下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

整体

勝どき そば助 3rd

今日は「カイロプラクティック考」です。
私の腰痛は結局改善されなく痛みがヒドイweepので会社近くの整体に行きました。すると整体の先生は私の患部を触診して、即座にこれは整体の領域ではないので、形成外科にいって診てもらってください、と丁重に施術を断られたのです。
そして次の日自宅近くの形成外科に行きました。私のレントゲンをみながら先生は、加齢からくる脊髄変形で、なんらからの要因、例えば長いこと変な姿勢で椅子に坐り続けているとか、あるいは急な寒さとかによって神経障害を引き起こしていると思われます。よって安静にするか、それができなければコルセットで患部を引き締め、神経の圧迫を回避するしかありあません、とのことでした。
私が、失礼ですが、忙しくて会社近くのカイロプラクティックとか整体にいっていたのですが、如何なものだったでしょうか、と聞きますと、先生は、レントゲンも撮らないで何で患部の状態を判断できるのでしょうか。例えば患者さん(私のこと)の場合急性期(病気のなり始め、つまり症状の比較的激しい時期)にカイロプラクティックとか整体とかにいって患部に無用のストレスをかけたので悪化したとのだと思われますよ、大体彼らは医者でないのですから、治癒責任もなく、単なる筋肉のマッサージ療法屋さんなのです。それとたまに高齢の方に頚椎の回転伸展操作をして死亡事故等もおきてるんですよ、医者からするとそのような死亡事故は殺人行為で許しがたい施術です、とのコメントでした。
そうかカイロプラクティックとか整体とは筋肉の領域でのみ有効でそれ以外は医者の領域なんだなとあらためて得心したのでした。

ネットでみたら以下の記載が
教育レベルの低さが招く現実
これがどれだけ危険な事なのかは追々お話ししていきますが、こうした状況から、日本カイロプラクティック/整体業界では事故が絶えません。
骨格や神経についての知識がないため、無理な力を加えてしまい、症状が悪化したり、半身不随や死亡事故なども少なからず起きています。
患者にとってはもちろん、人に喜ばれるためにした事が、逆に不幸な結果を生むという、施術側のにとっても悲しい現実です
【国際カイロプラクティック教育審査機構のブログより転載】

さらに厚生省の通知では
各都道府県衛生担当部(局)長あて厚生省健康政策局医事課長通知(平成3年6月28日 医事第58号)において以下のように指導され、また危険性も指摘されている。
1. 禁忌対象疾患の認識
カイロプラクティック療法の対象とすることが適当でない疾患としては、一般には腫瘍性、出血性、感染性疾患、リュウマチ、筋萎縮性疾患、心疾患等とされているが、このほか徒手調整の手技によって症状を悪化しうる頻度の高い疾患、例えば、椎間板ヘルニア、後縦靭帯骨化症、変形性脊椎症、脊柱管狭窄症、骨粗しょう症、環軸椎亜脱臼、不安定脊椎、側彎症、二分脊椎症、脊椎すべり症などと明確な診断がなされているものについては、カイロプラクティック療法の対象とすることは適当ではないこと。
2. 一部の危険な手技の禁止
カイロプラクティック療法の手技には様々なものがあり、中には危険な手技が含まれているが、とりわけ頸椎に対する急激な回転伸展操作を加えるスラスト法は、患者の身体に損傷を加える危険が大きいため、こうした危険の高い行為は禁止する必要があること。
3. 適切な医療受療の遅延防止
長期間あるいは頻回のカイロプラクティック療法による施術によっても症状が増悪する場合はもとより、腰痛等の症状が軽減、消失しない場合には、滞在的に器質的疾患を有している可能性があるので、施術を中止して速やかに医療機関において精査を受けること。
となっています。結論としてまず医者にいき医者がこれならカイロプラクティックとか整体にいかれたほうがいいですよ、っていう以外は行ってはいけないのですね。しかし今日の今日まで私の腰痛はカイロプラクティックとか整体で治していたので、悩んでしまうのですが、それも今日行った先生は、そこで治るのなら、病院でもなおせるのですよ、と笑っていました。よくよく勉強になった一日でした。

今日はコルセットを巻いているため軽めのものということで、久々に勝どき「そば助」さんに出向きました。

住所: 東京都中央区勝どき2-8-12東京BUC中銀2F
電話:03-6318-5566
定休日: 年中無休


そば助31
お店の外観です。

そば助32
店内の雰囲気です。私語が多い緊張感のない厨房です、私の嫌いなお店のタイプです。

そば助33

そば助34

そば助35
今日のオーダーは「鳥そば」@850です。ここは前払いです、一万円をだすと、なぜかお釣が6,150円です、一体どういう計算をしたのでしょうか(笑)
蕎麦はパスタマシーンでひく?黒い田舎蕎麦風ですが、風味がほとんどないという変わった蕎麦です。今日は注文をうけてから、蕎麦を茹でて急いで冷やしたものですから、蕎麦が生温く今一ですね。鶏肉も注文を受けてから腿肉をきって茹でています。鶏肉はたしか二切れか三切れととても少ないです、しかし腿肉ですから味はそれなりでジューシーです。汁(つゆ)は濃いめでラー油と胡椒が入っています、味はインパクトがありいけます。とくに卵をいれるとマイルドになり結構ですね。
全体的には不味くはないのですが、厨房及びスタッフの緊張感のない雰囲気がいやです、それと@850とるのであればもう少し鶏肉の量と麺量を増やしてほしいものです。

それでは(^_-)


そば助 ( 勝どき / 串あげ )
★★★☆☆3.0
powered by livedoor グルメ

月島 どさん子月島店 2010年1st

今日は「くしゃみの風速」です。
強風や台風の風速に比べてみれば、人間の吐く息なんてカメの歩いているようなもの?と、私たちは思いがちですが、驚くほどスピードが出ているもので、普段の呼吸で風速10から20キロメートル。自転車とほぼ同じです。
わかりやすいようにあえてm/s(秒速)ではなくkm/h(時速)で表現しています。
ところが、人間の吐く息というのは恐ろしいもので、せきをした時口から飛んだ空気は時速200から400キロ。勢い余ってマスクまで飛んでしまうのですから、マスクでウィルスの拡散を防いでいるつもりでも、実際どれだけ漏れていることやら。さらに驚くのは「くしゃみ」で、時速320キロ。ほんの1秒余りで、100メートル先の人に届いてしまいます。
ちなみに、新幹線のスピードが時速二百数十キロ、台風の風速が時速120キロ。こんな速さの風を起こしているわけですから、何度もせきやくしゃみの出る時になぜ疲れるのか、わからないでもないですね。そういう事も含めて、風邪の時には「体力」をつけないと、と言われるかどうかは定かではありません。
雑学事典の小部屋より転載
実はフリネタの通りくしゃみをして「ぎっくり腰」になりました。だましだまし会社にはいっていたものの、痛みに耐え切れなくなり思い余って、神田小川町にある「神の手」といわれているカイロプラクティックの門を叩きました。その日は良くなったのですが、その後すぐに戻ってしまったのです。そして土曜日地元の整体にいったらさらにヒドクなりとうとう歩くのも困難になってしまったのです(悲)
ところが今日初め知ったのですが、カイロプラクティックって以下の様な状況下にあるのですね。

現在でも、厚生労働省はカイロプラクティックの法制化には消極的で、資格化の可能性は低い。平成16年度 保健所行政の施策及び予算に関する要望書(全国保健所長会)においては、「整体術(カイロプラクティック)やエステティック等の施術類似行為に対し早急に法的規制、管理指導を引き続き強化されたい」との要望が出されている。
法整備が未熟なため、数か月のものから2年制、パートタイム、4年制大学を自称する教育機関まで様々に存在する。ただし教育期間が長いからといっても根拠は乏しく、「技術」「知識」「倫理」「安全管理」が優れた業者とは限らない。現状の法解釈を再度述べるなら、あくまでも人体に害をなさないことが前提である。
良くも悪くもカイロプラクティックによる調整は、予想以上に体に大きな影響を与えるパワーを持つ。それゆえ、施術者の患者の体力を見極める力の不足により強めに施術したりした場合や、患者の特異な体質によっては、いわゆる好転反応と呼ばれる施術箇所の予想を超える痛み、嘔吐、頭痛などが数日以上出ることがある。このため、事前に好転反応に対する考え方を確認するなど、患者と術者の信頼関係の構築、インフォームドコンセントの徹底が必要となる。
「カイロプラクティック」、「整体」ともに明確な基準や定義を持たず、どちらも国家資格等の規準が無い。資格と称されるものは紙切れ、民間資格であり、いつでも、誰でもが自由に実施することができる。

Wikipedia「カイロプラクティック」より転載
そうなのですね、「カイロプラクティック」、「整体」での治療はかなりriskyなのですね、知らなかったです。知らなかったのは私だけでしょうか
それでは「ぎっくり腰」は一体どこで治したらいいのでしょうビックリマーク

今日は久々に月島の「どさん子」さんの暖簾をくぐりました。

住所: 東京都中央区月島3-29-5
電話:03-3531-8870
休日:月曜日、第3月・火曜

どさん子61
お店の外観です。地元の風評では、今までいた調理のオジサンと中国人のお兄さんは、オーナーママと喧嘩して総上がりしたとか味はどうなったのでしょうか、それともフランチャイズなのであまり変わってはないのでしょうか。

どさん子62
店内の雰囲気です。

どさん子63

どさん子64
今日のオーダーは「カレーラーメン」@630と「鶏唐揚げ」@700です。
味ですか「カレーラーメン」は麺が茹ですぎを除けばマズマズです。「鶏唐揚げ」は少し揚げすぎですがソコソコです。あれっあまり変わっていませんね、見極めがつきません。
今度は調理人の優劣がはっきりするチャーハンで再チャレンジです。
今日はオーナーママが自らお店にでてお愛想を振りまいていました、あら珍しいキャラ変えたのでしょうか(笑)

ご馳走様でした、今度はチャーハン勝負です

それでは(^_-)

どさん子 月島店 ( 勝どき / 札幌ラーメン )
★★★☆☆3.0
powered by livedoor グルメ


訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ