下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

安庵

続 豊洲 安庵

今日は「銭湯パンツ隊」の話です。 
東京のド下町で生まれ育ったことから、何でもテキパキやることが美徳とされていました。
ノタクタした仕草をしていると親はもとより近所の人からも気合を入れられたものです。

当時の下町の家の風呂は材木を使って風呂をわかすことから、火事の延焼を恐れて内風呂の家は少なく皆銭湯に通っていました。
真夏の暑い日、友人の一人が銭湯で着替えるのが面倒臭いということからパンツ一丁でいこうということになり、友達数人で銭湯パンツ隊というのを結成しました。
銭湯へ行く途中近所の人から、パンツ一丁でどこいくんでぇ、と声掛けられ、銭湯にぃきまってらい、と答えると、そりゃ気がきいているじゃねえか、坊主達、江戸っ子はそうじゃなきゃいけねぇよ、とほめられたものです。

そんな銭湯パンツ隊ですが、クラスの女子から、男子達がパンツ一つで銭湯にいっているんだって、破廉恥ねぇ、恥ずかしいわ、と学校でいわれたのです。
友達と待ち合わせての行き帰りはそれなりに格好がつくのですが、一人で歩いているとまるで下町っ子の裸の大将となってしまうのです。
秋の空にいわし雲がではじめ吹く風がくしゃみを誘う頃、私達銭湯パンツ隊は自然解隊となったのでした。

昔の下町っ子の小学校時代の夏の思い出です。
しかし今このように振り返るとかなり恥ずかしいことをしていたのですね(笑)

不思議な画像です。
うまく合成させていますね。
不思議な写真

不思議な写真

不思議な写真


今日は豊洲に出没です。
豊洲の和食行列店「安庵」さんです。

住所: 東京都江東区豊洲4-6-3
電話:03-3533-1933
定休日:月曜日

IMG_9174
お店の外観です。

IMG_9175
メニューです。

IMG_9176
今日のオーダー「焼き魚定食(鯖)」@900円です。
ここの鯖は美味しいのです。毎日築地から仕入れた新鮮な魚を熟練の手練れで焼きあげるからですかね。身が柔らかくて尚且つ弾力があり、甘いのです。
今日も美味しくいただきました。
IMG_9177
さらにここの「豚汁」がイケるのです。
大根、牛蒡、蒟蒻、人参、豆腐が全て同じ大きさで切られており、板前さんの仕事という感じですか、これまた結構でした。

IMG_9178
行列ができるのは納得です。

それでは(^_-)

豊洲 安庵

水族館の魚は大きい魚に食べられないのでしょうか?
答えはノーだそうです。例えば動物園のライオンの檻に鼠をいれたらライオンはすばしっこい鼠を追いきれません、捕まえる労苦を考えたらライオンは餌の時間を待っていた方が効率は良いのです。水族館の大水槽もそれと同じです。
しかし捕まえやすい大きさの魚が入っていると食べてしまうそうで、水族館は様々な種類の魚を一緒にする為にそのことに気を使って魚を選んでいるのです。
【親子教室NIKKEI PLUS1】より転載。
なるほどな食物連鎖しないように配慮しているのですね。

今日のお店は豊洲最強の定食屋「安庵(あんあん)」です。
安庵1
お店の外観です。

住所: 東京都江東区豊洲4-6-3
電話:03-3533-1933
定休日:月曜日

以下がお店の惹句です。
【QOT】
江東区豊洲の地下鉄から徒歩すぐにある和食居酒屋「安庵」。築地から仕入れた魚を毎日おいしく食べられるお店です。築地で入る魚を店主自らその日の一番良いものを選んでいるため、メニューが日々変わります。仕入歴30年のプロが選んだ新鮮な素材にこだわり、有名店で修行をつんだ板前料理、お客様のお好みに味をアレンジいたします。
【UNQOT】

安庵2
本日の獲物「焼魚定食(鯖)」@900で。

安庵3
鯖は鯖だろうと思って一口食べたらこれが美味しいので吃驚しました。身が柔らかくて尚且つ弾力があり、甘いのです。
普段食べている鯖は一体何何だろと思わせます。
汁物の「豚汁」も大根、牛蒡、蒟蒻、人参、豆腐が全て同じ大きさで切られており、板前さんの仕事という感じです。 味もいいいしこの豚汁もイケました。

確かに厨房を覗くと苦虫を噛み潰したようなパンチマーマの初老の板前さんとその息子さんと思しき丁髷(ちょんまげ)ヘアのお兄さんがテキパキと仕事をしており、特に苦虫板さんは全ての所作にリズム感がありました。

豊洲最強っていうのは頷けますが、店内が狭いのかなにやらガチャガチャした感じがあって落ち着けません。それと値段が@900というのはお高いような気がしますが
多分仕入連動なのでしょうね。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ