下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

夜がなかった日

続 有明 メヒコ

今日は「夜がなかった日 其の弐」です。
深夜の病院というのは寂しいものです。
生命維持装置を付けている母は安らかな顔で規則正しい寝息を立てています。
ゆすれば起きそうな気がして、2〜3度試みましたが、何の変化も見られませんでした。
弟妹達と母との楽しい思い出だけを抜き出してしゃべり続けていました。
楽しい話、面白い話には事欠かない母でしたので妙なところで感謝しました。
しかし、あと数時間でこの世からいなくなると思うと、心が張り裂けそうです。
時計の針は3時を過ぎています。
私は明日、正しくは今日の役員会のプレゼンの事が気になって、それが気がかりから心配に成長してきたのです。
当直医に、母の残り時間を聞きましたら、お昼くらいまではうけおいます、と言ってくれたので、どうしても、片づけなければならない仕事があるので会社に行きたいのですが、9時には戻ります、と言いましたら、それなら、お母さまも多分許していただけると思いますよ、と言われたので、弟妹達に後を任せて病院をでたのです。
さすがに、妹だけは、母親が危篤なのに会社に行くの、と当たり前の言葉を私の背中に投げつけました。
確かに、仕事も気になるのですが、母親の死に向き合うという重圧に耐えきれなかったのも多分にあったのでした。

1366_768_20100408010354460499
病院の非常口から外に出ますと、夜の闇が一段と増していました。
タクシーに乗り、会社に向かい、自分の机に座り、PCのスィッチを入れますと、見慣れた画面が立ち上がり、日常の世界が目の前に広がりました。
部長の発表用の原稿レジュメを作らなければなりません。
2時間位で原稿ができあがり、窓に目をやると、東の空がオレンジ色に明らんできました。
夜明けの始まりです。
時計の針をみると6時を廻っていました。
少し眠くなってきました。
弟の電話を受けてからはじめて覚える睡魔でした。
加えてお腹も空いてきたので、近所のマックでハンバーガーと珈琲を求めて、机の上で食事を取りながら、部下に忌引き休暇時の引継ぎ書を作っていましたら、時計の針は8時半になっていました。
早朝出勤の女性の部下が、私の姿を見て、驚いていました。
どうやら明大ラグビー部の部長が、私の電話を受けた後、私の母親の危篤を部員に連絡していたみたいです。
何をされているのですか、と聞かれたので、今日の役員会用の部長発表のレジュメを作っていたんだよ。
それと多分今日からしばらく会社を休むから君たちへの引継書もだよ、といいましたら、危篤の母親を持つ人に対する慰めの言葉が見つからなかったみたいで、いつもTLに任せっきりにしていたので自業自得ですよ。
発表用のレジュメなんか作らなくてもいいのではないですか、と妙な同情の言葉で慰めてくれました。
しばらくして部長が出社して来て、どうしたんだ。お母さんは良くなったのか、と聞かれたので、いや残念なことに余命幾ばかりです。それでも今日の役員会があったので、部長の発表用のレジュメを作っておきました、と言いますと、それは申し訳ない。君の会社を思う気持ちには敬服した。ありがとう、と言われたので、もうこれで後顧に憂いはありませんので母の看取りに帰ります、と言って席を立ちました。
この部長とのやり取りを皆が聞いていたみたいで、フロアの出口に向かう私の背中に驚愕と呆れの入り混じった多くの視線が痛いように突き刺さってきました。

takenaka_naoto
病院につくと妻と私の子供を含めた親族の大半が母の看取りに集まっていました。
どうやら、優しい母は私の帰りを待っていてくれたようです。
母のすぐ上の兄である伯父からは、いくら仕事とはいえ実母の危篤なのだから不謹慎だ、と強く怒られました。
それからしばらくして母の姉も病院にやってきて、姉の私より先に死ぬなんて許さないわよ。
早く目を覚ましなさい、と母の枕元で嗚咽を漏らす伯母の姿は、私の胸を締め付けました。
色々な方から、母から優しくしてもらった思い出話をいただきました。
多くの感謝の言葉は私を含めた親族の慰めになりました。
2時8分、母は家族と多くの親族に看取られて、天に昇っていきました。
もし母が長い間病床でと考えますと、確かにそれは、時間をかけて少しずつ周りを納得させてくれますが、だからといって今度のように突然亡くなってしまうのは、いくら小中学校の時に徒競走で地元のトップスプリンターだったからといっても、私にとっては納得のできないゴールテープの切り方でした。
67歳と11カ月の人生でした。
年の割には若く見えましたし加えて美人の母親でした。
今日は特に穏やかで優しい顔でした。
私は永遠(とわ)の眠りについた母に、お母さん、長い間ありがとう。ご苦労様でした。
あともう少しでお母さんが大好きだった家に帰れるからね、と言いいましたら、母の口元がほのかにほころんだかのように見えました。

母とともに家に着いたのが17時半を回った頃で空には青みがかったたそがれ色が漂いはじめていました。
深い悲しみは、眠る事を必要としない事が分かった2日間でした。


YouTubeの再生回数1億32百万回!


IMG_8664
今日はビッサイトに出没です。
今日のお店は再訪店です。
今日のお店は「シーフードレストラン メヒコ」 東京ベイ有明店さんです。

住所:東京都江東区有明3-7-11 有明パークビル 2F
電話:03-3529-2337
定休日:無休

IMG_8665

IMG_8669
お店の外観です。

IMG_8670

IMG_8676
店内の雰囲気です。

IMG_8668

IMG_8666
メニューです。

今日のオーダー「ランチカニピラフ&スープサラダセット」@1,680+@190=1,870円です。
IMG_8667
梅沢冨美男さんも大好物です。

IMG_8672
待つこと3分で「スープサラダセット」の到着です。
コンソメスープもサラダも共に美味しです。
サラダのシャキシャキ感高評価です。

IMG_8674
待つこと8分で「ランチカニピラフ」の到着です。
なんて蟹肉がこんもりしているのでしょうか。

IMG_8675
それでは実食です。
炒めピラフなのか炊き込みピラフなのかホールスタッフさんに確認しましたら、カニのエキスをいれたお米を大きな特殊釜で炊いてから、炊きあがった後で特注の攪拌機で掻き混ぜ、その後で蟹肉をのせるそうです。
味ですか、ご飯にカニのエキスがみっしりと染み込んでいてこれは激美味です。
蟹肉も美味しいです。
札幌在勤の時は、一生分の蟹は食べきったと豪語していましたが、やはり蟹は美味しいです。
梅沢冨美男さんが惚れ込んだのも納得です。

それでは(^_-)

神田 トリッペリア ミア リターンズ

今日は「夜がなかった日 其の壱」です。
3bb0ed5e8959bbcce35bb083fe01cb55
1999年2月2日21時30分、帰宅中の私に一本の電話がかかってきました。
電車の中だった事もあり、出るか出ないか一瞬悩んだのでしたが、発信人が弟だったので、何だろうと思って電話にでました。
今、電車の中なんだ、手短に用を言えよ、と言いますと、電波が良くないのか割れた声で、兄貴、おふくろが危篤なんだよ、と取り乱した声が聞こえてきました。
私は、バカ言うなよ。一昨日見舞にいったが元気だった。危篤になんかなる訳がないだろう、と怒鳴ると、俺に怒んないでよ。俺にもよくわかんないんだ。医者からお母さんの容態が急変したのですぐに病院に来てください、と言われて、病院に行ったら、今晩がヤマです。至急ご家族を呼んでください、と言われたので、電話したんだ。兎に角すぐに病院にきてよ、と言っています。
この声で車中にいる事にあらためて気が付き、次の駅で降りて、妻に電話しました。
おふくろが危篤なんだ、と言いますと、何で?一昨日お見舞いに行った時は、少し顔色が悪いかな、としか言ってなかったじゃない。いずれにしても、医者が言っているんだからお母さんは危篤なのよ。
まずは病院に行って、先生の話を聞いてから電話ちょうだい。いい、落ちつくのよ、と言われ、落ち着いているよ。
なんで興奮しなければならないんだ、と知らずに大声をだしていました。

一昨日の日曜日、当時人事のTLだった私は役員会に提出する「新人事システム」をだだっ広い事務所で独り作っていて夕方になって完成しましたので、入院している母親の見舞いでも行くかと、病院に立ち寄ったのでした。
その当時の母親は腎臓の不芳により1月の初旬より検査入院していたのでした。
訪れた病室の母親は、気持ちいつもより顔がどす黒いかなぁと思いはしましたが、それよりも私が気になったのは、母親が私に話した昨夜見た夢の話でした。
母親の見た夢の内容というのは、きれいなお花畑を歩いていると、死んだ母親が突然表れて、△△こっちに来い、△△こっちに来い、と手招きしていた、というものでした。
私は、縁起でもない。病院に永いこと居るから気が滅入ったんだ。そもそも検査入院でどこも悪いところないんだろ。今やっている仕事が今週中に片付くから、それが終わったら医者に早く退院させるようにお願いしておくよ、と言ってはみたものの、不吉な夢が母親の顔をどす黒くしたように思えました。
本当に早く退院させないと精神(こころ)が病んでしまう、と思いながら病院を辞したのでした。
それからたった二日です。
危篤になんかなるわけはないだろうと思うのと、妻がいう医者が危篤と言っているんだからという、二つの思いが頭の中で交錯して、その混乱から頭の中がコンクリートミキサー車のようにガラガラと回り始めました。

母親の病院に向かいました。
池袋に着いた頃、本当のような気がしてきました。
それと同時に明日の役員会のプレゼンはどうしよう、多分明日は会社を休まなければならないだろう、誰が私の代わりに発表をするのだろう、という幾つもの思いが同時進行していました。
まずは冷静な自分が立ち上がり、部長の家に電話しました。
すると、私の話す内容に驚くと同時に、もしお母さんの様態が落ちつかれたら、役員会だけはでてもらえないか。
人事の部長としては言えるような事ではないのだけれど、君に今回の「新人事システム」を任せきりだったので、余人をもって代えられないんだよ、と元明大ラグビー部のフォワードは私に泣きを入れたのでした。
電話を切った後、実の親が死ぬかもしれないと言っているのに、それでも会社にでてこい、という事に対して言いようのない怒りが込み上げてきたのと同時に、ラグビーで鍛えた筋肉の脳ミソでは確かに今回の会議体は乗り切れないだろうな、と妙な納得もしていたのでした。

PAK88_toukyouekisyoumen20150112191247
池袋からはタクシーで病院に向かいました。
タクシーの中では、早く着きたいという思いと、今起きている不幸を見たくない、という気持ちが頭の中で交錯しそれが膨れ上がりすぎたのでしょうか、通りすぎる残業しているオフィス街の真珠のような窓の明かりが蜃気楼のように見え始めてきました。
もうこれ以上、色々なことを考えるのが嫌になっていました。
それでも痴呆が入った父には今後の事は任せる事はできないし、長男である私はこの現実を受け止めて、冷静に対処しなければならない、そう自分に言い聞かせていたのです。
赤いレッドクロスのランプが漆黒の闇の中に浮かび上がる病院の前にタクシーが横付けされ、投げ捨てるようにお金を払い、そこから弾け出るようにタクシーのドアを開け、6階にある病室まで階段を一目散で駆け上がったのでした。
病室に入ると、そこには酸素呼吸器をつけた母親が普段と変わらない姿で眠っていました。
私は、それを見て、ただ寝ているだけでないかと安堵しましたら、傍らには眼に涙をためた弟妹がいましたので、現実の世界に引き戻されました。

母親の尊厳もありますので、なんで危篤に至ったかは割愛しますが、医者の話では、もう手の施しのない状態であり、このままの状態であればもって明日位との事でした。
母は後二ヶ月で68歳になるのですが、このあまりにも早い旅立ちは、私には辛すぎて、窓際に近寄り夜景をぼんやりと見ていました。
深夜だというのに大粒の雨が落ちてきましたので、窓を開けて外を見ますと、雨は降っていませんでした。
私は言いようのない深い悲しみの縁に沈み込んでいきました。


Subway Performer Mike Yung



IMG_8653
今日は神田に出没です。
今日は美味しいイタリアンが食べたいという事で訪れました。
今日のお店は「トリッペリア ミア」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-15-5 310ビル 2F
電話:03-5244-5733
定休日:日曜日・祝日

IMG_8692
お店の外観です。

IMG_8694
店内の雰囲気です。

IMG_8657
メニューです。

今日のオーダー「パニーロランチ(キハダマグロカツ、トマト、チーズ、珈琲)&ティラミス」@900+@400=1,300円です。
IMG_8695
待つこと3分で「パニーロランチ(キハダマグロカツ、トマト、チーズ)の到着です。
見た目、美味しそうです。

IMG_8661
それでは実食です。
キハダマグロは生でも火を通してもおいしい魚です。
生では臭みが少なく、柔らかい身が特徴です。
一方火を通すとしっかりとした歯ごたえが楽しめるのでこのようなカツにも良く合います。
それでは実食です。
カラットあがったカツが美味しいです。
サクサクと口内で魚肉が踊ります。
加えて、このお店の野菜は美味しいのですが、今日のトマトは特にジューシーで且つ甘くて結構です。
チーズもイケています。
パン好きな私としては満足なランチでした。

IMG_8663
食後のティラミスは甘さ控え目で美味しいです。
個人的には、程よい甘さというのは作り手のセンスです。
マスカルポーネ(イタリア原産の牛乳を原料としたフレッシュチーズ)もコクがあり美味しいです。
オーナーシェフの山内美弥のセンスでしょう。
お母さまの話では、これからいくつかのグルメ情報誌にフィーチャーされるみたいで、今でもかなり混んでいるのに、さら〜に混むのはちょっと嫌ですね・・・

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ