下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

宇都宮餃子館

宇都宮 宇都宮餃子館健太店

今日は「老人よ!書を捨てよ、街に出よう」です。
石川啄木さんの妹さんの思い出話です。
お兄ちゃんは家族の中で一番いい部屋を取って、そこでいつも勝手気儘なことをしていた。
ちょっと肚を立てて、窓から雪を入れて部屋中雪だらけにしても、お母さんはあまり怒らなかったとか、春になって、桜の花を買ってきて花瓶に挿して、そのうち風が吹いてきて、まだ少年啄木がそこに寝ていると、花びらが顔に散って「おお、気持ちいい、気持ちいい」と言って部屋中を汚して、それをお母さんが黙って見過ごして、結局、掃除は私がさせられたとか、いろいろ不満を述べていて、あんなに優遇された兄はいない、と言っています。
渡辺淳一「愛の言葉」より転載

同じ長男として言葉がありません。
私たち以前の長男は確かに兄妹の中でも破格の扱いをされていたのは周知の事実です。
これはこの織田信長から始まって家康で完成した「米本位制」の残滓だと思いますしこれが長男優遇の家長制度に繋がっていくのだと思います。
つまり田畑を守る事で、その家が安泰、安寧になるので、その家長になる長男をおもんばかるのです。
個人的には、子供を長男その他で差別した事はありません。
アルバム数に関しては長男が圧倒的に多いのですが、それは始めての好事なのである意味では通過儀礼かもしれません。それ以外は平等に接してきました。

最近、家長制度が形骸化してきています。
卑近な例で申せば
地域の取りまとめ役のような家柄が嫌だと言い出し、兄弟全員が相続放棄。
墓守や土地の管理や税金の工面なんて嫌だという人ばかりが増加。
親戚ともほとんど没交渉。
みたいなことが全国的に増えてきています。
その副作用で離婚も増えてきています。
昔の日本人というのは、人と人との結婚ではなく、家と家との結婚でした。
従いまして、離婚するときは、すごいパワーがいます。
最近は、人と人との結婚が増えてきたので、家という桎梏(手かせと足かせ)がなくなったのです。

3b5c3e34-c6b9-4910-b4b2-015d8ca5db84
話は変わりまして、最近の老人は元気です。
聞き得た情報では、今の50歳以下の若者は寿命100歳になるそうです。
そういう意味では、従来の年相応の生き方なんかつまらなくなります。
要は老人のパラダイムが変わってきているのです。
アメリカやヨーロッパの老人なんかどんどん外に出て遊んでいます。
着るものも日本人みたいな地味な服はきていません。
かなりど派手な服を好んできています。
そして彼らは絶えず何か新しいものを探しています。
何かを探し求める、この旺盛な好奇心が人生を楽しくさせるのです。
今こそ、老人よ!書を捨てよ、街に出よう、なのだと強く思う今日この頃であります。


放課後ミッドナイターズショート「◯んたま」



IMG_2157

IMG_2158
今日は餃子の街「宇都宮」に出没です。
今日のお店は「宇都宮餃子館」健太店さんです。

住所: 栃木県宇都宮市駅前通り3-3-3
電話:028-688-8884
定休日:無休

IMG_2160
お店の外観です。

IMG_2162
店内の雰囲気です。

IMG_2161
メニューです。

今日のオーダー「健太ランチ」@450円です。
IMG_2163
待つこと7分で「健太ランチ」の到着です。

IMG_2164
それでは実食です。
皮はパリと焼けていて美味しいです。
餡はパンチがありませんがまずまずです。
この店で特筆するのは「安さ」です。
これの構成で@450円には驚きました。
コスパ良しのお店ですし加えて新幹線の乗場から近いので、ちょこちょこと食べたい場合にはお薦めのお店です。

それでは(^_-)

宇都宮 宇都宮餃子館

今日は「collection of Kobanashi Vol.1」の話です。
無題3
今日は世界各国の小話を取り上げてみました。

#其の壱
酔っぱらいが二人、首までウォツカに浸って、めいめいの女房の貞節を自慢しあった。
一人の酔っぱらいは、ある夜家へもどったらベッドに女房が寝ていて、そのよこにニワトリの羽根が一枚、落ちているのを発見したという。感心なもんじゃないか。おれがいないと女房はニワトリと寝てるらしいゼ。
それを聞いたもう一人の酔っぱらいは鼻を鳴らして、こういった。
おれが酔っぱらって家へもどったらベッドに女房が寝ていて、そのよこで運転手が寝ていた。どうやらおれがいないと女房はトラックと寝てるらしいゼ。

オチが秀逸ですよね。
落語でいえば考えオチですか。
しかし外国の人って視点が違いますよね、視点の跳躍力に拍手です

#其の弐
猛勇で聞こえた中国人民軍のある隊の兵士達が、あるとき、いっせいにむかって、女房がこわいと訴えた。
女房がこわいようではアメ帝と戦争ができるかと隊長がキメつけたけれど、いっこうにききめがない。そこで、隊長は、女房のこわい兵隊は右へでろ、こわくないのは左へでろと命令を下した。すると、100人のうち、99人がそろって右へでた。左へでたのは、たった一人だけであった。
そこで隊長が感動してその男の肩をたたき、同志、君だけが真の人民英雄だといった。
するとその男は、うろたえて頭をかき、低い低い声で、ナニ、私はかねがね女房にみんなのあとへついていってはいけないといわれつけてるもんですから、と答えた。

全世界の男性が笑えるjokeです。
なんで男性は奥様が怖いのでしょうか。
怖いものは怖いのであります、以上。


無題1
奇跡を信じておりましたが残念です。ゆっくりとお休みください。
ご冥福お祈り申し上げます。
この画像は「アン・ルイスさんのFB」より転載



現在日本のあるミュージックビデオが、世界で大絶賛されています。
そのミュージックビデオとは、音楽ユニット・livetuneと人気声優・中島愛さんがコラボして作った「Transfer」という曲のミュージックビデオです。


IMG_3134

IMG_3135

IMG_3136
今日は宇都宮に出没です。
宇都宮といえば餃子です。
宇都宮餃子といえば「みんみん」さんです。
その「みんみん」さんは基本無休なのですが今日は臨時休業でお休みでした。
仕方がないので出向いた先は「宇都宮餃子館」東口駅前イベント広場店さんです。

住所: 栃木県宇都宮市宮みらい1-6
電話:028-638-5400
定休日:無休

IMG_3137
お店の外観です。

IMG_3140
店内の雰囲気です。

IMG_3138

IMG_3139
メニューです。


IMG_3142

IMG_3143
今日のオーダーは「もつ煮+ライス」@500+@150=650円です。
実は今日は那須に出張です。
電車の待ち時間を利用しての昼食です。
本当はここの「餃子12種類食べくらべ」@800円をたのみたかったのですが、電車の待ち時間が37分しかありません。
店員さんの所作をみていたら緩慢なので、餃子を頼んだら間に合わないだろうと思い「もつ煮」にしたのです。

いい感をしていました。
この「煮込み」は温めるだけですので、遅くとも5分で到着とふんでいたのですが、実際はその倍以上の13分でした。店員さんに私語がおおいので調理時間がかかったのです。

それでは実食です。
ウン、煮込みじたいは美味しいですね。
モツは良く掃除されていて臭みもないし、適度の脂身も残っていて合格の煮込みです。
野菜は量がすくないもののホッコリ炊けていて美味しいですね。

しかしかかしこの料理で@650円はなぁと考えながら嘆息をついてしまいました。
ただ本部が用意した冷凍品を温めるだけでしょう・・・
観光客用価格だなぁと思った次第です。
こんな日もあります。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ