下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

東京国際フォーラム 宝 リターンズ

今日は「人生はマラソンレース」です。
「アンパンマン」といえば、「ドラえもん」とならび、時代を超えて子供たちに愛されてきた、日本を代表する国民的キャラクターといっていいでしょう。

その「アンパンマン」の作者、やなせたかしさん。やなせさんは、漫画家として輝かしい人生をおくったかのように思うでしょうが、実はそうではありません。

絵本「それいけ!アンパンマン」が出版されたのは、1975年。その時なんと、やなせさんは、56歳でした。

やなせさんは語っています。

「僕は50代半ばまで代表作を生むことができず、
“自分はいったい、何のために生まれてきたのだろう”
とずいぶん苦労しました。
でも、若いときに苦労したり悩んだりしたことが、
いまの僕に活力を与えてくれる
“宝物”になっているような気がします。」

1988年にアニメ「それいけ!アンパンマン」がスタート。
1990年(71歳)に、日本漫画家協会賞大賞。
その後、劇場版アニメも何本も公開され、国民的アニメとなって現在に至ります。

やなせさんは、『手のひらを太陽に』の作詞家としても知られますが、34歳で専業漫画家として独立するものの、漫画やイラストの仕事よりも舞台装置の製作や放送作家、作詞家としての仕事の方が多かった。つまり、漫画家としてはなかなか芽が出なかったのです。

しかし、やなせさんは、それでもやめずに、絵本や漫画を書き続けた。

そして、50代半ばで、自信の代表作「アンパンマン」を作り上げ、70歳になって大ブレイクしたのです。
まさに、大器晩成。

私は50歳を超えてまで、漫画をやめないで書き続けていたというのが凄いと思います。

あなたも、自分の好きなことを、なかなか成功しなくても、56歳までやり続けることができますか?

やめてしまえば、それで終わり。
「成功」するまで、続けられるか。

「続ける」は、最強の成功法則である。
やなせたかしさんの人生を振り返り、改めてそう思いました。

アンパンマン
これは、やなせ氏が、東日本大震災の被災者に贈った言葉ですが、うつ病で「死にたい」と悩んでいる人にも伝えたいメッセージです。

戦争体験者であるやなせ氏は、従軍中に食糧不足からの空腹を体験し、また仲間の兵隊が餓死するのを目の当たりにしました。そこで、「人生で一番つらいことは食べられないこと」という考えをもったそうです。

そしてそれまでのヒーローは飢えた人間に対して食糧をあたえるといった行動がなく、「それならば食糧をあたえるヒーローがいてもいい」という発想から生まれたのがアンパンマン。

そんな、やなせ氏の体験談を知って、改めて「生きていることが大切なんです」という言葉を読むと、この言葉の持つ深い意味が心に刺さります 。
精神科医「樺沢 紫苑FB」より転載

アニメ「アンパンマン」シリーズの作者として知られる漫画家のやなせたかしさんが10月13日(日)未明心不全のために亡くなりました。94歳でした。
私はこの方の本(漫画ではありません)を相当読んでいます。
読後感としてはこの方は人生の達人だという認識です。
プラ〜ス明るいですね。
ご出身が坂本龍馬等を輩出した土佐であることから人生の明色化の達人でもあります。
悲観的な過去体験も事実は事実として語られていましたが、最後はこのような事があったからかえって楽しく生きなければいけないといように纏めておられました。

確か石坂泰三さんですか、以下の様な事を言われていました。
「人生はマラソンなんだから、百メートルで一等をもらったってしょうがない」
私も全くその通りだと思っています。
そしてこれを人生で実践されたのがやなせ先生だと思っています。
それでなければ56歳で「あんぱんまん」を上梓してそれが70歳になって大ブレイクなぞしなかったでしょう。
まさに人生はマラソンレースだと思っていたからの快挙だと思うところであります。
多分苦しい時もあったのでしょう、でもいつまでもこんな苦しいことが続けくわけがない。必ず良いときがくるはずだ。その時にはこの苦しさをバネにして10倍返しだと、思っていたのではないでしょうか。
人生はマラソンの如くperspective on life(人生の俯瞰)が必要なのです。
そしてマラソンの要諦はただ一つです。
体調の如何にかかわらずただひたすらゴールを目指すこれに尽きます。

ところでマラソンをやる人達に共通したふるまいがあります。
それは人生にはメリハリをつけていますが、マラソンの練習にはメリハリがないということです。
特に走りたての方に多い特徴なのですが練習をしすぎる事です
練習で張り詰めた状態は短期間であれば人間は耐えられますが、長期では絶対に無理です。
弓の弦(つる)があります。弦は緩めるから、再び強く引くことができるのです。
弦を引っ張り続けると、いつか弦が切れてしまいます。当たり前の事ですね。
引っ張っては、緩める。
引っ張っては、緩める。
こが練習の秘訣です。
リラックスして休む時間があるから、マラソンレースでよいタイムが出るのです。
これは自分への戒めでした・・・

最後にやなせ先生のご冥福を祈り、衷心より哀悼の意を表します。
やなせ先生お疲れ様でした。


IMG_6901

今日は有楽町に出没です。
今日のお店はここのところお気に入りになった「宝(たから)」さんです。

住所: 東京都千代田区丸の内3-5-1 東京国際フォーラム B1F
電話:03-5233-9888
定休日:無休

IMG_7294

IMG_7297
お店の外観です。

IMG_7300
店内の雰囲気です。

IMG_7299
龍馬の愛した軍鶏鍋ですか、これって暗殺された日に中岡の慎の字とこの鍋をつつこうとして、峰吉に買いにいかせたものですよね。
私も食べてみた〜い!
たまるかです。

IMG_7301
今日のオーダー「スタミナ生姜焼き膳」850円です。
待つこと7分で「スタミナ生姜焼き膳」の到着です。
見た目、スタミナつくじゃん膳、です。

IMG_7304

IMG_7305
付出しの面々です
私は下段の画像のワカメの佃煮和え蕗のおつくりが好きです。
これだけでも良いかもしれません・・・

IMG_7303
「スタミナ生姜焼き」です。
この生姜焼きは肉が柔らかいですね。
タレは少しこってり感ありますが、イケます、美味しいです。

IMG_7306
この味わいにはやはりマヨネーズが必要でしょう。
ということでお願いしましたらこのようにコンモリと持ってきて頂きました。
そうそう、この生姜焼きの味付けのどこが「スタミナ」なのですか、と聞きましたら、ニンニク等のスタミナ材料を使っているのではなく、豚そのものにスタミナの原(もと)があるのです、とのことでした。
なぜかすごく納得しました。

IMG_7308
お替り自由の豚汁です。
これは今でもbravoですが、寒くなるに従ってbravo度は上がっていくでしょう!

今日のランチもとても美味しかったです。
今度は夜の部で龍馬の愛した軍鶏鍋に挑戦です。
ブログアップを待っておうせよ!

それでは(^_-)

続 東京国際フォーラム 宝

今日は「大地震」です。
関東大震災
私は東京の下町で生まれ育ったものですから「大地震」の怖さは本当に擦り込まれて育ちました。
普通の人よりは防災意識は強いと思っています。
個人的には来たる関東大震災に備えて住居を近々改修する予定です。
今年は関東大震災から90年目の年です。
大正の地震学者今村明恒先生による大地震100周年周期説があるみたいで、この説によると2023年前後には関東地方に大地震が来てもおかしくないとしています。
私はいたずらに大地震の恐怖を煽るものではなく防災・減災の一助になればよいと思ってこの話をテーマアップしました。
宜しかったらお付き合いください。

◆1. 関東大震災の実態
地震
この表の様に1703年におきた元禄地震では地震の規模は変わらないものの死者数が比較にならないほど増えています。人口比でいけば関東大震災では、10,000人位の死者数になるのですが実際は約10倍の10万人近い方が亡くなられています。
これは二次災害による火事によるものです。加えて元禄地震の時代にはほとんど人が住んでいなかった一番被害が甚大であった東京東部の下町に人口が密集していて、そこでの火災の被害者数の差で10倍近く膨れ上がったのです。
もともと下町は洪水等の水害に弱くさらに土地の地盤もゆるいことから本来なら人が住むところではなかったのですが、堤防での囲い込み等によって人が住めるようになってしまったのです。
さらにそのようなところに建てる建物は本来なら耐震補強等を施した高コストの建物しか建てられないような建築制限をしなければいけなかったのに、逆に低コストの安普請の住居ばかりが櫛比のように建てこんでしまいました。これが圧死者を増やした因となったのです。
後は歴史のいたずらなのでしょうが関東大震災はまさに計ったように昼ごはん時におきたために火災をおこす火元に事たりず歴史に残る大災害となったのです。
「半七捕物帳」の作者岡本綺堂はこの時に英国大使館の裏手(麹町)に住んでいて、地震発生後しばらくして東京の下町に火の手が上がっているのをみていました。
まさかここまでは火はこないだろうと高をくくっていたら火災旋風(竜巻のようなもの)が起こり、16時頃には当地まで火が飛んできて命からがら避難したそうです。

◆2. 陸軍被服廠跡地の悲劇
現在横網にある震災記念堂には9月1日の震災記念日には、小学生の時には毎年出向いて被災で亡くなれた方々の霊が安らかになるようお参りするために学校行事として行かされていました。
震災記念堂には被災の時のリアルな絵画(正直かなり残酷)がこの日だけ特別展示されており、また古ぼけた被災時のビデオをみせられ、いやでも心が暗く、重くなるし、社会の授業では関東大地震規模の地震が我が下町に再来したら存命率は0.4%と教えられていたので、万が一の場合はまちがいなくお陀仏になるなと思っていました。
従いましてこの震災記念堂にくると、この世の見納めみたいな心情(気持ち)になり正直行きたくはありませんでした。でも行けば学校はその後休校だったので嫌なのが半分嬉しいが半分だったのです。

今日初めて分かったのですが、陸軍被服廠跡地って横網公園だけだと思っていたのですが、実態は横網公園、両国国技館、江戸東京博物館までの広大な敷地だったのですね。
知りませんでした。
当時こんな公園で38,000人(福島県相馬市の人口と同数)もの人が亡くなるわけがないと高を括っていたのですが、この広さなら納得できます。
すみません地元の人間でないとわかりませんよね。

この広大な敷地のために周辺の下町一帯から多くの人が、この造成中の公園を絶好の避難場所とみなして集まったそうです。
そして16時ごろ、地震で発生した火災による熱風が人々を襲いました。避難の際に持ち出した家財道具に火が移り、さらに巨大な火災旋風が発生、人はおろか荷物や馬車までも巻き上げ、炎の中に飲み込んでいったという阿鼻叫喚の地獄絵図が現実に起きた、と聞いていたのですが実際はかなり違うようです。
実際は避難した人達は16時頃からいち早く夕飯の支度をしておりその場所を熱風が襲ったのです。
そして煮炊きをしていた七輪が火元となり燃え上がり、その場にいた人達を一気に火の粉で包み込んだのです。
したがいまして亡くなった多くの人達は火の粉に包み込まれたことによる窒息死です。
その後業火で焼きあげられたようです。

◆3. 地震予知
2009年にイタリアのラクイラ地震で震災前に安全宣言を出した地震学者が有罪になりました。私は偶然この裁判の成り行きのTVをみていましたが、地震学者は行政の圧力(地震パニック回避)で安全宣言をだしたのですが、その学者は最後に、地震予知などまだできない、そのためにはデータがたりなすぎる、独白していました。
日本でも同様です。
今日本の地震学者達の地震予知のレベルは、現在の研究がどの程度なのかを知ってもらえば決して過度の期待はできないと思う、というものです。そして、地震の予測は国民が期待している精度には正直まだいっていない、とも言っていました。日本国民が求めるような地震予知は地震学の進歩と発展を今しばらくまたなければならないようです。

地震はたしかに怖いものです。
でも地震は無限大なものではありません。起こればかならず収まります。
要は限度のあるものです。
その為には防災、減災に努めるべきです。
従いまして日々の積み重ねが肝要と申したいのです。
地震で非難をするときには必要な物以外はもたない、災害時の帰宅方法、家族の安否の確認等の方法は周知徹底しておく、耐震等が必要な建物はすぐにその措置を行う、災害時の物資は用意して定期的にメンテ補充しておく、というような当り前の事を当り前にしていればたかだか2〜3分の恐怖です。
数多くの地震で鍛えられた先祖のDNAをひきついでいる我々日本人なら必ず耐えることができます。
人間と動物の最大の違いは明日のことを考えられる力です!


OK Go はミュージックビデオでいつも面白い試みをしているので、毎回新曲よりミュージックビデオの方が楽しみだったりします。



IMG_6901

IMG_6902
今日は有楽町に出没です。
今日のお店は前回お気に入りの「宝(たから)」さんです。

住所: 東京都千代田区丸の内3-5-1 東京国際フォーラム B1F
電話:03-5233-9888
定休日:無休

IMG_6904
お店の外観です。

IMG_6908
店内の雰囲気です。

IMG_6903
メニューです。

IMG_6905

IMG_6907
今日のオーダー「若鶏のピリ辛揚げ膳」@800円です。
待つこと7分で着膳です。
唐揚げ6個に副菜2品です。
豚汁とご飯はお替り自由です。

それでは実食です。
唐揚げはほっこり揚っていて美味しいです。
レッドチリペッパーが良い辛さを演出しています。
この組合せはniceです。
副菜もよい味わいです。
豚汁は煮詰まり感ありますがno problemです、美味しいですね。
個人的にはここの板長の料理センスは好きです。
少し古いですけれど“よい仕事していますね!”と言わせていただきます。

それでは(^_-)

東京国際フォーラム 宝

今日は「オムニバスな日々」です。
オムニバスな日々は私の感性にふれたことを取り上げたものです。
宜しかったらお付き合いください。

1. 赤松愛
赤松愛 - コピー
まずはGS(ガソリンスタンドではありません)オックスの赤松愛さんです。
Netから引用したこの画像ですが大分変わりましたね、でも何か違うような・・・
もしかするとこのbefore―afterの画像は赤松愛―赤松広隆さんではないでしょうか?

赤松愛さんは、オックス引退後イギリスに渡りケンブリッジ大学で学んだのち帰国してから父親の赤松鉄工所に入社しました。
そこでプレス工からスタートをし、機械を操作している際に指を切断してしまいました。
それを機に自らプレス製品の加工工場を立ち上げて事業を拡大させ、順次サンジェゴ、ロスアンジェルスに現地工場を立ち上げて現在に至るという人生の成功者のようです。
奥様の昌子さんは赤松さんと付き合っていた時には、赤松さんがオックスの赤松愛さんだとは知らなかったそうです。そしてそれを知った時もあまり驚かずということで中々できた奥様ですね。
ちなみに赤松家ではオックスの話題はtabooとなっているそうですよ。

2. イタそうなリング
りんぐ1

りんぐ2
遊び心あるプレゼントとしていかがでしょうか。
輸入品です、購入すると\2,128となっています。

下町っ子の私はこのようなものを見ると“エンコ飛ばし”を想起してしまいます。
子供の時に地元の天祖神社に砂場がありそこで砂遊びをしているとホルマリン漬の切断されたた小指の入った薬瓶がでてきました。
落とし主は砂場の裏にある鳶の親分の家です。
当時アル中だった親分は酔いにまかせ気がのった時は節分よろしく窓から砂場に投げ捨てていたのでしょう。
正直かなり危ない土地で生まれ育ったのです。

長じてたまに小指のない人と酒場で飲む事がありました。
といっても大阪で一回と地元で一回だけですが。
二人とも異口同音、若い時やんちゃなことをしていたむくいで「身体髪膚これを父母に受くあえて毀傷せざるは孝の始めなり」を守れませんでした、と言っていました。
さらに、今じゃ、堅気でまっとうに暮らしています、と言葉を重ねていました。
しか〜し堅気でまっとうに暮らしている人がこれみよがしに欠落した指を誇示するものでしょうか。確かに今やその世界から抜けられて生業につかれていると思いますが、もし本当に堅気であれば、その指を隠すとか、包帯を巻いて隠蔽とかするのではないでしょうか・・・

3. としプー
としプー
今日部下との飲み会で「としプー」の話をしたら誰も知りませんでした、マジ?
これはダジャレCMがお得意の豊島園の2013年のプールのポスターです。
「としまえんのプール」と「トシちゃん」をかけて「としプー!」とを掛け合わせたものでしょう。
この画像では分からないのですが、面白かったのはこのポスターの下段に書いてある注意書きです。
トシちゃんが皮靴でプールに立っているのは写真撮影のための特別措置です、とわざわざ断り書きを入れていました。
誰が革靴でプールに入るのでしょうか、これも一種のギャグかな・・・
いずれにしても豊島園は東京都から災害時の避難地域として買上要請の噂がでております。
地元民としては「としプー!」のように匂い(噂)のみで終わることを祈っております。


4. 夏休み
夏休み
皆様、夏休みにはいりましたか・・・
私は仕事が超多忙でまだです。
一日にも早く夏休みに入りた〜い!


IMG_6416
今日は有楽町に出没です。
なにやら美味しい和食を食べさせるお店があるとかで訪れました。
今日のお店は「宝(たから)」さんです。

住所: 東京都千代田区丸の内3-5-1 東京国際フォーラム B1F
電話:03-5233-9888
定休日:無休

IMG_6418
お店の外観です。

IMG_6426
店内の雰囲気です。

IMG_6419
メニューです。

今日のオーダーは「サバの桜干し膳」@1,000円です。
正直なところ「おいしさ日本一!」のキャッチ釣られました。
日本一の味ってどのような味でしょうか・・・

IMG_6423

IMG_6425
待つこと9分で「サバの桜干し膳」が到着しました。
見た目、ピカピカ膳じゃん、です。
何ですかこの光沢はすごいですね、shinyというかgleamingというか艶光りがすごいですね。
気を取り直して実食です。
かるくサバの身を歯噛みすると、ジューシーな肉汁が口内溢れかえるのと同時にほのかな甘みが湧きたちます。
これは美味しいですね。
多分サバを味醂干しにしてスモークしたものでしょう。
副菜もよい仕事がされており、ここの板長はかなりの腕前です。
久々にお奨めの一品です。

それでは(^_-)


訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ