今日は「大晦徒然(おおみそかつれづれ)」です。
2014年もあと数時間です。
大晦(おおつごもり)のこの日は、私には critical errand(大切な用事)があるのです。
私のブログを長い事読んでいる人なら、あそこでしょう、という事になるのですが、そうなのです、あそこなのです。
あそこなのですよ〜。
毎年大晦(おおつごもり)の日は、早稲田にある「穴八幡」様に出向き、お札変えをするのです。
この神社は霊験あらたかでして、我家ではこの神社にお願いしたことは、ほとんど成就しました。
ありがたやありがたやでございます。

今年はすこし出遅れたので既にこの様な行列です。
IMG_4593

IMG_4583

IMG_4591

IMG_4584

IMG_4586

IMG_4587

私はこの神社では美人の巫女さんからしかお札を買いません。
今年は美形の細▲さんに決めました。
多分近隣の学習院女子大学の学生さんでしょうか、とてもきれいですね。
IMG_4585

年末に走りすぎた(マラソンです)為にのど風邪みたいになってしまいました。
そこで快癒祈願のために、大枚のお賽銭を投入し、その見返りとして布袋様の首回りを重点的に撫でていましたら、後ろに並んでいたお子チャマがお母さんに、あのオジサン、何で布袋さんの首をしめているの、と聞いていましたので、あわてて首を絞めるのを止めました。やっぱり締めていたんだ・・・
IMG_4590

真冬とは思えない温かいきらめく光の束が私の背中を押してくれたこともあり、所用がある新宿まで歩いて行きました。最近の新宿歌舞伎町です。
IMG_4615

IMG_4611

IMG_4612

IMG_4613

IMG_4614

IMG_4627
最近の歌舞伎町は、いたるところで有線放送の警察のアナウンスがながれています。
最初は、路上の客引きは犯罪です。さそわれないよう注意しましょう、の婦警さんのやさしい声の後に突然強面の声で、呼び込みの人達へ、お前らのやっている事は犯罪だ。見つけたら即座に逮捕する、って絶叫しているのです。
ちなみにアナウンスの内容は一言一句正確に覚えていませんのであくまでも雰囲気で書きました。
かなりの迫力です。外国人観光客が聞いたらどのように感じるのでしょうか。
日本のプレゼンスを思うと、このような恫喝めいたものでいいのかな、と考えてしまいます。
で〜もそのせいか客引きさんは、当時と比較しますと少ないように感じました。
おおいに効果ありだと思います

昔良く行った喫茶「王城」さんです。
いまではカラオケボックスになっていました。
IMG_4626

IMG_4628


新宿コマ劇場後に作られた「ホテルグレイスリー新宿」です。
地上130m(30階建て)と近隣の建物の中ではひときわ高く、完成すれば新宿駅東口の新たなランドマークとなるのでしょう。
IMG_4633

IMG_4634

バルーン広告とじゃれているお兄さんです。
気持ちわかりますよ・・・
IMG_4635


最近のホストさんです。
さすがに美男子ぞろいです。
今のトレンドはしょうゆ顔なのですね。
IMG_4620

IMG_4637

私が歌舞伎町によく行っていた頃に一番恐ろしいと思った喫茶店です。
さすがに今は違うのでしょうが。
当時は同伴出勤によく使われていましたが、その筋の方も多く出入りしていて、このお店の前には相当の頻度でパトカーが出動していた様な記憶があります。
IMG_4623

ここです。
泥酔するとよく行ったバッティングセンターです。
心臓がよく止まらなかったものです。
IMG_4640

IMG_4641

カップヌードルを食べているカラスです。
勿論彼がコンビニで買ったものではなく誰かの食べ残しです。
得意げな姿になぜか嫉妬してしまいました。
IMG_4631


今日のお店は新宿です。
今日のお店は決め打ちです。
今日のお店は「桂花ラーメンラーメン」 新宿東口駅前店さんです。

住所: 東京都新宿3-25-6
電話番号:03-3352-4836
定休日:無休

IMG_4605
お店の外観です。

IMG_4609

IMG_4610
店内の雰囲気です。
相変わらず狭くて昇降しづらい鋼製階段は健在でした。

IMG_4604
メニューです。

今日のオーダー「太肉麺(たーろーめん)」@980円です。
このお店は6年ぶりの再訪です。
店員さんの一人が今日の3時まで300杯を売らなければいけないのに、まだ104杯しか売れていない。
どうしよう、ともう一人の店員にぶつぶつ言っています。
おまけに風邪引いたみたいだし、忘れ物も取りにいかなければいけない、などなど。
基本的に調理場にいる人は料理のこと以外は話してはいけないと思います。
そのような料理に対する向き合い方だと美味しいラーメンは作れませんよ。

IMG_4607

IMG_4608
待つこと3分で「太肉麺(たーろーめん)」の到着です。
具は太肉(ターロー=豚の角煮)、キャベツ、煮卵、メンマ、刻みネギ、茎ワカメです。
スープは塩豚骨にマー油がとろ〜りとかけ回されています。
見た目美味しげです。

それでは実食です。
スープは豚骨ですがさらりとした味わいです、
にんにく風味のマー油が味わいを深めます。
と申しますのがここでのお約束なのですが、スープが熱くありません。
従いましてまったく美味しく感じません。
確かに風邪気味なので軽軽には申せませんが、スープのぬるい熱いくらいはわかります。
麺は固めを頼んだのでmy favoriteで結構なのですが、ぬるいスープが全てを台無しにしてしましまいた。
おまけにキャベツは甘い部位と苦い部位がまるではかったかのように交互に現れて不愉快感が夥(おびただ)しく吹きあがり、集合してこのラーメンに新たな負の部位を加えています。
太肉(ターロー)はしっかり味がついていて美味しかったのですが、いまさら救援されてもなんの意味もありません。
まぁこんな日もありますが、美味しさとは、コインの裏表で決まるようなギャンブルではありません。
もっと緻密で、もっと安定的で、もっと継続的なところにこそ、本当の美味しさはあるのだと敢えて言わせていただきます。

それでは(^_-)