下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

愛伊堂留亭

月島 三好弥 リターンズ

今日は「コンパニオン徒然」の話です。 
前回のupで芸妓について書きましたが個人的には芸妓さんとの向き合いはどうだったのかなと思い起こしてみました。
大学三年の時、浅草の先輩の知合いが向島の美家古に芸者でているので飲みにいこうということになりました。
お金は会費制で“学生は一万円、社会人は三万”ということでしたので、何とか用立てして連れって行ってもらいました。
初めてのお座敷遊びでしたが、よくルールがわからず、雰囲気のみを味わっただけで帰ってきました。

その後はとんとその世界には縁がなく28歳の時に高炉メーカーに出向してから、お座敷での宴席に出るようになったのです。
というのも、当時私の担当していた仕事には製品検査というものがあり、しょっちゅう顧客を工場に連れて行き製品検査を受けていたのです。そしてその後は顧客接待にかこつけた大宴会が繰り広げられていました。
特に多かったのは岐阜県は犬山での宴席です。多分犬山城、明治村にはそれぞれ20回以上は顧客の観光同伴で行っています。
宿泊施設は迎帆楼で決め打ちです。

当初の宴席は酌婦に芸者さんを呼んでいたのですがあまりに高齢者の方がおおくまた踊りを踊ってもらっても踊りの良さをわかる人もいないので徐々に敬遠されてきました。
その結果芸者さんのかわりに選ばれたのはコンパニオンさんです。
これは若い人も多く座持ちもいいので評判がよかったのですね。
当時のお金で一人90分@10,000円、その後の延長はたしか50%upでしたので、いかに90分でお姉さん達をkick outするかが会計担当の私の責務です。
しかしコンパニオンさんも延長の方が売上(50%up)が多いので、なんだかんだ言って部屋若しくはホテル内のスナックでの二次会に持ち込もうというのが向こうの作戦です。
ここで私とコンパニオンさんとの雌雄を決する攻防戦が始まるのですが、こればかりはほとんど惨敗でしたね。
一度二次会が終わって私が部屋でくつろいでいたら、顧客の一人が自分の部屋に美人のコンパニオンさんを勝手にお持ち帰りしていたことがあり、これは自己都合なので顧客に強く申し入れて払ってもらう事にしました。
しかし翌日、その顧客が平身低頭の態(てい)で謝られたので仕方なく私の方の経費で落としたこともありました。

当初は迎帆楼経由でコンパニオンさんを依頼したのですが、価格がやすくなるのと顧客が好みそうな女性の指名ができるので直接コンパニオンプロダクションにお姉さんを依頼していたのです。
ある時、▲▲金属の▽▽(私の事)ですが、この間みたいな20代の若い女性連れてきてよ、とプロダクションのマネージャーさんに電話でお願いしたら、プロダクションのマネージャーさんが言うには、うちでは一番若いコンパニオンさんで45歳ですよ、▽▽さんの言うような20代の女性はいませんから、とのことでした。
男は酔うと女性が若く見えるといいますが本当のことのようですね・・・


今日は月島に出没です。
最近よく月島には来ています。
そこで月島西仲商店街のトリビアネタを画像で紹介します。

IMG_0398
まずは漫画「美味しんぼ」(原作:雁屋哲、作画:花咲アキラ)で「煮込み」が大breakした「岸田屋」さんです。
この寒空なのに並んで待っています、ご苦労様です。
私このお店は汚いのであまり好感をもっていません。それと美味しいけれど値段が高いですよね。
この店レベルの煮込みであれば月島には安くておいしいお店が沢山あります。
個人的には「月源」「愛伊堂留亭」「魚仁」さんの方が美味しいと思いますよ、まぁ好き好きですが・・・

IMG_0399
日本で一番?料理が出てくるのが遅い「まさみ」さんです。
出てくるのが遅いのは本当ですが、これは作り手のキャパより注文が多い為におきる現象です。でもたまにオーダーを忘れていることがあるので、出てくるのが遅い場合は、オーダーが通っているかどうかを確認する必要があります。
そうそうここのチューハイは月島一濃いです。お酒の強い私でも三杯飲むと“天国に昇るぞ”状態になります、お酒好きにはウレシイお店です。

IMG_0400
いつも23時近くまで開いている「相田書店」さんです。ご苦労様です。

IMG_0401
焼鳥一筋「鳥秀」さんです。
最近奥様の具合が悪い様で娘さんが手伝っています、奥さん大丈夫ですか。
ここのレバ焼き@84円はお薦めです、ハイ。


という事で今日のお店は月島洋食頂点の「三好弥」さんです。

住所: 東京都中央区月島3-28-1
電話:03-3531-1041
休日:不明(多分日曜日)

IMG_0391
お店の外観です。

IMG_0392
メニューです。

IMG_0397
このメニューの「トロと山芋をワサビドレッシングで海苔で巻いネ!」は何のmistypeでしょうか。
「トロと山芋をワサビドレッシングで海苔で巻きネェ!」か「トロと山芋をワサビドレッシングにつけて海苔で巻いて食べてネ!」か「トロと山芋を海苔で巻いてワサビドレッシングにつけて食べてネ!」か?・・・悩むぜ、平山さん。

IMG_0394

IMG_0395
今日のオーダー「オムライス+とん汁」@850+@300=1,150円です。
これはここの米料理の頂点です。
ところでこの玉子の上にかかっているドビーソース(デミグラソースの一種)ですが、人気者のソースです。
このお店では、ハンバーグ、ポークソテー、ミートソース、メンチカツにかかっています。
不思議な味です、デミグラをスープでのばし調味料と若干の甘味で整えたような味ですか。
閑話休題。
それでは実食です。オムライスの具は玉葱、賽の目切りのハムです。
ライスはフワッとしていなくベチャゾル状です。最近このベチャゾル状ライスに舌が慣れてしましっているので違和感はありません。
玉子が昔の洋食屋さんのしっかり焼き玉子かと思いきや、かなり内側にトロミがのこっており結構です。
味ですか、一つ一つには一長一短あるのですが、全体としては美味しいです。
洋食屋さんおオムライスはこうあるべきだという一品です。
IMG_0396
とん汁は具沢山で熱々です。豚肉が美味しいですね。
これはオムライスによくあう汁物です。

IMG_0402
会計の後新年ですのでタオルを頂きました。
ありがとうございました。こちらこそ本年もよろしくお願いします。

それでは(^_-)

月島 年輪

今日は「神田明神、セコ!」の話です。 
IMG_8352

IMG_8352_1
神田の街を歩いていますと、このポスターが目に飛び込んできました。
“アレッ、今年神田祭中止になったのに”と思いさらにこのポスターに近づき注視すると、要は、売れ残った神田祭ガイドブック買ってちょうだい、と読めたのです。
「神田明神、セコ!」とたまらず言ってしまいました。
この場合の“セコ!”は、ケチで下手(へた)なことをする、を意味します。
そもそも一億総自粛の嚆矢(こうし)は、早々と神田明神が神田祭を取りやめたことだと思っています。
それを右顧左眄(うこさべん)した結果、三社祭も取りやめを発表しました。
そんな嚆矢の神田明神が売れ残ったガイドブックを被災地の義捐金にするといのうはセコ!と言わざるを得ません。
さらに残ったポスターの上にこのようなwarningを張り付けるなんて・・・経費節減の絵図であればまさにこれこそ”盗人に追い銭”的対応です。
江戸っ子はこんなシミッタレタことはしません!
こんなことをするのであれば被災地が復興するまで神田明神のお賽銭箱を義捐金箱にすればよいのにと真に思うのであります。
万が一すでにしていたのであれば相すいやせん。

GWの第二クールに突入です。
第一クール同様に寛(くつろ)いでいます。
かかる中、私の行ってみたい場所画像です。
しかしキレイですね。

神戸摩那山
神戸摩那山の夜景です。

流れ星夜景
流れ星の輝きです。

今日は月島に出没です。
今日のお店は、最近行列ができている和風ダイニング「年輪」さんです。

住所: 東京都中央区月島4-3-15
:03-6204-2666
定休日:日曜・祝日

IMG_8317
お店の外観です。
去年の11月22日に突如、月島に出店しました。

IMG_8318
ランチメニューです。

IMG_8319

IMG_8321
今日のオーダー「海鮮まかない丼」@850円です。
マグロ、ハマチはまずまずなのですが、しらす、イクラは今一というかあまり美味しくありません。
さらに付け加えれば魚肉の量が少なく、さりとてしらす、いくらはご飯のおかずにはなりにくく、後半ご飯が余ってしまって、醤油ご飯状態になってしまいました。

このperformanceで@850では、近隣のはざま、愛伊堂留亭、新富寿司さんには敵(かな)わないでしょう。
でもこのお店は肉系が美味しそうだったので、逆に“得手に帆をあげよ”ではないのですが、得意料理に傾注されたほうが宜しいのでは思うところであります。

それでは(^_-)

月島 愛伊堂留亭 2011年1st

今日は「酒場放浪記」の話です。 
BS-TBS (月)21:00~からon-airされる吉田類さんの「吉田類の酒場放浪記」にハマっています。
TVはめったに見ないのですが、この番組だけはかかさず見ています。
といってもblue rayで録画したのを見ているのですが。
そうそう最近ではBS-TBS (土)22:30~「もういちど酒場放浪記」も始まりましたので、喜びは倍加しています。

~酒場という聖地へ
~酒を求め
~肴をもとめ彷徨う


このイントロがTVに流れますと奥様と一緒に正座してみています。

なんでこの番組がいいのでしょうか・・・
最初に喰いついたのはこの番組のlead-inで私の行きつけの門前仲町、辰巳新道の居酒屋「りんご」さんが出てきたのに驚いたからです、辰巳新道は知る人ぞ知る超deepな歓楽小路であります。やるなTBSと瞠目したのが端緒です。

吉田類
それと吉田類さんのキャラクターでしょう。
番組のendingは後背の腰部に手を組んで次の店をもとめて歩きだして終わるのがお約束ですが、酔歩蹣跚(すいほまんさん)状態なのにしっかりと歩く姿が笑えるのです・・・
後はお店の常連への密着度でしょうか、いやいやそれよりも吉田類さんの酔態です。
収録中であるのにもかかわらずこの方たまにマジ酔いするのですね、これがあるからハラハラしてしまうのです・・・“大丈夫かいな”っていう感じです。
 
IMG_7699
一番良いところは、自分の知っているお店がでることと、行ってみたいお店のチエックができるところですね。

それでは当blogならではの吉田類さんネタです。
番組は一日で二放送分収録するので二軒目はすでに酔って始まっている。
吉田類さんはかなり顔が大きい、背丈は175cm前後、肩幅が広くがっしりしている。
飲み代はTBSが払っているが、お店によってはゴチ?になっている。
一軒目の収録はお店の開店前に撮る・・・常連さんに迷惑をかけないため。

最後にこの番組のendingにかかる「Bad Bad Whiskey」をご紹介します


面白画像です。

パーマン
このキャラクターを日本では「パーマン」とはいいません!

三次元
影をよく見て下さい、この不可思議な構造がわかります?

今日は勝どきの癒やし居酒屋「愛伊堂留亭」さんでランチです。

住所: 東京都中央区月島4-8-10
電話:03-3533-8565
定休:日曜日・休日

IMG_7700
お店の外観です。

IMG_7701
ランチメニューです。

IMG_7702

IMG_7703

IMG_7704
本日のオーダー「牛すきやき定食」@900です。
当初は和牛を使用していたのですが、さすがに高いのでオージービーフに変更したそうです。しかしオージービーフだと味が落ちてしまうので今はアメリカ牛に変えて今日に至るだそうです。
なるほどこの牛君は、Americanなので美味しいのですね。
今日の焼き魚は「まぐろの照焼き」です、いい仕事していますね。
これは美味しい、照りもいいし、味付けも最高です。
みさえお母さんの和食の味付けは月島一ですhappy01
そうそうここのご飯はふっくらと炊けていて、甘くて美味しいのです。
お腹に余裕のあるかたは皆ご飯をお代りします、勿論お代りはfreeですよ。
ちなみに私はこのようにご飯をのこして少し醤油をたらして生卵ご飯で締めます。
これがまたイケるのです、お奨めします。
個人的には「銀だら煮魚定食」が一押しです。しかしこの定食は数に限りがあるので早めにお店に入ってくださいね。

それでは(^_-)

月島 愛伊堂留亭 リターンズ

今日は「KFCの鶏肉」の話です。
ケンタッキーで使っている鳥ってKFCという名前の、毛がなくて・目がない見た目には鳥とは思えない味だけが鶏肉という生物だって話を聞いたことがあるのですが本当でしょうか?
という質問がnetにのっていましが、これは所謂一つの「都市伝説」です、ありえません。

しかし以下のような記事もnetに載っています
愛伊堂留亭31
ケンタッキーフライドチキンの下請けの鶏肉加工工場にて、従業員達がどのように鳥を殺しているか撮影したビデオがインターネット上で公開され物議を引き起こしている。
動物愛護団体(PETA)によって公開されたこのビデオには、従業員達が鳥を蹴飛ばす場面、壁にたたき付けたり、踏みつけたりして鳥を殺しているシーン等が写っている。
今週火曜日に公開されたこのビデオはピルグリムズ・プライド鶏肉加工工場内(ウエスト・バージニア州)での実態を暴露したもの。動物愛護団体の潜入調査員が昨年10月から今年5月までこの工場で働き、極秘に撮影したという。
この潜入調査員の目撃した話によると、従業員達は生きている鶏に対し、くちばしから引き裂く、首をねじり切る、タバコを鶏の口や目に突っ込む、半分に引き裂く等の行為をしているとのこと。調査員達の名前は今後更に他工場の実態調査を行うため明らかにされていない

実はこのビデオ見たのですが、かなり劣悪です、しばらく鶏肉は食べられないでしょう。
というほどデリケートでもないのですが、やっぱり「食べる=命をいただく」ということについて考えさせられますね。自分たちの中で栄養となって自分たちを生かしてくれることへの感謝が大事だと思います。
動物の屠殺については、動物愛護団体の方が口角泡を飛ばしても、これこそ中国、韓国etcがありますから多分“モグラ叩き”になるでしょう、仕方ないと思ってはいけないのでしょうが…

今日は勝どきの癒やし居酒屋「愛伊堂留亭」さんの暖簾をくぐりました。

住所: 東京都中央区月島4-8-10
:03-3533−8565
定休:日曜日・休日


愛伊堂留亭32
お店の外観です。

愛伊堂留亭33
店内の雰囲気です。このお店のお客様は、月島の地元の方で構成されています、よって店内は完璧な年功序列になっていますのでその関係がとても分かりやすいのです(笑)

愛伊堂留亭34
今日のオーダー「さば塩定食」@900です。サイドメニューに鮪納豆、カボチャの煮付、蒟蒻、香の物がつきます。味は最高です、申し分ありません。
ちなみにこれは裏メニューですので、普段は作りません。よって突然頼まれるとキョトンとされますからご注意ください。

今日もとても美味しゅうございました、ご馳走様でした

それでは(^_-)

月島 愛伊堂留亭

今日は「カタルシス」の話です。
BlogPaint
妹ととあることで賭けをしまして完膚なきまで勝ってしまったのです。ちなみにこのパチリは妹が賭け内容を記しているところです。
この賭けに勝利したものは、勝どき、月島地区で一番高いお店で奢るというものです。私は以前からこのお店韓灯(ハンドゥン)に行きたかったのですが、いくら賭けに勝ったとはいえ所詮妹ですからね、あまりにも無体なこともできません(偉ィ)
このお店は料金が高くて二の足を踏んでいたのですが、やはりここは止しましょうか・・・
といいながならも今回はツイテいますし、滅多にない迎慶ですので、脳ミソがトロケル位呑み且つ食べてやりましょう(笑)

月島で美味しい煮込みを供するお店があるということで、お取引様と訪(おとない)を入れました。今日のお店は「愛伊堂留(アイドル)亭」さんです。

愛伊堂留亭2
お店の外観です。

住所: 東京都中央区月島4-8-10
TEL:03-3533−8565
定休:日曜日・休日

愛伊堂留亭3
店内の雰囲気です。ここは力也君、勝君兄弟とそのお母さんが営む家庭料理のお店です。我儘料理もでとてもホッコリするお店です。

愛伊堂留亭4
チャームの「モズク酢」です。

愛伊堂留亭5
「三つ葉卵とじ」です。これイケます。お出汁が秀逸です。

愛伊堂留亭6

愛伊堂留亭7
そして本日のメインイベント「煮込み」です。お母さんがいうには勝どき・月島地区で供される煮込みは秋山畜産若しくはもう一店の肉屋さんから、どのお店も仕入れているそうで、肉レベルでは何れも遜色ないそうです。
よってその後の味付けによって美味しさが左右されます。このお店はあまり脂身を落とさず美味しく炊くことを真骨頂としています。
味ですか、おお美味しいじゃないですか合格合格合格合格合格
肉はジューシーで芳醇です。勝君が言うとおりにこの煮込みは脂身が程よくのっており口内感触を際立せています。特筆するのはフワ(肺)に臭みがないことです。月島で美味しい煮込みの名店は月源、魚仁、岸田屋さんだと思うのですが、月源の煮込みはフワ(肺)が臭くペケです。魚仁はフワ(肺)は意図的に抜いており論外です。岸田屋はよく炊けています、よってフワ(肺)の臭みは少ないのですが、その反面煮すぎの為硬くて味わいがありません。
このお店の煮込みは多分勝どき・月島地区で一番でしょう・・・自信アリ

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ