下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

手締め

続 石神井公園 キッチン中川

今日は「手締め」です。
忘年会もたけなわです。
と申しましても私のブログは貯め書きですので、予定ではこのブログは12月29日(木)にアップされており違和感がありましょうが、那辺の事情によりご寛容ください。
手締めは商談(商取引)の成立のときに手を打ったのが始まりのようですね。
現在でも、交渉事のとき「この辺で手を打ちましょう」などと言うことがありますように、「手を打つ」とは「妥結」「決着」「成立」「成就」「和解」の証明なのであります。
このセレモニーを世間では「手打ち式」といいます。

「締め」はおもてなしの一部でもあります。
従いまして、締めの音頭は主催者側、通常の宴会なら「幹事」が行います。
よく「では締めの音頭を来賓の○○様に」というのは、失礼に当たるのです。
加えていえば、もし来賓の立場の時にお願いされたら、断るのが礼儀とされていますが、断った方を今だかつて見たことがありませんので多分にローカルルールでしょう。

12日終了の三本締め
最近は「イヨー、ポン」の関東一丁締めがかなりのシェアを有しており、これは会場問題に起因しています。
要は呉越同舟の忘年会の中で、三本締めを行うと、かなりの音を廻りに響かせますのでそれも配慮からきたものだと思います。
三本締めの場合、一本目は主催者に、二本目は来賓・来客に、三本目はその場に参加できなかった人に向けてと言われていますが諸説があります。

三本締めで全国的に知られているのが江戸型のリズムの速い「シャシャシャン、シャシャシャン、シャシャシャン、シャン」(3・3・3・1)であります。
これを1回やるのが「一本締め」、3回繰り返すのを「三本締め」といいます。
ちなみに最近よくやる「イヨー、ポン」は、「一丁締め」や「関東一本締め」と呼ばれるもので、「一本締め」と混同されますが一丁締めは略式の手締めでありますのでご留意ください。
全部で10回手を叩くわけですが、リズムで分けると「3回+3回+3回+1回」ですね。
最初の9回を漢字にしますと「九」になります。
それに最後の回(点)を加えて、漢字の「丸」を完成させるのです。
つまり「その場を丸く収める」という意味があるのです。
別名「戸(10)締め」といいましてお開きを表します。
なお、最初の「イヨオーッ」は「祝おう」から転じた言葉ですので、最初の発声は景気よく高らかに始めてください。

ちなみに私が在籍する本部では三本締めの最後は右肩を上げて、商売の繁盛を願い且つ手を叩くのではなく「ポン」という発声をする事で右肩上がりの商売繁盛を念じるのですが、これでは締めではなくなります。
言い換えますと「締まらない三本締め」となりますので、絶対に真似しないでください。
これに対しまして、私の場合は、まずは三本締めのご発声をし、そのやり方を周知させる段で、宜しいですか、皆さん「シャシャシャン、シャシャシャン、シャシャシャン、シャン」で最後の「シャン」の手拍子は、「九」の字に点を打ち、丸となる仕掛けなっていますので、ぜったいに上に点を打ってはいけません。
少し間を置いてから、ギュウになりますので、と言って笑いを取ってから始めます。
今年も残すとこら後わずかになりましたね・・・


放課後ミッドナイターズ



IMG_6841

IMG_6831
今日は所用があって石神井公園に出没です。
最近よく行きますこのお店ですが、実は「豚カツ」以外にも「ポークソテー」も美味しいとの事から食べにきたのです。
今日のお店は「キッチン中川」さんです。

住所: 東京都練馬区石神井町3丁目19-16
電話:03-3996-4756
定休日:日曜日

IMG_6832
お店の外観です。

IMG_6835
店内の雰囲気です。

IMG_6833
メニューです。

今日のオーダー「ポークソテー定食」@1,000円です。

IMG_6837

IMG_6840
待つこと18分でパラパラとゴマ塩がかかったご飯と味噌汁の到着です。

IMG_6838
待つこと19分でポークソテーの到着です。
見た目美味しそうです。

それでは実食です。
IMG_6839
うん、このお店の自家製デミグラスソースにからめながら脂身の多い端肉からいただきます。
カリカリ感あふれる端部は脂多めで私の好きな部位であります。
この美味しさの感じは羊羹の端に似ていますね。
それではファーストバイトです。
美味しいじゃありませんか。そんなものではありません、とても美味しいのです。
ほどよい脂身とその弾力溢れるカリカリ感は口内でデミグラスソースと混ざり合いますと、絶妙の味わいに昇華していくのです。
これには参りました。
流石に中心部は端部より見劣りしますが、それでも外剛内柔の肉はとても柔らかくて美味しいです。
多分に肉の熟成の仕方と焼き加減にその美味しさの秘訣があるのでしょう。
少ししょっぱめの味噌素汁も私の好みの味です。
次回は牛100%のハンバーグに挑戦しましょう。

それでは(^_-)

神田小川町 菜香苑

今日は「江戸っ子」の話です 
江戸の都市の特徴というのは、今の東京でも変わらないと思うのですが、大阪や京都は商人など生え抜きの人たちばかりですが、江戸というのは参勤交代で大体地方からきた者が江戸の都市にいました。つまり、百万都市ですがその半分くらい「よそ者」なのですね。要するに中央都市でありながら他国の人がたくさん来ていました。
その中で這い上がってきた生え抜きの江戸っ子というのは、どんな人を言うのかというと、江戸っ子としての条件は、
1.将軍様のお膝元の天守閣が窓から見えるところに住んでいる
2.水道(神田上水のこと)の水でお湯(産湯)につかった
3.金払いがよくけちではない
4.物事に執着しない

ちなみに江戸っ子の定義を作った戯作者山東京伝は
1.江戸の水道を産湯とした
2.宵越しの銭は持たない→頻繁に火事で焼け出されるので蓄財を持つ意味がなかったので正しくは、宵越しの銭は持つことができない。
3. 粋と(意地の)張りを本領とする

といわれていますが、概ねcloseですね。
さらに江戸っ子小説家である夏目漱石先生は
1.細かい事にはこだわらず商売下手
2.人情家で正義感に溢れるものの、意地っ張りで喧嘩早く、駄洒落ばかり言うが議論は苦手
3.結構高級な育ちで貧乏人くさくない洗練された人間であること

などといわれています。
基本的には「江戸っ子」というのうは生粋の江戸生まれであることです。
自分で『俺は江戸っ子だ』といきがっているのは江戸っ子じゃなくて、大店の旦那衆が本当の意味の江戸っ子だと言われています。本当の江戸っ子とは、ちゃんとした教養があり、多少でも芸事をやったり、書を読み書きしたりするような人間を言うのだそうです。井戸端会議をしているおかみさんたちは「女将さん」で、大店のおかみさんは「お内儀さん」というように違いがあるのです。
また、江戸っ子は、武士に対して反発があったといいます。参勤交代でやってきた田舎者で、ろくに教養もなく立ち振る舞いも洗練されていないのに、自分達はどうしてもかなわない、対抗できないということで、江戸っ子たちは面白くなかったのでしょう。

ちなみに「ちゃきちゃきの〜」という言葉を冠したときは、「生粋の江戸っ子である」という強調の意味ですが。もとは長男の長男を意味する「嫡嫡」がなまった言葉で、厳密に言えば3代続きの長男のみを「ちゃきちゃきの江戸っ子」と言います。ちなみに私は父が地方出身者ですから、私の長男の長男が東京で生まれたらその子が「ちゃきちゃきの江戸っ子」になりますが、多分その頃にはこの言葉は死語になっているかもしれません。

最後に粋な江戸っ子というと鳶の親方があげられます。ところでこの鳶の親方がおこなう手締めは少し一般の手締めとは違います。
「ちゃちゃちゃん、ちゃちゃちゃん、ちゃちゃちゃん、ちゃん」
で三、三、九度、最後の「ちゃん」一つが多いのです。これは「九」の字に点を打ち、丸となる仕掛けなのです。上に点を打ってはいけません、ギュウになりますので・・・
これは全て無事に丸く収まったときにやる手締めなのです、ハイ。     
ちなみにこれを“粋だねぇ”って誉めちゃいけません、その瞬間に 粋じゃなくなりますから・・・

今日は神田小川町に夜に出没です。今日はランチタイムに魂の呼び込みをする謎の中国人がいる香港飲茶・広東名菜庵「菜香苑」さんです。

住所: 東京都千代田区神田小川町1-7 神田小川町ハイツ2F
電話:03-6913-6518
定休日:無休

IMG_7034
お店の外観です。

IMG_7036
店内の雰囲気です。妙に暗いし、少しアヤシイですね(笑)
多分電気代節約していると思うのですが、違うかな・・・

IMG_7040

IMG_7041
今日のオーダー「鶏肉の特製塩コショー和え+ご飯」@850です。実はこのお店初めてなので得意の中国語(笑)で小姐(シャオジェイ)にこ“このお奨めは何ですか”と聞けば、この料理をrecommendしたのです。
待つこと10分程度で運ばれてきました。早速実食です。アレッ!熱くないじゃないですか。
即座に小姐(シャオジェイ)を呼んで質問しました。“この料理出来たてじゃないみたいなんだけど、何で?”と聞きますと“この料理はこの熱さでよいのです”と答えたのです。いくら中国4000年の歴史といえども下町っ子はこの望郷、ちがうか暴挙は許せません。やはり料理は出来たて熱々がお約束です。
言葉がよく通じないので、謎の中国人を呼び同じ質問をしました。
すると謎の中国人は“この料理は前菜です。よってすでに出来ているものを蒸篭(せいろ)で蒸して温めたのでこの温度なのです”と説明したのです。“あんだって、前菜なの”と驚くと同時に小姐(シャオジェイ)に“何で、そう説明しないの” って聞けば“お酒のつまみにするのだと思ったら、ご飯を頼んだので変だなと思っていました”とのことです。
やはり異文化communicationは難しいものだなあと思わず納得した次第であります。
仕方なく食べ直しました。味ですか、かなり美味しいですよ、特に鶏肉がジューシィで秀逸ですが、やはりこの料理はビールが合いそうです、ハイ。
久々の“こんな日もあります”でした。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ