下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

御徒町

御徒町 パンチョ

今日は「蕎麦の種類」の話です。
数日前「デン助」さんのフリネタで、地元の明治以来の有名蕎麦店「らんめん」さんの話を書きました。ちなみに「らんめん」とはらんめん【蘭麺・卵麺】=たまごそばきりのことです。

ところで「もり」「ざる」「せいろ」の違いは何でしょう。
語源は単純で、「ざる」は竹笊(タケざる)に、「せいろ」は蒸籠(せいろ)に盛るからです。
蕎麦はもともと、汁(つゆ)に付けて食べるものでしたが、元禄(1868〜1704)の頃から、汁(つゆ)を直に蕎麦をかけて食べる「ぶっかけ蕎麦=かけ」が流行りました。
そこで、従来の食べ方と区別する為に「もり」の呼び名が生まれたのです。
今は「笊(ざる)蕎麦=海苔かけ」のイメージですが、「もり」に海苔をかけて「笊(ざる)」としたのは明治以降のことです。
「もり」とは明確に区別する為、「笊(ざる)」の汁(つゆ)はこくの深い辛汁を用いることが決まりでしたが、近年笊(ざる)用の汁(つゆ)を別に作る店は非常に少なくなっているようです。
「OuiMenVol.2」より転載


下町っ子の私としては、憤っているのはこの件(くだり)です。
我が下町の全ての?蕎麦屋では、「ざる」と「もり」を区別する為に汁(つゆ)を使い分けるのは当たり前でした。
しかし昨今この使い分けをキチンとしているお蕎麦屋さんは何%あるのでしょうか…
大半は海苔があるかどうかの違いで、@100〜150の「もり」との値差をつけています。
本当に良心的なお蕎麦屋さんってナンなのでしょうか、東京の蕎麦屋さん猛省してください。
でも最近の若い方は「ざる」と「もり」の違いは、海苔があるかどうか、若しくは山葵が摺りおろしているか練り山葵で出されるかどうかの違いだと思っていることが分かり、かなりのshockを受けている今日この頃です。

今日は御徒町に突如として出現したナポリタンの名店「パンチョ」さんです。
本店は渋谷とのことです。

住所: 東京都台東区上野5-26-10 B1F
:不明
休日:無休

パンチョ1
お店の外観です。「改めて(懐かし味)ナポリタンは上手と言わせたい」という惹句の縦看板がありました…マジでしょうか(笑)

パンチョ2
店内の雰囲気です。80年代の映画のポスターが沢山貼ってあります。
レトロ感出したいのでしょう、後かなりの客が漫画を見ながら食べています。
不思議に思ったらレトロ漫画がかなりおいてあるようです。「ビー・バップ・ハイスクール」が多かったような気がしました…食事中にいい大人が漫画読んじゃいけません!

パンチョ3
ナポリタン美味しくする脇役の面々です。さすがに「粉チーズ」は使い放題です…当たり前でしょう!

パンチョ4
今日のオーダー「目玉焼きのせ」@700円(並盛り)です。
味ですか、その前にこの並盛400gです。食べる前に確認すれば良かったのですが、無理です、こんなボリューム食べられません(悲)
具はピーマン、玉葱、ウインナーです、所謂ナポの定番です。
ソースはシャツに飛ばない系です。
味ですか、目玉焼きの黄身をまぜて食べているうちは美味しかったのですが、これが無くなると酸味の強さが際立ってシツッコイです。
ボリュームの多いことも相俟って、終盤飽きました。
このお店、私にとってはゴメンナサイのお店です、こんな日もあります・・・weep

それでは(^_-)

続 御徒町 蒙古タンメン中本

今日は「Splash」ネタです。
あまり期待しないでサクサクとお読みください。
昨日は朝五時起床、飛行機で富山へ、帰りは車中接待ということでJRを乗り継いで越後湯沢から新幹線で帰宅しました。約4時間良く呑みました。
ということで今日は昨日会社にいなかった為、仕事がパイルアップしており死にそうだったのです。三時頃遅い昼食ラーメンをとり、その後接待で銀座になだれ込んだというのが今日の一日です。

今日は二時頃、仕事で三ノ輪に出没しました。
二つのパチリを紹介します。

蒙古タンメン中本21
このお店ラーメン@200です、しかも張り紙によると「限定88食」です。
これは嘘です(笑)仮りに88食だとすると@200×88食=17,600円/日です。そして22日稼動とすると17,600円/日×22日=387,200円、利益率を50%と高い設定にしますと、このお店の利益は387,200円×50%=193,600円となります、家賃をいくら安く見積もってもこのお店は昭和通り沿いにありますから@150,000位が妥当です。
残額43,600円では光熱費払って終わりますよネ。ここまでの収支ではその他の諸経費が賄いません、要は倍は売っているのでしょう、というのが私の結論です・・・違ったら関係者の方ごめんなさいm(__)m
「限定88食」の張り紙はアザトイです

蒙古タンメン中本22
このお店は三ノ輪にある、酒屋さんです。かなりのVintageの建物です。今は四代目が経営されていますが、一発大地震がくると崩壊するのは自明です。リビルドされたほうが・・・と思う今日この頃です。

今日のお店は蒙古タンメン「中本」さんです。

住所: 東京都台東区上野5-20-3ラーメン横丁
電話番号:03-5688-1233
休日:不明

蒙古タンメン中本23
お店の外観です。

蒙古タンメン中本24
お店のメニューです。

蒙古タンメン中本25

蒙古タンメン中本26
今日のオーダー「蒙古タンメンラーメン」@750です。今日の「蒙古タンメン」は美味しかったです。スープはお約束の熱々です。麺はモチモチの中太麺で美味しい、いつも私が×マークつける野菜は作りおきでなくシャリシャリして美味しい。ここはまごうと事なき実力店ですね、本当によく理解しました。

蒙古タンメン中本27

蒙古タンメン中本28
今日の接待の銀座の高級イタメシ屋の店内の雰囲気です。たいして美味くないのに一人@10,000です、普段慎ましやかに暮らしているのでこのGapに悩んでしまいました(笑)

それでは(^_-)

御徒町 青葉 御徒町店

今日は「耐久消費財の使用年数」の話です
耐久消費財の使用年数に奇妙なねじれ現象が起きているのはご存知でしょうか?
長寿製品の代名詞だった冷蔵庫、洗濯機など白物家電が徐々に短くなる一方で逆に早めに買い換える製品の代表格であったパソコン、携帯などがジワジワと買換え時期が伸びています。
何が起きているのでしょうか?
まずパソコン、携帯、デジカメなどでは、これまで大きな購買動機だった「機能向上」が限界に近づき、頻繁に買い換える必要がなくなってきているのがその理由です。
つまり故障しない限り、使い続ける“成熟商品”になりつつあるわけです。その一方冷蔵庫なら省エネ機能や買いだめできる500板兇梁膩神宿覆覆鼻∪濯機なら節水機能が高いドラム式など魅力的な新製品が続々登場し、買い換える客が増えているそうです。
こうした理由から、従来のイメージと異なる変化が使用年数にでているわけです。つまり製品寿命も時代に応じて絶えず変化し続けているようです。
【日本経済新聞 裏読みWAVE】より転載
たしかに毎日使用しているEXCELやWORDはバージョン2003ですが、何の痛痒も感じませんものね、納得感あります。貧乏な我家でも去年エアコンは最新バージョンに買い換えてますし、今ガス台もIHにしようかと検討していますので、宣(うべ)なるかなですね。

今日から夏休みです。結構夏休みも過密Scheduleでワタワタです。折角の夏休みなのでゆっくりすればいいのでしょうが、要は貧乏性なのでしょうね(笑)

青葉11
今日のお店は御徒町「青葉」です。前回飯田橋店では美味しい「中華そば」をいただいたので期待は膨らみます。

住所: 東京都台東区上野5-20-3
電話:03-5812-2254
休日:無休

青葉12
青葉13
本日のオーダー「つけ麺」@700です。

青葉14
このお店は魚介+豚骨のダブルスープの元祖店の支店です。スープは甘・辛・酸のバランスがよくとれておりマズマズです。麺はわりと太目で、コシがあって美味しいしイケます。チャーシューもホロホロしていて満足です、でも全体的には優等生みたいな味で心に残るところはありません。
やはり基本的には「つけ麺」が嫌いだからかもしれません、なら食べなければいいじゃないとも思うのですが、この裏切られる快感がタマラズ食してしまうのですね

それでは(^_-)

御徒町 蒙古タンメン中本

眠り病になったのでしょうか(笑)
昨日は9時間眠り、今日は出張の往復の車中爆睡です。

今日のお店は美味辛系ラーメンの頂点「蒙古タンメン中本」です。
蒙古タンメン中本1
お店の外観です

住所: 東京都台東区上野5-20-3ラーメン横丁
電話番号:03-5688-1233
休日:不明

蒙古タンメン中本2
本日の獲物はこの店一押しの「蒙古タンメン」@770です。
そもそも辛さというのは調味料ではなくて、食材の美味しさを増大させ為のるものです。よって元が美味しくなければいくら辛くしても駄目なのです。

蒙古タンメン中本3
味ですかトッピングの「辛し麻婆豆腐」は丁度良い辛さでイケました。スープは熱々、ハヒハヒで美味しいです
麺は太麺のモチモチでこの辛い々スープをしっかりと受け止めています。タンメンの為なのかグズグズの野菜がトッピングされています。しかしこれがマズイのですネ。多分作り置きかと思われるのですが、とくに白菜が臭いのです。ほとんど美味しかったのにとてもこのグズグズ野菜の為に残念でした。
でもこの辛さ癖になりそうです(笑)

それでは(^_-)

香港料理 九龍

今日は「多慶屋」の話です。
多慶屋パープルビルもとい多慶屋さん外観です。しかしこのお店外国人が多いいですね。ここは日本かという感すらします。貴金属売場で@200,000円もするペンダントを大根でも買うように、カードでサクサクと求めている韓国人のオバさんがいました。
 

今では御徒町のパープルビルとして有名ですね。
多慶屋という商号は、創業者の竹谷(たけたに)氏の名字を「たけや」と読み、多くの人に慶びを与えたいという願いから付けられたといわれています。

私が27歳の時、懇意の仕入れメーカーの部長から多慶屋に流入してしまった商品を買い取るか安値で売らないよう(今なら公取にひっかかりますね)にするかの依頼を受け出向いたことがあります。

結論から言いますとこの依頼は交渉する以前に、いとも簡単に蹴っ飛ばされたのです。
理由は、ここ多慶屋では一度購入した商品は店頭で売り切ることが鉄則。店頭での販売価格は多慶屋で決めるもので他人からとやかく言われるものではないという明瞭明確なる説明を受けたからです。

今でこそ多慶屋はスーパーディスカウンターとして名を馳せていますが、当時はバッタ屋さんでした。
会社経営で資金繰りに行き詰った人達の断末魔のあがきとして、自社商品を捨て値で投げ売りその見返りとして現金を入手するという換金屋さん的お店がバッタ屋さんなのです。

確か夜の八時頃に多慶屋の仕入部に出向きました。
倉庫の周辺の道には自社商品を満載にし、社名を第三者の目に触れさせないようガムテープでベタベタに隠したトラックが引っ切り無しに往来していました。
倉庫の中では商談の際に数百万単位の札束が乱れ飛んでおり、普通のビジネスマンが来てはいけない所だと感じ入ったものでした


今日のお店は香港料理「九龍」です。
九龍外観九龍外観です。この汚さはまさに本場香港風ですね(笑)
 

このお店多慶屋の並びにあるのですぐ分かります。
住所: 東京都台東区台東4-32-7
電話番号:03−3836−4632

お店に入るとすぐに山椒や八角の匂いが出迎えてくれます。
気分は本当に香港です。
ここのシェフは香港、星国(シンガポール)のシェラトンで中国料理のシェフを経てこられた方との話でしたがこの日はいないようでした。

獲物はこのお店一押しの「香港式豚肉と葱入り湯麺」@650です。
香港式豚肉と葱入り湯麺香港式豚肉と葱入り湯麺です。
 


香港式豚肉と葱入り湯麺香港式豚肉と葱入り湯麺の下に隠れている肉君です。この肉の色まさに香港ですが、着色料での色付けでしょうか(笑)
 

味ですか私はかなり香港ぽいこの味付け好きです。
葱を主体としたシャキシャキ野菜は豆板醤の辛さと相俟ってタマリマセン。
麺は細麺ですがいけます。
肉も柔らかく軽く揚げておりジューシーです。
しいていえば香港シェラトンの味というよりも、香港の町中にある美味しくてボラレナイお店っていう感じです。
ただし中国っぽい匂いの嫌いな方は避けられた方が良いかもしれませんネ。


それでは(^_-)

御徒町 横浜六角屋

夫婦で全くの同時間に別々に救急車に乗っていることなんてブラックジョーク以外ありえないと思っていましたが実はあったのです。
それは我夫婦です。
奥様は仕事で患者の付き添いで乗車、私は剣道をしていて大怪我して怪我人として乗車です。
救急隊員から搬送される際、搬送病院をどこにしますかと聞かれ医療関係に知悉している奥様に電話で相談したところ、これから救急車に乗るので即座に回答できないとのことでした。
その旨救急隊員に話すととても驚いていいました。
そりゃそうですよネ。
一人だけでも異常なのに二人は絶対にありえませんね(笑)

今日のお店は横浜六角屋御徒町店です。
住所: 東京都上野5-20-3
TEL:03-3831−3347

獲物は醤油ラーメン@650です。




麺は太め、スープはコッテリ濃い目、スープの温度も超熱で満足です。
トッピングのジューシーチャーシュー・大判海苔×3枚・ネギ・ほうれん草も優れたバイプレーヤーでとても美味しいものでした。
家系ラーメンはまり美味しい店に巡り合わなかったのですが、これは思わず「イケるじゃん」と呟きました。

明日は手術です。
無事生還できるか乞うご期待(悲)

それでは(^_-)

御徒町 麺屋武蔵武骨

今日は高崎の山奥で18:00から打合せです。
しかし風邪が治らないのは何故でしょう?
分かりました、風邪を引いているのにこの様な寒いところに行くからです。

今日のお店は麺屋武蔵武骨(御徒町)白色ラーメン@730です。


お店に入ると黒ずくめのTシャツ、同色のパンツ、黒いキャップのお兄さんがとても丁寧な接客で応対してくれます。
厨房では店主らしきお兄さんが「ソイヤ」「ヨイショ」と変な気合で違和感のある麺の湯切をしています。
そしてその対面で別のお兄さんがそれを恥ずかしそうにご唱和しています。
私は基本的に仕事中に不必要な掛声等するパフォーマンスは嫌いです。
ラーメン屋さんは味が勝負です、大体このようなパフォーマンスは唾が入ってかえって不潔です。
これからは止めましょうネ(願)
ここでいやなデジャブが思い出されました。
たしかマイホームタウン吉祥寺にも似たようなお店に入ったことを思いだいました。
それは麺屋武蔵虎洞です。系列店なのですね。
奥さんと行列店だったので突発的にミーハーに並んだのですがとてもガッカリしました。
私の家族は魚系&豚骨系のダブルスープはあまり好きではありません。
この虎洞で懲りたはずなのにな・・・(悲)
味ですか美味しいと思いますヨ麺も太麺で腰があり、バラ肉は硬くて冷たいけれど不味くはありません。
でもスープがな!パフォーマンスに気合を入れるのなら万民に愛される味を追求して下さい
それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ