下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

山元麺蔵

2014京都観桜旅行其の四(最終回)

今日は「2014京都観桜旅行其の四(最終回)」です。
気象庁予報によると土日の降水確率70%という京都に観桜旅行にきてしまった下町っ子夫婦の涙ぐましい旅行記です。果たして70%という最悪の予報の中、無事に観桜ができるのか、乞うご期待です。
今日はその二日目後半です。
画像主体ですが宜しかったらお付き合いください

■霊鑑寺です
P1000475

P1000454
山元麺蔵での失態をクリアしてから完璧に運気は反目に回ったようです。
天気は穏やかな春の青空となりました。
降水確率70%の試練を耐えに耐えたところ、このような僥倖を得る事ができるとは想像だにありませんでした。
これにより電チャリ屋さんの主任が、穴場ですよ、とこそっと教えていただきました霊鑑寺にいくことができるようになりました。
霊鑑寺は、承応3年(1654)、後水尾天皇の皇女・多利宮(浄法身院宮宗澄尼)を開基として創建され、歴代皇女が住職を務めた尼門跡寺院です。
表門や玄関、本堂、書院などの一連の建物は、「谷の御所」とも呼ばれた格式と清楚な佇まいを今にのこしていますが、その実は「椿の寺」として知られているのです。
さらに穴場の由縁は4月1日から4月13日という一年の内でこの時期だけ拝観ができるからなのです。

そうそうここでご朱印帳を小脇にかかえている外国人の方がいたので、なんでご朱印帳を知っているのか聞きましたところ、この外国人は、寺社巡りには必須のもの、と至極当然の様に答えたのです。
しかもかなりの京都通です。
といいますのも、多方面に亘って京都の事を知悉していました。
それに敬意を表して京都で印象に残った寺社を聞きましたところ、その答えはマニアックでした。
言い換えますと「知る人ぞ知るお寺」ばかりなのです。
彼が私に興奮気味で語った好きな寺社の3分の1の名前は初めて聞くものばかりです。
要は観光寺社はお気に入りではないようです。
それにしてもKyoto Loveの外国人って本当にいたのですね。
マジに驚きました。

それではその庭園を一挙に公開します。
P1000453

P1000470

P1000466

P1000457

P1000459

P1000461

P1000462

P1000465

P1000471

P1000472

■哲学の道の桜です
実はこの辺りが一番桜の盛りなのは電チャリ屋さんの主任の情報で知りえていたのですが、何回もいっているものですから優先順位から外していたのです。
しか〜し天気が戻ってきましたので訪れることにしました。
これでしょう、京都の桜は・・・
P1000476

P1000477

 
■南禅寺〜蹴上〜インクラインです
南禅寺〜蹴上〜インクラインの桜を一気に公開です。
P1000478

P1000479

P1000480

P1000481

P1000482 

■気になった面々です
P1000485

P1000483
個人的には桜の下での結婚式に一票です。いいですね・・・
最近の若い方はこのような演出がお上手だと思います。

「風にちる花の行方は知らねども、惜しむ心は身にまとりけり」(西行)
桜との別離(わかれ)の寂しさを胸に収めインクラインを後にした私達夫婦は、祇園を抜けて寺町通りにあるTully's Coffeeでお茶をし、いつもの伴仙太郎商店で白檀のお香を求め、京都大丸でお土産を買って東京に戻りました。

いかがでした京都の桜は・・・
今年も最後できっちりと帳尻を合わせて大団円の観桜となりました。
最後までお付き合い頂きありがとうございました。

それでは(^_-)

京都 ザ・ガーデン岡崎

今日は「2014京都観桜旅行其の参」です。
気象庁予報によると土日の降水確率70%という京都に観桜旅行にきてしまった下町っ子夫婦の涙ぐましい旅行記です。果たして70%という最悪の予報の中、無事に観桜ができるのか、乞うご期待です。
今日はその二日目前半です。
画像主体ですが宜しかったらお付き合いください

■私達の宿泊したホテルです
IMG_0157

IMG_0159
快適な朝です・・・
嘘です、昨晩23時半から0時半にかけて斜め前の部屋の中国人夫婦が大喧嘩をしていてうるさくて寝そびれてしまいました。最初はexecutive roomの宿泊客なので紳士だろうと決めつけ、静かにしてもらえませんか、とお願いに行こうと思ったのですが、考えてみたら私は中国語が話せません。
まして外国の方ですから逆上されて、逆ねじを食うのも嫌なので、フロントにお願いしました。
しか〜しフロントの方がうかがっても全く効果がありませんでした。
さすがに我慢できないのでホテルの責任者にお願いしたところ、今度は責任者が部屋に行き、何とか願いが通じたみたいで、それから静かになりました。
で〜も私は完璧に目がさえてしまってしばらく寝付けませんでした。
中国人が嫌いになりました、もう餃子食べないから、と堅く誓うわけはありません・・・
ちなみに今日の天気予報は午前中30%午後から70%と雨模様の一日みたいです。
で〜も大阪は曇りなのですがね・・・
私達夫婦の強運に期待するばかりです、ハイ

■出発です
IMG_0163
京都駅に着くとどんよりとした今にも泣き出しそうな雲ゆきです。
さすがに雨は避けられそうにありません。
電チャリ屋さんとの待合せの場所に出向きました。
そこで観桜の場所のreconfirmです。
電チャリ屋の主任さんは、今日は午前中なら雨はおちてきません。ですので午前中に観たい処は観といた方が良いですよ、とのことでしたので、その通りにしました。
さぁ今年も京都の風になりましょう。
私達夫婦の電チャリはいつも最新の機種を用意していただいています。
ありがとうございます。

■立命館大学です
IMG_0160

IMG_0161

IMG_0162
最初の目的地である平野神社にいく途中に格調高い建物がありましたので立ち寄りました。
その格調高い建物は立命館大学でした。
To be honest;私は立命館大学の事は全く知りません。折角ですのでnetで調べましたら、「立命館」の由来は、孟子「盡心章(じんしんしょう)」にある「人間の寿命は天命によって決められており、修養に努めてその天命を待つのが人間の本分である」から採られたとの事です。
さらに、建学の精神は「自由と清新」だそうです。教学理念は「平和と民主主義」だそうです。
むむむ、なにか難しそうな大学のようですね。
良かったです、受験しなくて・・・

■平野神社です
IMG_0174
今回の目玉の平野神社です。
京都駅から約1時間かかりました。
平均時速約17kmでの走行ですので、信号待ち等を差し引くと京都駅からは15km位離れたところにあるのですかね。雨が間断なく降り始めてきました。

IMG_0164

IMG_0165

IMG_0183

IMG_0184
神社内はお花見ムード全開です。
結構派手な飲食場の設(しつら)えですね、京都なのでちょっと意外でした。

IMG_0175

IMG_0179
日がよいのでしょうか、神前結婚がとり行われていました。
小糠雨が余計ですね、で〜も「雨降って地固まる」ともいますので、アンですか、慰めになっていませんと、そうとも言えます。

平野神社の桜を一挙に公開します。
少し盛りをすぎているようですが、由としませう。
IMG_0168

IMG_0169

IMG_0171

IMG_0177

IMG_0180

IMG_0182 

■新島襄旧邸です
去年の紅葉狩りの時に行く予定でしたscheduleが合わず見送りました。
個人的には「八重の桜」をTVで観ていたので、それで雰囲気は分っていました。
従いまして観なくてもいいかなと思ったのですがね、折角ですので立ち寄りました。
特段のsurpriseはありませんでした、ハイ。
しか〜しこの立ち寄りが、これから後に起こる大問題につながっていくとは、まさに「神のみぞ知る」でございました。
IMG_0186

IMG_0185

IMG_0187

IMG_0188

IMG_0189

IMG_0190


■山元麺蔵での悲劇
赤い麺蔵スペシャル
私が今回京都に観桜旅行に来た最大の目的は「山元麺蔵」で京都一美味しい麺を食べる事でした。
特に電チャリ屋の主任は、「赤い麺蔵スペシャル」@1,155円は一食抜いても是非お食べください、と言われたので「これを食べねば男がすたる」という強い決意で臨んだのです。

IMG_0204

IMG_0206

IMG_0205
当然余裕のよっチャンかと思って、電チャリのペダルを踏むのも軽やかに向かい、11時開店の「山元麺蔵」さんについたのは11時20分です。
あれっ、これって行列だよね、って自分に言い聞かすほど半端ない行列ができているではないですか、念のためにその人数を数えました。170人数えたところで馬鹿らしくなって止めました。11時20分で170人以上ですか、ハイ。
並んでいるほとんどの人が標準語を話しているので観光客でしょう。
ちなみに一番乗りは9時40分とか、とか、とか、とか早すぎるでしょう。
他にやることないんですか!80分も待って食べるのですか!
逆ギレしても仕方ないです、秋の紅葉シーズンにrevengeです。


とうことでlunchtimeです。
「山元麺蔵」でくじけた気持ちを立て直すのはどうしましよう。
いつも「山元麺蔵」を通り越したあたりにオサレなレストランがあった事を思い出しました。
今日のお店は、京都ホテルオークラ「ザ・ガーデン岡崎」さんです。
エッ、このお店って京都ホテルオークラ系列だったのですか・・・

住所: 京都府京都市左京区岡崎南御所町20-1
電話:075-771-7070
定休日:無休

IMG_0211

IMG_0212

IMG_0195
お店の外観です。

IMG_0196
店内の雰囲気です。

IMG_0198
店内は花冷えの為か薪ストーブが真っ赤に燃えあがっていました。

IMG_0201

IMG_0200
メニューです

今日のオーダー
奥様は「デジュネ(和牛ランクアップ)」@4,300円です。
私は「煮込みハンバーグセット」@1,720円です。

デジュネ(dejeuner)って仏蘭西語で昼食ですよね。
昼食の割には結構豪華です、いつもお世話になっている奥様です。
たまには美味しいものを召し上がっていただきません、と思って大奮発しました。

P1000447
まずはシェフからの送り物です。
カイワレ、シメジ、エンドウマメ、マッシュポテト、ワカメの前菜グラス。 
ズワイガニ、サケ、大根のスライス、九条ネギのバルサミコソース添え。
サヤインゲンのサフランソース添えです。
味ですか、上品ですね。サヤインゲンのサフランソース添えが際立っていました。
イケます。

IMG_0210
カリフラワーのスープです。
たおやかでまったりした味付けです。
カリフラワーから作られたとはとても思えない上質な味です。
美味しいです。

IMG_0214
メインのサーロインステーキです。
これは肉が全てです。
あまりの柔らかさに、肉が口の中でトロケテいます。
美味しすぎますね。なんと申しても肉の王様「サーロインステーキ」ですからね、美味しい説明は不要でしょう。

IMG_0215
塩麹の杏仁豆腐です。
フレンチで杏仁豆腐とは驚いたのですが、塩麹に杏仁豆腐って合うのですね。
美味しいです。
このような斬新なfusionはうれしい限りです。

IMG_0208

IMG_0209
私の「煮込みハンバーグセット」です。
牛肉主体のハンバーグを煮込んでいますので味がはっきりしています。
さすがホテルオークラです。
ブレのない味です。
美味しいです。

ということで「山元麺蔵」で萎えた気持ちはホテルオークラで倍返ししました。
そのカタルシスからか雨雲が一掃され、太陽が力強く天空に君臨し始めました。
どうやら風向きは私に向かい始めたようです。

最終回もお付き合いください。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ