刀を浴びせられ、額を斬られ血液が目に入り戦線離脱した。
新選組側は一時近藤・永倉の2人となるが土方隊の到着により戦局は新選組に有利に傾き、方針を「斬り捨て」から「捕縛」に変更。
9名討ち取り4名捕縛の戦果を上げた。
会津・桑名藩の応援は戦闘後に到着した。
土方は手柄を横取りされないように、一歩たりとも近づけさせなかったという。
この戦闘で数名の尊攘派は逃走したが、続く翌朝の市中掃討で会津・桑名藩らと連携し20余名を捕縛した。
この市中掃討も激戦となり、会津藩は5名、彦根藩は4名、桑名藩は2名の即死者を出した。
翌日の正午(夜のうちに帰ったのでは闇討ちの恐れがあるため夜が明けるまで待機していた)、新選組は壬生村の屯所に帰還した。沿道は見物人であふれていたという。
歴史倶楽部「新撰組について」より転載

photo
池田屋事件は新撰組のその名を歴史上に残した大事件です。
実際に新撰組はこの事件で、9名討ち取り4名捕縛の戦果を上げました。
会津・桑名藩の応援は戦闘後に到着しました。
近藤勇は池田屋には攻撃要員4名、池田屋の周辺警護要員5名の計9名という少人数で当たっています。
したがいまして「新選組の御用改めである。無礼すまいぞっ」と裂帛の気合で切り込んだものの、実際はこんなにも中に人がいたのかい、というのが正直なところではないでしょうか。
尊攘派志士は酒を飲みながら謀議をしていたので、酒の勢いで血気がはやる者は少人数と侮(あなど)って打ちかかったのでしょう。
一方こんなところで捕まってたまるかという者はそそくさと逃げたようです。
実際池田屋にいた尊攘派志士の半分近くの7名は周辺警護の薄さから逃げおおせました。
それでも4名対13名での戦いはかなりのハンディキャップバトルになります。
ということで近藤隊は鎖を着て籠手脛当てで完全武装だったにしても、相当に善戦したと言えます。
この勝利について今まで漠とし飲みこんでいましたが、この度NHKさんの「風雲!大歴史実験『新選組マジック』を解く」 を見てこの勝利の原因がわかりました。
要は、新選組が用いた剣術である「天然理心流」が極めて実践的な剣術であり、それの底流にあるのは、勝利の為には手段を選ばない太刀さばきが勝利に導いたのです。
もう少し具体的に申しますと、「天然理心流」は最初から1対複数人を想定した剣術であり、その為に、相手の意表をつく動きをする・常に移動する・複数の相手を均等に見る等のテクニックを有しており、このような乱闘には最も適した剣術だったのです。

072b4865d4f935c7dc683132f010dcd5

この画像は「図解・池田屋事件」より転載

特に戦いの場(主戦場は星印)が狭い部屋だった事もあり、実際は1対Nの戦いが1対1になっていたのです。
イメージがわかない方は、川を渡る時に人が1人しか通れない細い橋を想起してください。
例えば20人で攻めようとしてもこの橋を渡る時には独りです。
従いまして、橋の対岸にいる相手が実際に闘うのは唯一その橋を渡る事ができる者だけなのです。
従いましたこの者と切り結んで勝てばまた次の者という事になるので衆寡敵せずとはならないのであります。
さら〜に、新選組の真剣での乱闘慣れもあります。
実際この事も、幕末で最初の大戦争である「蛤御門の変(禁門の変)」では、対峙した長州藩兵と会津・桑名藩兵・薩摩藩の兵士は、これまで戦闘をした経験がなかったので、最初はどのように戦ってよいのかわからなかったのと同じです。
まして、当時の剣の実力者は道場剣道ですから、人を切り殺すより、その様式美の中での優劣ですから、何をかいわんやであります。
要は、人殺しの剣術には慣れていなかったのです。
この番組を見る限りでは、新選組側は、袈裟切りを多用して鴨居に刀が引っかからないようにする、片手付きで障子に裏に隠れている相手を突くようにする、大声で威嚇する、といったテクニックを使い勝利したみたいですね。
まさにヤゴロ(刃物での乱闘)慣れした8983と道場剣道の達人とのストリートファイトみたいなものでしょう。
それにしても、改めて思いましたが、新選組は良くも勝利したものです。
勝つという執念の差だと臆断しています。

女性の怖さが分かる動画



今日は海浜幕張に出没です。
今日のお店は前から行きたかったのです。
今日のお店は「デリフランス」海浜幕張店さんです。

住所: 千葉県千葉市美浜区ひび野2-110 ペリエ海浜幕張
電話:043-213-5750
定休日: 無休

IMG_5395

IMG_5394
お店の外観です。

IMG_5402
店内の雰囲気です。

きょうのオーダー
カスタードプディング@180円
ペッパーフランク@310円
レーズンパン@200円
ブレンドコーヒー@300円
の計@990円です。
index_ph01
ブーランジェリー (boulangerie)とはフランス語でパン屋(パンのお店)のことです。
特に「職人が小麦を選び、そこから焼き上げたパンをそのまま売る店」という意味合いが強いようです。

キャフェテリア方式でパンを選んでから、あらかじめ取っておいた席でいただきます。
IMG_5403

IMG_5401
それでは実食です。

IMG_5404
まずは、ペッパーフランクをいただきます。
これはペッパーが強すぎます。
辛いです(笑)
そしてカスタードプディングです。
これは甘すぎてその甘さが口に残ります。
味見したのでしょうか。
レーズンパンも甘さが強く感じました。
しか〜し、これは好き好きです。

IMG_5405
珈琲が美味しいのでパンの味のインバランスは許しますが、初体験なのですべて分っているわけではありません。
ここでのパンの選択は乾坤一擲(ギャンブル)的なリスクがあります。

それでは(^_-)

永倉新八異聞

今日は新選組の話です。
私は新選組隊士の中で永倉新八さんが好きです。
私と永倉さんは共通点がいっぱいあります。
1. 江戸生まれの江戸育ち、おまけに育ったところが私は下谷の竹町、永倉さんは清洲橋通りを挟んで反対側の三味線堀でほぼ同じ場所です。歩けば1分程度で遊びに行けます。
2. 北海道小樽に住んでいた、私も札幌に住んでいた。
3. 酒好き。
4. 飲むと踊りだす。

最盛期には約250人にもいた新選組も最後まで生きながらえた人は数人です。
永倉新八、島田魁、斉藤一、稗田利八、川村三郎、篠原泰之進、鈴木三樹三郎・・・これ以上は知りませんが多分この倍はいないでしょう。その中の一人が永倉さんです。
永倉さんは物事にこだわらない恬淡とした性格でその稚気が愛されたようです。
この性格が死地を潜り抜け畳の上で死ぬことができたとも言われています。
近藤勇さんに対しても最後まで「総長」とは呼ばず「近藤さんと」呼び続け、近藤さんとは昔の剣術仲間というスタンスを変えませんでした。
確か近藤さんと袂を分かつたのも、近藤さんに部下扱いされたのが端緒でした。

そしていつも尊敬するのは、お孫さんの杉村道男さんが祖父の思い出を語る以下のエピソードです。

「じじいが亡くなるすこし前でしたかな・・・小樽で、父が経営していた劇場(こや)へよく活動写真や芝居を見に出かけたものです。
はあ、いつも孫の私がお供でしたね。いつでしたかなあ、芝居がハネまして下足番のところへ出てくると、非常に混雑しておりましてね。帰りを急ぐ見物の人達が先を争って履物を取ろうとするわけ。そこでじじいがですな、よろよろしているのです。まったく、よぼよぼのじじいに見えるのですな。ま、そのとおりなので。
するとですな。土地のやくざが五人か六人、おもしろがって、じじいを小突きまわすのですよ。私もたまらなくなってね、じじいが可哀相で・・・・じじいはだまって、よろよろと小突きまわされている。
そのうちにですな。じじいの背筋がぴいんと立ったと思ったら、じじいが、低いけれども肚(はら)の底からひびきだすような気合を発して、ぐいと、やくざどもをにらみつけたんですな。
すると、もうやくざどもは、いっせいに青くなって立ちすくんでしまい、ガタガタとふるえているのですよ。結局、こそこそと逃げてしまいましたが・・・・子供ながら見ていたわたしも、さすがに違ったもんだな、と思いましたよ。・・・・」池波正太郎「新選組異聞」より転用。
そりやそうでしょ、池田屋事件から鳥羽伏見の戦いまで新選組の血戦にはほとんど参加している永倉さんですから、やくざさん達は心の底からただならぬ殺気を感じたのでしょう。

今日の獲物はかつ工房「和光」のカツ丼@980です。
NEC_0077
Powered by PICS


これ最低ですね。味付けはショッパ過ぎです。カツもグズグズで丼の上でへったっています。何故かご飯は妙に熱い。推察するに作り置きをチンしたようです。
こんなのでお金取らないで欲しいです。
「和光」といったら「豚カツ」の名店かと思っていましたが、ヘボ店ですね。
初心に立ち返って欲しいと思う今日この頃です(残念)

それでは(^_-)

近藤勇異聞

三本足(松葉杖)歩行も五日目です。
雨です。
健常者の時は傘がさせないな位しか思ってませんでした、ところが以外な処に陥穽(かんせい)が有ったのです。
それは松葉杖が滑るのです。これかなり怖いのですネ。
特にタイル床では、ほとんどアイスホッケーの選手状態です。
仕事が22時30分頃終わり、帰ろうとしたらエレベーターホールに雨マーク(私のオフィスは高層にあるので雲が多いと下界が見えないため、お天気マークがエレベーターホールについています)が消えていたのでラッキーと思い帰路に着きました。
ところが自宅駅についたら、バケツをひっくり返したような大雨でした。
偶然長男と遭遇し彼のヘルプでタクシーにて帰宅しました。

今日のネタは近藤勇です。
調べれば調べるほどこの人、かなりよい人ですね。
先入観で勘違いしていたのですが、勇さんまず人を怒鳴り散らすことが有りません。
八木邸(新選組の一時期屯所だった処)近隣の町民には時候の挨拶もする極めて常識人です。尚且つあれだけ酒宴が多かったのに二日酔いの顔を見せたこともありません。

勇さんの最後は慶応4年4月25日です。
当時18歳の義理の息子の勇五郎君がお母さんの言いつけで、板橋の問屋場に拘束されているお父さんの安否を確認しに行ったところ、偶然その日にお父さんの処刑が確定したことを知ったのです。
彼の記憶によると、籠で処刑場に行く途中お父さんの顔を見たところ、顎鬚が少し延びて、幾らか青い顔だったそうですが、元気そうでした。
黒の紋付羽織に亀彩(かめあや)の袷(あわせ)、胸のあたりに網の目のように縄がかかっていました。
刑場につくと、しばらく空を見上げており、何故か裸足だったようです。
その後傍らの武士に、月代(さかやき)と髭をそってもらうように依頼しました。
それが済むと通る声で「ながながご厄介に相成った」というのが最後の言葉です。
(子母澤寛「新選組異聞」「始末記」より引用)

勇さんは一体何を考えて江戸の空を見上げていたのでしょうか。
彼の人生をみていると、人間というのは生きた長さではなくて、何をしたのかなと思います。
村上春樹的にいえば「存在とうものの意味を便宜的に際立たせる為に、あるいはまたその有限性の遠まわしとしての比喩としてどこかの地点に取り合えず終わりが設定されている」ということになるのでしょう。

享年35歳の人生でした(続く)

すみません、足が痛くて今日もお弁当です。
今日のお弁当は創業45年の中国料理の老舗、赤坂飯店鮭チャーハン中華弁当@700です。



味ですか、やはりチャーハンは冷めたら美味しくありません。
後他の食材も脂っこく、尚且つ味付けも一緒なので面白くも何ともありませんでした。
もう少しオカズにアクセントをつけるべきかと思います(怒)


今日は私が主催する「B食倶楽部」の7回目の会合なのに主宰が仕事及怪我の為欠席です。
ちなみに今回は主宰一押しのイタリアンレストランです。
会員から感想メールがきました。
とても美味しかったそうです(残念)
特に「エゾシカ肉の煮込み(主宰は食べた事がない)」が秀逸だったそうです。
仕事忙しくてシャメ頼むの忘れました(悲)


それでは(^_-)

沖田総司異聞

本日は三本足歩行(松葉杖)ネタからです。
今日で三本足通勤三日目です。もう筋肉が疲労で動かなくなりつつあります。今日新たな豆が右手にできました。
右足が悲鳴をあげています。ずーと片足で体重を支えているのだから仕方ないことですネ。
今日も会社の帰り最寄り駅の階段でずり落ちる様に転がりました、自立できないのです(悲)

新選組に相変わらず嵌っています。
沖田総司はどうやら美男剣士ではないようですね。
簡単にその形(なり)を表します。
背が高く痩せた体系で肩がぐっと上がり気味に張って、頬骨が高く、口が大きく、色黒だったそうです。しかしどこかいうに云われぬ愛嬌があり、病気(肺結核)の時もいつも明るく冗談ばかり言っていました。
お酒は結構好きで、かなり聞こし召すこともあったのですが、酔願は見せなかったようです。飲んだときの癖は笑い上戸です。
子供好きでよく近所の子らと壬生寺で遊ぶのが好きでした。
新選組にありながら女遊びはしなかったようです、失恋歴(医者の娘)一回あり。
推察するにお姉さんのみつさんが綺麗なのでそこから美男剣士となったのではないでしょうか(疑
そういえば昔次男と浅草今戸八幡境内そばにある沖田総司終焉の地を探しに行ったのですが見つかりませんでした。

残念なことに仕事が忙しく足が不自由なので部下が気を使ってお弁当を買ってきてくれました。
今日の獲物は「鰻丼弁当」@800です。


ところがこれ美味しいのなんのって、肉はふっくらしており脂もキッチリのっています。
焼きも申し分ないし、タレも程よい辛さで尚且つご飯にしみていてグッドです。
この味を弁当として出すとはやるな「御八(弁当屋さんの名前)」さん(拍手)

明日会社、筋肉疲労で休もうかな(笑)

それでは(^_-)

浅草 リターンズ

新選組が第三次ブームだそうです。
大阪単身赴任時代に新選組関連の史跡をかなり巡ったのですが私の記憶に少し齟齬があったようでした。
もう一度初心に帰るために再度新選組入門書である子母沢寛先生の新選組「始末記」「違聞」「物語」の三部作を近隣の図書館で借出予約をしました。
最近は「壬生義士伝」影響で島原(京都の遊郭跡)にも一日千人も観光客が来るようですね。
私は「輪違屋(わちがいや)」さんは行ったのですが、「角屋(すみや)」さんには行けなかったので再訪願望強しなのです。
島原 輪違屋
島原輪違屋さんです。創業元禄元年(1688年)、昭和59年(昭和59年)には京都市の文化財となりました。
何と中にはバーがあるのですよ(有名か


今日お取引様から、19:00に浅草 松風で反省会をやるからとのお声係りがあり、一日中明日の打合せの英文プレゼンを作っていた私としては、「ワンワン」と喰いついたのでした。
ところが「松風」は閉店間近な為一般客は入れてくれず(友の会会員のみ)他の店に反省会は流れたのでした。
しかしその断り方があまりにも木で鼻を括ったような居丈高であり、このお店一体何様なのと思いました(怒)

ということで今日はグルメネタありません。
パチリ主体です。
最初は浅草B級居酒屋の著名店「ニュー浅草」です。
取立て特筆する事もないのですが、やはりコストパフォーマンスはよいですね。
それとキャラクターアイコンの巨大提灯でしょうか。



その後締めは田原町「香港楼」です。
住所::  東京都台東区1-6-7
TEL:03-5828-0998
定休:無休

ここは何度来ても裏切りません。
安定感抜群でした。


カシューナッツと鶏肉の炒めです。鶏肉のトロミがタマリマセンです。


四川風辛酸とろみスープです。この酸っぱ辛さヤミツキになります。


それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ