下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

天山

続 池袋 天山

今日は「甦ったトラウマ」の話です
20190905-scarlet-postar1-895x633
NHKの朝ドラ「スカーレット」を毎日奥様と楽しくみています。
寝る前に朝撮っておいたビデオを見ているのです。
正しくは始めに「おしん」を見てその後に「スカーレット」を見ているのです。
あらためて「おしん」の脚本家である橋田寿賀子さんのストリーテーラーとしての実力を高く評価しています。
毎週毎週、起承転結を完璧に物語に落とし込む筆致は端倪すべからざる作家であります。
私たち夫婦は「おしん」をハラハラドキドキしながら見てからそれの口直しで「スカーレット」を見ています。
「スカーレット」は女性を主人公としたさまざまな作品を手掛けてきた脚本家である水橋文美江さんが観ている人が明るい楽しい気持ちになれるっていうドラマを書きたいといているようにこれまた次の日の放送が楽しみなドラマであります。

無題
この楽しいドラマですが、私のトラウマに塩を擦り込むような場面があります。
それは主人公喜美子の父である川原常治です。
脚本家である水橋文美江さんの設定ではこの父親は無茶苦茶に酒癖が悪いのです。その酒癖がなんで私の過去トラウマを甦らせるのかですが、それは私の亡父がこの父親の酒癖にそっくりなのです。
子供の頃の私は父が酒を飲んで酔っ払うことについては何も申しません。
当然のことながらその父親に養ってもらっているので、父が仕事の後に疲れた体を癒すために好きなお酒を友にしているのはよくよく理解ができます。
しか〜し、物には程度があります。
喜美子の父も私の父も酔いつぶれるまで酒を飲むのです。
それもダラダラとナガナガとです。
2人はまず家で酒を飲んでから、外に飲みに出かけてヘベレケになって帰宅します。
帰宅した家では今日一日の仕上げでまた酒を飲み最後は酔いつぶれて寝るのです。
本当によく似ています。
今このように振り返りますと私の父は事業の維持・発展の為にかなりのストレスを抱えていて、そこから生まれてくる不安の塊を酒で溶かしていたのでしょう。
この部分はわかるのですが、それを付き合わされる家族はたまりません。
特に外で飲んできて、家で飲み直すくだりは全くもって理解できません。
ドラマでは家に帰ってきた父には水で薄めた酒を飲ませて酔いつぶれさせていますが、私の父のフェイバリットはビールですのでそのようなトリッキーなことはできません。
結果、父が酔いつぶるまで、どうでもよいタワゴトに付き合わなければなりません。
この時間はかなりの苦痛でした。
今はこのような家庭はないと思いますが、私の幼き頃は程度の差はあれ、ある程度の確率でどこの家でも父親はそのような酒の飲み方をしていました。
まさに「昭和は遠くなりにけれ」であります。
従いまして、一日も早くドラマの主人公の父親がまともな飲み方に変じるのを待つ今日この頃であります。


わたせせいぞう集



IMG_7777

IMG_7778
今日は池袋に英語の本を買いにきました。
欲しい本を手にいれましたのでランチです。

IMG_7779

IMG_7780
これから行くお店の途中には「老眼めがね博物館」の前を通って行きます。
この博物館の前を通るたびに、無数の人に見つめられているような感じがします。
ということで今日のお店は「再訪店」です。
今日のお店は「天山」さんです。

住所: 東京都豊島区南池袋3-16-12
電話:03-3983-2262
定休日:土・日・祝

IMG_7781

IMG_7782

IMG_7783
お店の外観です。

IMG_7789 (2)
店内の雰囲気です。

IMG_7785
メニューです。

今日のオーダー「上天丼」@1,200円です。
実は天丼好きです。
本音を申せば天丼は毎週でも食べたいのですがいかんせん高カロリーですからたまにしか頂きません。

IMG_7784
座るやいなやお茶が到着しました。

IMG_7787
待つこと4分香の物が到着しました。

IMG_7790
待つこと17分で味噌汁が到着しました。
ちょっと味見をしました。
ワカメと豆腐、豆腐の大きさが4ミリほどのサイコロサイズで入っています。
よく出汁が取れていてこのお店のレベルの高さが判ります。

IMG_7792
待つこと21分で上天丼が到着しました。
今日の上天丼の具材は、海老×2本、穴子、きす、ピーマン、サツマイモ、舞茸の内容です。

IMG_E7791
それでは実食です。
濃い目の甘辛タレは私の好みです。
具材の中で秀逸なのは穴子です。
ふっくらと揚がっていて且つふくよかな脂がこの濃い目のタレに良く合います。
舞茸も美味しく揚がっていました。
全体に過不足のない天丼で満足な味わいでした。
今度は穴子天丼に挑戦しようと思いました。
ご機嫌なお店です。

それでは(^_-)

池袋 天山

今日は「占い」です。
人はなぜ占いを信じたり、当っていると感じたりするのでしょうか。実は、人間の心理には「フォアラー効果」と呼ばれるメカニズムが働いているからとされています。
つまり誰にも該当するような曖昧な内容でも「自分に当てはまる」と解釈してしまう傾向があるからなのです。
これを実証するため、米国の心理学者が興味深い実験をしています。
学生に以下の文章を読ませ、自分にどの程度当てはまるかを5段階で評価させました。
「あなたは力量があるのに、思うように発揮し切れていない」「あなたは、見た目はしっかりしているが、小さなことでくよくよ悩むような優柔不断なところがある」「あなたの願望のうち、いくつかは非現実的なものだ」等々です。
実は、これは雑誌の占い記事を切り抜き、デタラメにつなぎ合せただけの文章にすぎません。
ところが学生の回答の平均値は5段階(最高が5)で4.2に登ったのだといいます。
「占いの文章には、誰にも当てはまるような要素が多数入っています。だからひとつでも合致すれば、科学的な根拠がなくても当たっていると思いこみやすい」と性格診断や心理テストに詳しい富山大学の村上寛教授はこのように分析しています。つまり自分に合致しない要素は見過ごし、都合よく解釈してしまうのだそうです。
日経新聞「裏読みWAVE」より転載
占いはバーナム効果の産物なのでしょうか?
バーナム効果(Barnum effect)とは、誰にでも該当するような曖昧で一般的な性格をあらわす記述を、自分だけに当てはまる正確なものだと捉えてしまう心理学の現象です
1956年にアメリカ合衆国の心理学者ポール・ミール(P.E.Meehl)が、興行師 P・T・バーナムの "we've got something for everyone"(誰にでも当てはまる要点というものがある)という言葉に因んで名付けたのです。
アメリカの心理学者バートラム・フォアラー(Bertram Forer)の名をとってフォアラー効果(Forer effect)ともいいます。

IMG_7765
この間、中華街に行ったときに占い好きな奥様に付き合いまして、占いをしてもらいました。
今回は両手の手相占いです。個人的には占いを信じていません。
理由はバーナム効果の落とし子だと臆断しているからです。
今回の先生との二言三言の会話の中で分かったことは、この先生はなかなか頭の切れる方で、加えて体全体から「キッチリと当ててあげるわよオーラ」が噴きあがっている事でした。
先生の説明では、左手の手相の意味は「先天的」なもので私の「過去」「生まれ持った才能(素質)」「本来の性格」「潜在意識」を表しており、右手の手相の意味は「後天的」なもので、私の「現在」「未来」「努力で得た才能(能力)」「顕在意識」を表しているそうです。
付け加えるに手相というのはその人の人生行路にlinkしていて刻々と変化するので、未来予測はできず、今現在のベクトルしか占えないそうです。

先生のお見立てでは、私は極めて優秀ですが、個人プレーが多いそうです。
従いまして私の職業は会社経営者だそうです。
さらに上からの評価は良いのですが、部下に対しては厳しすぎるので、仮にサラリーマンだったら人の上に立てないそうです。
生命線が二重線(極めて珍しい)になっているので長生きで且つ極めて健康な手相だそうです。
特に臓器は頑健な線がでていて大病はしないそうです。
欠点といえばかなり細かいので奥様は苦労するそうです。
隣で聞いていた、奥様は歓声をあげて、そ、そ、その通りです、と小躍りしていました。

元理科系男子からすると、よくもまあ人からお金を取って好き勝手なことをいっているなぁ、というのが正直な感想です。この先生のサラリーマンのイメージは植木等さんのスチャラカサラリーマンの時代から何ら上書きされていません。社長というのは管理能力が極めて優れている人がなれるわけで、巧言令色とを駆使してなれるわけではありません。管理能力の高い人は上下の隔てなく人に対しては真摯に向き合っているのです。
従いましてTPOによっては上の人間と雖(いえど)も厳しく対峙するのです。

性格が「細かい」というのは物事に遺漏がなく確実な事であり、これまた人生行路の上では大事なfactorであります。
それを事もあろうに「奥様は苦労しますよ」とは何なのでしょうか。
先生の言われる「細かい」というのは「重箱の隅を楊枝でほじくる」的こまかさであります。
そのような細かさは、物事の勇勢順位をつけられない優柔不断の草食中年のなせる業(わざ)なのです。
敢えて暇人の余技であると言わせていただきます。
だいたい人の人生を占うという大事な使命を担っている人間が、同伴者にお追従をいうとは、女性幇間かと言いたいところではありましたが、ここは「男は黙ってサッポロビール」で黙して語らずでありました。
しか〜し私の相貌の硬化を読み取ったみたいで、いいのよ、男の人ってはなから占いなんて信じてないものね、と自らcoming outしその馬脚を露していたのです。

私は視点を代えて、占いの役目というか使命は何なのですか、と聞きましたところ、ご主人は占いを信じていないかもしれないでしょうが、手相というのは人間のデータベースが刻まれているのです。
そしてそこから読み取れるのはその人の性格です。
占い師は手相からその人の性格を読み取り、その人が人生の岐路にいる時にその性格を敷衍して、その人の取るべき方向を提案する事が占い師の役目なのです。従いましてそれを受けいれるかどうか、それを実行に移すかどうか本人様次第です、と語っていました。
これには、成る程な、と納得した次第です。
要は占い師というのは、その人の人生を占うのではなく、その人が人生で進むか退くか、あるいは方向転換すべきかとうかの問題にぶち当たった時の、人生行路の道案内人だったのですね。
さらに、そういう事って他力本願ではなくて自分で決めるものでしょう。言い換えれば自己責任でしょう、と言いましたら、世の中にはそういう人って少ないのです。だから占い師が存在していて無くならない理由がそこらにあるのです、としみじみと語っていました。
初めて占い師の立ち位置がわかったみたいです。
それなら最初からそう言えばよろしいものを、逆にそれをいってしまったら客はこないのでしょうね。
「黙って座ればピタリと当たる」が占い師のキャッチコピーでしたものね。


Ana Yang Gazillion Bubble Show



IMG_7870
今日は池袋に出没です。

IMG_7871
これから行くお店の途中には「老眼めがね博物館」の前を通って行くのですが、この博物館の前を通るたびに、無数の人に見つめられているような感じがします。
ということで今日のお店は「攻略店」です。
今日のお店は「天山」さんです。

住所: 東京都豊島区南池袋3-16-12
電話:03-3983-2262
定休日:土・日・祝

IMG_7872

IMG_7874

IMG_7875
お店の外観です。

IMG_7881

IMG_7882
店内の雰囲気です。

IMG_7876
メニューです。

今日のオーダー「鳥親子丼」@800円です。
微笑みを絶やさない店主の人柄からでしょうか、店内は優しい空気が横溢しています。

IMG_7877
待つこと4分で「鳥親子丼」の着丼です。
濃い目の丼たれが美味しそうです。

IMG_7878

IMG_7879
それでは実食です。
まず玉子すきな私は玉子をお箸で割きました。
するとトロトロの黄色い溶岩が流れ落ちてきます。
トロリとして密度の濃い玉子の香りが濃い目の丼たれの香りにかぶってきます。
たまりませんね。

天麩羅は衣ウマしであります。
さらに鳥肉の天麩羅だけかと思っていましたら、サツマイモの角切りと玉ねぎを素揚げしたものが底の方から出てきて味を膨らませました。
美味しいです。
噛みしくだく度に味わいが深まります。
あっという間の完食でした。
これで@800円ですか、コスパ最高です。
ここは再訪店ですね。

それでは(^_-)

池袋 キッチンABC 8th

今日は「気になる人々」です。
気になる人とひょんな事から一時期よく会っていました。
最近の気になる人々はうつ病や統合失調症の初期や、他の病気の可能性もあるので、専門的な診断や検査が必要ですので軽々には申せません。
従いましてその様な方は、これから先はご覧にならないでください。
病気が悪化しますから。
かくいう私はこのブログでお分りのとおり観念的、習慣的、粘着的、拘泥的という強迫神経症のグランドスラム人間です。従いましていつその筋の病院に入院してもおかしくないのです。
しか〜しお仕事多忙なことよりそれも許されません。
これでいいのです。

不完全恐怖症
以下の話は私の知人の気になる人から聞いた話です。
場所は民間の神経症サークルのカウンセリングコーナーとのことです。
気になっている人が私の知人BさんでAさんは相談員です。
ちなみにBさんは煙草の火の始末が気になる不完全恐怖症です。
それではlet’s get started!

A「脅迫神経症なんですってね。
  何で分かったのですか」
B「ネットで調べたらすべて当てはまっていてその合致率は100%です。
間違いないでしょう」
A「分かって狂うってすごいですね。珍しいですよ」
B「狂うって言い方は失礼じゃないですか。私はカウンセリングを希望しているのですが」
A「カウンセリング?
要は何でなったのかという性格分析ですか?
それとも家庭環境が劣悪だからこうなったとか?
性格も家庭環境も治らないのですから、そんなの聞いても無駄ですって」
B「そんな言い方はないんじゃないのですか」
A「それなら聞ききますので話してください。なにかカミングアウトすることありますか」
B「そういわれますと特にはありませんが・・・」
A「気にしちゃいけないっていうこと事態が気にしているのです。
ということは、あなたは既に無間地獄に入っているのですよ。
煙草の火の不始末だったら、万が一の場合は火災保険でカバーできるじゃないですか」
B「そういう金銭的な問題ではないのですがね」
A「それなら灰皿をやめて水を入れたバケツに吸いおえた煙草を捨てればいいのではないですか。
一番簡単なのは禁煙すればよいのです」
B「水を入れたバケツも考えましたがバケツに灰を落とす時の火の子が気になってしまうのです・・・」
A「これでお分りでしょう。
強迫神経症の方ってあなたがまさにおっしゃっているとおり自分で病気をつくっているのですよ。
正しく言え ば、これらの症状は病気ではなく性格の一種だから治らないのです。
性格こそが不治の病ですからね。ちがいますか・・・
だから永年に亘る悪友とのつきあいだと思えばよいのです。
症状を理由にして日常生活をおろそかにしてはいけません
ここが大事なのです」
B「悪友とのつきあいですか・・・」

個人的にはこのような強迫神経症的な人間ってビジネスの世界には沢山いると思います。
完全欲の強さや心配性といった神経質性格の特徴がその根底にあると考えて良いと思います。
で〜もこれってビジネスではその強弱は別にして必要十分条件だと思うのです。
多分このような気質は皆さん多かれ少なかれ持っていて、Bさんのような方はなんらかの外的ストレスやバイアスによってその喫水線がさがってしまったのでしょう。
いずれにしても自分の性格のなせる技ですが、あまりにもひどい場合には通院も必要なのだと思うのです。
かの有名な松下幸之助さんは、仕事が気になって気になって不眠症になり生涯導眠剤を手放すことはありませんでした。薬を飲んでも毎日4時には目が覚めてしまうそうです。
とりあえずは今日やることだけは今日終わらせる事です。
Bさんの友人は戸締りが気になって気になって出張に遅れて大事な商談を失注したそうです。
本末転倒の典型的な悪例です。
まずは成すことを成すのです。
これが人間としての基本動作でありましょう。

Leave nothing for tomorrow which can be done today.
今日できることはすべて、明日に残すな。
Abraham Lincoln(エイブラハム・リンカーン)


可愛い!



IMG_7286

IMG_7287

IMG_7288

鶏親子丼
今日は池袋に出没です。
鶏と玉子と天麩羅と私の大好きなものが一挙に食べれてしか〜も美味しい。
まさに私にとってのlunchのDisneylandの「天山」さんに出向きました。
非情にもお店は閉店していました。
たしかに到着したのは13時35分ですが「売切御免」になってしまったようです。
lunchtimeは14時までだったのに・・・
捲土重来ですね。

ということで心を切り替えた私が出向いたのはこの兄妹店には20回(ブログ登場は6回)近くいっています。
今日のお店は「キッチンABC」池袋東口店さんです。

住所: 東京都豊島区南池袋2-16-2 大西ビル 1F
電話:03-5396-5399
定休日:無休

IMG_7289
お店の外観です。

IMG_7290
メニューです。

今日のオーダ―「日替定食3品盛(チキンバターの照り焼き・ソーセージのスープ煮・カニクリームコロッケ)@780円です。

いつも西池袋店しか行っていないので新鮮な感動にあふれています。
こちらの方がチームワークはいいですね。
全員の動きがキビキビしていて見ていて気持ちが良いです。

IMG_7291
待つこと8分でライスと味噌汁が到着しました。

IMG_7292
遅れる事1分で「日替定食3品盛」が到着しました。
なんか心がふわふわするような軽やかな盛付です。
それでは実食です。

IMG_7294
まずは熱々のカニクリームコロッケからいただきました。
クリームのベシャメラソースがまろやかですね。
ウンこれはソース勝ちですね、美味しいです。

IMG_7293
続いてチキンバターの照り焼きです。
皮のカリカリが中の肉の柔らかさを引き立てます。
甘辛のソースも高評価です。
美味しいです。

IMG_7295
最後にソーセージのスープ煮です。
ブイヨンスープが水面のきらめきを思わせるような光の反射でソーセージのツヤツヤを映えさせています。
ソーセージに軽く歯をあてますとプチンと音が鳴りました。
はじける様なソーセージです。
食感最高です。
これまた美味しいです。

これで@780円ですか。
コスパ良いですね。
大満足なlunchでした。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ