今日は「外国人観光客がみた日本の不便なところ」の話です 
a9b69866[1]
まず彼らが日本にきて困ることは食事です。レストランに入っても外国語のメニューがなく、何を食べてよいのかわからず、結局マックに行ってしまうそうです。
次に標識です。外国ですとどのような通りでも必ず名前がついていますが、日本では全部町名番地標記です。これまた理解不可能で、行きたい場所を探す時にとても苦労するそうです。
その次に物価です。今円高ですので特にそう感じているようです。地下鉄も外国ですと距離に関係なく同額ですが、日本の場合は違いますよね。
その次にトイレです。これ以外に思うかもしれませんが、いわゆるウォシュレットです。使い方が分らないようですね。マジに変なボタンを押したら爆発するのではないかと思っているようですよ(笑)
そして一番不便なところは会話です。ほとんどの日本人は言葉が通じないことです。
英語はまだなんとかなる場合もあるようですが、他の外国語になると皆お手上げでしょう。
なるほどなって思いますが、ウォシュレットの使い方が分らないというのは意外でした

0f8ad06a[1]
この画像がモンローに見える人は近視です。アインシュタインに見える方は正常です。
もしアインシュタインに見える方がモンローを見たい場合はこの画像を離して見て下さい。

今日は塩からが食べたくて食べたくてたまりません。
そうですね、こういう時に行くのは月島の「めし屋」さんです。

住所: 東京都中央区月島1-5-7
:03-3534−0486
定休日:無休

IMG_6876
お店の外観です。このお店は築地奈良間及び都内に干物専門店三店を経営する奈良間さんのお店です。このお店の並びで無化調ラーメン屋「太助(たすき)屋」さんを開いているのは息子さんの太郎さんです。

IMG_6881
店内の雰囲気です

IMG_6877
今日のオーダー「さばと小あじ定食」@750です。味ですか安定感ある美味しい味です。
特に今日は小あじが脂がのっていて超美味です。海に囲まれた国に生まれて良かったなと心底思う今日この頃であります。

IMG_6879

IMG_6880
おかず三兄弟です。今日の三兄弟は、たくあん、塩辛、アミの佃煮です。いつも思うのですが、このお店この三兄弟だけでもかなりの口福感が堪能できます。

それでは(^_-)