下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

大門

池袋 大門 リターンズ

今日は「お父さ〜ん」です。
この間、「安芸の宮島・厳島神社と原爆ドームと平和記念公園二日間」の旅行に行った時に、奥様から、△△さん、お父さんもこの旅行に参加しているわよ、と言われたのです。
私の父はだいぶ前に鬼籍に入っているので実在しているわけもなく、その言葉の行間を読むのであれば、他人の空似の方がいますよ、と申しているのです。
早速、ツアー客の中から、奥様が言っている父の姿を探しました。
なな、なんとわが父が私の母以外の女性と仲睦まじく談笑しているではありませんか。
すわ、不倫か、と色めきだったのですが、天国にいる人間ですのでありえない話であります。
しか〜し本当によく似ています。
特に顔をしかめた時の表情はマジにわが父がそこにいるかのように思えます。
IMG_4430
さら〜に顔だけでなく体形も似ているのです。
奥様も、あまりにも似すぎていて気持ちが悪い、と申していました。
多分50代の頃の父でしょう。
我が夫婦が揃って熱い視線を投げかけていましたので、父もなにやらその熱量を感じたみたいで、たまにこちらの方に視線を返していました。
すると奥様は、昔みたいに怒れるのではと、思わず戦慄したそうです(笑)

似ている
アメリカの研究では「自分にそっくりな人は世界に3人いる」という事が科学的に証明さされており、3人どころかもっと多い可能性は高いそうです。
もちろん、家族同士は赤の他人よりも平均すると似ており、人間の顔のつくりが遺伝することを示しています。
まったく同じ遺伝子を持つ一卵性双生児の兄弟・姉妹が区別も難しいほどに似ているのはこのためだそうです。
そのため、容姿が似ている者同士はおそらくは血統的に近いと考えられるのも当然なのでしょう。
まして日本の人口も1億3千万人ですから、さらにその可能性は高くなっていると思われます。
それにしても盆前に亡き父に会えましたので、お盆には通年よりお供え物を充実させようと考えています。
墓石も顔が写るくらいに磨き上げましょう。

yjimage

91f53FJWHRL__SL1500_
最後にいつもこのブログでは顔をださない私と奥様です。
若い頃、よく似ていると言われた芸能人の顔を貼っておきます。
若い頃はこのような顔をしていました。
現在の顔は秘密であります・・・


書けそうで書けない・・・



今日は池袋に出没です。
IMG_4625

IMG_4626

IMG_4627

IMG_4628
旧友と再会したのでたまにはディープな飲み屋にでも行くかという事になりました。
今日のお店は「大門」さんです。

住所: 東京都豊島区西池袋1-13-7
電話:03-3985-1558
定休日:日曜日営業但し21時半閉店

IMG_4630
お店の外観です。

IMG_4631
店内の雰囲気です。

IMG_4629
メニューです。

土曜日でしたのでもう少し混んでいるのかなぁと思いきやなななんと一番ノリでした。
昔はこのお店にはよく飲みにきましたが、今は停酒中です。
さすがにノンアルコールでの独り飲みはさすがに寂しいのでしばらく避けていました。
5年ぶりの再訪です。
しか〜し酒場のこの邪悪な雰囲気はいいですね。
善人も時と場合で修羅になる。
なってみせましょうか阿修羅にも・・・

まずはアンパイの「ゲソバター炒め」@570円で鯨飲の狼煙を揚げました。
IMG_4633
これはネギのシャキシャキ感を楽しむ料理です。
ときおり感じるゲソのつぶつぶ感が美味しさを倍増させます。

そして「玉ネギのカレー揚げ」@360円です。
IMG_4635
これは「豚肉とジャガイモのカレー炒め」@600円を頼んだのですが、日本語が上手でない外国人女性が「玉ネギのカレー揚げ」と聞きまちがえたのです。
どうしますか、と聞かれましたので、間違えたものは仕方ありません。
実はこの「玉ネギのカレー揚げ」は頼んだ事がないので、試してみますよ、と申しましたら、なんていいオカクさん、とほめられたのでした。
慣れない異国の地で、しかも慣れない言葉では、間違えても仕方ないよな、と妙に同情していたのです。
ちょっと可愛かったしね。
味ですか、これ想像以上に美味しいのです。
揚げた玉ねぎにカレー粉って合うのですね。
玉ねぎの甘さとカレーの辛さが合わさると絶好球になるのです。

そして私の一押し「ニラ玉」@570です。
IMG_4634
このニラ玉の作り方を紹介します。先ず卵を二個割その上に魔法の液体、醤油、味の素、塩、胡椒を大将の掴みで適度にいれ掻き混ぜます。
そしてフライパンを熱しその上にバターを投じます。
それからニラを入れ炒め火が通りましたら、卵を注ぎ込みます。
卵がトロトロになる前のギリギリのタイミングに焼酎「ナポレオン」をお猪口に一杯入れて、この上にかけ回して完成です。
味ですかホッペタが落ちます。
後半は紅生姜と混ぜて食べるのがお約束です。

そして忘れちゃいけないのが「白モツミソ炒め」@620円です。
IMG_4636
ちょっと辛めの味付けですが、プリンプリンしたモツが美味しいのです
この白モツを食べたら他所のお店では食べられませんというくらいの一品です。
久々にきた「大門」さんだけにダイモンゾクでした。
ちょっとツラいか・・・

締めは「豚肉とネギのニンニク炒め」@600円です。
IMG_4637
これはちょっとグリーシーですね。
これだけ油が多いのはノーサンキューであります。
味ですか行間を読んでください。

旧友が締めのレモンハイを頼んだところ、くだんのお姉さんやってきて、まるで四暗刻を積もったみたいな勢いでレモンハイのジョギをガシンとテーブルに叩きつけるように置きました。
どうしたのだろうと顔を見ますと、超満員の客からのマシンガンのような注文が受けられずに知らない間にテンパってしまったみたいです。
そうなのです。修羅になったのはお客様ではなくこの外国人のお姉さんだったのでした。
お後が宜しいようで・・・

それでは(^_-)

下町っ子関西特攻後篇(番外編)

今日は「下町っ子関西特攻後篇」の話です。 
昼食も終わり午後の観光に入りました。
IMG_9916
高野山内の移動は1日フリー乗車券でバスを多用しました。

まずは金剛峯寺です。
ここは高野山真言宗の総本山で、全国3,600に及ぶ末寺の宗務を執っています。
IMG_9853

IMG_9854
金剛峯寺の山門前の紅葉です。
IMG_9855
金剛峯寺の龍です。
IMG_9857
蟠龍庭です。石庭としては我が国最大の庭(2,340屐砲任后1棲い涼罎濃麝紺貘个領兇奥殿を守っている様に表現されています。

IMG_9863
蛇腹道を歩くこと5分で根本道場大伽藍に到着です。
IMG_9864
紅葉が綺麗です。

IMG_9868
根本大塔(こんぽんだいとう)です。
高さ50m余もある朱塗りの大塔です。
現在の建物は鉄筋コンクリート作りで昭和12年に再建されたもので、高野山のシンボルです。

IMG_9866
大会堂(だいえどう)
法会の集会の堂です。
この建物は1848年のものです。

IMG_9874
金堂が建て替えられる?ようで木材の刻み場が境内に併設されていました。

IMG_9875
高野山の入口「大門」です。
高さ25.1m大門は一山の総門にふさわしく威風堂々とした門構えです。」
現在のものは宝永2年(1705年)に再建されました。
IMG_9878IMG_9877
両脇で金剛力士像が睨みをきかせています。

IMG_9881

IMG_9883
ケーブルカーからの眺望です。
高野山(標高867m)から極楽橋(標高539m)を繋ぎます。
その傾斜は約30度です、結構迫力あります。

IMG_9891
なんば駅に着いたら街はクリスマス色に染まっていました。

今日の夕食は新大阪駅地下にある「らーめん屋段七」新大阪店さんです。
住所: 大阪府大阪市淀川区西中島5-16-1新大阪駅構内
電話: 06-6304-6623
定休日:不明

IMG_9897
お店の外観です。

IMG_9892
メニューです。
このお店は自家製麺です。
お店の惹句です
中華麺には最適の小麦粉「プライムハード」に名古屋コーチンの卵をつなぎに使い真空状態でミキシングされた麺帯を特注切り刃で三種類の太さに切り出した特性中華麺です。
しなやかでツルっとした食感。名古屋コーチンの卵の濃密な味の全く新しい「魂の麺」です。


IMG_9893

IMG_9895
私のオーダー「塩海老+唐揚定食」@850+@200=1,050円です。
実はこのお店は何度も来ていますので味は承知しています。
麺に自信があるので“麺堅めなどご注文はお断りさせていただきます”という張り紙があります。確かに麺が美味しいのですネ。中太ストレート麺でツルツルしていて美味しいのです。スープは魚介系の香りが強く出ていて味わい深いです。
それよりも白眉はチャーハンです、ここのチャーハンは何度食べても本当に美味しいですネ。

IMG_9894

IMG_9896
奥様オーダーの「ガーリック醤油+餃子定食」@700+@200=900円です。
スープはそれほどガーリックの味はしない代わりにニンニクの芽が入っていました。
程良い醤油味がよいですね。鶏の美味しさがスープに溶け込んでいます。
イケますネ。

それでは(^_-)

続 池袋 大門

今日は「担任の先生」の話です。 
中学の担任の先生は宮下先生でした。
担当学科は英語です。
ある授業の時クラスがざわざわし始めたのです。すると黒板に例文を書いていた先生が突然怒気を含んだ顔をして振り返りました。
そしてクラスの中で一番騒いでいた原田君に向かって右手をカッと開き一言いいました。
「原田、おれの右手をなんと見る」と、すると原田君は「チョークの白い粉がついている汚れた右手だと思うのですが」と答えました。
すると即座に宮下先生は「原田!お前の眼は節穴だ、すぐに目医者に行け。この右手は世界の王選手を3m先まで張り飛ばした手だ。分ったか」と言ったのです。
宮下先生のこの発言は、俺の授業中に騒ぐと張り飛ばすぞ、という意味だと忖度しました。
確かに世界の王選手は我が中学校の大先輩であることは百も承知していましたし、宮下先生は体罰大好き先生でしたので多分本当の事なのでしょうが、この役者がかかったプラフには皆で驚いたものです。
昔は色々な先生がいたものですね・・・

この動画は私の好きな動画です、何故か?って、とても気持ちをactivatingにさせてくれますもの。UNIQLOさんでやってくれれば毎日見に行くのに、違うか買いに行くのにか(笑)



珍しく居酒屋編です。
久々にdeepなところで飲みたいなと思い出向いたお店がこちら「大門」さんです。

住所: 東京都豊島区西池袋1-13-7
電話:03-3985-1558
定休日:不明(多分日曜日)

IMG_9529
お店の外観です。

IMG_9526
店内の雰囲気です 。
真中の白い調理服をきた大将がストーブ前(調理主任)さんです。
ここのフライパン料理はすべて大将自ら作ります。

IMG_9522
それではまずホッピー@400で乾杯です。

IMG_9525
この画像をみてピンときた方は常連さんです。
このオシボリは疑似チャームなのです、従って伝票には@100円加算されます。

IMG_9523

IMG_9524
まずは私の一押し「ニラ玉」@500です。
このニラ玉の作り方を紹介します。先ず卵を二個割その上に魔法の液体、醤油、味の素、塩、胡椒を大将の掴みで適度にいれ掻き混ぜます。
そしてフライパンを熱しその上にバターを投じます。それからニラを入れ炒め、卵がトロトロになる前のギリギリのタイミングに焼酎「ナポレオン」をお猪口に一杯このニラ玉の上に注ぎこんで完成です。
味ですかホッペタが落ちます。
後半は紅生姜と混ぜて食べるのがお約束です。

IMG_9527

IMG_9528
そして忘れちゃいけない「白モツミソ炒め」@650円です。
ちょっと辛めの味付けですが、プリンプリンしたモツが美味しいこと美味しいこと。
この白モツを食べたら他所のお店では食べられませんという位の一品です。
久々にきた「大門」さんですが、大門だけに大満足でした・・・ちょっと痛イか(笑)

それでは(^_-)

続 大門 未芳斉 本店

今日は「疲れた時は甘いもの」の話です。
たわいもない話ですが、今日は18:00から21:00まで全日空の格納庫現場で打合せをしておりヘトヘトに疲れたのです。浜松町につき部下と軽く飲んだのですが代えって疲れが増したのでした。家に帰りファミマでアイスクリームを求め奥様とドルチェテイーをしましたが、ハーゲンダッツは美味しいですね(笑)
未芳斉31
ファミマのアイスクリームのショーケースです。
未芳斉32未芳斉33
未芳斉34未芳斉35
左が私が頼んだ「クリームブリュレ」@336です。右が奥様が頼んだ「ティラミス」@336です。

今日のお店は軽呑みした後訪れた、浜松町薬膳中華の頂点「味芳斉 本店」です。
今日は怒鳴り倒し店主がいない代わりに、酔っ払ったビジネスマンが多く喧しい限りです・・・自分はどうなの?

住所: 東京都港区芝大門1-4-13
電話番号:03-3431-6543
定休日:日曜日、祝日

未芳斉36
お店の外観です。

未芳斉37
私を地獄に誘う悪魔のお酒「紹興酒」@600です。量が多すぎです、これで壊れたのかもしれません。

未芳斉38
突き出しの「中国漬物」です。これは悲しいくらいまずかったのでした(悲)

未芳斉39
定番のスープです、美味しいhappy01これで少し心が落ち着いたのです、フフフ

未芳斉40
「味芳斉 本店」の一番人気の「麻婆丼」@700です。あれれ以前よりパンチがなくなりましたね、卵のせいでしょうか、でも替えって食べやすくなりおいしくなりました。豆腐はこんなに細かく刻んでいましたっけ、口当りが良くなりましたネ。
パンチが無くなった分、仕方がないので自分で自らラー油を継ぎ足し足し食したのですが、お好みの辛さが調整できイケました。やはりここはまごうこと無き四川の名店です合格合格合格合格

それでは(^_-)

池袋 大門

今日は池袋最高のB級居酒屋「大門」です
仕事が大崎で19時に終わり帰社するのもかったるく、尚且つ今日は独り飯の日なのでそのまま池袋「大門」に直行です。このお店B級居酒屋としては東京では多分Best3に入るでしょう。

住所: 東京都豊島区西池袋1-13-7
電話:03-3985-1558
定休日:不明(多分日曜日)

このお店通い始めて長いのですネ。お客さんは場所柄西武、東武デパート及びJR関係の人が常連ですが、あまりお高く止まった方はいないPureなB級居酒屋です。

ここから先はパチリでご覧下さい。
大門1
乾杯ビール@580です。

大門2
タン塩焼×2本@260です

大門3
ご酒代えのホッピー@400です。

大門4
本日の目玉「ニラ玉」@600です。
これは美味しいですhappy01

大門5
このニラ玉の作り方を紹介します。先ず卵を二個割その上に魔法の液体、醤油、味の素、塩、胡椒を親父さんのの掴みで適度にいれ掻き混ぜます。そしてフライパンを熱しその上にバターを投じます。それからニラを入れ炒め、卵がトロトロになる前のギリギリのタイミングに焼酎「ナポレオン」をお猪口に一杯このニラ玉の上に注ぎこんで完成です
簡単そうに見えますがここの親父さんの伝統芸ですから一見の価値はありますヨ。

大門6
締めの「豚肉とネギのニンニク炒め」@630です。これはネギの香りが秀逸です。ニンニクの匂いは隠し味ですか、あまり感じません。これも親父さんの伝統芸ですので味は最高です。豚肉はホコホコしています。

ここのお店に来るといつもヘラヘラになるのですが、今日は多分初めてですかねしっかりして歩いて帰ったのは(笑)
いずれにしてもこのお店は、焼物ではなく料理の美味しいB級居酒屋さんです。そうそう煮込みも美味しいのですが今日は紹介できませんでした(残念)また来よう!

それでは(^_-)

大門 一心たすけ

今日の話は「うがい」です。

うがいという習慣は実は海外にはないようです。
唯一近い英語は「Gargle」は「口を清める」だけの意味で「うがい」の意味はありません。

今日のサプライズは「水道水のうがいだけで風邪が四割減少。うがい薬より効果がでた」ということです。
「うがい」は風邪のウィルスが喉の粘膜に取り付き、感染するのを防ぎます。しかしヨード液は、殺菌効果が強すぎ、外部へのバリアになる常在菌まで駆逐してしまったということらしいです。

大事なことは
水道水で
まず口をすすいで口内の汚れをとる
ガラガラうがいを一回五秒以上、数回行う
大事なことは習慣にしてこまめに続けることだそうです。
【読売新聞 「くらし・学び」より転載】

きょうのお店は大門「蕎麦一心たすけ」です。
一心たすけ店舗


住所: 東京都港区芝公園2-3-8
電話:03-3431-0837
定休日:日曜・祝日

きょうの獲物は「納豆蕎麦」@420です。
納豆蕎麦


なにげにはい入ったお店でしたが、とてもすごかったのです。
「今から茹でますので、チョットお待ちください」という声を聞きながら席につきますと蕎麦は、生麺を大釜に放り込んで茹で上げ、冷水で締めたものをダボに入れて温め、丼によそってくれます。
汁も本格的昆出汁でカエシもきいています。
蕎麦も腰がしっかりしていて、喉越しの味わいも確かです。

このお店すごい…まごう事なきお蕎麦B級グルメトップのお店の一つです。

それでは(^_-)

モツ煮込み 大門

今日は焼鳥関係の話です。
一昨日はお客様と人形町の「丈参(たけさん)」に行きました。
白金の”酉玉”で修行して”鬼わそと”でブラッシュアップした出浦氏が念願のお店をオープンしたお店で、名前は「出浦丈彦参上」で「丈参」だそうです。
このお店は、鶏の希少部位を供するのが特徴です。


例えば、みさき、おたふく、心のこり(心臓の付け根)、ソリレース(腿の付け根)等何のことだか分かりません。


みさきです。名前と味が一致しません。

だす時説明してくれるとありがたいのですが、それもなくひたすら聞くだけで疲れます。味も特段美味しくなく何だこりゃです。

一番驚いたのは、手羽先が真っ黒けででてきました、ここのご主人は焼鳥は熱をきちんと通すことが重要ですと言われていますが、焦がすのと熱を通すのは違うのでは・・・

その反対で何を食べても美味しいのが「大門」です。
このお店場所柄、西武デパート、東武デパート、JR関連のお客様が多くいつも満席状態です。

住所: 豊島区西池袋1-13-7
電話:03-3985-1558

一押しは煮込みです。いわゆるごった煮煮込みでではなく、サッパリとして繊細です。特にマイルドに感じるのはシロです。普通のシロは大腸ですがこのお店は鉄砲(直腸)しか使わないから臭みが無くて歯ごたえもシャキッとしています。


後はパチリでご覧下さい。



カシラとタンです。両方とも美味しいのですがタンの方が滋味が多いですね。



ジャガイモカレー炒めです。これは最高です。たまにでてくる豚肉がカレーの味を和ませます。ちなみに投入されるカレーの量は小さじ四杯です。



ニラ玉です。これトロトロのオムレツです。隠し味にお猪口一杯の焼酎を入れていましたが、これがマイルドな味にしているのでしょうね。


それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ