下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

小松屋

日本橋川・神田川クルージング  神田川編

今日は「クルージング」です。
私達おとぼけ夫婦は阪急交通社主催の「日本橋川・神田川クルージング」に参加しました。
今日は後半の「神田川」編です
画像主体ですが宜しかったらお付き合いください。

◆ここから神田川に入ります
IMG_9824

IMG_9825
三崎橋をくぐり右折しますと神田川です。
ここからは頭上を覆っていた高速道路から解放されましたので、さわやかな青空が目に差し込んできます。

◆浚渫船です
IMG_9826
まだ現役の舟です。いまでも護岸工事の残材などを運んでいるそうです。

◆謎の穴です
IMG_9829

IMG_9830
謎の穴ではありません、分水嶺です。
大雨等により水かさが増した時に、そのoverflowした水をこの分水嶺で引き受けるそうです。
たまに中をのぞいてみたい、と言う方がおられるそうですが、中は本当に真っ暗闇なので何も見えませんし危険です、と説明されますと、断念される方がほとんどだそうです。

◆お茶の水橋です
IMG_9835

IMG_9836

IMG_9837
お茶ノ水駅にはエレベーター、エスカレーターがなく身体がご不自由な方に不便をかけていました。
JRとしては早急にそのような設備を作りたかったのですが、現在のお茶ノ水の駅周辺には建設資機材を置くスペースがないので見送られていました。
さすがにその為に工事ができない、ということは理由にならないので、東京医科歯科大の方から橋をかけ建設資機材を運ぶことにより工事に着手しました。
その建設資機材を運ぶ橋が青色の橋です。

◆聖橋です
IMG_9838
名前は東京府東京市(現:東京都)が公募し、両岸に位置する2つの聖堂(湯島聖堂とニコライ堂)を結ぶことから「聖橋」と命名されました。
橋は船から見上げた時に最も美しく見えるようにデザインされているのです。
私はこの橋を下から覗いてみたかったのです。
想像以上にきれいなアーチです。
昭和2年架橋です。

◆丸の内線です
IMG_9839

IMG_9840
下から見るとこのような感じでした。

◆柳橋です
IMG_9842

IMG_9844

IMG_9845
ここで休憩です。
柳ばし老舗佃煮屋「小松屋」さんのご主人から「柳橋」の今昔について説明がありました。
昔は柳橋といえばその隆盛を新橋と二分する花街だったそうです。
昭和27年(1952年)は料亭57軒でありましたが昭和39年(1964年)の東京オリンピック以後、衰退していき、特に隅田川の護岸改修(カミナリ堤防)で景色が遮断されたことが花街にとって大きな致命傷となったそうです。
それでも、花街は世間に迎合せずその伝統を守り通してきましたが、世の流れには逆らえず平成11年(1999年)1月、最後の料亭「いな垣」が廃業してしまい、200年近くの歴史に終止符が打たれました。
池波正太郎、永井荷風等著名な作家が良く訪れていたそうです。

IMG_9871

IMG_9872

IMG_9873
ここでお土産の販売をしていましたので、我家は「生あみ佃煮」@500円を求めました。
下町の佃煮なので味がはっきりしており、とても美味しいです。
求めてから毎日食べています。

◆隅田川です
IMG_9846

IMG_9847
柳橋を抜けて、両国橋の上のスカイツリーを左に見て大きく右折しますと隅田川です。

◆「リバーサイド読売ビル」です
IMG_9854
風の通り道のあるビル「リバーサイド読売ビル」です。
近隣対策として日照権の替わりに風の通り道を作ったそうです。
完璧に隅田川のlandscapeですね。

◆新大橋です
IMG_9850
最初に新大橋が架橋されたのは、元禄6年12月7日(1694年1月4日)です。
隅田川3番目の橋で、「大橋」とよばれた両国橋に続く橋として「新大橋」と名づけられました。

◆リバーシティー21です
IMG_9855
私がよく女子会で訪れるリバーシティー21です。
いつも摩天楼からこの景色を睥睨していましたが、川面からみるとこんな感じなのですね。

◆湊橋です
IMG_9859

IMG_9860
昭和三年(1928年)に架けられた三連の鉄筋コンクリートアーチ橋です。見た目にはずっと新しい橋のように見えますが、これは平成元年(1989年)の整備事業で化粧タイルによる装飾が施されたためです。
橋の中央に、江戸時代の帆船のレリーフがついています。

◆日本橋水門です
IMG_9861
日本橋水門です。
ここで分流して亀島川に流れています。
亀島川はわずか1kmの短い水路ですが、江戸時代は越前堀と呼ばれ時代劇を彷彿させる川です。
この水門は高潮や津波の被害から流域の街を守ります。
来たる第二次関東大震災の際には大いに活躍するでしょう、不吉ですか(笑)

◆ゴールです
IMG_9865

IMG_9862

IMG_9864

IMG_9866
最後までご覧いただきありがとうございました。
ちなみにこのクルージングの料金は@3,990円です。
今回みたいに晴天であれば最高の旅です。

◆最後も番外編です
IMG_9868

IMG_9869
今日のランチは「紅花」さんだったのですが、ここでデジカメの電池がexhaustしてしまいました。
ということでgourmet ネタは割愛しますm(__)m

それでは(^_-)

小石川 萬盛園

今日は尊敬するB級グルメコラムニスト伊丹由宇氏が推薦する小石川「萬盛園」に奥様と出向きました。

萬盛園1
お店の外観です。

住所: 東京都文京区小石川5-41-3第一増田ビル1F
電話:03-3814-7117
定休日:第一・三月曜日

店内に入って店内からお店の道路側のパチリ(決して料理や内観ではアリマセン)を撮ろうとしたら、突然お店のマネージャーぽい女性から「写真を撮らないで下さい(怒)」と怒鳴られたので仕方なくデジカメを仕舞いました。
その後路上に止めてある車(一応路上コインパーキングに停めていたのですが日曜日なので使用できず)が気になり、近くの店員に席を移らせてもらうようお願いし、道路側に移動しました。
すると席につくやいなや又々前述の女性から「写真を撮らないで下さい(怒)」と再度のWarningです。
「待てよ」カメラはすでに仕舞ってあるし、これは冤罪だ。一体全体仕舞ってあるカメラでどのようにして撮ればいいのでしょう。流石に下町っ子としてはこれにはタマラズ近くの女性店員に「撮ってないというかカメラ出してないじゃない、なのに怒鳴るの」といいました。
さらに「店内の人はいつものことながら撮らないけれど、料理はいいんでしょう」と聞くと「少々お待ちください」と引き下がり、しばらくして件(くだん)のお姐さんがやってきました。
お姐さん「お店の中は勿論のこと、料理も駄目なのです」
「失礼ですが、何故なのですか」
お姐さん「あなたはBlogとか趣味みたいなもので、撮った写真をNETに載せるのつもりでしょう」
「そうですが」
お姐さん「以前Blogで店内や料理の写真が掲載され、他店で真似されたことがあるのでお断りしているのです、私のお店からいわせてもらいますと、いわゆる営業妨害ということになるのです
「エッ!それならば仕方ありませんね」
奥様がいたので仕方なく引き下がりましたが、私は全く納得していません。
写真厳禁の張り紙もないし、お姉さんが厳禁している写真は撮っていませんし、二度目は写真を撮ってもないのに激怒するという向うの勘違いなのに謝罪もありませんし、そもそも大衆の面前で怒鳴られるには理由としては脆弱です。
しかも写真で真似られる程度の料理、店内インテリアであれば、たいしたこともないはずです…あ〜気分悪い

今日の獲物は私が「豚バラ炒めご飯」@924、奥様が「牛トロ筋ラーメン」@840です。
味ですか「豚バラ炒めご飯」は豚バラ、白菜、葱、クワイ、キノコ等がタップリ入っていて、ボリューム多くこれはイケました。少し味付けが濃いのが気になりましたが問題ありません。トロミが秀逸です。
一方「牛トロ筋ラーメン」は×ですね。まず牛筋が固く、スープが平板です。麺も美味しくもないし、これは良いところを探すことができませんでした。

しかし前回の味噌ラーメンの頂点「ド・ミソ」は料理こそパチリを断りませんでしたが、店内のパチリをする時改めて断りましたら「ありがとうございます、宜しくおねがいしますm(__)m」との事です。普通はこうですよネ

果たして自分が頼んだ料理にお店側の肖像権はあるのでしょうか、一度でも箸をつけたら期初肖像権はなくなるのだろうし…その後撮ればいいのかな(笑)
それに料理の撮影厳禁の張り紙の店もみたことないしナ???
懐石料理等の匠の技なら理解できるのだが、B級グルメはどうなのだろうか。
いずれにしてもこれの結論は、お店の人の言い方につきると思いますネ(個人的には納得

その後「イカ焼」の卓上コンロとセラミック網を「合羽橋」に買いに行きました
ここから先はパチリでご覧下さい。

萬盛園2
「お鍋の博物館」です。キレイナ店構えです。

萬盛園3
「お鍋の博物館」のWelcome人形です。可愛らしいですね。

萬盛園4
チラシのサンプル…リアルです。

萬盛園5
苺パフェのサンプルです。これもマズマズ。

萬盛園6
鮨のサンプルです、結構本物に近い質感だと思います。
このお店結構外国の方がいたので二人ほど何に使うのかと聞けば、異口同音に皆観光土産だそうです。何で合羽橋を知っているかと聞けば旅行者用の雑誌の載っているとのこと、合羽橋は外国人には有名なのですネ…ナルホド

萬盛園7
茶碗の「小松屋」さんです。大地震が来たら大変だろうナと思いました。それとも損害保険に入っているのでしょうかネ

萬盛園8
本日の目玉「コンロ」と「セラミック網」です。これで魚介類を焼けば気分は一流割烹です…のはずです。
ちなみに今日我家の獲物は「烏賊(イカ)」と「氷下魚(コマイ)」です。ハッキシいって夕飯が楽しみですhappy01

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ