下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

成田山新勝寺

大泉学園 飄香

今日は「成田山異聞」の話です。 
今日は夕方土浦に通夜に行くのですが、何故か午前中は成田で仕事です。
一旦家に帰って土浦に行くと通夜に間に合いませんのでどこかで時間をつぶさなければなりません。
ということで通夜までの間、成田山新勝寺にお邪魔していました。
成田山でのパチリお楽しみください。

祭り寿司

IMG_7809
まずは房総の郷土料理、祭り寿司「花祭り本舗」さんにお邪魔しました。
ここは巻き寿司で絵を表現します。精密な絵以外はほとんど巻きもので再現できるそうです。

IMG_7811

IMG_7812
次に成田名酒「長命泉」さんにお邪魔しました。
海老蔵事件前の幸せの絶頂期のパチリです、人間は結婚式が終わるまでが一番幸せ、といいますがこの夫婦には本当に適した言葉だと思います。

IMG_7814
さらに羊羹の老舗「なごみの米屋」さんにお邪魔しました。
見て下さい、この羊羹「宵紫」@10,500(要予約)もします。
久々に驚きました。
店内の「なごみ茶房」では、このカット羊羹が@630で召し上がれます。
この羊羹「宵紫」は完璧にcelebrity家の御用達だそうです・・・我家には関係ありません。

IMG_7815

IMG_7816
「なごみの米屋」さんが建てられた「成田羊羹資料館」です。

IMG_7820

IMG_7821
成田参道といえば鰻、鰻といえば「川豊」さんです。
実はこのお店これだけ流行っているのに値段は成田参道で一番安いのです、たいしたものです。

IMG_7823
成田山新勝寺「仁王門」です。

IMG_7829
成田山新勝寺「大本堂」です。

IMG_7840

IMG_7841
成田山新勝寺「平和の大塔」です。
下のパチリは五大明王、昭和大曼荼羅です。

IMG_7844

IMG_7845

IMG_7846

IMG_7847
成田山公園です。
蝋梅が黄色い花をつけていました、もうそこまで春がきているのですね。
ゆっくりと歩いてみていたら約2時間の道行でした、成田山の敷地の広大さにあらためて瞠目したのです。

今日のお店は、この間の「やきとり大吉」さんの後、締めラーメンを食べに行ったお店です。
今日のお店は中国料理「飄香(ひょうか)ラーメン」さんです。

住所:: 東京都練馬区大泉学園町4-23-23
電話:03-3867-5328
定休:水曜日

IMG_7793
お店の外観です。
「飄香(ひょうか)」というのは中国語で漂(ただよ)い香るという意味です。
幾重にも織りなすスパイシーかつ芳醇な香りを堪能できます。

IMG_7792
今日のオーダーは「ラーメン」@520円です。
このお店は初見参なのですが、levelは高いです。
奥様も私も驚いたのはここのスープの甘さです、鶏ガラ系スープですがよく味がでています。
麺はストレート細麺ですが、このデラ美味スープによくからみます。
シナチクもシャキシャキして美味しいし、チャーシューもジューシーでイケます。
こういうお店にめぐり合えるのがウ・レ・シ・イのですネhappy01

それでは(^_-)

成田 川豊

今日は成田です。
実は鰻が食べたかったのでナイスタイミングです。
午前中には成田のお客さんの仕事を終わらせました。
そし成田駅につくやいなや成田山新勝寺に向かいました。



今日のお店はアド街ック天国 (成田編・8位)で紹介された、参道唯一の鰻専門店「川豊本店」です

住所:成田市仲町386
Tel:0476−22−2711
定休日:月曜日 1,2,5,9月は無休

しかし念のために帰りのタクシー運転手さんに、川豊さんより美味しい鰻屋さんありますかと聞けば
運転手さん「お客さん、観光参道の鰻屋なんか高いだけで美味しくないですよ」
私「エッ、でもこのお店、店の入口で鰻をさばくので、活きが良く美味しくて有名な店と聞いていますよ。それに印旛沼の地物鰻使っているんでしょ」
運転手さん「実態は浜名湖とか利根川のシラス鰻を印旛沼に放流しているだけで純然たる地物じゃないですよ」
私「アリャリャ」

成田山周辺の旅館では、参拝客の多い1・5・9月にそれぞれ料理を工夫し特徴をだす様になりました。当時の店頭の生簀には泳ぐ生きた「鰻」をお客様が選び「鰻」を調理している間に鯉などを肴にお酒を飲み「鰻」が出てくるのを待つのが常でした。
この名残が今でも続き、成田山周辺を中心に成田市内には「鰻」を出す店が多く在るようです。
それにしても成田山参道には鰻屋さんが35店もあります。
この中から川豊さんより美味しいお店を探すのは苦難の技で結局は川豊さんにしました。
このお店確かにお店の前で鰻をさばいています。
珍しい鰻の目打ちです。



そして鰻重@1,500です。味はホクホク感が少し足りませんがマズマズです。
やはり量が見劣りしますね。割り下が少しきつめですか
東京でもこのくらいの鰻なら@1,200かな



参道土産屋においてある「眠り猫」@1,050です。


手をパチリと叩くと「ニャーオン」と言って目を覚まします。
可愛いと言うか、なんか気味悪かったのですが・・・

最後に成田には外国人観光客が多いのです。
何でかと調べれば、東京ディズニーランドに来る外国人観光客は近場での観光Spotとして成田山新勝寺を訪れることが多いようです。
その割には鰻屋さんの過半はメニューが日本語なので注文できるのでしょうか(笑)



それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ