下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

慈恵医大

神田 雲林 8TH

今日は「突然の旅立ち」の話です
2018-03-03-10_05_19
今から19年前の2000年7月1日の日に起きた出来事です。
この日は初夏の日差しがまぶしい土曜日でした。
奥様と私そして弟と妹は末期がんで入院している父の病院での付き添いを昼からしていました。
と申しても、すでに緩和治療の為に多量のモルヒネを投与されていた父は、私たちの問いかけには答える事は一切ありませんでした。
洗濯等雑事を終わらせますと手持ち無沙汰になりテレビを見たり雑談をしたりして時間を繕っていました。
眼前にそびえ立つ東京タワーだけが、単調な呼吸を繰り返す父を優しく見守っていてくれました。

55437582-
時計の針は15時半を指していました。
雑談に飽きた私はナースセンターの脇にある父のバイタルサインのモニターを暇に任せて見つめていました。
父のバイタルサインは規則的な波長を繰り返していて、父の状態が不変であることを私に教えてくれました。
しか〜し、時たま父の血圧がパンパンの風船に穴が開いたかのようにすっと下がるのです。
気にするようなものでもないのですが、なぜかこの日はこの血圧の急落下が気になったのです。
病室に戻ると、弟妹達にこの異常について話しますと、気になるのなら看護師さんに確認してみたら、というのです。
そこで担当の看護師さんに、この状態は何なのですか、と聞きますと、異常があればこちらで捕捉し連絡しますのでご安心ください、との事でした。
病室に戻りその旨を皆に話しますと、弟が、気にすることないって。
その為に大学病院に高い入院費を払っているんじゃない。
なにか問題がおきそうならドクターから連絡があるよ、と笑い飛ばされました。
その後、弟妹達は今日の飲み会をどこにしようかを熱心に語っていました。
私はその会話の輪から外れて、再びナースセンターに行き椅子を借りて、バイタルサインのモニターの波動を注視していました。
やはり変なのです。
不定期ではありますが、血圧が急落します。
急落した後は直ぐに復帰するのですが、言いようがないような不安の影が頭の中に拡がってきました。
それでも全体の99%は安定していますので取りこし苦労かもしれないと思いなおし、病室に戻りますと、時計の針は17時を指していました。
奥様は、家にいる子供たちの夕飯の支度があるので、そろそろおいとまするわ、と言ったので、主治医のところに行き、今日はもう帰っても良いですか、と確認しました。
主治医は、今日も状態は安定しているので、問題ありません。
何かありましたら、電話しますので、安心してご帰宅ください、との事でしたので奥様を家に戻しました。

thumb5
弟妹達が帰り支度をしている時、真っ黒な雷雲が湧き上がるような胸騒ぎがしたのです。
そこで「念には念を入れよ」ではありませんが再びモニターを見るために椅子に座りました。
驚いた事に、安定していた血圧が短い間隔で乱高下し始めたのです。
すぐに担当の看護師さんにこの異変を告げますと、おっしゃる通りです。
急変しています、というのと同時に主治医に緊急連絡しました。
数分の内に主治医がナースセンターに戻り、父のバイタルサインを見て、至急、親族の方をお呼びください。
かなり危険な状態です、と言われたのです。
私はすぐに奥様を携帯で捕まえました。
奥様は最寄り駅の近くまで来ているだけでまだ電車には乗っていません。
そこで、すぐに病院に戻るように、と言いますと、どうしたの、と言われたので、急変したんだ、すると、いい△△さん、覚悟はできている、というので、そんな事より、早く戻って来い、と怒気を混ぜて答えたのです。
完璧に動転していました。

kitoku_gorinju-e1523239979534
電話を切って、病室に戻りますと、主治医が措置をしてくれていました。
措置をしながら、お父さんはこのように頑張りました。
医師としてやるべきはやりましたがまもなくご臨終をお迎えになられます。
安らかに旅立つよう、皆でお父さんの手を握ってください、と言われたので、わけもわからず父の手を固く握りしめました。
数分後に息を切らせながら奥様が病室に入ってきました。
そして父の脇に立ち、体をさすりながら、お父さん、お疲れさまでした。
安らかにお眠りください、と涙声で語り掛けたのが皆に感染しました。
皆が涙声で、長い間、お疲れ様。
もう頑張らなくていいから。
怖い事ないから・・・
天国にいけばお母さんが待っているから・・・
と口々に語りかけています。
それから数分後の17時58分に主治医から、ご臨終です。
皆様、お看取りご苦労様でした。
そして病室は低い嗚咽のひびきに包まれました。

dddd8b29-s
その嗚咽をかき消すかのように近隣の増上寺の18時を告げる鐘が悲しみにあふれた病室におごそかにひびき渡ったのでした。
それに呼応するかのように赤い夕陽が父の枕元にまで延びてきており、病室内はその夕陽により沈痛な朱色に染めあげられ始めたのです。
まるで映画の壱シーンを観るかのような父の旅立ちでした。


アド街2代目秘書からキンキンの訃報報道へ



IMG_4006
今日は神田に出没です。
ここの料理特に炒飯が好きなのですが、いつも熱々ではないのが残念です。
それでも懲りずに来てしまいます。
今日のお店は「神田雲林(カンダユンリン)」さんです。

住所: 東京都千代田区神田須田町1-17 第2F&Fロイヤルビル2F
電話:03-3252-3226
休日:日曜日(貸切宴会等のご予約は承ります)

IMG_4007

IMG_4008

IMG_4009
お店の外観です。

IMG_4010
オーナーシェフの紹介です。

IMG_4012 (2)
メニューです。

今日のオーダー「豚肉と柔らか卵と水フキの黒豆トウチとろみ炒め」@1,050円です。

IMG_4013
待つこと4分でお茶が到着しました。

IMG_4015
待つこと19分で「豚肉と柔らか卵と水フキの黒豆トウチとろみ炒め」が到着しました。
見た目「THE中華」という感じですか。

IMG_4016
それでは実食です。
豚肉が柔らかいです。
水フキが良い食感です。
黒豆トウチはまろやかなコクとふくよかな香りにより料理の味に奥行きを持たせさせます。
那辺はこのシェフの材料選択の妙であります。
ケレンみのないフレーバーフルの味わいでした。
安定感あります。
美味しいです。

IMG_4014 (3)1
さて今日ここの炒飯はなぜ熱々ではないのかが判明しました。
今日、私の前の2人連れの片割れお客が炒飯を頼んでいました。
私はその最初から最後までを見届けたのです。
シェフが炒飯を完成して厨房のスタッフに渡したのが12時22分00秒です。
そしてその炒飯が私の前のお客に到着したのは12時26分40秒です。
その間、約7分です。
これでは熱々さが半減します。
なんで7分かかるかと申しますと、片割れの料理ができるのを待っていて、二つ同時に持って行く配慮がなされていたからです。
個人的にはできたらすぐ持って来ればよいと思います。
さら〜に、この画像の通り、料理の受け渡し場所が狭いので、定食などの注文が大量にはいると、配膳に時間がかかり、この場所で停滞してしまうからです。
もう少し工夫ができないものでしょうか?
成毛オーナーシェフ様
那辺は真摯に且つ前向きに検討いただきたいものであります。

それでは(^_-)

北千住 東京純豆腐

今日は「歯の話」です。
私の歯の状態はあまりよくありませんが、幸いなことに入れ歯はありません。
これはかかりつけの歯医者さんのおかげです。
この歯医者さんには約20年間通い続けています。
歯医者さんは美人の女先生です。
私と同じ神田生まれの神田育ちですから美人ですが口は悪いのです。
口が悪いのに歯医者をして良いのですか、とたまに突っ込みますと必ず倍返しでやられます。
与太話はさておきいつも歯に関しては厳しいお言葉を頂戴しております。

冒頭の入れ歯なしですが、実はこの女先生のお蔭なのです。
かつて左下の親不知を抜いてもらった時に、誤って歯の下に走査している神経を傷つけて唇に麻痺がおきました。これは女先生の腕が悪いのではなくかなり難しい手術だったのです。
しか〜し麻痺で苦しんでいるのは私なので、医療従事者としてはおおいに反省をしていたのです。
かかるなか、数年して今度は左上の親不知を抜くとき、女先生は慈恵医大の歯科にその抜歯を依頼したのです。
誰も知らないと思いますが、慈恵医大は歯学部がありませんので、慈恵医大の歯科の先生は、女先生の出身大学である東京医科歯科大の先生がその任を担っているのです。
このような背景から慈恵医大に紹介状を書いたのです。

慈恵医大に行きますと、担当の先生はすでに撮ったレントゲン写真を見ながら、▲▲さん、今回抜く親不知に隣り合っている歯はほとんど機能していません。この歯は抜きますね。
別の言い方をしますと、この歯が障害物となっているので抜歯の難易度が増しているのです。
だから△△先生は、当院で抜いてもらうよう依頼したのでしょう。
ベテランの△△先生が難しいのは当院でも難しいのです。
いいですか。これから△△先生にその旨の了解を取りますから、と言って診察室から女先生に電話したのです。
慈恵医大の先生と女先生との電話でのやり取りからうかがえるのはどうやらモメているようです。
モメている理由は簡単です。
親不知に隣り合っている歯を抜いてから親不知を抜くのなら女先生のところでも抜けるわけですからわざわざ慈恵医大には頼みません。
そこで慈恵医大の先生は論点を変えて、隣り合っている歯を残す理由がわかりません、と切り返したのです。
すると女先生は、その歯は私が根管治療で治します、と押し返したのです。
結局薬局放送局で女先生の患者の歯を守るという迫力勝ちで私の歯は入れ歯を入れるという事態には至らなかったのです。
確かに根管治療は難易度の高い治療と言われていますが、適切な環境・技術を用いた治療を施せば、ほとんどの歯を長期的に使用できるような良い状態にすることが可能なのですが、かなり面倒くさい措置なのです。
高度医療を施す大学病院ではそのような発想は皆無なのですね。
私の歯が今でも入れ歯がないのは上述のとおりこの女先生の気迫のお蔭なのです。
感謝しています。

私は定期的に、歯周ポケットの深さをプローブで測ってもらっています。
今までは3.5〜4.0世箸い惨憺たるものだったのです。
その理由は明白です。
歯の磨き方が下手なのです。
歯磨き
何度ともなく女先生のところで歯磨き講習を受けているのですが上達しません。
扇子がないではなくマジにそのようなセンスがないのです。
名誉のために申しますと、歯磨きを1日3回はしていますので回数事態に問題はありませんが、問題は磨き方なのですね。歯磨きの基本は歯ブラシの毛先をしっかり歯に当て、「歯ぐき」ではなく「歯」を磨くのです。
「歯」を磨くことで「歯」と「歯」の間、「歯」と「歯ぐき」の間にたまる歯垢がとれるのです。
1〜2本の歯に毛先を当て、細かく振動させるように30回ほど動かすのがコツだというのは分っているのですが、それができないのです。
ところがところがある日それが突然できるようになったのです。
これは単なる偶然です。
お蔭様で、爾来歯周ポケットの深さが減ってきて、直近では1.5〜2.0世箸いΨ鮠鐚圓凌爾気砲覆辰燭里任后
この快挙によって女先生から生まれて初めてお褒めの言葉をいただきました。
これで念願の自分の歯で棺桶に入ることが現実味を帯びてきたのです。
すごいでせう・・・


こういうの好きです、キッパリ。



今日は北千住に出没です。
IMG_9286

IMG_9287
この町はかつて飲み倒した町でしたが、さすがにお酒も飲まずに一人で居酒屋さんには入れません。

IMG_9280

IMG_9281
伝説の適当勘定(大昔はいくら飲んでも3,000円)の「大はし」さんにも入ったことはありませんし・・・

昔、良く飲みに行っていた「氷見」さんも「天七」さんも今となっては「高根の花」であります。
IMG_9288

IMG_9289
今となってはもう停酒をやめる気もありませんし。
仕方ないですよね・・・

ということで今日のお店は「東京純豆腐(トウキョウスンドゥブ)」ルミネ北千住店 さんです。

住所: 東京都足立区千住旭町42-2 ルミネ北千住店 8F
電話:03-5284-4611
定休日: 不定休

IMG_9291
お店の外観です。

店内の雰囲気です。
IMG_9293
最初は誰もおりませんでした・・・

IMG_9305
お店を出るころお客は全員女性でした。
このような沢山の女性を吸い込む秘密は一体全体何なのでしょうか?

IMG_9295
メニューです。

今日のオーダー「豚キムチスンドゥプ(ベリーホット)+小ライス」@1,100+@250=1,360円です。

待つこと14分で「ナムル」と「小ライス」の到着です。
IMG_9298
ナムルはベタな味で美味しくありません。

待つこと15分で「豚キムチスンドゥプ」の到着です。
IMG_9302
見た目辛そうです。
全てのスンドゥブに基本の具材 豆腐・卵・あさり・ネギ・エビ・貝柱・油揚げが付いています。
で〜もスープの下に沈殿していて目視では分りません。
辛さはベリーホットにしましがそれほどの辛さではありませんでした。

あまりにも熱いので豆腐をご飯にかけていただきました。
IMG_9304
どうなのでしょう。
味に深みがありません。
個人的にはメリハリのある味がすきなので低評価です。
まぁ沢山のガールズトークを聞けたので「良し」としますか。
それにしても女性って人間関係のモメ事が多いのですね・・・

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ