下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

怒鳴る人

神保町 ランチョン

今日は「怒鳴る人」の話です。
middle_shutterstock_384978976
良く怒鳴る人っていますよね。
かつて私も仕事の上では良く怒鳴っていましたが最近はしません。
なぜかと申しますと、怒鳴るという事は言葉で説明する手順を面倒に感じ、より安直な手段で相手を屈服させようとする手抜きの行為だからです。
この怒りの表現を使うと、相手も同調して怒りの表現で返します。
従いまして、問題の本質がどこにあるのかが分らなくなります。
子供の時の口喧嘩を思い出してください。
お前のかあちゃんデベソ、みたいな意味のないののしりを相手にぶつけていましたよね。

子供のころ、私が弟をいじめていたのが母親にばれて、ひどく怒られた事がありました。
しか〜し、その最中に電話が鳴ると「もしもし」と電話口にでた母の声にはいまだ怒気が残っていました。
ところがその電話口の主が、学校の担任教師である事が分ったのです。
そこで母は、マインドチェンジをして、よそ行きの声に変えました。
電話の内容はPTAの会合の連絡のようでした。
その為かおだやかに会話が続いていましたので、怒られた私はこれで台風一過だと思い安心していました。
しか〜し、受話器を置いたとたんに、また大魔神の顔に戻り怒り始めたのです。
これでおわかりのように怒りとは出し入れが簡単な道具なのです。
よく大声で怒鳴る人は、威圧によって自分の主張を押し通すために、一番手っ取り早い怒りの感情を使っているだけなのです。
プライベートならそれでもよいのでしょうか、ビジネスなら問題が整理されなくなります。
相手が感情に任せて話している時は、当の本人も何が問題でどのように解決していけば良いかという具体的な対処策はないのです。
感情に任せて話していますと、戦線が拡大するだけで、収拾はつかなくなります。
その為に、最近、良く用いるのがどこに問題があるのかを手を変え品を変えて聞くようにしています。
そうしますと、こんがらがった糸が徐々にほどけてきます。
これが一番の効果的な方法です。
相手が言葉で説明できない事で怒っている時は、それに対して怒りで同調するのは愚者の振る舞いであります。


サヨナラHRを打つフィルダーと、空気を読みまくるチームメイトたち



IMG_0366

IMG_0365
今日は神保町に出没です。
今日のお店はビヤホール風情を装っていますが、その実態はおいしい洋食レストランです。
今日のお店は「ランチョン」さんです。

住所: 東京都千代田区神田神保町1-6
電話:03-3233-0866
定休日:日・祝

IMG_0367
お店の外観です。

IMG_0369
IMG_0370

IMG_0379
店内の雰囲気です。

IMG_0368
メニューです。

きょうのオーダー「日替わりランチ」@1,000円です。
1909年(明治42年)操業、今年でなんと創業109年だそうです。
その頃の神保町は孫文、魯迅、周恩来、蒋介石なんかが留学でこの辺りにいた頃に洋食店を始めたということらしいです。
神田っ子の洋食の聖地みたいです。

IMG_0372
座るやいなやお水が到着しました。

IMG_0373
時間差でドレッシングが到着しました。

IMG_0376

IMG_0377
待つこと5分で「日替わりランチ」の到着です。
今日のランチは、ポークヒレのチーズ焼きとサバフライです。

IMG_0375
それでは実食です
ポークヒレのチーズ焼きは肉が柔らかくて美味しいのですが少し冷めています。
実はこのお店は数回来ているのですがこのような事は始めてです。
サバフライは少し魚臭いのです。
しか〜し、付け合せのソースにからませますと、その魚臭さは瞬時に消え去ります。
これには驚きました。
ここのコックさん、揚げ物はお上手です。
今日のランチはポークヒレのチーズ焼きが少し冷めていたので残念でしたがそれでも満足なランチです。
白眉はマッシュポテトです。
本当に上品な味わいです。
これは神田NO.1の美味しさです。
ごちそうさまでした

それでは(^_-)

東銀座 YOU

今日は「怒鳴る人」です。
171108_enbujyo
この間、新橋演舞場の路上を歩いていると、演舞場脇の交差点で私の鼓膜が破れんばかりのクラクションが私の周辺を支配しました。
音の根源を見ますと、直進の高級外車が右折のタクシーに割り込まれたみたいで、直進の車がそれに対するクレームで大音量のクラクションで抗議したようです。
しばらく歩いていますと、今度は肉声の大音量が耳をつんざきました。
またまたその音源を見ますと、直進の車が急きょ左折して且つくだんのタクシーを追い抜いて路肩に停めさせ、その運転手が車から降りてきて、そのタクシーの運転手にガンガンに文句を言っていたのです。
タクシーの運転手は100%彼が悪いのでひたすら謝っていました。
その運転手は怒り疲れたのでしょうか、最後には、これに懲りて二度とするなよ、とキメをだして自らの車に戻りました。運転手席ドアを開けたら、助手席にいたのは多分に奥様でしょうか、その女性に対して、トコトン言ってやった。グーの音もでなかったぜ、カッカと笑いながら、高級外車のシートにその身を沈めてからおもむろに車を発進させました。

que-12153597867
私はこの一連の出来事を見て、こんな昭和な人が平成の世にも現存していたのだと驚きました。
しか〜し、この人なんでここまで怒れるのですかね?
このような人は、他人より自分の方が優れているといつも思っているので「他人を言い負かす」とか「自分の意見は絶対正しい」と思っているのでしょう。
周りから見たら、自己中心的で器量の狭い方にしか見えないのですけどね。
人間誰しも「ストレス」を持つものですが、その発散の方法が単に「クレーム」という形で現れているタイプなのでしょう。他のストレス発散方法を知らないが為に、融通の効かなさがクレームとして現れるのでしょうか?
普段から認めてもらえないからこその、鬱憤からの情動となるでしょう。
これは「認知欲求」と言われるようです。
しか〜し、これは「ストレス発散のための八つ当たり」に近いものがあるような気がします、ハイ。


このような目に会った方にはこの動画をお勧めします。
格闘技・武道・武術をリアルの喧嘩で使うとこうなる



IMG_5851
今日は雨にけぶる東銀座に出没です。
今日は「これを食べてから死ね」とまで言われているオムライスをいただきにあがりました。
今日のお店は「YOU (ユー)」さんです。

住所: 東京都中央区銀座4-13-17 高野ビル1F
電話:03-6226-0482
定休日: 年末年始

IMG_5852
お店の外観です。

IMG_5863
店内の雰囲気です。

IMG_5864
お店を特集した記事です。

IMG_5854
メニューです。

今日のオーダー「you飯セット(オムライス&珈琲)」@1,300円です。
店内は70%女子です。
その為かなんかかまびすしいですね。

IMG_5855
待つこと4分でテーブルセットの到着です。
福神漬けがうれしいですね。

IMG_5857
待つこと11分でオムライス&珈琲の到着です。
オムライスはあたかも黄色い大理石みたいな感があります。
きれいですね。

IMG_5859
スプーンで切れ目をいれて開くと、ホイップクリームの溶け込んだオムレツの中身が揺蕩(たゆたう)と広がります。柔らかいとろとろ濃厚のオムレツが、ベーコン・玉ねぎの美味みの効いたケチャップライスを優しく包みこんでいきます。それでは実食です。
これは美味しいです。
なんだろうこの雲の上に登ったよう感じの美味しさは・・・
この副作用でしょうか、高温の油の中に落ちた水滴のように、食べるに従って心の中のわだかまりがプチンプチンと音を立てて爆ぜていきます。
得も知らない幸せを食べているからでしょうか?
玉子好きなら絶対に外せない一品と断言しても良いでしょう。
絶品です。

IMG_5861

IMG_5862
珈琲は砂糖なしのホイップクリームが一緒に付いており、すっきりしていて深みのある苦みが高評価です。
幸せの極大化ここに至るであります。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ