下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

庚申塚

池袋 黒龍門

今日は「富士塚」です。
日本の象徴ともいえる霊峰が富士山です。
富士山は古来より、憧れと畏敬、そして招福の願いをもって眺められていました。
人は富士山の霊力をどうにかして得たいと考えていました。
徳川家康は江戸の町をつくった時、富士山のパワーを引き込む目的で、富士山と江戸城を結ぶ線を軸にして通りをつくり、町を形成していったといわれています。
富士山のパワーはそれほどまでに信奉されていたのです。
そこで江戸の庶民は、富士山に登ることによって、健康や幸せ、一家繁栄などの現世利益を得ようとしたのです。
しかし、女人禁制の霊山であったし、遠路なので老人や子供には無理があった為、誰にでも登拝の喜びが味わえるようにと、早稲田の水稲荷の境内に小高い人造富士を築いたのが評判となり、各地に富士塚を築く嚆矢となったのです。

東京には江戸七富士と言われている富士塚があります。
具体的には以下の七社内にあります。
品川富士(品川神社境内)、千駄ヶ谷富士(鳩森八幡神社境内)、下谷坂本富士(小野照崎神社境内)、江古田富士(茅原浅間神社境内)、十条富士(富士神社境内)、音羽富士(護國寺境内)、高松富士(富士浅間神社境内)
その内の品川富士、下谷坂本富士、音羽富士は既に登頂しております。
今回は4番目の富士塚として鳩森八幡神社境内の千駄ヶ谷富士を奥様と長男とで目指しました。
画像で紹介しますので宜しかったらお付き合いください。

#鳩森八幡神社
IMG_4967

IMG_4968

IMG_4945
千駄ヶ谷一帯の総鎮守です。
貞観2年(860年)、慈覚大師(円仁)が関東巡錫の途中、鳩森(はとのもり)のご神体を求める村民の強い願いによりできた神社のようです。

#庚申塚
IMG_4942
人間の体の中には三尸(サンシー)という蟲(むし)がいて、庚申の日の夜には身体を出て天に昇り、その宿主の悪い行いを天帝に告げ口をしに行くのです。
そもそも体内にいる三尸を殺してしまえば問題は解決するのですが、それには五穀断ちなどの、厳しい修行が必要であり、結構面倒くさいのです。
それならば、三尸がでかける庚申の日の夜は一晩中起きていて、三尸が身体から出て行かないよう見張っていれば天帝に告げが口できない、ということで始まったのが庚申講です。
当時の庚申講とは、庚申の日の夜、一晩中起きていて寝ずに、庚申塚の周辺に集って飲み食いし、語り明かし、続ける楽しい楽しい完全徹夜の飲み会だったのでしょう。
ちなみにここの庚申塚は足腰健康のご利益があるとされ、多くの人が草履を奉納しています。

#茅の輪くぐり
IMG_4947
山開きの時に茅(チガヤ)の輪くぐりが行われます。
茅を束ねてつくった大きな輪をくぐって身を祓い清めます。くぐり方は、左に1度、右に1度、最後に左にもう1度くぐって拝殿に向います。茅の輪は3度くぐるのがお約束です。

#富士塚登頂
IMG_4965
高さ約7mの富士塚は都内最古のもので、東京都の指定有形民俗文化財です。

#登山口入口
IMG_4950
社殿を背にして、正面に立つ鳥居から入山するのが正しい登山ルートです。
お詣りをするまえには、手水舎(ちょうずや)で身を清めるのがお約束です。

#里宮
IMG_4951

IMG_4952
登山道は自然岩でできた階段になっています。
石橋を渡った山裾には、御影石の浅間神社の里宮(村里にある宮)があります。
実際の里宮は河口湖畔の勝山にあります。

#身禄様(みろくさま)
弥勒様
7合目にあたる場所に小さな洞窟があります。
そこには、富士信仰の中興の祖であります修験者の食行身禄像(じきぎょうみろくぞう)が安置されています。

#奥宮(山上にある宮)
IMG_4960

IMG_4958

IMG_4956

IMG_4957
山頂には溶岩で固められた祠の中に富士浅間神社の奥宮(山上にある宮)が安置されています。
富士山頂の出水口の金明水と銀明水を模した水鉢もあります。

IMG_4923
如何でしたか。
あに、あまりたいした事ないじゃないか、ですと、それは言えるかもしれませんね。
新しい年の平安と開運を私が皆様の分まで祈願してきました。
ご利益にあやかる事は間違いないでしょう。


IMG_4941
今日は富士塚登頂の流れで池袋に出没です。
四川料理の巨匠「陳建民」さんの薫陶が今でも脈々と息づくナイスなお店が池袋にあるそうです。
今日のお店は池袋の四川料理の絶巓「黒龍門」さんです。

住所: 東京都豊島区南池袋1-20-1 横田ビルB1F
電話:03-5952-8870
定休日:無休

IMG_4926

IMG_4928
お店の外観です。

IMG_4929

IMG_4939
店内の雰囲気です。

IMG_4940
陳建民の愛弟子で、黒龍門のアドバイザー荘明義氏のご尊顔です
荘さんは、元横浜重慶飯店の料理長でもあり、テレビ番組でもよくfutureされています。

今日のオーダー
私は「海老・レタス炒飯セット」@842円
奥様は「海鮮汁そばセット」@896円
長男は「麻婆炒飯セット」@820円
です。

待つこと13分で全ての料理が出揃いました。
それでは実食です。

IMG_4932

IMG_4933
まずは「海老・レタス炒飯セット」です。
見た目の通りパラパラ感のない炒飯です。
熱さもなくベトベトしています。
それに反して海老の揚げものが熱々ですので、揚げものを待っている間に冷たさが移ったのでしょう。
味付けがよかったので残念な一品です。

IMG_4937

IMG_4938
そして「海鮮汁そばセット」です。
麺の茹で過ぎを除けばそれなりの水準です。
スープ美味しです。
ただ胡椒を意図的に強めにいれているので婦女子はno thank youでしょう。
私の奥様は辟易顔で食していました。
で〜も私においては好きな一品です。

IMG_4935

IMG_4936
最後に「麻婆炒飯セット」です。
最初の一口目は、花椒のききが弱いのではないか、と思ったのですが、そのようなことはありませんでした。
どちらかと申せばtoo spicyです。しか〜しここでも炒飯がベチャコなので美味しさ半減です。
これまた残念な一品です。

早めに食事が終わったのでボーっと厨房の方に目をやっていました。
すると加え煙草のコックさんが私の視野に入ってきました。
厨房で煙草を吸うなんて、コックさんともあろうものが、地獄に落ちる所業であります。
そしてそのコックさんは煙草をゴミ箱に無造作になげすてたので、さすがに手を洗うのだろうなと思って見ていましたら、何もせずに厨房に戻っていきました。
このブログはお店のあら捜しブログではありませんので、このような事はあまり書きたくありませんが、プロのコックさんはそれなりの矜持を持つべきです。
傷を負った人間は間に合わせの包帯が必ずしも清潔であることを要求しない、というのは戦場での話で、口に入るものを扱うコックさんは「清潔は命の次に守らなければならないもの」だと敢えて言わせていただきます。

それでは(^_-)

神田 福はら

今日は「庚申塚」の話です。 
IMG_9900
街中でやたら目にする「庚申塚」のいわれを私は今日の今日まで知りませんでした。
「庚申塚」は平安時の初めに、人間が豊かで長生きしたい、という気持ちが庚申信仰となりその表れとして塚がつくられたそうです。
人間の体の中には三尸(さんし)という虫がいるそうです。
三尸は庚申日の夜にその人が熟睡している間に天に上って、閻魔様さまの部下である「司命」に善悪の報告をするのだそうです、何故だかこの日だけなのですね。
その罪の内容は大きな罪で300日、小さな罪の場合は3日命が奪われる、とされています。
要は寿命が縮まるのです。
したがって庚申日(三尸の虫の報告日)に徹夜をして眠らなければ、三尸は天に上って司命に人の罪過を告げることができないのです。
だから庚申の晩には身を謹んで夜明かしをすれば長生きをすることができるという信仰が生まれたようです。
これを「庚申信仰」というそうです。
ちなみにこれから大手をふって騒げる直近の日は、今年は12月31日、来年は2月29日です。この日だけは日頃の悪行のある人はお祭り騒ぎをして寝ずに楽しんでください、長生きできますよ(笑)


なんだこれは!
たんたんとコインを積んでいく男性。積まれたコイン、その数なんと3118枚。25セントコイン600枚、10セントコイン501枚、5セントコイン313枚、1セントコイン1699枚、それに外国のコインが5枚。1番下にあるのは10セントのコイン。200ドル以上のコインを約7時間かけて積み上げました。まさに脅威のバランス力! 彼はきっと、私たちには見えない法則で世界が見えているのだと思います。


今日は神田に出没です。
そぞろ歩きしていると「インギー鶏」の看板が目に入りました。
「インギー鶏???」何それっていうことで入ってしまったお店がこちら「福はら」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田2-12-13 松本ビル1F
: 03-3256-6477
定休日:土・日・祝日(予約の場合は営業)

IMG_9759
お店の外観です。

IMG_9761
店内の雰囲気です。

IMG_9760
ランチメニューです。

今日のオーダー「特性:親子丼」@750円です。
まずはインギー鶏の説明です。
IMG_9766
南種子町の天然記念物。明治27年イギリスの帆船「ドラメルタン」号が暴風雨により漂着、その中で飼育されていた鶏を11羽もらい受け、そのイギリス人たちのことを地元の言葉で「インギー」と呼んだことにより、その鶏を「インギー鶏」として現在まで大切に飼育されていました。学術的にも世界的に珍しい鶏として注目されています。既に英国に於いても一羽もいないとのことです。尾骨があって尾羽がなく弾力がある肉質は柔かく大変おいしい鶏です。一羽の大きさが小さく、肥育期間が長いのが難点。ちなみに価格は、普通の鶏の約3倍の値段で大変高価なものです。「どっちの料理のショー」にも、取リ上げられました。

IMG_9763

IMG_9765
見た目は美丼ですが味はどうでしょうか。
卵のとろけ具合は満足レベルでトロトロです。
味付けは少し甘めです。
玉葱と三つ葉がアクセントになっていてイケます。
インギー君はあまり存在感なく今一でした、それとも私が味音痴なのか・・・
個人的には神田西口商店街の伊勢ろく本店さんの方が好きですが、「福はら」さんもまずまずでした・・・
常連さんが頼んでいた「焼とり丼」が美味しそうだったので今度はそれに挑戦する予定です。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ