下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

壬生

池袋 壬生 4th

今日は「私語厳禁」です。
47489028
会社のエレベターホールでエレベーターを待っていたら3人の外国人と同じエベーターになりました3人の内1人は日本に初めて出張にきたみたいで初めて体験する日本のビジネスに緊張しているみたいです。
エレベーターに乗り込みますと箱内は、日本人は私を含めて7人とくだんの外国人3人の組合せです。
エレベーターがそれぞれの目的階に向かって上昇していきますと、日本初見参の彼が、日本のエレベーターの中は静かだね。何か理由があるのかい?って聞きましたら同僚の外国人が真面目な顔して、知らないのかい。
無理もないよな。日本のエレベーターは私語禁止なんだ。
もし大きな声で話し続けると、と言いながら箱内の天井隅にあるCCDカメラのレンズを指さして、あそこで証拠としてキャプチャーされるのと同時に警察に発報されて、扉が開いたら即逮捕さ、と言ったのです。
すると、嘘だろう。かつぐなよ、と言ったら他の同僚もそれにワルノリして、口に指を持っていき、シーッ❣って言いながら、俺も初来日の時捕まってさぁ。1日ブタ箱だぜ。信じられるかい、と言ったものですから、今度は大きな声で、ジーザス、と言ってしまいました。
すると間髪入れずに、今の音量は逮捕だな。即に日本の優秀な警察が出動しているはずだ、と言ったものですから、本当に知らなかったんだ。助けてくれよ、とかついだ相手に哀願を始めたのです。
そのやりとりを聞いていた私は、思わず口から笑いがこぼれてしまい、それを見た逮捕直前の外国人は、かついだな、と気を取り直したのですが、他の同僚が、で〜も、半分は本当なんだ。
日本人はエレベーター内では話さないんだぜ、と言って彼も口に手を当て、シーッ、と言ったものですから、なってこったい。エライ国に来たもんだぜ、と言って自分を慰めていました。

くだんの話の通り、日本人はエレベーター内では話しません。
そのオリジンは大正12年に建築された旧丸ビルにあるようです。
当時、できたばかりのビルの使い方に慣れていない国民に対して、洋便器の使い方等が記載された「安全第一ビルヂング読本(大正15年発刊)」の中の「昇降機(エレベーター)の巻」に「私語厳禁」が記載されておりました。
その一部を以下に紹介しますのでご一読ください。
入口近くに立てられると、後ろから乗る人が困りますから、足腰の弱い人か、病人でない限り、必ず立っている事。
席をふさぎますから。
立つには必ず入口の方に向かって立つこと。
自分が降りる處を運転手任せずにせず、自分で注意している必要があり。
運転手に話しかけたり、乗客同士でも一切話さぬこと、
話しかけられた運転手が、運転を誤ったり、話をしている乗客が降りられなかったりして、自他の為に悪いからです。
酒に酔った人や、人の嫌がる病気の人は、遠慮して乗らぬ事。他人の迷惑になり危険です。
かさばる荷物や危険な物を持って乗らぬ事。
かさばる荷物は席をふさぎ、危険な荷物は自他ともに危ないからです。
煙草をのまぬ事。
狭い處に煙がいっぱいになって他の人の荷物をこがしたりします。
どうです。
私語厳禁」でしょう。
運転手とはいまのエレベーターボーイ(死語)の事です。
当時は停止階をエレベーターボーイに短く、5階、とか言って彼らの操作で降りたい階に停めてもらったのです。

2014010710134161
このように書いていましたら昔の記憶が起動してきました。
小さかった妹が生まれて初めて、柴又の老舗料亭「川甚」で自動式のエレベーターに乗った時のことですが、その初体験に喜んじゃって、エレベーターガールの真似をして、何階に止まりまぁ〜す、と言って1時間位エレベーターガールを演じていました。
個人的には、私の幼かった頃の浅草松屋のエレベーターには、履物を脱いでそれを座布団代わりにして正座してエレベーターに乗っていた老女を見かけたことがあります。
老人にとってエレベーターは部屋の一種だったでしょう。
今は昔の話です。


こういうの大好き!



IMG_7596

IMG_7587

IMG_7588

IMG_7590

IMG_7593

IMG_7594

IMG_7595
今日は池袋に出没です。
昔、良く飲み歩いた場所を巡ってみました。
今思うと、当時、路上では外国人同志の内部抗争で青龍刀が振り回され、場合によって切り離された手がその悔しさで落ちた地面をかきむしるような事も珍しくないエリア(画像はあくまでも参考画像)で夜な夜な泥酔していました。
酔っていると誰でもがそうなのでしょうが怖いものなしになるのですね(笑)
今日のお店は「ラー油蕎麦屋」さんです。
今日のお店は「池袋壬生」さんです。

住所: 東京都豊島区池袋2-73-3 サンスプレンダー池袋 1F
電話:03-6914-2880
定休日:無休

IMG_7573

IMG_7574
お店の外観です。

IMG_7577
店内の雰囲気です。

IMG_7575
メニューです。

本日のオーダー「肉そば(小)」@790円です。
ここのおそばは大(380g)中(280g)小(230g)でも値段は同じです
IMG_7578
待つこと10分で着丼です。
見た目、海苔蕎麦です。

それでは実食です。
IMG_7582

IMG_7581
具の方は、牛バラスライスのボイル、刻みネギ、ゴマ、刻み海苔が大量にのっています。
麺はかなりの硬麺です。
そして、卓上には天かす、生玉子、辛味ダレ(食べるラー油?)が置かれています。
味ですか、辛味のあるつけ汁と香り高いネギ、硬めの蕎麦を一緒にいただくと好合性で、程良い香ばしさやケレンみのない辛さが結構でした。
とても美味しいですね。
驚いたことに今日の厨房は二人ともバイトです。
マニュアルを確認しながら作っていましたが、かなりの美味しさなので違う意味で驚きました、ハイ。

IMG_7585
食べ終わったら白濁したトロトロの蕎麦湯で割って飲みます。
かつお節をかけ回すのがお約束です。
実は肉そばよりこの蕎麦湯割りがすきなのです。

それでは(^_-)

池袋 壬生 リターンズ

今日は「料理写真を撮る」です。
料理写真を撮る
「料理写真を撮る」の是非論ではありません。
何故ならば私は自らブログで料理写真を掲載しているからです。
肯定者からはその擁護論しかでませんので甲論乙駁とはならないからです。
ところで飲食店で料理の写真を撮るのは日本人特有の行為ということらしいですね。
まずはその事に対しまして外国人からの感想です。

#イギリス人
イギリス人は「レストランの中で写真を撮るなんてあきらかにマナー違反にきまっているじゃないか」と一刀両断であります。

#アメリカ人
アメリカ人女性は「一緒にいた友達を撮らずに料理だけをアップにしていたから驚きました。記念にしたいなら普通友達や自分を撮る(selfie)でしょう」と話ています。

#イタリア人
イタリア料理というものはきれいすぎてはいけないんだ。
きれいな料理だとかえってその味を疑われてしまうんだ。
料理はみて楽しむものではなく味が大切なんだ。
従って写真を撮る意味なんかないね。

#フランス人
フランスでは美しくて華麗な料理は高級店だけです。
ですので、そのような店にはカメラなんかは持ち込めません。
そのような店で写真を撮って喜ぶのは「無粋な人」と思われるのでしません。

というように海外では「料理写真を撮る」ということはほぼほぼ全否定です。
でもこれは料理のとらまえ方の差だと思うのです。

懐石料理
日本の代表的な料理、懐石料理では、野菜中心に料理をします。
どれもが圧倒的に美しく且季節の食材を見事に引き立ています。
懐石料理は最高に洗練されたperformance artのコース料理だといえるのです。
懐石の高級料亭は、どこでもみごとな庭のある伝統的な木造の大邸宅で、畳の部屋には値がつけられない程の高価な掛け軸や焼き物が飾られ、料理が盛られる器や漆器は数百年も昔のもので且つ数百万円の価値があります。
使われている食材もやはり一級品です。
たとえば春の料理は「花咲く桜の木の下で、緋毛氈を敷き、その料理を広げたところに、ひらひらと優雅に舞い降りてくる花びらが見える」というような風情にし、秋の料理は「深紅の落葉が敷き詰められた庭には去りゆく秋に対して感傷的な気分になる」というような風情にするなど、まさに五感を対象とした総合芸術なのです。
芸術ですので鑑賞対象となるのです。
で〜も高級料亭で、カメラでパシパシ料理を撮っていれば、それは日本でもその人の見識は疑われるので要はTPOが肝要なことはいうまでもありません。

日本には四季があります。
従いましてその変化を楽しむというのははるか昔から日本人の根底にあります。
たとえば・・・
春には観桜を楽しみます。
夏には華火を楽しみます。
秋には紅葉狩りを楽しみます。
冬には新雪を楽しみます。
といように日常のたわいもない変化に一喜一憂するのが日本人のsentimentなのです。
カメラの出現からは、柿がなったからパチリ、お隣の赤ちゃんが笑ったらパチリというような、どこへ行っても撮る被写体を見つけるのが得意な国民なのです。
したがいまして美味しかった料理をパチリしてSNSにpostingするという行為は昨日今日のものではないのです。
日本人ならだれしもそのDNAは引き継がれているのです。
これを妄誕(言うことに根拠のないこと)と思わるのは心外ですが、牽強付会ではないと思っています。


元祖・孤独のグルメ・夜行



IMG_2353
今日は池袋に出没です。
まだ残暑です。
今日はお気に入りのお店が店舗改装したというので足を伸ばしました。
ということで今日のお店は「壬生」さんです。

住所: 東京都豊島区池袋2-73-3 サンスプレンダー池袋 1F
電話:03-6914-2880
定休日:無休

IMG_2354
お店の外観です。
変わったのは外観だけでした。
店内は「変わらず」です。

IMG_2355
メニューです。

今日のオーダは「肉そば(中)」@790円です。
ちなみにここのおそばは大(380g)中(280g)小(230g)でも値段は同じです。

IMG_2357

IMG_2359

IMG_2358
待つこと5分で「肉そば」のでき上がりです。
見た目海苔がこんもりです。

IMG_2360
トッピングを押し広げるとこのような感じです。

麺はごわごわ麺です。
具は、牛バラスライスのボイル、刻みネギ、ゴマ、刻み海苔そしてとろろが大量にのっています。
それでは満を持して実食です。
あれつ、麺の冷やし方が日光の手前(今市=いまいち)です。
今日始めてわかったのですが、この「肉そば」って冷え方があまいだと美味しさが半減するのですね。
辛味のある付け汁はいつも通りだったのですが、なんだかなぁの味わいです。

IMG_2356

IMG_2361
仕方ないのでつけ汁を白濁蕎麦湯で割って、魚粉と七味唐辛子をかけていただきました。
これは鐡板の味わいで結構でした。
何か蕎麦湯を飲みにきたみたいです(悲)
こんな日もあります・・・

それでは(^_-)


続 池袋 壬生

今日は「超常現象」です。
超常現象
この画像の方は67歳になられたユリ・ゲラーさんです。
貴方は超常現象を信じますか。
私ですか、霊とか幽霊は信じませんが、超常現象は信じます。
実際に世なのかでは説明できない様々な超常現象が起きていますよね。

個人的には子供の頃読んだ漫画で、日食を知っていてそれを利用して戦争に勝った男の話がありました。
その戦争で日食を知らない人々はあまりの不可思議さにおののき戦意喪失になった一方で、その男はそのメカニズムをよくよく知っていたので、ほとんど勝ち目のない戦いに日食を利用して逆転勝利した件(くだり)があったのです。
それを読んだ子供だった私は、自然の摂理を掌(たなごころ)にしての完勝に、狂喜乱舞した思い出があります。
この日食のようにそのメカニズムを知っていれば当り前の事が、全く知らなければ「神の起した逆鱗」とかになるのです。超常現象もそのような類(たぐい)だと思います。

超常現象とは、超常現象を信じたい人には信じるに十分な証拠が出る一方、信じたくない人には否定をするに十分な曖昧さが残ります。そういうレベルの証拠しか出ないのが超常現象であると断じられているのです。
しか〜しその超常現象に最近科学のメスが入り始めました。

今日はその中でいくつかの事象について紹介します。
宜しかったらお付き合いください。

◆いいようのない恐怖がおこると冷気を感じる
ネズミの檻にネズミの天敵の蛇の匂いをいれますと、ネズミは蛇がいないにもかかわらずその恐怖で背骨周辺の体温が下がるそうです。
これは露出部の要である背骨周辺の体温を低下させることでその気配を消して、天敵の蛇に気づかれないようにする為のものです。
実は人間にもその機能が備わっていて、恐怖を感じると背骨周辺の体温がさがります。
従いまして「背筋も凍る」とは、背筋周辺さえも凍るほどの恐怖を意味する慣用句ではなく、恐怖により背筋周辺の体温が下がる為に凍るように感じるというのが正しいのです。

◆火の玉(オレンジ色の玉)を見た
アメリカで定期的に人体に電磁波をあたえる実験をしたところ、すべての被験者が丸いオレンジ色の玉が見えた、と証言しています。
電波は脳の視覚野を活性化します。その為電磁波等の影響を受けると、人間は光が発色していないのに幻覚をみてしまうのです。
それを敷衍しますと強力な電磁場があれば幽霊は見えてしまうのです。
どうやらこれが幽霊の正体のようです。

◆「生れかわり」は本当?
アメリカで「生まれ変わり」を専門に研究している学者がいます。
生まれ変わりの事象は世界中で約2,500件確認されています。
生まれ変わりの特徴は、幼いころ35ヶ月(2〜3歳)に起こり、ほとんどが6〜7歳で自分の生まれ変わりについて話すのを止めています。
これは幼児期健忘と呼ばれて、幼児期に人間は詳細な記憶が持てません。
従いまして幼児の時の記憶は徐々に形成されていくのです。
その際に何度も他の人の話をしたりして擦り込んだりしますと、それが自分の記憶になりかわるのです。
これを「偽りの記憶」といいます。
従いまして「生まれ変わり」の大半は「偽りの記憶」で説明できるそうです。
さらに補足しますと、その話を擦り込んだ方々は全くその話をしたことを忘れているのです。
ですので「生れかわり」の話に驚いてしまうのです。
それでも世界中に44例ある事例は納得できる合理的な理由がみつかりません。
これは生まれ変わる前の本人(実在した過去の人)しか知りえない情報を話すものですからそのメカニズムを解明しています。
この学者は、このような難解な事象の方こそ科学で挑む価値がある、と強く語っていました。

◆テレパシーはあるのか
「生まれ変わり」同様にアメリカには離れた人間にテレパシーの様な繋がりがあるのかどうかを研究している学者がいます。この学者は、家族や親しい友人を被験者にして、一方が脳の刺激を受けた時にもう一方も脳も刺激を受けるか、という実験をしました。
合計六回の実験をしましたところ、6回とも一方が脳の刺激を受けた時間に他方の脳の後ろにある視覚野に変化が起きていました。
これにより人間の脳には他の人とのつながりを感じる「脳の同期現象」があるというものでした。

9.11の同時多発テロの際にも全世界の40ヶ所に設置してあった、人間の変化をみる乱数発生機(異常値測定器の一種)がその時間に乱れを生じたそうです。
これはこの同時多発テロにより、全世界で異常な携帯電話の発信によるものから、との疑念が生じており納得性に乏しかったのです。
そこでこの学者はネバダ州で行われたイベント「バーニングマン(地形学的にほぼ遮断され、電気、上下水道、電話、ガス、ガソリンスタンドなどの生活基盤が整備されていない所で行われる大規模イベント)」で同様な実験を行ったところ、クライマックスの瞬間の乱数発生機には乱れが生じていました。
この偶然は230万分の1の確率ですから一種のテレパシーがこの機械に影響を与えたと見るのが自然だそうです。

この偶然の一致は粒子で説明するとわかりやすいそうです。
地球上の物質はとことん細分化すると粒子になります。
電子、素粒子、光子も粒子で構成されています。
従いまして我ら人間もつまるところ粒子の集積体であります。
もし人間の意識が粒子などの物質になんらかの影響を与えているとするならば、量子論を手掛かりに不可思議な現象を説明できるかもしれないのです。
この事は将来、テレパシーが量子論で解明される事を示唆しています。
量子はどんなに離れていても「量子もつれ(量子をお互いにぶつけると影響を及ぼす事)」が起こればお互いに影響をおよぼすからです。銀河の両サイドにそれぞれある遠く離れた電子と中性子が量子もつれになっている例もありますのでテレパシーと同じ様な同期特性はありえるのです。
いずれにしても、この研究の成果には多いに期待したいものです。

最後ですが、「背筋も凍る」とか「虫の知らせ」とか「以心伝心」とかは、昔から経験的に体験していた事を先人達が慣用句にしていたことが理解できました。
人間の経験・叡智に感動した今日この頃であります。
NHKBS「超常現象(科学者達の挑戦)」からのテープリライト


IMG_9885
今日は池袋に出没です。
春めいてきましたので、冷たいお蕎麦が食べたくなりました。
こういう日にはここでしょう。
今日のお店は「壬生」さんです。

住所: 東京都豊島区池袋2-73-3 サンスプレンダー池袋 1F
電話:03-6914-2880
定休日:無休

IMG_9886

IMG_9887
お店の外観です。

IMG_9898
メニューです。

今日のオーダは「とろろ肉蕎そば(中)」@850円です。
ちなみにここのおそばは大(380g)中(280g)小(230g)でも値段は同じです

IMG_9892

IMG_9893
待つこと8分で着丼です。
見た目、「港屋」さんのインスパイア版ですがどちらかというとコピーに近いのでは思わせるくらいです。
具の方は、牛バラスライスのボイル、刻みネギ、ゴマ、刻み海苔そしてとろろが大量にのっています。

IMG_9891

IMG_9896

IMG_9894
そして、卓上には天かす、生玉子、辛味ダレ(食べるラー油?)が置かれています。
さっそくこんもりと入れました。

それでは実食です。
麺はかなりの硬麺です。
辛味のあるつけ汁と香り高いネギ、硬めの蕎麦を一緒にいただくと相性がよいですね、美味しいです。
プラ〜スやまいも、生玉子、天カス、辛味ダレがnice assistです。
これは好きな味です、とても美味しいです。

IMG_9889

IMG_9897
食べ終わったら白濁したトロトロの蕎麦湯で割って飲みます。
かつお節をかけ回すのがお約束です。
食後もイケます。
これから暑くなりそうなので、また来たいですね。
ご馳走様でした。

池袋 壬生

今日は「そうだったんだ其の壱」の話です。 

◆デカンショ節
新入社員の頃よく体育会系の先輩が飲んで良く歌っていたのがデカンショ節です。
私にとってこの歌はとても軽妙で面白く、一種のカルチャーショックだったのでした。
デカンショ節はデカンショ節の節回し(七・七・七・五)に合うならば、どのような歌詞の創作も可能でしたので、多種多様の歌詞がありました。
その歌詞を以下に簡単に紹介します。

#基本形 デカンショ、デカンショで半年暮らす(アヨイヨイ)
      あとの半年ゃ寝て暮らす(ヨーオイ ヨーォイデッカンショ)

#応用形 親父、親父と威張るな親父 親父 息子のなれの果て
#応用形 校長、校長と威張るな校長 校長 先生のガキ大将
#応用形 昨日見た夢でっかい小さい夢よ 蚤がリュック背負って富士登山
#応用形 可哀相なはズボンのおなら 右と左の泣き別れ
#応用形 どうせやるなら小さいことなされ 蚤のキンタマ八つ裂きに
#応用形 大井川なら俺でも越すが 越すに越されぬ学期末
#応用形 万里の長城から小便すれば ゴビの砂漠に虹がたつ
#応用形 万里の長城からビリグソすれば ゴビの砂漠は卵とじ

デカンショ節は学生歌という経歴を持つことから、かけ声の「デカンショ」は、「デカルト」「カント」「ショーペンハウエル」の略であるというように聞いていたのですが、丹波篠山地方から旧制高校に行った学生が「デカンショ、デカンショ」と歌っているのを聞いて、他の学生がそういう説を作ったんだそうです。
これは知りませんでしたね。
もともとは「出稼ぎしよう」という言葉からきているそうです。
要はバンカラ学生の歌だったんですよね。
ばんかラーメン
今、東京で「バンカラ」といえば大半の人が「ばんからラーメン」を想像してしまうので、これはほとんど死語です。

バンカラ学生といえば昔北海道開拓記念館でバンカラ北大生がストーム(戦前日本の旧制 高等学校や大学予科、旧制専門学校などの学生寮において学生が集団で行う蛮行のこと)と称して、凍てつく真冬に褌一丁で学生寮の二階から小高く積もった雪の上に飛び降りる写真を見て、昔の北大生は心底アホやなと思っていたのですが、なな何と岩手県では今もそのようなバンカラ生活をしている学生が現存しているのです。しかも女子の同級生からはかっこいいとの評価でしてこれまた驚きです。
宜しかったら確認ください。



今日は池袋に出没です。
今日の店は、前回行けなかった「壬生」さんです。

住所: 東京都豊島区池袋2-73-3 サンスプレンダー池袋 1F
電話:03-6914-2880
定休日:無休

IMG_0197

IMG_0203
お店の外観です。

IMG_0202
メニューです。

IMG_0198

IMG_0199

IMG_0201
本日のオーダー「肉そば」@750円です。
ここのおそばは大(380g)中(280g)小(230g)でも値段は同じです
待つこと8分で着丼です。
見た目、「港屋」さんのインスパイア版ですがどちらかというとコピーに近いのでは思わせるくらいです。

具の方は、牛バラスライスのボイル、刻みネギ、ゴマ、刻み海苔が大量にのっています。麺はかなりの硬麺です。そして、卓上には天かす、生玉子、辛味ダレ(食べるラー油?)が置かれています。
味ですか、辛味のあるつけ汁と香り高いネギ、硬めの蕎麦を一緒にいただくと好相性で、程良い香ばしさや旨味、嫌みのない辛さが結構でした。
とても美味しいですね。
本当に本家「港屋」さん比して遜色はありませんでした。
ここは再訪店です。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ