今日は「終戦の詔書」です。
今日のふりネタの「終戦の詔書」ですが、今日の今日までこの玉音放送は「堪え難きを耐え、忍び難き忍び」しか聞いたことがなく、当時の人たちはどのような内容を聞いていたのか疑問でした。
そこで今日は全文を振り仮名付で掲載します。
そしてその後に現代文での内容を掲載しています。
ご一読頂けましたら幸甚です。

#「終戦の詔書」原文
ちん深く世界の大勢たいせいと帝国の現状とに鑑み、非常の措置を以もって時局を収拾せむと欲しここ忠良なるなんじ臣民に告ぐ。
朕は帝国政府をして米英支蘇四国に対し其その共同宣言を受諾する旨通告せしめたり。
抑々そもそも帝国臣民の康寧こうねいを図はかり、万邦共栄の楽をともにするは、皇祖皇宗の遣範にして、朕の拳々措けんけんおかざる所。
さき米英二国に宣戦せる所以ゆえんも、亦実に帝国の自存と東亜の安定とを庶幾するに出いで、他国の主権を排し、領土を侵すが如きは、もとより朕が志しにあらず。
然るに、交戦已に四歳をけみし、朕が陸海将兵の勇戦、朕が百僚有司の励精、朕が一億衆庶の奉公、各々最善を尽せるに拘らず、戦局必ずしも好転せず。
世界の大勢、亦我に利あらず。
加之しかのみならず、敵は新に残虐なる爆弾を使用して、しきり無辜むこを殺傷し、惨害の及ぶ所、真に測るべからざるに至る。
しかも尚交戦を継続せむか、終に我が民族の滅亡を招来するのみならず、ひいて人類の文明をも破却すべし。
かくの如くむは、朕何を以ってか億兆の赤子を保し、皇祖皇宗の神霊に謝せむや。
是朕が帝国政府をして共同宣言に応せしむるに至れる所以なり。
朕は帝国と共に終始東亜の解放に協力せる諸盟邦に対し、遺憾の意を表せざるを得ず。
帝国臣民にして、戦陣に死し、職域に殉し、非命に斃れたる者、及其遺族に想いを致せば、五内為ごだいために裂さく。
且戦傷を負い、災禍を蒙り、家業を失いたる者の厚生に至りては、朕の深く軫念しんねんする所なり。
おもうに、今後帝国の受くべき苦難は固より尋常にあらず。
爾臣民の衷情も、朕善く之を知る。
然れども、朕は時運のおもむく所、堪え難がたきを堪え、忍び難きを忍び、以って万世の為に太平を開かむと欲す。
朕は茲に国体を護持し得て、忠良なる爾臣民の赤誠に信倚しんいし、常に爾臣民と共に在り。
若し夫れ情の激する所、みだりに事端をしげくし、或は同胞排儕はいせい互に時局を乱り、為に大道を誤り、信義を世界に失うが如きは、朕最も之を戒む。
宜しく挙国一家子孫相伝あいつたえ、確く神州の不滅を信じ、任重くして道遠きをおもい、総力を将来の建設に傾け、道義を篤し、志操をかたくし、誓って国体の精華を発揚し、世界の進運に後れざらむことを期すべし。
爾臣民、其れく朕が意を体せよ。
※難解漢語の意味
◆康寧: やすらかなこと。安寧
◆遣範: 先人から遺された手本
◆庶幾する: こい願う
◆閲する: 経過する
◆無辜: 何の罪もない人
◆五内: 五つの主要な内臓→全身
◆軫念する: 心を痛める
◆衷情: まごころ
◆赤誠: うわべを飾らないまごころ
◆事端を滋くする: 事件をたくさん起こす
◆排儕: 排斥

#「終戦の詔書」口語訳
私は、深く世界の情勢と日本の現状について考え、非常の措置によって今の局面を収拾しようと思い、ここに忠義で善良なあなた方国民に伝える。
私は、日本国政府に、アメリカ・イギリス・中国・ソ連の4国に対して、それらの共同宣言(ポツダム宣言)を受諾することを通告させた。
そもそも、日本国民の平穏無事を確保し、すべての国々の繁栄の喜びを分かち合うことは、歴代天皇が大切にしてきた教えであり、私が常々心中強く抱き続けているものである。先にアメリカ・イギリスの2国に宣戦したのも、まさに日本の自立と東アジア諸国の安定とを心から願ってのことであり、他国の主権を排除して領土を侵すようなことは、もとより私の本意ではない。
しかしながら、交戦状態もすでに4年を経過し、我が陸海将兵の勇敢な戦い、我が全官僚たちの懸命な働き、我が1億国民の身を捧げての尽力も、それぞれ最善を尽くしてくれたにもかかわらず、戦局は必ずしも好転せず、世界の情勢もまた我が国に有利とは言えない。それどころか、敵国は新たに残虐な爆弾(原子爆弾)を使い、むやみに罪のない人々を殺傷し、その悲惨な被害が及ぶ範囲はまったく計り知れないまでに至っている。
それなのになお戦争を継続すれば、ついには我が民族の滅亡を招くだけでなく、さらには人類の文明をも破滅させるに違いない。そのようなことになれば、私はいかなる手段で我が子とも言える国民を守り、歴代天皇の御霊(みたま)にわびることができようか。これこそが私が日本政府に共同宣言を受諾させるに至った理由である。
私は日本と共に終始東アジア諸国の解放に協力してくれた同盟諸国に対して、遺憾の意を表さざるを得ない。日本国民であって戦場で没し、職責のために亡くなり、戦災で命を失った人々とその遺族に思いをはせれば、我が身が引き裂かれる思いである。さらに、戦傷を負い、戦禍をこうむり、職業や財産を失った人々の生活の再建については、私は深く心を痛めている。
考えてみれば、今後日本の受けるであろう苦難は、言うまでもなく並大抵のものではない。あなた方国民の本当の気持ちも私はよく分かっている。しかし、私は時の巡り合わせに従い、堪え難くまた忍び難い思いをこらえ、永遠に続く未来のために平和な世を切り開こうと思う。
私は、ここにこうして、この国のかたちを維持することができ、忠義で善良なあなた方国民の真心を信頼し、常にあなた方国民と共に過ごすことができる。感情の高ぶりから節度なく争いごとを繰り返したり、あるいは仲間を陥れたりして互いに世情を混乱させ、そのために人としての道を踏み誤り、世界中から信用を失ったりするような事態は、私が最も強く戒めるところである。
まさに国を挙げて一家として団結し、子孫に受け継ぎ、神国日本の不滅を固く信じ、任務は重く道のりは遠いと自覚し、総力を将来の建設のために傾け、踏むべき人の道を外れず、揺るぎない志をしっかりと持って、必ず国のあるべき姿の真価を広く示し、進展する世界の動静には遅れまいとする覚悟を決めなければならない。あなた方国民は、これら私の意をよく理解して行動してほしい。

如何でしたか。
昭和天皇が心底いかに平和を求めていたのかを知りました。
個人的には最後の「総力を将来の建設のために傾け、踏むべき人の道を外れず、揺るぎない志をしっかりと持って、必ず国のあるべき姿の真価を広く示し、進展する世界の動静には遅れまいとする覚悟を決めなければならない」には感動しました。
で〜もこれは大まかな内容は内閣書記官長・迫水久常が作成し、8月9日以降に漢学者・川田瑞穂(内閣嘱託)が起草、さらに14日に安岡正篤(大東亜省顧問)が刪修して完成したものですので、天皇の思し召しがどれだけ入っているのかは不明ですが、最終的に天皇がこれでよしと裁可されましたので、これ以上の詮索は不敬であります。

玉音放送
本詔書の内容を決める閣議において、戦争継続を求める軍部の者によるクーデターを恐れた陸軍大臣・阿南惟幾が「戦局日ニ非(あらざる)ニシテ」の改訂を求め、「戦局必スシモ好転セス」に改められるなど、最終段階まで字句の修正が施されていたのです。
文体は非常に古典的な漢文訓読体なので一体全体何割の日本人がこの内容を理解していたのでしょうか。
個人的には最初のお言葉で日本の敗戦が分ったので、ニュース映像でみる「堪えがたきを堪え、忍びがたきを忍び」までを聞くのは結構苦痛だったかと思います。
放送されたのがお昼でしたのでお腹もすいていましたでしょうから・・・


笑いましょう!



IMG_9116

IMG_9117

IMG_9119
今日は池袋に出没です。
戦後70年ということで最近戦争ネタが多いのです。
書いている本人は、戦争ネタは重いのであまりすきではないんだけどなぁ、とつぶやいていましたら、なななんと元の巣鴨プリズンにきてしまいました。
当地は1970年まで巣鴨拘置所で、戦時中にゾルゲ事件主犯リヒャルト・ゾルゲが死刑執行されています。
太平洋戦争後GHQ接収時は巣鴨プリズンと称され、東條英機など主な戦犯が収容後に死刑執行されておりいわゆる歴史の1ページが書き込まれた場所であります。
ということで今日のお店は元の巣鴨プリズンにある「JOE’S SHANGHAI 」池袋店さんです。

住所: 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 59F
電話:03-5952-8835
定休日:無休

IMG_9121
お店の外観です。

IMG_9127

IMG_9134
店内の雰囲気です。

IMG_9124
メニューです。

今日のオーダー「海鮮五目炒飯セット」@1,500-@100=1,400円です。

IMG_9146
実はこの間、奥様の誕生祝でデジタルスクラッチをやりました。
その際、100円のクーポン券をもらったのでした。

待つこと4分で「季節野菜のサラダ」の到着です。
IMG_9131
見た目色鮮やかです。
涼感たっぷりのこの「季節野菜のサラダ」は美味しいです。
これはひんやり&新鮮な野菜勝ちでしょう。

待つこと12分で「Joe’s特性 蟹肉と蟹味噌入り小籠包&豚肉小籠包」の到着です。
IMG_9136
この小籠包は今日で3度です。

IMG_9137

IMG_9138

IMG_9139

IMG_9141
今日は上手に食べられるでしょうか。
まずは脇の皮を少し割いて特濃スープを流しだします。
そしてほんの少しだけ黒酢をかけまわします。
それでは実食です。
うん、これはやはりこのお店のspecialtyです。
スーパーデリシャス(Janglish)です。
この様な味わいを頂きますと、前回の銀座店がいかにヒドかったが思い知らされます。

待つこと20分で「海鮮五目炒飯」の到着です。
IMG_9142
これは見ただけでわかります。
美味しいはずです。
それでは実食です。
海老、蟹、烏賊が絶妙なからみ方をしています。
ちょっと言葉を失うほどです。
久々のbravo!であります

待つこと21分で「季節の玉子野菜スープ」です。
IMG_9145
うんこれも見た目でわかります。
美味しいはずです。
うん、とろみがいいです。
スープが美味しいです。
細かく刻まれた季節の野菜が食感を刺激します。

待つこと23分で「パンナコッタ仕立ての杏仁豆腐」です。
IMG_9147
これは鐵板の味です。
締めのデザートはこうでなければなりません。
大満足のランチでした。

それでは(^_-)