下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

大河内山荘

2017年 京都・姫路旅行 其の弐

今日は「2017年京都・姫路旅行 其の弐」です。
IMG_3858

IMG_3859

IMG_3860
宝厳院を後にした奥様と私は、次の目的地である「大河内山荘」に向かいました。
保津川の大借景の嵐山を見ながら竹林の坂道をしばらく昇って行くと大河内山荘の正門に着きます。

#大河内山荘
IMG_3865

IMG_3863

IMG_3866 (3)

IMG_3864
大河内山荘に着くとお抹茶席で抹茶と和菓子での接待を受けます。

IMG_3874
歩き疲れた足を休めると、頭上には小倉山を覆い隠すような圧倒的なひつじ雲が迫っています。
まさしく秋の空です。

「大河内山荘」とは、百人一首で有名な小倉山の南面に、映画俳優大河内伝次郎(1898〜1962)が、自ら一木一草にも丹精込めて創作した庭園です。
庭園には数多くの松、桜、楓が興を添え、朝な夕な、七色に変化する比叡の峰々が望め、徒然草にゆかりの双ヶ丘に連なる洛西の風光が楽しめ、数多い京の庭園のなかでも屈指の名園なのです。
以前、TVでこの屋敷をフィーチャーしていましたが、ストーリー性をもった室内、凝りに凝ったしつらえは嘆息が出るようなものでした。
現在、邸内の一般公開はしていないもようですが充分に満足しました。
まずは、京都を睥睨する山荘のパチリをご覧ください。
IMG_3871

IMG_3869

IMG_3870

IMG_3872

IMG_3873


去年の京都は「大悲閣」から「大河内山荘」を見ていました。
今年はその真逆で「大悲閣」から「大河内山荘」を見ていますと、「大悲閣」から嵐山をつんざくような大音響の法螺貝の笛の音が聞こえてきました。
京都ならではの味わいであります。
IMG_3882

IMG_3881

京都タワーの左横の山が大文字です。
夏にはここから五山の送り火が楽しめるのでしょうね。
それにしても京都はやることが斬新且ダイナミックです。
そもそも送り火は、ふたたび冥府にかえる精霊を送るという意昧をもつものです。
室町以降の庶民の間では、松明の火を空に投げ上げて虚空を行く霊を見送るという風習があったそうですが、京都五山の送り火は、この風習が拡大化されて山に点火されるようになったものです。
IMG_3887

IMG_3886

photo_d_01

ここからは「大河内山荘」の邸内を一挙公開します。
IMG_3861

IMG_3867

IMG_3876

IMG_3878

IMG_3879

IMG_3880

IMG_3884

IMG_3885

渡月橋を右手に向かって人込みの中を「トロッコ嵯峨駅」に向かいます。
奥様が空いた時間で「トロッコ列車」に乗ろうと目論んだのですが、結果、切符は完売していました。
奥様は京都を甘く見過ぎです。
今日の今日で「トロッコ列車」に乗れたら苦労はしません、ハイ。
IMG_3890

IMG_3888

IMG_3891

IMG_3892

夜の会席料理まで時間があります。
京都伊勢丹で白蓮(孫娘)の服のお買い物を付き合いました。
それにしても赤ちゃん服ってお高いですね。
2人以上の福澤先生が財布から退場されました。
まぁ白蓮は美人ですから、かわいい服を買ってやりませんと・・・
IMG_3894

IMG_20171125_105911


本日のメインイベントです。
IMG_3916
今日の夕食は京会席のお店です。
このお店は、最近、多くのメディアでフィーチャーされていますので予約が取れません。
従いまして私はなななんと5カ月前に予約を入れて本日に備えました。
本日のお店は「つづき」さんです。

住所: 京都府京都市上京区荒神口通河原町荒神町109-1 エルスール河原1F
電話:075-231-0976
定休日:日曜日

IMG_3898
お店の外観です。

IMG_3902
店内の雰囲気です。

きょうのオーダー「コース料理」@6,000円です。
このお店の店主都築厚志さんは、三河一色産うなぎ、豊橋の鴨肉、八丁味噌、三河みりんなど、ご出身の愛知の食材や調味料を積極的に取り入れていて京出汁と合わせた料理を創作しています。
ちなみに店主の出自は南禅寺畔瓢亭だそうです。
さてさて愛知ラブの店主が作る京会席はいかがなものでしょうか、期待で胸が高鳴ります。

IMG_3899
奥様は京会席のカウンターデイナーは初めてなので少し緊張しています。
本日、店内は私たち以外のお客は、セレブリティなカップル×2組のみでした。
まずはお疲れ様乾杯です。

それでは京会席の幕を切って落としましょう。

#先付
IMG_3903
琵琶湖ほんもろこの南蛮漬けとぼらの白子焼きです。
ほんもろことは、淡白な中に深い旨みがあり、日本のコイ科魚類の中で最も美味とされる高級魚だそうです。
まずはほんもろこを頂きましたが、南蛮漬けなので本来の味わいがわからず、小アジの南蛮漬けより骨も柔らかいなくらいの感想でした。
ぼらの白子焼きは風味もあり且つとろけるような味わいは満足のできるものです。
出足はまずまずです。

#向付
IMG_3904
和歌山のバショウカジキ、佐渡のぶりの炙り、淡路島の天然の鯛です。
バショウカジキとは、体高よりも大きな背中のひれが 芭蕉の葉を思わせることからその名が付いたそうです。
私は、そんなに会席経験は深くないので、このような精緻にトレサビリティを説明されても、店主が思い描く品質を共有するのは無理なのです。
もう少しシンプルに、美味しさのポイントはここです、くらいの方が分りやすいです。
味ですか、皆、美味しかったのですが中でも佐渡のぶりの炙りは秀逸でした。

#椀物
IMG_3905
茄子と胡麻豆腐のお吸い物です。
よく胡麻豆腐を崩さずに作りましたね。
もしかしたら胡麻豆腐を椀に入れてから出汁をいれたのでしょうか。
いずれにしましても硬軟織り交ぜたお吸い物です。
橙の香りが効いていて心も体も温まる椀物でした。
美味しいです。

#八寸
IMG_3906
秋刀魚の焼き寿司、白魚、ほうれん草・菊菜・菊花・落花生の和え物、いさざと豆の佃煮、焼き牡蠣の加茂味噌掛けです。これは普通の味わいです。
個人的には、このようなハッチポッチ(ごちゃ混ぜ)な盛り付けは好きではありません。
店主は何らからのインテンションを持ってお創りになったのでしょうが、さりとて私たちが作り手の思いを忖度するのも変な話です。
那辺は説明して頂きたいものであります。

#焼き物
IMG_3908
さわらの味噌幽庵焼き・ポテトサラダ添えです。
幽庵焼きとは、江戸時代の茶人で、食通でもあった北村祐庵(堅田幽庵)が創案したとされています。
アマダイ、マナガツオ、イナダ、サワラ、カマスなどの魚の切り身や鶏肉などを、醤油、酒、味醂を1:1:1であわせ、ユズの輪切りを加えてつくった漬けダレである「幽庵地」に数日間漬けこみ、汁気を切った後に焼き上げる手の込んだ一品です。
香り良し、身の柔らかさ良し、脂のノリ良しの三冠王です。
これは店主の出身地である名古屋言葉で申せば「デラ美味」です。

#酢の物
IMG_3909
もずくとじゅんさいの酢の物。
これは特段のコメントなしです。
普通に美味しいです。

#揚げ物
鱧とわかさぎの天麩羅です。
IMG_3911

IMG_3910
最初、塩がでてきたので天麩羅とわかったので、パキスタンヒマラヤ岩塩ナマックですか、と冗談をかましましたら、店主が驚いてしまい、これはヒマラヤではなくて、愛知県知多半島は美浜の塩です、と説明していました。
店主は真面目な方なのですね。
ここでも愛知ラブでありました。

IMG_3912
天麩羅はわかさぎに白旗を揚げます、違うか上げます。
鱧って京都人が絶賛するほど美味しくないと思います。
鱧は精力が付くのでその分が加点さているのではと臆断しています。
ちなみにわかさぎの天麩羅は、どぇりゃ美味いでかんわ、であります。
美浜の塩も結構でした。

#食事(ご飯・味噌汁)
IMG_3913
ご飯は、栗、銀杏、さつま芋、蓮根、アゲ、むかご、畑シメジの秋の炊き込みご飯と里芋の赤出味噌汁です。

IMG_3914
このご飯は秋の7種の美味しい品々を炊き込んだもので大変美味しゅうございました。
加えて八丁味噌の赤だしも美味しゅうございました。
ここらで奥様と私のお腹のメーターが振り切れました。
もうこれ以上食べられません。
よくここまで持ちこたえたものです。
会席は長時間食べるので、胃の膨満感はリニアではなく時間差で感じます。
従いまして後半はお腹にきついモノがありましたが、何とか完食できました。

#デザート
IMG_3915
梨と安納芋のアイスクリームです。
安納芋のアイスは美味しいのですね知りませんでした。
梨のさわやかな甘さも良かったです。
器がギンギンに冷やされていたのは高評価です。

約2時間半の長丁場でしたが満足する内容でした。
しか〜し、京都で名古屋ラブの京会席を食べるのも不思議なものです。
店主含め客全員が京言葉でなく標準語をしゃべっていたので思わず赤坂当たりで食事しているような感じすらしました。このコスパなら東京でも沢山のお客が付くことでしょう。
なんで京都にお店を開いたのでしょうか?
不思議です。
そうそうセレブリティのカップルの一組は10,000円のコースを頼んでいましたが、量が大いいので大食漢でないと完食するのは大変ですよ。
勿論、料理の材料は6,000円と比べてはるかに高級なので目移りしましたが、やはり腹も身の内ですから、奥様と私は今回のコースが適していました。

IMG_3917
外を出て京都駅までタクシーで移動しました。
今日の京都タワーは心なしか優しそうな感じがしました。
京都タワーに、おやすみなさいを言ってからホテルに向かいました。

それでは(^_-)

2015年京都紅葉旅行 vol.5

今日は「2015年京都紅葉旅行 vol.5」です。
最終日です。
最終日の今日は嵐山界隈に出没です。
嵯峨・嵐山界隈はハイシーズンの期間交通規制がされていて、電チャリでの往来はできまさせん。
そこで嵯峨嵐山駅まではJRで向かいました。

#天龍寺
IMG_0545

IMG_0564
当初このお寺は来たこともあり入山しない予定だったのですが、この看板の「見頃」をみて入ってしまいました。
どうでしょうか・・・

パチリで紹介します。
IMG_0549

IMG_0551

IMG_0553

IMG_0555

IMG_0556
どうでした、まぁこんなものでしょうか。

#大悲閣千光寺
senko14
このお寺は京都旅行で知り合った神戸在住の京都好きな女性に教えてもらいました。
彼女いわく、少し歩きますが、観光客はほとんどいませんし、心の底より落ち着くお寺です。
俗世間から解き放たれたような心静かな気持ちになりますよ。
紅葉もきれいですので是非行って見てください、との事から出向きました。

大悲閣千光寺は、京都の西、嵐山にかかる渡月橋から約1kmあまり上流へ行った所にあります。
歩くこと30分で千光寺の入り口に着きました。
IMG_0612

IMG_0611

IMG_0610

IMG_0569

IMG_0568

ここからは登山です。
IMG_0571

IMG_0572

IMG_0573

IMG_0574

IMG_0576

IMG_0578

途中幸せになる鐘を鳴らしました。
IMG_0579

IMG_0581
200段の階段を20分位かけて登りついた千光寺には確かに観光客は少なかったのですが、少ない理由もよくわかりました。とても疲れるからです。

対岸を走るトロッコ列車も見えますし、今回は行くのを見送った同じく対岸の「大河内山荘」の見物客も見えます。
IMG_0601

IMG_0603


大悲閣は禅宗寺院で、角倉了以(1554-1614)が、 河川開墾工事に協力した人々の菩提を弔うため、 嵯峨中院にあった、千光寺の名跡を移して、 創建したものです。
角倉了以は、大井川、富士川、 天竜川、高瀬川等の、河川開発工事を行い、 又豊臣秀吉より朱印状を得て、海外貿易を行いました。晩年は、この大悲閣に隠棲し、慶長19年(1614)7月、 61歳で亡くなりました。
IMG_0587

IMG_0588



猫を飼っているみたいです。
IMG_0604
可愛いのでパチリしました。

大悲閣千光寺からの眺望です。
IMG_0590

IMG_0586

IMG_0591

IMG_0592


この後は嵐山モンキーパークいわたやまと市川猿之助自身ファンの奥様のその猿之助が幼い頃の思い出の場所としている法輪寺(十三詣で有名)にも出向いたのですが、このNo.5ではランチネタを紹介します。
今日の嵐山のお店はお食事処「嵐山亭」さんです。

住所: 京都府京都市右京区嵯峨中ノ島町
電話:075-871-4626
定休日: ランチ営業、日曜営業

IMG_0664
お店の外観です。

IMG_0674
店内の雰囲気です。

今日の料理
私「国産牛すじ肉と温玉」@950円
奥様は「天ぷらのうどん(海老、南瓜、青唐)」@1,300円
です。

このお店は、台風の影響で桂川が氾濫して渡月橋や中之島公園が水没しこの辺りは壊滅したそうです。
このお店もその影響をうけて2年前に新装したみたいです。

まずは私の「国産牛すじ肉と温玉」です。
IMG_0667

IMG_0668
ちょっと濃い目の味付けですが、下町っ子ですので口にあいます。
牛すじは美味しいですね。
うどんはコシがあって結構です。
観光地のお店なのに美味しいですね。

奥様の「天ぷらのうどん(海老、南瓜、青唐)」です。
IMG_0669

IMG_0670
これは天麩羅がカラッと揚がっていておいしいですね。
出汁も美味しいしうどんも美味しくなかなかの味わいでした。
共に満足のランチでした。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ