下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

慶應義塾大学応援指導部

栃木市 鳥おか

今日は「私の後悔」です。

次男と法明戦をみてからなにかswitchが入り応援団にはまってしまいました。
そしてなんで大学の時に応援団に入らなかったのかと今となって後悔しています。
私のブログを読まれている方はご承知の通り、私は中学、高校とまじめに剣道をしていました。
高校の体育祭では族対抗(1、2、3年の同じクラスを族という)の応援合戦では体育会ということから応援団に駆り出されていました。
当時の高校ですからエールをきって応援します。
その応援の練習は毎日放課後で3時間位かけてやるのです。
そこで勘違いしたのですね。
応援の練習って剣道の稽古に比べたらすごく楽だったのです。
爾来応援団をlookdownしてしまったのでした。
ところがところがこの間の法名戦の法政大学の応援を見る限りは決して生半可な練習ではあの様な応援はできなく、またあの一生懸命さはかなりの感動を私に与えたのです。
時間の針が巻き戻せるのであれば応援団に入って応援団の主将になりたかったな、と夢想している今日この頃です。

花の応援団
さらに当時は応援団のシゴキにより前途有望の若者がその人生を不本意に終了しています。
プラ〜スどおくまんの出世作「嗚呼!!花の応援団」を読んでからは、応援団って酒を飲んでいるか、後輩をシゴいているか、応援練習をしているだけの集団だと完璧にstereotypeの擦り込みをしてしまったのです。
ちなみに「嗚呼!!花の応援団」というのは、大阪南部の田舎にある設定の架空の大学・南河内大学の応援団(阪南大学応援団がモデルと言われている)を舞台に展開する、暴力、下ネタ、スカトロネタなども極めて多いお下劣ギャグ漫画です。
高校の時は剣道漬で勉強をする時間もなく、万が一受験に失敗した時には、明治か日大の剣道のセレクションを受ければいずれかの大学に無試験で入れたのでした。
当時はそんな時代でした・・・
実際そのセレクションで入学した先輩は数多くいるものの、さすがに大学剣道ですのでそのレベルは高く、レギュラーになれることは稀でした。
ほとんどの先輩がくすんでいて、卒業後の進路は機動隊か消防署でした。
必定、就職しても剣道漬で一生剣道とは縁が切れない人生です。
そんな人生は、私にとって唾棄するものでした。
それでも酒池肉林生活の応援団よりはまだましだとは考えていたのです。
このような背景から大学に入ってから応援団への入団というのは検討にも値しないという判断を下していたのです。

ところで応援団員ってなんで全く前を見ずにあのような一糸乱れぬ応援ができるのか知っていますか?
この間の法明戦でそれがすごく気になって注意して見ていましたら分かったのです。
それは自軍最前線の応援台にいる応援団幹部が応援席の最上部に入る応援団リーダーに応援の方法を示し、それを受けて応援団リーダーが応援の方法を実演し、それを見上げている学生席にいる応援団員が同じ動作をするというものです。
これによって応援団員は後ろを振り向くことなく一糸乱れぬ応援が可能なのです。
所謂一種の狼煙(のろし)伝達です。

最後に星川さんの結婚式動画ですが如何にも体育会のノリで楽しめました。
しか〜し奥様が妙に嫌がっているようにいみえたので、思わずこの二人の前途を心配してしまいまいした・・・


私は現在お酒を飲みませんが、この映画を観た後、めっちゃウイスキーが飲みたくなりました。映画に登場するのはスコットランドの名産スコッチ・ウイスキー(Scotch whisky)。
後半でオークションにかけられる「モルト・ミル(Malt Mill)」というスコッチ・ウイスキーは、実際にある超高級ウイスキーだそうです。



IMG_5907

IMG_5911
今日は奥様の買物の付き合いで佐野outletに出向きました。
ランチは栃木市尻内町に大賑わいの手打ち蕎麦と唐揚げの名店があるとかで、早速カーナビに助けてもらいながらいってまいりました。
今日のお店は手打ちそば「鳥おか」さんです。

住所: 栃木県栃木市尻内町555-2
電話:0282-31-0558
定休日:木曜日 最終週は水・木連休

IMG_5895
お店の外観です。

IMG_5898

IMG_5906

IMG_5900
店内の雰囲気です。

IMG_5897
メニューです。

IMG_5902
今日のオーダー「そば定食(もりそば、麦めし、から揚げ、小鉢、お新香)@1,000円です。
待つこと9分で到着です。
見た目、こんなにたくさん頼んでないよ、定食です。

IMG_5901
なな何というvolumyな定食なのでしょう。
から揚げだけでもすごい量です。
具体的にいえば鳥のからあげが5個、骨付きもも肉・手羽 いろいろな部位の盛り合わせで構成されています。
胸肉が主なのでどちらかというとhealthy tasteです
衣はカラッと揚がっていて、中身は熱々、もっちり、ジューシーです。
これは美味しいですね。
特製の甘しょっぱいタレをかけて頂くとさらに美味しさが倍加します。
これまた美味です。

IMG_5903
蕎麦は手打ちで多分10割に近いと思われます。
コシがあり香りが高くこれまた美味しいのです。

麦めしはお替りfreeですが、さすがにこれだけの量ですから、お替りなんかできません。
小鉢はひじきの煮物です、これまたウマウマです。

なんですかこのコスパは・・・すごすぎます。
繁盛店に納得です。
本当に鄙にも稀なお店があったものです、ハイ。

それでは(^_-)

青山 広東名菜 富徳

今日は「近頃の応援団」の話です。
次男の大学、法政が六大学野球で優勝するということから一緒に応援にいってまいりました。
明大VS慶大、早大VS法大の二試合を観覧しました。
何十年ぶりに神宮球場との邂逅です。
いやいや懐かしいです。
昔は六大学野球を見るためにテニスサークルの仲間と徹夜をして席取りをしましたが、今やそのようなことはしないみたいです。

しかし久々に感動しました。
野球ではなく応援団の応援です。
特に法政大学の応援団はすばらしかったですね。
魂の応援というのでしょうか、全身全霊で自らの大学を応援する姿には感動を超えたものがありました。
野球というのは99%、野球部の力で結果が決まるとわかっていながら、野球部の勝利を信じて応援をし続ける若者が今でもいるということは、日本もまだまだ捨てたものではないと心より思ったのです。

法政大学応援団長
折角ですので次男の大学、法政大学第八十八代団長、原正成さんが新入生にあてたmessage「命を燃やせ」からの抜粋を紹介します。原団長の熱い思いを感じとってください。
私は応援団に出会った。応援団は厳しく辛い物であった。しかし、辞めたいと思った事は一度もない。応援団では喜怒哀楽全てを経験した。そしてその全てが全力だった。力の限りに喜び、怒り、哀しみ、楽しんだ。私の人生でこんなにも命を燃やした事はない。
筋肉が強い負荷をかける程に強靭になる様に、人の感情も強い刺激を与える程に強靭な精神となる。それはやがて経験と呼ばれるのだ。東京六大学野球に於いて応援団が満員のスタンドを纏めることが出来るのも一朝一夕ではいかない。全て経験と自信に由来しているのである。私は法政大学応援団の団員である事を試合の度に誇りに思うのである。 
さて最後にもう一度君に聞く。君はここ法政大学で何に命を燃やすのか。胸を張り、誇りを持ってこの問いに答えられる時、きっと君は今より逞しい姿を我々に見せてくれるのだろう。我々応援団はその時まで君を応援し続ける。
「法政大学応援団団報」より転載


野球の結果ですか?
以下の通りです。
法大、8連勝で勝ち点4=20日にも優勝。
―東京六大学野球 時事通信 5月19日(日)17時43分配信―
東京六大学野球春季リーグ戦第6週第2日は19日、神宮球場で2回戦2試合が行われ、法大が早大を9―3で破り、無傷の8連勝で勝ち点を4に伸ばした。明大は慶大に4―0で雪辱し、3回戦に持ち込んだ。20日に明大が敗れると、法大の2季連続45度目の優勝が決まる。
法大は一回に西浦直の3ランなど打者一巡の猛攻で8点。3人の継投で3点に抑えた。明大は三回、内野ゴロと敵失で2点を先取し、六、七回にも1点ずつ加えた。関谷は7安打15奪三振の力投で完封勝利。

ということで20日に明大が慶大に勝てば、25日〜26日に優勝旗をかけて明大と頂上対決です。
これまたお付き合いしないといけないようです。
で〜も神宮球場から四ツ谷、飯田橋、神楽坂、九段と練り歩く歓喜のちょうちん行列を経験したいので多分いくでしょう。神楽坂の商店街では学生たちに飲み放題、食べ放題の大サービスも行われますしね・・・

ここから後はパチリでご覧ください。

IMG_5494
明大VS慶大戦です。
明治は応援する人が少ないですね・・・

IMG_5495
慶大の応援風景です。

IMG_5497
慶應義塾大学応援指導部のマスコットキャラのユニコン君です。

IMG_5499
法政大学の副団長、新人責任者、会計責任者、渉外責任者あんど華の旗手責任者鳥羽俊弘さんです。
※お名前と画像が一致してない可能性があります。現在調査中です(5月26日)

IMG_5519

IMG_5520
慶大の撤収風景です。

IMG_5523

IMG_5524

IMG_5525
法大の応援風景です。

IMG_5526
法大の一回の猛攻のスコアボードです。
この一回の猛攻の間、約1時間立ちっ放しで法政の校歌、応援歌を歌うは、間断なく応援の拍手をするはで、すごく充実した時空でした。ちなみに私は法大OBではありませんが、法政の校歌は完璧に歌えますのでまったく問題はありません。


ということで野球の応援の合間にlunchです。
今日のお店は決め打ちです。
今日のお店は、心の味を追求する周富徳、志鴻父子の心のこもった料理が味わえる「広東名菜 富徳」さんです。

住所: 東京都港区北青山2-3-1CIプラザB1F
電話:03-3497-3111
定休日:年末年始・2月最終日曜日

IMG_5503
お店の外観です。

IMG_5505
店内の雰囲気です。

IMG_5504
メニューです。

今日のオーダー、私は「韮、もやし、チャーシュー、入り焼きそば」@1,250円です。
次男は「牛バラ肉のあんかけ御飯」@1,050円です。

IMG_5506
待つこと4分。溶き玉子スープの到着です。
程良いトロミの玉子スープ、イケますネ。

IMG_5508

IMG_5509
待つこと5分。「牛バラ肉のあんかけ御飯」の到着です。
見た目、肉が光っているぞ!ご飯です。
これはパチリの通りバラ肉がtoo manyです。
味は八角などの中華定番香辛料が程良く効いて結構なのですが、次男は後半飽きてきたようです。
味自体はおいしかったのですが、後半がつらい一品です。

IMG_5511

IMG_5514
待つこと6分。「韮、もやし、チャーシュー、入り焼きそば」の到着です。
見た目、色鮮やか焼きそばです。
しか〜し一口焼きそばを口にいれると脂濃さがあふれます。
さらに焼きそば自体が熱々でないので余計脂濃さが際立ちます。
これは完食するのはある種の拷問です。
かなり困った一品です。

冨徳さんがいたら、相談したのですが、今日は他用でお店にはいませんでした。
いたら何とかしてくれたでしょね。
このお店はあまり裏切られた事がないのですが、今日はスベリました。
こんな日もあります・・・

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ