下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

奈良間

月島 めし屋 12th

今日は「所変われば品変わる」です
今私の暮らしている町は祭礼真っ盛りです。
しか〜し祭礼と申しても私が生まれ育った下町とはかなり違うのです。
大きく違うのは神輿渡行がないことです。
神輿を担げない祭りなんて具のない味噌汁のようなもの、いやいや肉のないスキヤキのようなもの、それをいうならネタのない握り鮨か、そうではなくて頭のないカツ丼でしょう。
事程左様に神輿渡行の無い祭礼って画竜点睛を欠くのであります。

IMG_2959

IMG_2994

IMG_2981
しか〜しその代わり夜編が充実しているのです。
画像の通り高級住宅街の祭りの割にはそこそこの出店となっています。
為念申し添えますと、私は残念なことに高級住宅には住んでいません。

IMG_2967
特筆するのは売り出し中の歌手の歌謡ショーです。
ちなみに私の町の歌謡ショーに出た後、メジャーになった歌手は皆無です。
私はこのコテコテ・ノリノリの歌謡ショーが大好きなのです。
異様な一体感とでもいうのでしょうか、下町っ子の血が騒ぎ、気がついたら一生懸命応援している自分が会場内にいるのです。

今年の歌手は「演歌歌手はやと」さんです。
はやと
まずは彼の略歴です。甲子園球児です。
歌は上手いですね。
聞かせます。

IMG_2964

IMG_2961

IMG_2962

IMG_2985

IMG_2976

IMG_2978

IMG_2983
今日は彼もノリノリで舞台から降りてきて地元の女性の方と肩を抱き合ってのduetです。
こういう演出は大好きなのです。
たまりませんネ!
勿論売れている歌手であればある程私のテンションはさらにpush the limitとなっていくのです。

なんでこのように盛り上がれるのでしょうか、勿論わたしの事です。
多分母方のDNAのなせる技です。
私の母方の一族はお祭りが大好きで、祭りとなると皆が楽曲を担当して祭りを盛り上げていました。

唯一の例外は叔父です。
若かりし頃の伯父は「お祭り保ベエ」と言われていて、日中は模範的な「お祭り保ベエ」を演じています。
しか〜し一度(ひとたび)日が落ち祭りの余興の頃になってきますと、そのエネルギーがsuper high-tensionになり、会場内にたむろしている元気のよさそうな若者を見つけては、片っ端しから殴り倒していたそうです。
長じてその蛮行を伯父に確認しましたところ、否定はしていませんでしたので真実の様です。
うれしさの表現がおかしいというかうまくできなかったのでしょう。
で〜もいきなり殴り飛ばされた方は大変かと思って、その旨を妹である母に確認したところ、地元の人は皆「お祭り保ベエ」の悪行を知っており、伯父が余興に来ますと「お祭り保ベエが来たぞ!」とのwarningが人づてに伝わり、伯父が進んでいく道はまるでモーゼ十戒のように人ごみが割れて、伯父が欲するような元気のよさそうな若者即ち殴る相手は見つからなかったみたいです。
伯父の若かりし頃はまさに「歩く狂犬」を絵にかいた様な人でした。
あくまでも若かりし頃の話で、奮闘努力のかいあって中年以降は実業家として成功し、いまや悠々自適で暮らされています。

閑話休題おはなしはもどりまして
IMG_2993
「演歌歌手はやと」のサイン会です。
結構な行列ができていました。
最後に彼のヒット曲「天の声」を紹介して終わります。
今回のフリネタは私だけが楽しんでいたようです。失礼しましたm(__)m



IMG_2886
今日は月島に出没です。
たまらなく塩辛が食べたいのです。
こういう日はここしかありません。
今日のお店は「めし屋」さんです。

住所: 東京都中央区月島1-5-7
電話:03-3534−0486
定休日:無休

IMG_2887
お店の外観です。

IMG_2889
店内の雰囲気です。

IMG_2888
メニューです。

今日のオーダー「さば定食」@930円です。
今日は美人のサリーさんはいなく、奈良間のオヤジさんと次男の二郎さんとベテランアルバイトのおじさん方の陣容です。
奈良間のオヤジさんは眼鏡を今時風に変えたようで、勝手に若返っていました。
似合っていますよ。

IMG_2890
まずは今日のオカズ三兄弟です。
今日は塩辛、アミ、たくあん細切りです。
最強trioではないですか。

IMG_2892
待つこと13分で「さば定食」の到着です。
良い焼き加減です。
まずはオカズ三兄弟をいただきました。
伊東産の塩辛は何度食べても美味しいですね。
たまりません。
アミもイケています。
To be honest、さばが無くてもこれだけで大満足です.

IMG_2891

IMG_2894
嘘ですよ、さば君も好きです。
今日のさば君は脂が甘いですね。
肉も弾力があります。
今日のさば君はスーパー美味しいです。
久々に口福の坩堝(るつぼ)状態となりました。
大変美味しゅうございました

それでは(^_-)

月島 めし屋 10th

今日は「リニアモーターカー」です。
リニアモーターカー
全国に鉄道が延びていく明治の昔、線路敷設や駅の設置を拒んだ町が多かったという話をよく聞く。汽車が走ると宿場がさびれる。若者が都会に出て 堕落する。煤煙で桑が枯れるなどと訴えて鉄道を通さなかったからいまだに駅が繁華街から遠い……。そんな指摘だ。 
ところが青木栄一著「鉄道忌避伝説の謎」によれば、その大半は根拠がない。なぜわが町には鉄道が来なかったのか、理由を模索したあげく、こうした「伝説」が誕生したという。鉄道誘致を逃したのを頑固なご先祖のせいにしたわけだ。リニア中央新幹線をめぐっても、将来さまざまな言い伝えが生まれるかもしれない。 
東京・品川から名古屋まで最短卯分。JR東海はきのう、2027年開業をめざすリニアの詳細なルートや駅の位置を公表した。新たな夕−ミナルに発展しそうなところもあれば、在来線の主要駅とはやや離れた場所にできる中間駅もあって地元の思いは複雑なようだ。じつは自治体にとって駅の建設費負担も軽くはない。 
時速500kmの速さを生かすために余計な回り道はいっさい避けたルートであり、駅の位置 である。思えばとことんドライな「運送」手段なのだ。逃した地域にしてみれば、カネもかかるし、なあに、あんなものとやせ我慢しておきたくもなろう。夢を膨らませ、嫉妬も少しまとって、めくるめく心地の超特急が走りだす。
日本経済新聞「春秋」より転載

いよいよリニアモーターカーが始動しますね。
な何と東京⇔名古屋が片道40分で、東京⇔大阪が片道67分ですか、とても早いですね。
止まる駅は東京都品川→相模原市橋本→甲府市大津町→飯田市(駅の場所は不明)→中津川市(駅の場所は不明)→名古屋(名古屋駅から少し離れた所、地名失念)です。名古屋→新大阪間の詳細は未定です。
東京⇔名古屋間の開業は2027年で新大阪までの全面開業は2045年との事です。
東京⇔名古屋間の料金は現在の東海道新幹線「のぞみ」の料金に700円増しで、東京⇔大阪間は1,000円増しだそうです。かなりお得感がありますね。
2020年の東京オリンピックには間に合わないものの、東京オリンピックでは海外政府関係者の「体験乗車」を実施する考えだそうです。
一般向けには来年度以降山梨県の実験線で有料体験が実現するそうです。
ちなみに経済波及効果は三菱UFJリサーチ&コンサルティングによりますと、東京⇔名古屋の開業による経済効果を10兆7000億円、東京⇔大阪間で16兆8000億円と試算しています。さらに景気が良くなりますね!

乗り心地は未体験でわかりませんがかなりの加速度が体に加わるのでそれがどのように感じるのでしょうか?
また乗車時の86%が地下やトンネルなので流星のように流れる景観を楽しむ事はできないようです。
本件で割を食ったのが京都です。
超高速運転が必定の為大きく曲がる京都をJR東海は意図的に外してしまいました。
ここから先は京都に止まるかどうかは京都の政治的圧力如何(いかん)でしょう(笑)
さらに遠距離恋愛の成就が促進されます。東京⇔名古屋が40分ですからね。
加えて東京⇔名古屋の転勤に伴う住居移動が無くなる可能性が高いですね。
元人事の立場からすると転勤にともなう社宅が不要ですし、単身赴任が引き起こす家庭問題が解消されるので企業の人事担当としてはかなりwelcomeではないでしょうか。
いずれにしても将来を見据えますと、東北、新潟、北陸等のアクセスを考えた場合、本来であれば東京駅の地下に作るべきでしょう。
物見高い下町っ子ですのでいち早く体験乗車はする予定です、キッパリ。


夢の超特急と言われ続けてきた超電導リニアモーターカーですが、上述の通り2027年の開業を目指して中央新幹線が来年(2014年)には着工予定とのことで、いよいよ現実のものとなってきました。
時速500kmを超える走行実験が行われるたびに日本でもニュース映像が流れますが、海外からもこの世界最高水準のテクノロジーが注目されているようです。



IMG_7080

IMG_7082
今日は月島に出没です。
あの「めし屋」さんが元の場所にもどってきたとの事ですのですので早速お訪(とな)いを入れにいって参りました。。

住所: 東京都中央区月島1-5-7
電話:03-3534−0486
定休日:無休

IMG_7071
お店の外観です。

IMG_7074

IMG_7079
店内の雰囲気です。

IMG_7073
メニューです。

今日のオーダー「さば定食」@900円です。

IMG_7075
まずはお約束のオカズ三兄弟です。
今日の三兄弟は、塩辛、アミ、たくあん細切りです。

IMG_7077
待つこと16分で「さば定食」の到着です。
9月1日に元の場所に移転しました。
お店は前よりは気持ち広くなったようですが席数は一緒です。
大きく変わったのはカウンターです。出幅が大きくなって食べやすくなりました。
プラ〜ス階高が高くなっています。
内装はそんなに費用をかけるつもりではなかったようですが、かなりの出費になった、とご主人の奈良間さんはこぼしていました。
お願いですからその分を@単価にのせないでくださいね、とはさすがに言いませんでしたが大丈夫でしょう、多分・・・

あじですか、違います、さばです。
美味しいですね!
ここのさばは外れがありません。
所謂鉄板の味です、そしてこの味には揺るぎさえありせん。
ジュシ―で美味しいさばを食べたかったら是非お立ち寄りください。

IMG_7078
加えてここのお楽しみは「オカズ三兄弟ごはん」です。
正直これが食べたくてきているようなところもあります。
特に伊東産の塩からは絶品です。
日本人なら是非お試しください。
絶対に裏切りません、但し塩辛は食べる時の体調に左右されます。
二日酔いの日に食すのは控えた方が宜しいかと思います、キッパリ!

それでは(^_-)

続 月島 めし屋 4TH

今日は「山の緑」の話です
山は最初はげ山です。そして風に乗った様々な種が山に落ち発芽します。最初は、苔つまり山の土台を作ります(草冠の下の字に注目)。そして草、つまり早く生えるものの意味の草(草冠の下の字に注目)が生えます。そして荊 (いばら)つまり形(草冠の下の字に注目)がある荊が生えるのだそうです。そして相当な時間のうつろいを経て、やおら待ちくたびれた松が生えるとの事です。最後は冗談です

めし屋41
実は密かに朝顔を育てています。去年某公園で朝顔の種を拾い一年間在庫していました。しかしそのことをすっかり忘れていたのですが、財布紛失事件の時バッグを棚卸しした際に出てきたので満を持して近所のスーパーの緑地に蒔きました。しかし目が出た時に雑草と勘違いされ根こそぎ抜かれてしまいました。捲土重来今度はHCで大輪の朝顔の種を買い、自宅のベランダと近隣の公共施設の片隅にまきました。
夢は朝顔のカーテンです。近隣の公共施設には20粒以上蒔いたのでとても楽しみにしていました。しかし発芽したのは8個だけでそのうち半分は蔓が伸びた頃ワンコに食べられてしまいました。あまりに頭にきたので、土の中に埋まって隠れ、またまた朝顔を食べにきたらそのワンコを食べてやろうかとも思ったのですが、奥様からそれが自然なのよと諭され止めた次第です。結構撓(たわ)わになってきたので開花を楽しみにしています。

今日は所用で月島です。猛暑の中「もんじゃ」を食べる為に行列している奇特な集団がいました、まさにCrazyです…こんな暑さでもんじゃとは(笑)。
日曜日のため知っているところはほとんどお休みで、唯一やっている「めし屋」さんに行きました。

めし屋42
お店の外観です

住所: 東京都中央区月島1-5-7
電話番号:03-3534−0486
定休日:無休

めし屋43
店内の雰囲気です。

めし屋44
ランチメニューです。

めし屋45
本日のオーダー「スペシャルうなぎ丼」@850です。なにがスペシャルなのか聞きましたところ、通常の「うなぎ丼」は@1,050ですが、ランチは@850なので値段がスペシャルとのことです(納得)

めし屋46
味ですか、美味しいですhappy01肉が厚いですね。「蒸し」に重きをおいてないようでホクホク感はないものの、プリンプリンした肉の弾力は堪えられないものがあります。これで夏バテは、はるかオホーツクの彼方まで飛んでいくでしょう(笑)

めし屋47
めし屋48
めし屋49
定番の「オカズ三兄弟」です。塩辛、アミ、大根葉の浅漬けです。

めし屋50
今日は「オカズ三兄弟」の出番なしかと思いきや、以外に白いご飯の部分があったので試してみました。結論からいうと塩辛君以外はイケました。
このお店はやはりいつも安定していますね合格合格合格合格

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ