下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

広州

久闊広州 其の参

今日は「広州再訪 其の参」です。
最終日は休日で休みです。
飛行機のフライトまで時間がありますので朝食の後は荷物を纏めてから街中をブラリする事にしました。

#ホテルDe朝食
IMG_4549

IMG_4550

IMG_4544

IMG_4543
二日も同じ食事だと飽きますね・・・
新鮮なトマトジュースを飲みながら変なサイズの新聞を読んでいました。

IMG_4546

IMG_4548
彼女は英語が話せるみたいだったので、記念に写真のパチリをお願いしましたらOKしてくれました。
美人ですね。

#広州市内をブラリ
IMG_4551

IMG_4572
あら珍しい交通整理のオバサンです。
何十年ぶりに見ました。

IMG_4552
中国では当たり前の女子の手つなぎウォークです。

IMG_4553
パン屋さんのアルバイト募集です。
時給=300円ですか、日本の約3分の1ですね。
昔は日本の10分の1でしたから、中国の人件費の高騰はこのようなアルバイトでも起っているのです。

IMG_4555

IMG_4556
中国のカラオケ屋さんです。
なんか圧倒されます。

IMG_4557
中国で昔多く見られたマンションです。
いわゆるレガシィです。

IMG_4560
クリスマスのレクレーションです。
かかっている音楽が無茶苦茶ポップでしたが、子供たちはそれに合わせて踊っていました。
みんなすごくリズム感がよいので、中国人の踊りのイメージを修正しました。

IMG_4564

IMG_4565

IMG_4568

IMG_4566

IMG_4567
広州の目抜き通りです。
ゴミが落ちていません。
このゴミ箱が威力を発揮しているのでしょう。

IMG_4570
「栄耀」っていうキャッチをよく見かけます。
中国史上最大のヒットゲーム「王者栄耀」にあやかっているようです。
このゲームは1億の中国女子たちをゲーム中毒にしたみたいです。
これまで、ゲームのプレイヤーは男性が大半でした。
しかし「王者栄耀」に関しては、それまでゲームに見向きもしなかった女性たちがはまっているそうです。
調査会社によりますと、2017年5月時点で、同ゲームの女性比率は54.1%です。
そのプレイヤーは1億800人にものぼるという程の大熱狂ーゲームなのです。

IMG_4575

IMG_4574
幼児の英会話教室です。
子供たちは、Good morning!と言って教室に入っていきます。
ここは日本か(笑)

IMG_4578
女子に人気の髪型です。

IMG_4581

IMG_4580
男子に人気の髪型です。
中国の若者の髪の毛は固いのでこのようなツンツンヘアーのセットは容易のようです。

IMG_4582
中国のフォーマルウェアです。
黒のドレスシャツに違和感を覚えました。

IMG_4586
GAPのセールです。
4割引ですか、ここらは日本と変わりませんね。

IMG_4588

IMG_4587
False eyelash(つけまつげ)のお店です。
中国人女性は一重マブタの人が多いのでこのeyelashで二重マブタにするようです。
IMG_4593
この男子は眉毛を書いていました。

IMG_4592
男子はこのようなパーカーコーデが多かったですね。

IMG_4591

IMG_4590

IMG_4589
アクアリウムです。
思わずサンシャインシティにいるのかと錯覚しました。

IMG_4595

IMG_4596
絶滅種かと思われていたモノモライの老人です。
昔の広州はこのような人だらけでした。
意外だったのは、中国の人って、日本人みたいに無視しないで申し訳なさそうに断るのです。
さすが儒教の国だなと感銘しました。

IMG_4597

IMG_4598

IMG_4599
見納めのサンタクロースです。

#広州白雲国際空港
IMG_4600

IMG_4602

IMG_4604

IMG_4605

IMG_4606

IMG_4607
渋滞をヘジり早めに車中の人となり行き同様company carで広州白雲国際空港に向かいました。
早々とイミグレを済ませて、マックでお茶して余った時間をつぶしていました。

#羽田国際空港
IMG_4608

IMG_4610
無事に帰国しました。
これからはチョコチョコと海外に行かなければならなくなりました。
基本的に、食べ物の好き嫌いはないし、好奇心が強いので、私は海外向きなのです。
転勤でなければどんな国でも喜んで出向いていくでしょう。

それでは(^_-)

久闊広州 其の弐

今日は「広州再訪 其の弐」です。
IMG_4492
仏山市での打合せが長引いて中国では当たり前の光景になっている帰宅ラッシュ渋滞に巻き込まれてホテルに着いたのは20時です。

#九毛九De湖北料理
あまりお腹は空いていなかったのですが、まずはデイナーという事にしました。
今日のお店は、「九毛九」山西麺館さんです。

IMG_4496

IMG_4497
お店の外観です。
「九毛九」さんは、広州にある「湖北料理」のチェーン店です。
湖北料理は武漢を中心とした地域の料理で、どちらかというと辛くて甘みも濃厚なのが特徴なのだそうです。
店内に入ると20時過ぎだというのに食事を楽しむ人でにぎわっています。
このような雰囲気は大好きです。

IMG_4517

IMG_4509

IMG_4504
店内の雰囲気です。

IMG_4502

IMG_4502
メニューです。

「湖北料理」はかなり辛いという風評なので日本でもお馴染みの物を頼みました。
本日のオーダーは
俳骨麺(Noodles with spare-rib)@476円
小籠包(Pork and Chinese Cabbage Dumplings)@374円
です。

IMG_4508
お茶がきません。
考えてみれば、4時間ほど水分を補給していません。
喉が乾いています。
中国語は話せませんので、こういう場合は指さし言葉です。
通じたみたいで0分でお茶が到着しました。

IMG_4510
待つこと21分で「俳骨麺」の到着です。
ビジュアルが良いですね。
本場感が横溢していて感激しました。

IMG_4511
それでは実食です。
うん、スープは薄味で私の好きな味わいです。
スペアリブがトロトロに仕上がっていて口内感触最高です。
ストレート麺もよい味わいです。
これは美味しいです。

IMG_4512
遅れること3分で「小籠包」の到着です。
量がtoo muchですね(笑)
こんな大ぶりの小籠包が10個も供されました。
食べきれますかね?

IMG_4513

IMG_4515
それでは実食です。
モチモチの皮が美味しいです、
お約束の肉汁は本場ですから沢山湧き出てきます。
量にヘジッタもののするっとお腹に収まりました。
本場の小籠包は美味しいです。

IMG_4516
料金は締めて850円です。
コスパ良すぎでしょう(笑)

#食後の街ブラ
時計の針をみましたらまだ9時過ぎですので、広州の街並みをブラリしました。
IMG_4518

IMG_4519

IMG_4520

広州は寿司屋さんが多いですね。
今、日本食というか日本米ブームみたいですね。
品質がよくて美味しいから中国人に好まれているみたいです。
IMG_4521

シェアサイクルが有卦に入っています。
市場投入自転車は2016年度に30万台を超えてさら〜にその勢いは止まる事はありません。
理由は30分で8円という激安価格だからです。
そもそもシェアサイクルとは、バイクの排気ガスによる大気汚染を敬遠したい中国政府と民間の新規ビジネスの思惑が合致した官民の共創市場なのかもしれません。
その一方でvandalism(自転車を破壊する行為)が横行して、すでに社会問題になってきています。
加えて所定駐輪場所に停めていない、自転車の撤去作業が80円/台とかかかります。
この費用は、シェアサイクル会社が全額を負担しているので、これはこれでボディブローのようにそれぞれのシェアサイクル会社の経営に黒い影を投げかけています。
ちなみに最後の画像はシェアサイクルの回収車であります。
IMG_4522

IMG_4523

IMG_4524

このケバケバしいサインの店舗は、なななんと郵便局です。
確かに「中国郵政」と書かれていますね。
これには驚きました。
IMG_4525

クリスマス真っ盛りのデパートに入りました。
IMG_4526

IMG_4527

IMG_4528

IMG_4529

デパートの中にファミマがありおでんを売っていたのには驚きました。
IMG_4532

IMG_4531

先ほどご紹介しました美的日本大米のレストランです。
店内は満席でした。
中国人はミーイズムの国民性から安全・安心で美味しい日本米には飛びつくのでしょうね。
IMG_4534

「奈雪の茶」さんです。
2016年に新しく登場したインスタントティーのお店です。
健康で質の高いシルキーな香りのミルクティーが楽しめて、好みのパンを選んで店内で食べるのがこのお店のお約束です。しか〜し、このようなヨーロピアンテイストのお店が中国の若者に人気なのには驚きました。
IMG_4535

IMG_4536
今日の午後からの打合せは邦人企業でしたので久々に日本語を話せました。
中国にいるのに英語ばかりですと、一体どこの国に来ているのだろうと不思議な感覚に陥ります。
今日は疲れたのでお風呂に入ってゆっくりと休みましょう。

それでは(^_-)

久闊広州 其の壱

今日は「広州再訪 其の壱」です。
IMG_4432

広州
色々な事が重なり広州に行かなければならなくなりました。
在阪時代、不定期に大阪→東莞→香港→台湾→大阪のラウンドリップを行っており、その際には広州にも立ち寄っておりました。なんと10年ぶりの往訪であります。
今回の連載は冬期休暇中なので番外編です。

#イモトのWi-Fi
IMG_4433

IMG_E4431
中国はfree-Wi-Fiが充実していません。
さら〜に中国国内ではyahooとかgoogleが使用禁止されていますのでプチ不便です。
加えてfree-Wi-Fiですと悪質なサイトが勝手に接続して法外な課金がされる事がありますのでイモトのWi-Fiをレンタルしました。これはすごく役に立ちました。
中国での移動はほとんど車ですのでfree-Wi-Fiが使えません。
その際はイモトのWi-Fiが威力を発揮するのです。

IMG_E4462

IMG_4463
中国の閲覧規制は噂で聞いていたのですが、想像以上のものでした。
この画像のように「広州観光」とか「中国人口」を検索しただけでこのようなwarning画面が表示されました。

#広州市内
空港から街中まではcompany carで向かいました。
10年ぶりの広州は洗練された街並に変わっていました。
貧乏くさい人は1人も見かけませんでした。
IMG_4437

IMG_4444

IMG_4443

IMG_4446

IMG_4447

IMG_4449

#今日のデイナー
中国語ができないので夜は取引先の副総経理(副社長)に付き合ってもらいました。
お店の名前は「名店一号」太古汇店さんです。
このお店は100%ジモティ御用達のようです。

IMG_4554
お店の外観です。

IMG_4453
店内の雰囲気です。

IMG_4454
まずは「小籠包(しょうろんぽう)です。
カラフルですね。
お約束の肉汁はタップリです。
美味しいです。

IMG_4450
続いて「瓜の炒めもの」です。
ケレンみのない味わいです。
薄い味付けが高評価です。
美味しいです。

IMG_4455
今日一の「スッポンと鶏肉の煮込み」です。
スッポンは鍋でしか食べた事がありません。
これはゴクウ美味です。
特にスッポンのエンペラ(甲羅の周りのビラビラ)の食感が最高です。
日本人が喜んでスッポンを食べているのに驚いたみたいでした。
しか〜し、日本人もスッポンは好きなのですが高くて食べられない、と説明しましたらさら〜に驚いていました。

IMG_4456
牛肉の炒めものです。
これは特段のサプライズはありませんでした。
で〜も味は良かったです。

IMG_4457
春巻きです。
これはマヨネーズの味が全てを押さえこんでいましたのでちょっと残念でした。
従いまして味は、少しくどいですね。

IMG_4458
餅のデザートです。
これは大根の煮汁が強すぎて辛かったですね。
なんでこれがデザートなんだろ(笑)

IMG_4459
餅のデザート其の弐です。
これは中国風のフレンチトーストです。
これはとても美味しくて高評価です。

IMG_4493

IMG_4494
食後、ホテルまで歩いて帰りましたら、街はクリスマス一色でした。

IMG_4467
部屋のTVで中国の番組を観ていましたがテロップが漢字なので何となく意味は理解できます、ハイ。

#二日目のブレックファースト
IMG_4486

IMG_4483

IMG_4480

IMG_4470

IMG_4476

IMG_4472

IMG_4468

IMG_4471

IMG_4473

IMG_4474

IMG_4475
時差が1時間ありますのでどうしても早起きになります。
ホテルの朝食はブッフェです。
ホテルブッフエですのでやはりオムレットだけはいただきませんと・・・
やはりオムレットは中国でも美味しゅうございました。
IMG_4481
豪華な食事で今日のヤル気を作りました。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ