下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

女子会

新宿 サンマルゴ

今日は「いい話ではなくいい放し」の話です 
2002531_201110070203239001317960195c
この間、会社の女子と飲みに行く機会がありました。
ところがその飲み会の幹事が、コスパ狙いで店を選んだものですから、安くて美味しいのは間違いないのですが、まわりの騒音で会話がかき消されてしまい、よくコミュニケーションが取れなかったのです。
このような場合、うちの女子は「飲むかつ飲む」違うか「飲むかつ食べる」のです。
従いまして、必定、場が乱れてきます。
最後の方は50代の女子が、夫の愚痴をいいだしましたら、壊れたジェットコースター状態となり、要は収拾がつかない状態になってきました。
個人的には、ノロケのような気がしましたが、性格の不一致のようにも思えました。
いずれにしてもこのような場合は聞き役に徹しています。
コスパ狙いのお店なので時間制限があります。
ラスト10分程度になったら、一番若い新婚女子の話で盛り上がりました。
ここはここでご主人が甘えん坊でそれに困っているという愚痴を言っていましたが、これこそは確信犯のノロケであります。
女子はこのような話は食いついてドリルダウンしてきます。
悲しいかなタイムアウトです。
すると50代の女子が、続きをやりましょう、といい、そうそう△△さんって、4月が誕生日だったじゃない。
いいですか、皆さん、この話の続きは4月▲▲日に△△さんの誕生日祝いを兼ねておこないます。
それでは予行演習の乾杯をします。
乾杯、と言って締めました。
個人的には、その日はご主人とホテルのような高級レストランにて2人で誕生日祝いをするのではないのかなと思いましたが「沈黙は金」であります。

それから時間が動き4月▲▲日になりました。
私はこの日の為に仕事のスケジュールを調整して、夜の宴席に備えました。
ところが・・・
だれも、今日の飲み会の事について誰も話題にしません。
まさか、飲んだ時のイキオイ話か?
もしかしたら、飲み過ぎからのブラックアウトか?
両方とも可能性があります。
私はこのような場合は必ず確認します。
くだんの50代の女子がコピーを取りに行くとき、偶然を装って、その後に付きました。
そして、おもむろに、今日、飲み会やるよね、と聞きますと、彼女の頭の上には大きなクエスチョンマークがゆらゆらと左右に揺れていました。
しばらくして、この間の飲み会で私またやらかしましたか、と言いだしました。
私は、なにもやらかしてないけど。
それでも△△さんの誕生日祝いを兼ねた飲み会をやるぜと絶叫していたよ、と答えますと、すみません。
全く且つなにも覚えていません。
多分そのような事をいったのでしょう。
みんなそのつもりなのですか、と聞いたので、そうでもないみたいよ。
素面で聞いていたのは私だけだからな、と言いますと、女子はそのような事は表立ってはいいませんから。
わかりました。
この埋め合わせは必ずしますので。
今日、ご予定されていたみたいですね。
すみませんでした、と深々と頭をさげて私に詫びを入れたのです。
それはそれで問題ないのですが・・・
停酒して良いことは沢山あるのですが、このような場合は素面で飲み会に参加する功罪を考えてしまいます。
しか〜し酔えば女子でも「言い放(ぱなっ)し」になってしまうことは驚きを禁じ得ませんでした。


熊本 スナックひろみ



IMG_3918
今日は新宿に出没です。
以外に新宿って食べるお店がないのです。
仕方がないので私のシックセンスで探しました。
今日のお店は「マルゴー (MARUGO)」さんです。

住所: 東京都新宿区新宿3-20-8
電話:03-6457-4505
定休日:無休

IMG_3920
お店の外観です。

IMG_3927

IMG_3929
店内の雰囲気です。
時計の針は12時16分ですがこんなに大箱のレストランなのにお客様は私だけです。

IMG_3925
私の心は不安になりました。
お店の中のインテリアで表現しますとこの壊れた硝子のような状態です。

IMG_3923

IMG_3934
メニューです。

きょうのオーダー「モンテクリストサンド&ドルチェ」@1,000+@200=1,200円です。
IMG_3930
待つこと11分「モンテクリストサンド」の到着です。
モンテクリストサンドイッチは、パンにハムやチーズなどの具をはさみ、それを卵に絡めて焼いたものです。

IMG_3931
まずは「スープ」です。
それでは実食です。
妙に油ぎってはいますが意外に熱々で美味しいのです。

IMG_3932
づづいて「モンテクリストサンド」です。
これはフレンチトーストとクロックムッシュの好いとこ取りって感じです。
従いましてアパレイユ(卵液)が命です。
それでは実食です。
これも意外に美味しいです。
中にはチーズとハムが入っていて食べごたえも充分にあります。

IMG_3936

IMG_3935
食後のガトーオペラと珈琲は平板でした。
こっちも同様に頑張って欲しかったものであります。
しか〜し、落ち着いた雰囲気の店内は高評価です。
これだけのパフォーマンスなのになんでお客が来ないのでしょう。
それでも支払いをする頃には三々五々とお客が入ってきました。

IMG_3938
お店を出てからこのポスターに気が付きました。
このおみせは新宿では代表的なワインバーのようですね・・・
客が敬遠しているのはこのためですかね?

それでは(^_-)

不動前 モンパチ

今日は「同級生との女子会」の話です。
高校生の時の女子からたまには飲もうよと誘われ、おっとり刀で飲み会の会場に出向きました。
いつもの通りたわいのない話に終始しており、那辺は食傷気味ですが仕方ありません女子会ですから。

e6b0af2d734b2de
それにしましても女子は友達を良くホメますよね。
何にもホメるところがない女子には、今日のコーデって秋を先取りしているわよね。
可愛い♡ とかのたまっています。
個人的には、一体どこが秋の先取りなんだ。
ただの赤紫色の服じゃないか、と思っても決して口にはだしません。
日本国憲法で個人情報の批判は禁止されているからであります。
バツイチの女子が、別れた夫の話を私にしています。
ちなみに別れた夫も同級生ですから私もその相方は承知しているのです。
△△君、なんで私が▲▲と結婚したか、知っている、と聞かれたので、愛があったからだろう、といいますと、I(アイ)じゃなくてH(エッチ)があったからよ、と返えされたので私は固まってしまいました。
冗談冗談(笑)
背が高かったからよ。
私って目鼻立ちがハッキリしていて女性にしては背が高いでしょう。
まして普段はヒールを履いているから背の低い男子は合わないのよ。
別れたあいつは背だけは180僂△辰燭里任修Π嫐では合格なのね。
2人で写真撮った時に背が低い男性は私が映り映えしないのよ。
というではありませんか。
彼女がいう男子は写真撮影の際の小道具みたいです。

REC-588-02
確かに若い頃の彼女は目鼻立ちがハッキリしていて美人でしたが、さすがに経年劣化でその目鼻が立ちすぎて夜叉のような相貌に変じています。
それなのに良くいそこまでいうなと思いながらも、本心は独り身の寂しさのつぶやきなのかなと思っていました。
彼女は、やはり悩みを打ち明けられる、信頼できる人を身近につくるべきではないのかなと思ったのですが、さすがに婚活したらとも言えずただただうなずきに徹していたのでした。
女性は不可解であります・・・


河南マネージャー敗戦後 選手に駆け寄り笑顔で励ます姿に感動!



IMG_9856
今日は不動前に出没です。
今日のお店は行列のお店です。
今日のお店は「モンパチ」さんです。

住所: 東京都品川区西五反田5-1-16
電話:03-5434-5828
定休日:月曜日

IMG_9859

IMG_9860
お店の外観です。

IMG_9864

IMG_9868
店内の雰囲気です。

IMG_9869
メニューです。

今日のオーダー「デミグラソースチーズハンバーグ(サラダ・小鉢付)」@800円です。
行列して入った店内は当たり前ですが満席でした。
どうやら夜は居酒屋さんになるみたいですね。

IMG_9861
座るやいなやお水が到着しました。

IMG_9862
待つこと6分でサラダ・小鉢が到着しました。
サラダは作り置きみたいでシャキッとしていませんが充分に美味しいです。
小鉢はおでんです。
これは出汁が良く効いていて絶品です。
美味しいです。

IMG_9863
待つこと8分でご飯と味噌汁が到着しました。

IMG_9865
待つこと12分で「デミグラソースチーズハンバーグ」の到着です。
これは立ち昇る匂いで美味しさがわかります。

IMG_9866

IMG_9867
それでは実食です。
まずは牛(特に子牛)の食肉や骨と野菜(ミルポワと呼ばれる玉葱・人参・セロリの組み合わせを使うのが一般的)を煮込んでつくった出汁(フォン・ド・ヴォー)からできたデミグラスソースを頂きます。
なんだこの美味しさは・・・
呆然となりました。
今まで頂きましたデミグラソースの中でトップグループに入ります。
たまらず眼を細めて唇に微笑をのせていました。
ハンバーグステーキも美味しいです
玉ねぎの甘さがこの美味しさを倍加させています。
結局、この料理は余すところなく頂きました。
まさか不動前でこのような極上のハンバーグステーキがいただけるとは・・・
不動様の信心の賜物でしょう、嘘です。
ごちそうさまでした

それでは(^_-)

両国 江戸蕎麦ほそ川

今日は「ゆめゆめご油断めされるな」です
今週は月曜日から木曜日まで毎日忘年会です。
個人的には酒も飲まないのに、よく行くよな、とは思います。
基本的には私はお酒を飲んでも飲まなくてもふるまいは変わりません。
しか〜しふるまいこそ変わりませんが、お酒を飲んで酒席にでるより素面で酒席に出る方が疲れるのです。
それはそうでしょう、素面の方が頭は絶えずfull throttleでまわっているからです。
要は頭にゆるぎが生じないのです。
従いまして帰宅すると倒れ込むように布団にはいり即寝してしまうのです。

四回の忘年会の内二回は会社の女子にお誘いを受けたものです。
まぁこの年になって女子からお誘いがあるのはありがたいことです、ハイ。
女子の飲み会では最後の方になりますとお約束の恋愛話になります。
そこで私はあることに気がついたのです。
蓋然性からしますとサンプリング数がすくないので恣意的なきらいはありますが、その気づきを二つほど紹介します。

求愛
最初の気づきは「容姿の悪い女性は男性を好きになる要件が多い」という事です。
個人的には、ず〜っと「容姿の良い女性は男性を好きになる要件が多い」と思っていたのですが、我社においては真逆なのです。
美人であればあるほど、男性の好みを多く語りません。
逆に「言い寄られたらごめんなさい」的な女性の方が男性の要件が多いのです。
要件毎のtop3は以下の三点です。
1.生活力のある事
2.頼りがいのある事
3.頭の良い事です。

容姿は当然のことながら街中で昔の友達にあったら、今彼と付き合っているの、と堂々と言えるような男性である事は言わずもがなであります。
さらに優しさもあげていました。
私は男女の機微にうといので、優しさって具体的にどのようなふるまいなの、と聞けば、食事にいってシェアする料理をさりげなくとりわけてくれること、でした。
なるほどですね、わかりやすい事例です。
しか〜し要件を満たす男性を見つけ華燭の典をあげることができれば宜しいのでしょうが、我社の例でいえば容姿の悪い女性はなぜか選ぶ目線を下げています。
これは社内報の式典写真で確認していますのでまごう事なき事実であります。
容姿の良い女性の方はそのような観点で申せばつりあいがとれています。
要は容姿の悪い女性は「願望と実際」は残念ながら違うのでした。
このgapを女心というのでしょうか・・・

次の気づきは「女性は同性の悪口をいう事の誤解」です。
例えば、△△さんってさあ、女性の前と男性の前では完全にしゃべり方、例えば声のトーンとか変えているよねぇ、という悪口です。
この手のたぐいって、今日の今日まで女性は上述の様な不自然なふるまいを落とし込めたくて言っているものだと理解していました。
要は、女性は他の女性の悪口をいうことで自らのプレゼンスをあげる的な喧伝的行為だと思っていたのですが、ここが男性の浅はかさだったのでした。
もとい男性ではなく私です。
彼女達はそのしゃべり方を変えている△△さんの不自然さを「私は気づいた」「私も気づいた」的にただ単に確認を取りたいだけであって他意はないようなのです。
例えていえば、デイズニーランドに行って話題の隠しキャラを見つけたか見つけられなかったか的なキャアキャア話と同じレベルなのでした。
これは大きな気づきとともに全く理解していませんでした。

いずれにしても女性は年の高低にかかわらず男性にとって一生とらえようのない対象だと思います。
分ったようなしたり顔をして女性を御していると後で大きな陥穽(かんせい)に落ち入ってしまう事は必定なのであります。殿方の皆さま、「婦女子にはゆめゆめご油断めされるな」と声高にご注意申上げ仕(つかまつ)り候であります。


「3秒クッキング 爆速エビフライ」がヤバい なんという技術の無駄遣いなんだ!



IMG_4276
今日は木枯らし吹きすさむ両国に出没です。
今日のお店は弊ブログ初めてのミュシュラン店蕎麦の絶巓「江戸蕎麦ほそ川」さんです。

住所: 東京都墨田区亀沢1-6-5
電話:03-3626-1125
定休日:月曜・第3火曜

IMG_4253
お店の外観です。

IMG_4262
店内の雰囲気です。

IMG_4256

IMG_4257
店主紹介です。

IMG_4261
メニューです。

IMG_4259
店内は空き席もあるのですが、空間調和を狙っているのか、入店させてもらえません。
その為に凍てつく寒空の中待ちあいで25分も震えながら待っていました。
下町の店なら中にいれて暖のあるところで待たせればいいのに、と思ったあたりから下町っ子特有の「上等じゃねぇか、てえげえにしやがれ」モードに入ってしまいました。
そして招き入れられた店内は一応暖房が入ってたものの、結局、薬局、郵便局で最後まで寒さがとれずコートが脱げませんでした、ハイ。
なんなのですかね、このお店・・・
客が店内でコート着て食べているのだから空調の温度を上げるくらいの気遣いくらいあってもよさげなのですが、もしそのようにいったらここの鉢巻きご主人と喧嘩になったのでしょうか?
わかりませんが、食べる人の環境の調和も美味しさのfactorの一つかと思うのです。


今日のオーダー「穴子天せいろ」@2,550円です。

IMG_4268

IMG_4269
待つこと12分で蒸篭(せいろ)の到着です。
蕎麦の産地の説明もありませんが・・・
どうなのでしょう普通の蕎麦にしかみえません。

IMG_4270

IMG_4271
待つこと13分で「一本穴子」の到着です。
穴子はカラッと揚がっている感じはします。

それでは実食です。
蕎麦はそれほど香気も感じられず、ただ単に喉越しすっきりなだけです。
蕎麦汁(つゆ)も訴求するものもなく粛々といただきました。
すみません、私は蕎麦の味は良く分かりませんのでこのようなコメになります。

穴子は昔は大衆魚でした。
要は鰻が高くて食べられない家庭の代用魚だったのです。
それなのにメディアではさも高級魚のように持ちあげているのは噴飯ものです。
最近では大衆魚の枯渇により値はあがっているのかもしれませんが、氏育ちはかわらないでしょう。

閑話休題おはなしはもどりまして
天ぷらからは熱々感はすくなく、穴子も豊頬感がないと言い切りますと頭がないので御幣はあるのですが、要は脂ののっていない穴子でした。
塩で食べたらさすがに美味しかったのですが、これはアナゴというより衣(ころも)勝ちでしょう。

IMG_4272

IMG_4274
締めの打ち粉を溶いてポタージュのように濃厚でドロッとしているそば湯は、初めての味わいであり美味しゅうございましたが、こんなところで帳尻があっても何の意味もありません、ハイ。

一応完食しました。
約30分の食事でしたので、1時間換算しますと5,100円のperformanceですか、これでは「コスパ悪し」と言わざる得ません。いわゆるA級グルメのマイルストーン的なお店なのでしょう。
ミシュランに選ばれるくらいですので黎明期はとてもすばらしかった事だったと思います。
こんな日もあります・・・

それでは(^_-)

続 交通会館 交通飯店

今日は「容姿端麗」です。
IMG_8374

IMG_8385

IMG_8375

IMG_8381

IMG_8378

IMG_8384
毎年クリマスが近づくと高校女子の女子会に呼ばれます。
呼ばれる男子は私だけはありませんが限定されています。
いつも複数の女子からmailでお誘いがありますので必ず出席しています。
会場は女子がすんでいる超高級マンション内にあるparty roomです。
画像の通りすごい雰囲気です。
お金というものが偏在している証左であります。
女子会の女子は皆綺麗です。
多分ほとんどの女子がceleb(セレブ)なので、その余裕が顔に現れているのでしょう。

一般論としてなのですが、容姿端麗で憧れの的だった女子や、華があってなにかと噂になった女子は会うとひどくなっていることが多いのです。
そのころ美人といわれ肩で風をきっていた女子は沈みゆく夕陽状態なのです。
あくまでも一般論ですよ!
その逆でbaby faceで平凡だった女子が底知れず綺麗になっているのです。
そのbaby faceのなせるわざか、精神的に磨かれていて所作発言に過不足がありません。
いわゆる精神的にhandsomeな女子になっているのです
そうなのです女子はbaby faceが晩年きいてくるのです、間違いありません。

男子はどうなのでしょうか。
「男は40歳になれば自分の顔に責任を持たねばならない」と言ったのはリンカーンだそですが、男子は苦労の多寡によってその顔が変わります。
大宅壮一さんは「男の顔は履歴書」であるというように男子の顔は人生の縮図なのです。
平平凡凡と暮らした男子はそのような顔になりますし、辛酸を舐めて昇りつめた男子の顔は輝いています。
極論すれば目の輝きが違うのです。
容姿抜群より実力抜群、ここでしょう・・・
老いてよい顔になるのは男子の身だしなみです。
頑張りましょう!


海外のドッキリ(試飲させられたら・・・)


IMG_8321

IMG_8319

IMG_8320
今日は有楽町に出没です。
ただいまの時間は19時です。
夜景を見ていたらお腹がなりました。
そうなのです今日は多忙で昼食がとれませんでした(悲)
このままですと帰社しても深夜に亘る仕事をやりおえる自信がありません。
Energyを補給しませんと・・・
今日のお店はヤンキースのイチローさん御用達の中華料理屋さんです。
ということで今日のお店は「交通飯店」さんです。
再訪店で〜す。

住所:東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館B1F
電話:03-3214-5558
定休日:日、祝日

IMG_8322
お店の外観です。

IMG_8324
店内の雰囲気です。

IMG_8323
メニューです。

本日のオーダー「チャーハン」@700円です。
さすがにお腹が空きすぎて食べたいもののimageが湧いてきません。
こういう時には王道を歩みませう。
ということで本日のオーダー「チャーハン」@700円です。

IMG_8325

IMG_8326
待つこと7分で「チャーハン」の到着です。
ここのご主人の鍋フリはリズミカルですね、鍋フリの音を聞いていますと心地良ささえ感じます。
こういうお店って好きです。

香り良い油と焦げた醤油の匂いが鼻腔をくすぐります。
突然に私の食欲のピンがはじけて抜け落ちました。
食べるべし、ひたすら食べるべし、と食欲中枢が大きな声で私の胃袋を叱咤しています。
本能に従いませう。
わしわしと頂きました。
お米はパラパラと一粒一粒に油の膜がはっていて存在感があります。
脇役のキザミハムが良い仕事をしています。
味ですか、美味しいです。
イケますね。
清湯スープ(ちんたんすーぷ)もよい味わいです。
大満足の一品でした!

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ