下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

家系図

日暮里 カフェ&レストラン談話室 ニュートーキョー

今日は「家系図を読む」です。
13320339_org
ある必然性にかられて我が家の家系図をじっくりと読むことになりました。
我が一党はなかなかたいしたもので、私の姻戚にはりそな銀行の重役や、某有名私大の常務理事等がいるのですが、実はそれくらいで後はたいしたことがありません。
亡き父は横須賀海軍兵学校では3,000人中3番で卒業したという事でしたが、長じて同学校をまぎれもなく主席で卒業した父の友人に聞きましたら、そこまでの成績を取ったことは記憶していないが、まあいつも上位にいたよ、との事でした。
しか〜し親戚には学業より頭の回転の良い人が多かったのです。
亡き父も頭の回転は良かったのですが、私の弟の切れ味も中々のもので、その弟に最近性格がよく似てきた、私の次男も親馬鹿ですが、頭の回転はかなりのもので類をみません。

閑話休題
祖先は桓武天皇の第二皇子で786年に生まれた嵯峨天皇です。
当初はそんなの関ケ原の戦いで負けた西軍方の浪人が職を得る猟官活動の為に家系図を捏造した事例と同じで、我が一党の家系図も捏造したものだと思っていました。
しか〜し今回見直しましたら我が家系図は時系列的な矛盾なくつながっており、祖先が嵯峨天皇だといういのは信じていいような気分になりました。
そもそも我が祖先は関ケ原の戦いでは徳川方だったので家系図を捏造する必要がなかったのであります。
我が一党の始祖は嵯峨源氏の源融(ミナモトノトオル)です。
そこから連綿と武士をしていて、20代が徳川家康とともに関ケ原の戦いに参戦して戦死しました。
しか〜しそこで大武勲を立てたので、その子供は新地三千石をもらっております。
この論功行賞を現在の貨幣価値に直しますと、約60百万円になります。
加えて名刀一振りと苗字をもらったのです。
家系図には「値(アタイ=21代)をして亡父(△△=20代)の名△△を以って苗字とし永くその忠孝を子孫に伝えしむ」と書かれており、爾来非常に書きにくく且つ難解な苗字と相成った次第です。
前述のとおりそもそも苗字ではなく名前ですからね。それまでは愛知県の名古屋の脇にある西條の領主だったことから苗字は西條でしたのでとてもシンプルだったのです。
しか〜し武家が生業だったので仕方ないのですが、嵯峨源氏の源融(ミナモトノトオル)から関ケ原の戦いまで18代に亘るのですが、18代中7代というように祖先の約4割が戦死しており、武家家業も決して楽ではないのだな、強く思った次第であります。
どうなのでしょうか、サムライビジネスは場合によっては死も必定との事ですが、我が祖先が死を引き換えにして血統を守ったという歴然とした事実には頭が下がりました。
私は当家の42代目になるのですが、子供もいる事ですので連綿とこの勇猛果敢な血筋を絶やさないで欲しいと、子供たちに願うばかりです。
最後に11代目の渉(ワタル)は「無双美男・文武達者」という、今でいうジャニーズ事務所で活躍しながら東大に在籍し且つリオオリンピックに出るような人でしたが、残念かなその血はつながらなかったようであります・・・


Sky Magic Live at Mt fuji



IMG_4026
今日は日暮里に出没です。
IMG_4031
「下町の味」というメニューに魅かれて入店しました。
今日のお店は「カフェ&レストラン談話室 ニュートーキョー」さんです。

住所: 東京都荒川区西日暮里2-19-4 ニュートーキョービル2F
電話:03-3803-3707
定休日: 無休

IMG_4028

IMG_4030

IMG_4037
お店の外観です。

IMG_4034
店内の雰囲気です。

今日のオーダー「大エビフライ&豚肉のスタミナ焼き+珈琲」@980+@100=1,080円です。
入店してクリビツです。
ほぼほぼ満席です。
しかもほとんどが年輩の女性客です。
それもあって談話室なのでしょう。
ちょっと耳をダンボにして年輩の女性のお話を聞いていますと、半分以上がご主人の病気自慢?でした。
普通逆ではないかと思いますが、そんな自虐ネタを話してなにが面白いのかしらんと思ってしまいました。

待つこと9分で「大エビフライ&豚肉のスタミナ焼き」の到着です。
IMG_4035
見た目こんもりしています。

それでは実食です。
IMG_4036
豚肉のスタミナ焼きは意外にスパイシーです。
まずまずかなです。
大エビフライはニュートーキョーのフライヤーで揚げていますので不味いわけがありません。
どこが「下町の味」なのかなと熟考しましたがちょっとわかりませんでした。
強いていえば味が濃いところでしょうか。
で〜もこれで980円ならまずまずかなです。
仕事をするにはいいお店ですね。

それでは(^_-)

石神井台 エン座長谷川

今日は「Family tree(家系図)」の話です。 
ウーン家系図を作ろうとしています。
私の苗字はかなりのminorityです。それなりに歴史的足跡は残っているのですが大系だったものがありません。そこで私の父の伯父がかなりの時間を有して、祖先の菩提寺に行き過去帳を隅から隅まで洗い系譜図を作成したのです。
その系譜図を私が大学生の時に父の実家で見せてもらったのです。
その時父はそれを妹に転記させて家に持ち帰り保管しました。そして私が世帯を持って家を出る時、私は長男なのでそれを譲り受け今日(こんにち)に至るという事なのですが、今回いざ家系図を作ろうとして保管していた場所を探した所見当たりません、いくら探しても見つからないのです。
井上陽水さんなら“それより僕と踊りませんか♪”なのでしょうが、そうもいかずなのです。何て言ったって日本にこの系譜図は3本しか現存してないのですから。
結局薬局、3本の内の1本を持っている吉祥寺に住んでいる父の従兄弟のところに出向き、伏してお願いし転記するまでの間借り受けしたのです。
IMG_9471
これがその系譜図です、お久しぶりの対面ですネ。
祖先は桓武天皇の第二皇子で786年に生まれた嵯峨天皇です。そこからかぞえて私の子供で44代目、いまの名字を関ヶ原の戦いでの論功行賞として徳川家康公から頂いてから数えると私の子供で24代目となります。
まあ先祖の嵯峨天皇は怪しいものの、関ヶ原の戦いへの参戦あたりからは正確の様です。
今回この系譜図を長男にdigital化してもらうので、半永久的に我が系譜図は不滅ですし、後は子々孫々がupdateしてくれれば良いので我が血脈の系統は連綿と引き継がれると信じております。

久々に高所不感症の面々です。よくやりますよね。
々盻衂坿蕎

高所不感症



この動画はすごいです、久々に動画を見てマジに気分が悪くなったのでした。
高所恐怖症の方は見ない方がイイですよ(笑)


今日は長男が帰省していたので、一緒に昼食を食べに行きました。
今日のお店は本手打ちうどんの名店「エン座長谷川」さんです。

住所: 東京都練馬区石神井台8−22−1第一サンライフ105
電話:.03-3922-2626
休日:毎週月曜・第一火曜(祝日の場合翌日振替)、駐車場3台有

IMG_9474
お店の外観です。

IMG_9482
店内の雰囲気です。

IMG_9477
お店の出店経緯です。

IMG_9473
メニューです。

IMG_9475
営業時間です。

IMG_9480

IMG_9481
私のオーダー「焼豚ぶっかけ」@750です。
さわやかなぶっかけの出汁(だし)と冷たい饂飩が絶妙な美味さを醸し出しています。
叉焼は以前のエン座さんと比べますと脂のノリが今一ですか、でもこの間戴いた石神井公園のエン座さんと同じ味でしたので、私の勘違いでしょうね…多分。
ほのかに胡麻油の香りがします、しかし叉焼5枚は多すぎるように思えます。
個人的なgood pointは自家製天カスです、これはこの饂飩によく合います。
後半酢を加えたら味が締まりました、やはりこれは絶品です。

IMG_9478

IMG_9479
長男のオーダー「霙(みぞれ)糧(かて)もり(肉入り)(冷)+蛸飯」@750+@350=1,100円です。
霙(みぞれ)糧(かて)もりうどんのつけ汁は、大根おろしが別添えられていて、好みに合わせていただけます。
汁の中には小松菜、ネギ、ごま、しょうが、豚肉がたくさん入っていますよ。
饂飩には紫色の麺が一本入っていて、ひとひねりして、きれいにもり付けられています。
ここの饂飩はコシが強く、モチモチしています。
武蔵野饂飩ってこういうものだなって再認識しました。
蛸飯はベタな味なのでgood pointは付きません。

長谷川夫人の応対がWarm heartでホッコリさせていただきました。
今度は夜の部に出向き、選りすぐられた日本酒を味わい舌鼓を打たせていただきます。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ