今日は「3分の賭博」の話です。
南風1
一人の犯罪者が国境まで逃げのびてくる。
国境を越えればもう安全だ。
彼は国境にあるドラッグストアで一休みしてコーヒー一杯を飲む。
ドアを開けて出てゆけば、外はもう自由の天地である。
コーヒーを飲み終わって、彼はふと傍らのジュークボックスに目をとめる。
なつかしい曲が入っているのだ。
彼は十セントを投げ込んでその一曲のレコードに耳をかたむける。
空は晴れて、国境の空に鳥がさえずっている。
人を殺してまで手にいれた金は、もうこれから一生分位の生活と遊興費にあててもあり余るだろう。
彼はその一曲を心に沁みる思い出聞いている。
やがて曲が終わって彼は立ち上がる。
すると彼のすぐ傍らに手錠をもった刑事が立っているのだ。
彼は自由を目前にして逮捕され、もう二度と陽の目を見られるコンクリートの堀に中に連れられて行く。
ドアの前で、彼は立止まって店のバーテンに聞く。
「このレコード一曲は、何分かかったかね?」
するとバーテンは
「三分くらいですよ」
「書を捨てよ、町へ出よう」寺山修司著より転載

この場面は1950年アメリカMGM、監督・脚本 ジョン・ヒューストン「アスファルト・ジャングル」のラストシーンです。この映画好きで何回もみました、もちろんケーブルTVの再放送ですヨ。それにしても時間の効用を考えさせられるシーンです。索漠(さくばく)とした逃亡生活のなか、ほんの三分間だけ自分をとりもどしたものの、その代償は気の遠くなるような牢獄生活です。この曲を聴かなければ晴れて自由になっていたのに、間尺に合わないのは自明ですが、彼にとっては価値のある3分間だったのでしょうね…
人生は“Hindsight is twenty-twenty(後悔後にたたず)”ですよ(笑)
※効用(こうよう)とは、ミクロ経済学の消費理論で用いられる用語で、人が財(商品や有料のサービス)を消費することから得られる満足の水準を表わす。

今日は昨日ネタの振り返りです。なんで私が二日酔いsadになったのはこのお店で妹と意地汚く飲んだからです。珍しい飲みネタです、ということで今日は神田小川町にある「南風」さんの暖簾をくぐりました。ちなみにこのお店は100回以上は来ています、すみません身内ネタでもありますm(__)m

住所: 東京都千代田区神田淡路町1-15
電話:03-3253-7846
定休日:土、日曜日、祝日

南風2
お店の外観です。このお店はもともと雀荘です、その後その雀荘に料理を出前するお店ができ、至る現在中華の「南風」さんだけが残ったのです。この説明であっていますか、お母さん
現在は、旦那さん、奥様、ご子息の3人体制で切り回しています。ちなみにここのお勧めは、ウマニそば、カレーチャーハンです、絶対に裏切りませんビックリマーク

南風3
店内の雰囲気です。今日はお客様が少なかったですね、あら珍しやheart02

南風4
今日のオーダー「晩酌セット」@1,200のメニューです。これって絶対安いというかお徳ですよね。

南風5
まずはビールで乾杯です。Vサインをしているのが地獄への誘(いざな)い手の我が妹です。

南風6
鮪のチゲとチーズです。これイケました、チゲとチーズって合うのですね。

南風7
辛味豆腐です。ラー油の辛さが、さらなるビールを欲っしさせます。

南風8
蒸餃子です。皮がモチモチしていて弾力もあります、餡も美味しいですね。

南風9
手羽先香味味です。香味が食欲をそそります、タマリマセン。

ということでビール×1本で終わるわけもなく、結局宿酔街道にハマってしまったのです、美味しかったですよ、お母さん、ご馳走様でした

それでは(^_-)