下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

大相撲

神田 韓豚屋(ハンテジヤ)

今日は「大相撲の八百長」の話です。
大相撲の八百長は基本的に力士同士の”助けあい”だ。どうしても勝ちたい力士が、負けてもダメージの少ない力士から勝ち星を買うのである。
売買の決済は原則的に現金による支払いか次の取組時の勝ち星の譲渡でなされる。力士にとって八百長のメリットは勝ち負けのリスクの軽減だ。力士もアスリートである以上、好不調の波がある。スランプに陥って負けが込むと番付も下がる。 
たとえば、十両から幕下に落ちれば無給になり、大銀杏(いちょろ)や化粧まわしも返上しなけれぱならない。そのため不調時には星を買って急場をしのぐ必要がある。八百長が十両下位で起きやすいゆえんだ。 
待遇面の格差は大関と関脇の間にも存在する。関脇から大関への昇進条件は厳しく3場所通算33勝が必要とされる。しかし、いったん上がればバラ色の生活を送れる。
大関は2場所連続負け越さなければ関脇に陥落しないという特典があり、関脇に陥落してもその場所で10勝すれば大関に戻れる。関脇が1場所の負け越しで地位を明け渡すのに対し、大関は極端なケースとして8勝と全敗(または全休)の繰り返しで地位が維持できる。実に勝率2割7分(8勝/30取組)でも安泰という素晴らしい身分なのである。 
その大関が現在6人もいる。白鵬を加えると、横綱と大関の間で毎場所20の取組が行われる。大関は地位が固定化しやすいため、20の取組が変わることはほとんどなく、常に場所の後半に入ってから対戦が組まれる。 
これらのシステムは八百長をやる側からすれば、きわめて好都合だ。地位を守るという点で利害が一致しやすく、毎場所千秋楽までの対戦柑手がほぼ確定され、しかも勝ち越しがかかる後半戦に対戦するので、勝ち星を取引する上で計算も立ちやすい。
システムを見れば「八百長をする」動機はいまだにあるし、監視体制も目浄作用は働きにくいまま。協会は「八百長と疑われる取組はなかった」と胸を張って言えるのだろうか。
日本経済新聞「スポートピア」中島隆信慶応大教授著より転載


この記事は7月の名古屋場所千秋楽翌日に大相撲の八百長を監視する監察委員会と審判部の合同会議において「八百長疑われる取組なしと確認」という記事に中島隆信慶応大教授が反応したものです。
監察委員会と審判部の構成員はすべて日本相撲協会の親方衆です。
取組構成員の行動を組織内部の人間だけで監視し、「問題なし」と語っています。
これは学校のいじめ問題を先生達だけで調査し「いじめはなかった」と結論づけているのと同じで他の例で言い換えれば政治献金を認めながら汚職を取り締まるのと同じ構図です。

以前にも書きましたが大相撲の八百長改善は「大関」の地位をなくすこと、同部屋対決禁止の解除ではないでしょうか、このような不平等な温床があるから八百長が蔓延(はびこ)るので、これをスパッと無くせばよいと思うのですが。
卑近な例でいえば、会社で生活残業(生活費を稼ぐ為に仕方なくする残業)を無くすために、一律の残業手当にすると、途端に残業が減ったという事例に倣(なら)いなさいというところであります。

昨日「SUMO海を渡る」をNHKBS1で観ていましたが、今ヨーロッパでは空前の相撲ブームです。ブームの理由は極めてsimpleです。相撲に転身する選手の大半がレスリング若しくは柔道の選手でした。レスリングや柔道のルールが複雑になりすぎて“勝利”という二文字の感動が希釈してきた為だそうですよ。
相撲は勝敗が極めてsimpleなことがヨーロパのスポーツ選手に受け入れられているそうです。このような流れに勢いがつくと、大相撲は似非羊頭狗肉的国技となってしまうのではないでしょうか。実際にもうなっているって、さもありなんですね(笑)


今日は猛暑の神田に出没です。
お昼に何を食べようかと考えていたら、目の前に私の琴線に触れるお店が現れました。
でもそのお店は、今私が毛嫌いしている韓国系のお店です。
やっぱり止めようかなと思ったのですが、かなり空腹でしたので判断能力がにぶり、さらに我慢の限界を超えていたこともあり入店してしまいました。
今日のお店は、「韓豚屋(ハンテジヤ)」さんです。

住所: 東京都千代田区鍛冶町2-13-28
電話:03-5207-9696
定休日:無休

IMG_2348

IMG_2349
お店の外観です。
入店している間にこのお店をNETで調べてみると、このお店は資本金9,699万円の 総合フードサービスが経営している邦人企業だったのですね。
「土風炉」「日本橋亭」「京町家」「鳥元」「過門香」「銀兎(GINTO)」「音音」「京まる」「石庫門」「魚魯魚魯(GyoroGyoro)」「日月火」「麹蔵」「土古里」「韓豚屋」など情報誌で話題のお店を経営しており新業態も積極的に展開中の新進外食産業だったのです。

IMG_2352
店内の雰囲気です。
店内は、(アンニョンハセヨ)の言葉が飛びかっています。
気分は韓国ですが、邦人外食産業なので、似非韓国人のスタッフもいるのでしょう

IMG_2350
メニューです。

IMG_2354

IMG_2355
本日のオーダー「豚バラステーキ定食」@900円です。
このメニューは限定10食なので、12時30分入店だったのでないのかなと思ったらありました。(マンセー=万歳)

待つこと6分で着盆です。
見た目美バラステーキです。
それでは同店一押しの庄内豚をいただきましょう。
ウン、熱々でいいですね。でも甘辛の味噌だれはあまり好みではありません。
これは二国間のquality of tasteの差でしょうか。
でもチンチン鉄板に載ったバラステーキは最後まで熱々で結構でした。

IMG_2353
番外編ですが。
このコーン茶はよかったですね。
飲んだ後の発汗作用は立証できましたよ

それでは(^_-)

続 大泉学園 La毛利

今日は「そうだったんだ其の参」の話です。 

◆死ぬ直前に聞く歌
人間は母親のお腹の中にいる時から外の音を聞いているのです。
従って死ぬ直前に残る五感は聴覚だそうです。
要は人間は聴覚に始まって聴覚で終わるのですよ。もし視覚が最後まで残っていたらな、疎ましいこの世の残像を引きずってサラバイになってしまいますからね(笑)
死ぬことが避けられないことが分った時に、Songs you must listen to before you dieを予め決めておくのは良いことだと思います。
私ですか、すでに決まっています。
貴方は如何ですか、決まってないのであれば今の内に決めといた方が宜しいですよ・・・
間違ってもお経はよしましょうね、洒落になりませんから。

◆投薬(病気に適した薬を患者に与えること )とは?
お釈迦様が病気で危篤状態になったときに、それを知った天国にいるお母さんが、不老の薬を袋に入れて下界に投げたんですと、これが語源です。
一体どうやって拾ったのでしょうか・・・
多分ですよ、とどのつまりお釈迦様は亡くなってしまったのですから、この不老の薬を拾えなかったのでしょうね若しくは不老の薬が効かなかったのかな。

◆相撲は国技か?
明治42年に両国に国技館が出来た頃、相撲はスポーツでさえなく単なる見世物扱いだそうです。だから今でも相撲は「興行」といいます。
普通、歌謡ショー、サーカス、プロレスなどでは「興行」を使いますが、スポーツではあまり「興行」は使いませんよね。ですから相撲はスポーツではないのです。
明治42年に出来た国技館も「国技館」とは名ばかりの見世物小屋としてデザインされていたのは有名です。遊園地と同じで建物自体も外国風で「見世物」だったようです。
そもそも相撲を国技と決めた法律もなく、どうやら国技館という建物でやっているので国技らしいですよ。


日本之形謝罪編



今日は結婚記念日です。
奥様、長男と私とで結婚記念日にかこつけてプチリッチなdinnerを食べようと訪れたのがこちら「La毛利」さんです。

住所: 東京都練馬区大泉町1-54-11
電話:03−6750−7001
休日:火曜日

IMG_0288

IMG_0289
お店の外観です。

IMG_0308
オーナーシェフの毛利彰伸さんです。
毛利シェフは岩手県三陸町にある北里大学水産学部卒業されたこともあって、昨年の大地震の悲しみは一年経った今でも深く刻まれているようです。

IMG_0305

IMG_0291

IMG_0307
店内の雰囲気です。

IMG_0290
今日のオーダーは「本日のシェフのおすすめコース」@4,200円です。

IMG_0292
まずは自家製パンです。
焼きたてのパンは「くるみ&レーズンのパン」と「全粒粉パン」の2種類が供されます。
オリーブオイルをつけて頂きますがこれが美味しいこと美味しいことついつい食べ過ぎてしまいます。

IMG_0294
冷前菜盛り合わせ(自家製ハム・ブリのカルパッチョ・野菜のオードブル)です。
野菜が美味しいです。白眉は自家製ハムです、これはたおやかな味です、イケます。

IMG_0295
温野菜のアンチョビ風味です。温かい野菜にアンチョビの塩けがbest matchです。
良い味わいです、とても美味しいですね。

IMG_0297
高知産アサリと畑のブッロコリーのリングイネです。
リングイネが美味しいですね。このリングイネの美味しさはちょっと筆舌に尽くせません、多分アサリのエキスが良いソースとなってリングイネにからんでいるからでしょう。

IMG_0302

IMG_0300
土佐あかうしのグリルです。
牛肉がこんなに美味しいとは知りませんでした、タマルカ!

IMG_0304
自家製デザート盛り合わせです。
苺が甘いです。バランスのよいデザートです。

まるでオーケストレーションのようなコースでした、加不足なくて随所に毛利シェフのコダワリが見られるこの料理はお勧めです。
一食抜いても食べにいらしてください。
決して裏切らないと思います

それでは(^_-)




訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ