下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

壇ふみ

石神井公園 辰巳軒 リターンズ

今日は「幼馴染みとの語らい」です。
幼友達
私には幼馴染みがいます。
と申しても男性ですが・・・
4歳からの友達であります。
その彼は飯田橋でイタ飯屋をやっていますので、思いだしたように訪れて雑談をします。
今回は約4年ぶりの再訪です。
いけば、よう、▲▲元気か、と子供の時と同様に私の事を下の名前でよびます。
今となっては、私を名字ではなく名前で呼ぶのは、奥様と限られた親戚のみですので稀有な人間の一人なのです。

IMG_6509
彼はしばらくお客のために料理を作っていて一段落ついたようで私の席にやってまいりました。
久しくの無沙汰なのでお互いに顔を見直していたら、どちらからともなく、オフクロさんに似てきたな、と笑いながら言いあっていました。
どうやら男性は中年を越すと母親に相貌が似てくるようですね。
私から、3年前に酒を停めたよ、っていいましたら、彼は、俺は今年で禁酒10年になるよ、って言っていました。
そうか会って話す時、いつも私は酔っぱらっていましたので、その事すら覚えていなかったようです。
こんなものでしょうお酒呑みは・・・
彼から、酒やめて何かいい事あったか、と聞かれたので、特にないけれど、記憶力が昔に戻ってきた、といいましたら、それはいい事じゃないか、と笑っていました。
返す刀で私が、△△はどうよ、と聞き返すと、onとoffがはっきりするようになったな。
前まで酒を飲むと酔っぱらうまで飲むからいつも2時くらいまで飲んでしまうんだ。
次の日は、仕込みで朝が早いから当然の事ながら酒が残るよな。
日によっては体調の性にして仕込みが雑になることもあるんだ。
これではわざわざ来てくれたお客様に対して失礼だなと思うようになった。
最初は酒に数量制限をもうけて、一日水割り5杯とか決めて飲んでいたのだけれど、そのような器用な事ができるくらいなら、酒なんか飲んでいないぜ、って笑って言っていました。
結局、薬局、放送局で禁酒したんだ、との事でした。
一日一日をケジメたいのなら酒呑んで寝てはだめだな。
酔っぱらって寝るとその日が完結しない、ということで二人の考えは一致したのです。

彼から、最近彼女ができたのよ、って言われて驚きました。
と申しますのも、彼は年の離れた歳上の内縁の奥様がいるのです。
勿論同居しています。
彼曰く、仕事仕事で生きてきたけれど、やっと青春だよ、と言っていました。
奥様は私達の話を遠くからうかがっていましたので、この話になった途端に、その目が稲妻のようにピカッと光ったのを私は見届けました。
人に歴史ありですし、まして彼の人生ですのでなにもいわず、うらやましいな、とアコガレチックで返しましたが、たしか「糟糠の妻は堂より下さず」という故事があるくらいですので、貧しい時を共にした妻は、立身出世したからといって離縁して家から追い出してはいけないのです。
まぁこのクダリは不問にして次の話題に移ったものの個人的には理解できません。
多分、奥様公認なのでしょうね・・・
私には絶対できません。
何が彼をそうさせたのか分かりませんが、人間はそれぞれの道を歩んでいるのだな、言い換えれば幼馴染みと雖(いえど)も、月日の移ろいにより「具体的に生きる誰か」になってしまうのです。
まさに「人生いろいろ 男もいろいろ♪」なのであります。
こんな日もあります・・・


決して最後まで見ないでください・・・



IMG_6529
今日は小糠雨降る石神井公園に出没です。
今回も偶然ながら石神井公園名物のバスのキワキワすれ違いに遭遇しました。
ここのバス会社には腕の良い運転手が多いのでしょう、多分。
すれ違いの夫婦とかけて下町の長屋と解くそのこころはすきま風がおきるでしょう。

ということで今日のお店は、お父様・壇一雄(壇ふみ先輩の父上)宅に身を寄せていたお父様の友人の坂口安吾(無頼派作家の一人)さんの悪ふざけで約50人前ものライスカレーの出前を壇一雄宅に届けたというお店です。
今日のお店は「辰巳軒」さんです。

住所: 東京都練馬区石神井町3-17-20
電話:03-3996-0425
定休日: 木曜日

IMG_6514
お店の外観です。

IMG_6518

IMG_6519
店内の雰囲気です。

IMG_6515
メニューです。

今日のオーダー「ハムエッグス定食」@900円です。

IMG_6520
まずは調味料の面々の紹介です。

IMG_6521
待つこと5分で「ハムエッグス定食」の到着です。
見た目玉子が輝いています。
相も変わらずこんもりした盛付です。

IMG_6525

IMG_6524
それでは実食です。
半熟の玉子は大大好物なのです。
Peelingしたトマトを筆頭に野菜はシャキシャキしていて美味しいです。
味ですか、好物に不味い物なしであります。
特に後半の玉子の黄身とマヨネーズとウスターソースとが渾然一体となり野菜に絡んだ味わい、これは私にとってまさにリアル天国なのであります。
大満足の夕餉でありました。

気持ちよく帰宅したら家には誰もおりませんでした。
ボーっとしていたら、宅急便がきました。
印鑑、印鑑とさがしたのですが印鑑がみつからず業者の方にわけを話してサインで受領しました。
無くなった印鑑とかけて女子高校生の家出と解くその心は反抗(ハンコ)期だから。
お後が宜しいようで、良い週末をお過ごし下さい。

それでは(^_-)

石神井公園 辰巳軒

今日は「石神井公園異聞」です
今日は所用があって帳(とばり)の落ちた石神井公園に参りました。
ここはセレブの街という擦り込みだったのですが、実態は少し違っていました。
正しく申しますと本日紹介します南口商店街は昭和のまま時計がとまっていますが、反対の北口はそれに反してオサレです。まるで田園調布みたいですね。
画像主体ですが宜しかったらお付き合いください。

#こんな狭い道なのにバスが交差します
IMG_3391

IMG_3394

IMG_3395 (0)
ありえないでしょう、このような隘路なのにバスが交差します。
かつて自転車に乗っていてバスと道路に挟まりそうになった人が激高して、自転車から降りて自転車そのものをバスに投げつけたのを目撃したことがあります、マジです。

#やたら活気のある八百屋さんがあります
IMG_3392

IMG_3398
コスパが良いのでしょうか、客がひっきりなしに買い物に来ています。

#価格破壊の衣料品店があります
IMG_3397
セレブの主婦もこのような価格破壊のお店で買い物をするのでしょうか。

#ただの靴修理屋さんではありません
IMG_3389
上級シューフィッターさんが貴方の足に合せて靴を作ってくれます。
ここの靴を一度履いたのなら、まるで江戸川乱歩の小説にでてくる「人間椅子」に座っているような履き心地になるそうです。その末路はもう二度と他の靴は履けなくなる程のスグレ靴なのです。
ただし予約でいつもいっぱいなので納期は要確認です。

#アマゾンもくりびつの古本屋さんです
IMG_3393
セレブの方は街の古本屋を利用するようです・・・

#下町には絶対にない画材屋さんです
IMG_3388
セレブの方の嗜(たしな)みなのでしょうか画材屋さんがあります。
下町では見たことがありませんでした。
下町っ子がかくのは「絵」ではなく「恥」だけです。

#旅館があります
IMG_3368

IMG_3384
ちょっと泊まってみたい感じがする旅館であります。
しか〜しセレブの街にホテルではなく旅館ですか、これまたちょっとクリビツですね。

#昭和の食堂です
IMG_3366
昭和を象徴する地元の二大食堂の一つです。
8ケタではなく7ケタの電話番号が昭和そのものです。
昭和26年、この近所の壇一雄(壇ふみ先輩の父上)宅に身を寄せていた坂口安吾(無頼派作家の一人)さんが妻に命じて、何を思ったのか、ほかり食堂さんと辰巳軒さんにライスカレー100人前の出前を頼んだのです。
次々と壇一雄邸に届けられるライスカレーを芝生の上にズラリと並べ、坂口安吾さんは十数人の仲間たちと片端しから食べていったそうです。
仮に半々として50人前づつですか、ほかり食堂さんと辰巳軒さんはよくぞ短時間で作りあげましたよね。
ちなみにここから壇一雄邸は歩いて5〜6分ですので出前そのものは楽だったと思われます。
なお壇一雄邸は都の道路拡張計画の予定地にぶつかってしまった為に近々取り壊されてしまいます。

壇蜜
もう早朝の石神井公園のボート池で壇ふみさんを見かけることは無くなるのでしょう。
あに〜、壇蜜でないから問題ない、ですと・・・
それは言えるかもしれません、ハイ。

#反対側の北口です
IMG_3402

IMG_3400
ここは再開発地帯なので最近建てられた商業施設が櫛比しています。
だからオサレなのです。
石神井公園の象徴はやはり南口です。


ということで今日の夕食は石神井公園、昭和レトロのtop2の片割れの「辰巳軒」さんです。

住所: 東京都練馬区石神井町3-17-20
電話:03-3996-0425
定休日: 木曜日

IMG_3365
お店の外観です。

IMG_3380

IMG_3382
店内の雰囲気です。

IMG_3381
メニューです。

IMG_3375

IMG_3377

IMG_3378

IMG_3379
今日のオーダー「Aセット」@850円です。
Aセットの内容は、一口カツ、唐揚げ3個、焼ブタ、ロースハム、目玉焼、サラダ、ライス、スープです。
待つこと19分で「Aセット」の到着です。
久々に到着した料理を見て目眩(めまい)がしました。
目眩の理由ですか、量がtoo manyだからです。
私は日大相撲部員ではありませんから。

気を取り直して実食です。
揚げものは総じて美味しいです。
特に唐揚げはしっとりしていてそれに絶妙なソースタレがかかっていてイケました。
焼ブタは寝正月三日目のおせち料理みたいで十分な硬度を保っていました。
要は硬かったのです。
それに反してロースハムはしっとりしていました。
目玉焼きの焼き加減はmy favoriteで満足です。
全体に量を除けば美味しくいただきました。
久々の“くりびつてんぎょのいたおどろ!”の夕食に心よりごちそうさまを言わせていただきます。

しか〜しセレブの街、石神井公園はあなどれません。
今度はほかり食堂さんに行ってみますか。

それでは(^_-)

石神井公園 ピッコロピアッツァ

今日は「石神井公園池奇譚」です。
ピッコロピアッツァ1
石神井公園のボート池に、1月5日頃から黒鳥が2羽滞在しているとの情報が、アベックで仲良く、寄り添うように泳いでいるとのことなので早速奥様と連れだって見にいってまいりました。
この画像は「ぽけっとのうらがわ」さんより転載


ピッコロピアッツァ2
しかしすでに2月5日に次の旅にでられたようで、代わりに大きな白鳥が一羽泳いでいました。

ピッコロピアッツァ3
バンという珍しい鳥がいましたのでパチリしました。体長は35cmほどで、ハトくらいの大きさです。成鳥のからだは黒い羽毛におおわれていますが、背中の羽毛はいくらか緑色をおびています。額にはくちばしが延長したような「額板」があり、繁殖期には額板とくちばしの根もとが赤くなります。足と足指は黄色くて長く、幼鳥はからだの羽毛がうすい褐色で、額板も小さいのが特徴です。

ピッコロピアッツァ4
鴨もいたかも…

そんなことよりランチです。今日は会社の女性が絶賛する彼女の地元のイタリアンレストラン「ピッコロピアッツァ」さんにお邪魔しました。ここのシェフは1999年5月から2005年5月30日まで阿蘇で「ピッコロピアッツァ」を、そして石神井公園には2005年12月20日から店を開かれたようです。もともとは千葉県出身で、石神井公園の隣「練馬高野台」にも住まれていました。

住所: 東京都練馬区石神井町3-18-5
電話:03-3996-3308
定休日:月曜日&第三火曜日(月曜日が祝日の場合、翌日火曜日がお休みです)

ピッコロピアッツァ5
お店の外観です。実はこのお店の場所はわかりにくいのです、過去三回探しにきて、二回もわからなかったという怪奇のレストランなのでした(笑)

ピッコロピアッツァ6

ピッコロピアッツァ7
店内の雰囲気です。オーナーシェフと奥様との二人で切り盛りしています。

今日のオーダーは「Aパスタコース 前菜+ゴルゴンゾーラのニョッキ+コーヒーor紅茶」@1,400と「Bピッッアコース 前菜+マルゲリータと四種類(モッツアレラチーズ、リコッタ、ゴルゴンゾーラ、パルシジャーノ)のチーズのハーフ&ハーフピッツァ+コーヒーor紅茶」@2,000+デザート「ガトーショコラ+ニンニクアイス」@300×2=600計4,000円です。これを二人でshareしていただくのです。

ピッコロピアッツァ8
前菜です。前菜の内容は、ワカサギのエスカベッシュ(ワインビネガー漬け)、レンズ豆の赤ワイン煮、マッシュポテト、にんじんのグラッセです。味ですか、ワカサギのエスカベッシュが野趣溢れなおかつ香ばしくカリカリ揚がっていてイケました。マッシュポテトが良い味付けでした。

ピッコロピアッツァ9
私の本日の main event 「ゴルゴンゾーラのニョッキ」です。世界三大ブルーチーズは、ゴルゴンゾーラ、スティルトン、ロックオールですが、私はその中でもゴルゴンゾーラが大大大好きです。このニョッキはタマリマセン、イケます、体中に口福感が突きぬけます、絶妙な塩加減も最高でした

ピッコロピアッツァ10
お皿に残ったソースは自家製の全粒粉のパンで残らずいただきます。このパンが美味しいの何のってゴルゴンゾーラの美味しさが倍加しますheart02

ピッコロピアッツァ11
マルゲリータと四種類(モッツアレラチーズ、リコッタ、ゴルゴンゾーラ、パルシジャーノ)のチーズのハーフ&ハーフピッツァです。やはりこのお店のチーズは美味しいですね、クリスピーな生地もイケました

ピッコロピアッツァ12
デザートの「ガトーショコラ+ニンニクアイス」です。ガトーショコラはそれ程のサプライズがありませんでしたが、ニンニクアイスは絶妙な味です、アイスにニンニクって合うのですね、美味しいじゃないですかhappy01

シェフが地元の有名人「壇ふみ」さんが友人の「阿川佐和子」さんと一緒に来店されないかなって自らのblog に書かれていましたが、字がちがいますよ。「壇文」さんではなく「壇ふみ」さんですから、さすがに名前を間違えられたら来ないのでは
ちなみに壇先輩の本名は「壇ふみ子」さんです。

今度はディナーを家族と行きます…ご馳走様でした

P.S.壇先輩のご自宅は個人情報等の問題があるのでずばりは書けません。
しかしヒントを少しだけいうと、石神井公園のボート池の脇のお蕎麦屋さんです。

※壇先輩の家が道路拡張計画に入りそうです(確定?)。
従って地元では壇先輩は石神井公園から引越するのではないかと噂されています。(2012.10.16追記)

それでは(^_-)


Piccolo Piazza ( 石神井公園 / イタリア料理 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ

訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ