下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

宮川

続 茅場町 宮川

今日は「お風呂でダバダ♪」です
1106271105
この間、奥様とひなびた街の温泉に行きました。
その温泉場所の詳細は差し障りがありますので割愛させてもらいます。
そこで体の2/3に刺青を入れてある8983の団体に会いました。
ちなみに女湯にもそのような女性はいたそうです。
最近は、このような「入浴禁止」のポスターがほとんどの温泉の入り口に貼っていますので、このような風体の方に巡り会う事は皆無でした。
もしかしましたら、このような「入浴禁止」が貼っていなく且つ鄙(ひな)びた温泉地だから、わざわざ大挙して湯治に来たのかもしれません。

1a6b501acbd31fbd79c84a20f3344b4a
この画像のように高倉健さんだったら、プチ感動したかもしれませんが、すでに建さんは鬼籍に入られていますので有りえません。
かつて、帯広のホテルの温泉で8983の団体の中に、私独りという、このように今思い出しても不愉快になるという入浴体験がありました。
多分に、8983が団体でお風呂に入ってきたので、一般客は気味悪がって、そそくさと風呂から上がったのでしょう。
その時間差でその風呂に入った私は、そのような出来事は「知らぬ存ぜぬ」でした。
従いまして、このような圧倒的に不可思議な空間の浴場で私は身体を温めていたのでした。
さすがに不気味なのでサウナに逃げ込みましたら、そこも全員が8983だったのでした。
スグに出るわけにはいかず、そこで雪隠詰めとなってしまい、多分に一年中の汗をサウナの中に落としました。
下町の生まれなので、このような倶利伽羅紋紋の輩の知合いはそれなりにいましたし、居酒屋さんに行けば8983は普通にいましたので、その免疫力は高いのです。
さら〜に、下町では、8983は絶対に素人に手を出さない、という不文律がありましたので、彼らと話すときは、普通にタメ口でした。
で〜も、このような団体でいますと、敵対する組織が大挙して風呂場にカチコミを入れましたら、巻き添えになる事は必至です。
さりとてそのような任侠映画の場面があるわけもなく、このように彼らと遭遇しますとただただ不快感が残るだけであります。

これから開かれるオリンピックでの入れ墨の対応ですが、まだ公式な発表の情報はありませんが多分オリンピックでの対策は「外国人の観光客」の方のみ受け入れるという形になるのではないか?という意見があります。
それによりますと受付でのパスポートの提示などの対応が濃厚ではないかなとの説が高くなっており、日本の方は今まで通り禁止の姿勢になるとは思います。
いずれにしましても、みんなが楽しむ憩いの場所には楽しむための一定のルールが必要なわけで、そのルールは大多数の方を安全に楽しむために作るべきだと思います。
いずれにしても、温泉場が駄場(ダバ)になる事は願い下げたいものであります。


今日は茅場町に出没です。
今日のお店は9年ぶりの再訪です。
今日のお店はサラリーマンが大行列する焼鳥の名門「宮川」さんです。

住所: 東京都中央区日本橋茅場町2-5-6
電話:03-3251-4307
定休日:日曜・祝日

IMG_8614

IMG_8616
お店の外観です。

IMG_8617
店内の雰囲気です。

IMG_8615
メニューです。

今日のオーダー「焼鳥丼(レバ、砂肝、ねぎま)」@830円です。
本当は「かしわ丼」にしたかったのですが、すでに完売となっていました。
残念です・・・

IMG_8612

IMG_8613
それにしてもすごい行列です。
入店するのに16分もかかりました。

IMG_8618
待つこと1分で最初の鷄スープの到着です。
このスープは老舗の味です。
濃厚で且つ鶏のうま味が凝縮されています。
美味しいです。

IMG_8619
待つこと12分で「焼鳥丼(レバ、砂肝、ねぎま)」の到着です。
ビジュアルはシンプルです。

IMG_8622
焼鳥丼到着の後、時間差で二杯目の鶏スープが到着しました。
那辺はうれしいサービスです。

IMG_8620
それでは実食です。
まずはレバーです。
柔らかくて且つ鶏の臭みがなくてとても美味しいです。
続いてねぎまです。
これは鶏肉がぼそぼそしていて今一で私の好みではありません。
「焼鳥丼」が売り切れていて良かったです。
この串を三本食べる食欲は持ち合わせていません。
最後は砂肝です。
これはコリコリしていて口内感触が最高です。
今日一です!
これは美味しいです。
今日は67%が美味でしたが、鶏スープが二杯ついて@830円ですかコスパ最高ですね。
行列必至にも大納得であります。

それでは(^_-)

茅場町 宮川

DQN(ドキュン)とはネット用語の一つ。ヤンキー(不良)など頭の悪そうな暴力的な感じの人、または、非常識、知識が乏しそうな人を指すときに用いられます。特徴としては人相の悪さ、目つきの悪さがあげられるそうです。
こんな本当にどうでもいいこの言葉(DQN)の意味が分からず随分悩まされていたのには久々のトホホです(笑)

今日のお店は半年ぶりに再訪するサラリーマン大行列の茅場町焼鳥の名門「宮川」です。
鳥徳1
「宮川」のお店の外観です。

住所: 東京都中央区日本橋茅場町2-5-6
電話:03-3251-4307
定休日:日曜・祝日

鳥徳2
まずはお約束の鷄スープです。これは着席時に一杯、料理が供された時一杯という大判振る舞いの一品です。これは本当に美味しいhappy01ですね。
しかし少し胡椒が効き過ぎているかもしれません。

鳥徳3
今日の獲物「手羽先定食」@850円です。

鳥徳4
上のパチリは本日のメインイベントの手羽先です。
今日は敢えて逆張りです。というのはここのお店ご来店の95%以上の方が美味しいと絶賛しています。私はこのお店にはかなり来ていますが、まずいとは思わないもののあまり美味しいとも思いません。
とくにこのお店一押しの「唐揚げ定食」ですが、肉がジューシーでないので私的には評価は低いのです。
ところで今日の手羽先定食ですが、この手羽先は鶏肉がガス臭く感じられるのです。そのことをすっかり忘れていて又又手羽先定食を頼んでしまいました。
そして歴史は繰り返しされたのです、今日も肉の表面がガス臭く、尚且つ硬く、ジューシーではありませんでした。まさか鷄肉を都市ガスで焼いているのではないと思いますが、美味しくないのは仕方ありません(失礼)
こんな事を書くからBlogが荒らされるのでしょうネ

それでは(^_-)

やき鳥「宮川」

昨日は業界の忘年会で芝浦「牡丹」です。
いつもJRの車窓(浜松町⇒田町間の海側)からこのお店何のお店なのかなと見ていたのですが、実は高級料亭だったのですね。



今日は霊岸島のお取引様と打合せです。
打合せが終わったのが、13:30でした⇒お昼食べさせろ(怒)
今日のお店はやき鳥「宮川」です。
このお店茅場町では、かなり有名な一店です。
ランチタイムに間に合わないなと思い走っていきました。
何とかギリギリは入れました。

ここのランチは圧倒的に唐揚定食が支持されているのですが、昨日上述の通り大分聞こし召したので私の胃にはヘビーです。
ということで今日の獲物は個人的に一番好きな「焼き鳥丼」です。

「焼き鳥丼」は赤レバー、正肉、砂肝のトリオ君です。
赤レバーはジューシーですし、砂肝の弾力のあるコリコリ感は多分東京一番だと確信しています。
また料理が出る前と料理が出てから供される「鳥スープ」は、鳥ガラから取れるほこほこした甘さと、スパイシー黒胡椒の組み合わせが最高です。
このスープだけでも、お金が取れるのに二杯も只とは太っ腹ですね(笑)
ただし夜の部は結構高いので、懐に余裕の無い時はランチがお勧めです!

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ