今日は「Just my lack!(しまった)」の話です。

#scene1 マックでの主婦の会話
A「今日の朝いつも通りに5時半におきてさぁ、炊飯器のボタン押して、洗濯機を動かして、そんで犬の散歩いったんだよね」
B「早起きなのね」
A「娘のお弁当を作らないとならないからね。そんで散歩から帰ってからさぁ、また洗濯機動かして、お弁当のオカズつくってたら、炊飯器がピーピー鳴ったんで止めてお弁当にご飯詰めようとしたじゃない」
B「ふん、ふん」
A「したっけ炊飯器の蓋開けたらさ、ご飯がないわけ!」
B「まじに!」
A「ちょーびっくりというか、米といてなかったというか、それ忘れていたというか、ショックだったわけ。
ありえな〜い、よね。それからあわててお米といて早炊きで何とか間に合わせたんだけど。
結局朝ごはん間に合ったし、何事もなかったように見せかけたんだ・・・」
B「よかったじゃないの」
A「よくないわよ。もしかしてこの若さでボケがはじまったんだわ。」
B「充分に年とっていると思うんだけれど・・・」
炊き忘れ


#scene2 ドトールでビジネスマンの会話
先輩「どうだいマリリン(ベルギー人)との新婚生活は?」
後輩「結婚してからわかったんですけど、想像してた以上にカルチャーギャップがありますね」
先輩「たとえば」
後輩「食事ですよ。妻は付き合っている時に日本食が大好きといっていたのですが、それはたまに食べる時の日本食が好きだったみたいで、基本はベルギー家庭料理なんですよね」
先輩「そりゃしんどいな、日本人なら朝は納豆、豆腐、味噌汁だものな」
後輩「納豆は好きでよくでるんですが、どうしてもベルギー料理には合わないんですよね」
先輩「ふんふん」
後輩「こんな感じですから、どうでもいいことでの口喧嘩がたえないんですよ」
先輩「・・・」
後輩「このあいだも食べ物のことでちょっとした喧嘩になったんですよね。そしたら次の日に悪いと思ったのか、手作りお弁当作るわ、っていってくれたんです」
先輩「そりゃできた奥さんじゃないか」
後輩「でもそのお弁当って、サンドウィッチですよ」
先輩「・・・」

#scene3 寿司屋で親方との会話
私「ナベちゃん(寿司屋の親方、62歳、独身)ってさぁ、髪の毛ふさふさ、黒々だけど染めてないんだよね」
親方「そうなんだよね、おふくろも年とっても髪の毛黒々だったんで、おふくろの遺伝かもしれないね」
私「まるで高倉健(高倉健も60歳代は髪の毛黒々)みたいじゃない」
親方「でもさぁ、黒々しているのは髪の毛だけさぁ、眉毛は真っ白なんで染めてんだよね」
私「そういわれてみれば、妙に眉毛黒いね」
親方「そうなのよ、でも染める毛があるからまだいいわけで、下の毛ななんか抜け落ちてほとんどないんだから、これじゃもう結婚あきらめるしかないよね・・・
しまった、これって誰にもいってなかったんだ」
私「・・・」


1984年3月に、アイスランド沖で実際に起こった海難事故。極寒の海に放り出された漁船乗組員6人が一人ずつ意識を失って海の中へ沈んでいく中、若手漁師の一人グリ(Gulli)はなんと、泳いで岸を目指します。
この手の作品というと、たいていグリが助かって感動的に幕を閉じるというあらすじを想定しがちですが、この作品はそこで終わりません。そこが一番衝撃的でした。「もう終わりやな」と思ったところで終わらないのです。最後まで観ないと監督が映画に込めた真意を読み取ることができない映画です。



今日は築地に出没です。
本当に最近来ていません。何でなのかな、と考えてみたらやはり込んでいるからでしょう。
特にアジア系外国人観光客で・・・
最近の築地の様子をパチリでご覧ください。 
ちなみに今日は水曜日即ち市場は休みですので、人の往来はまばらです。
IMG_5724

IMG_5725

IMG_5726 (0)

IMG_5732

IMG_5729

IMG_5730

IMG_5731


ということで今日のお店は焼き鶏丼の名店「ととや」さんです。
なな何と6年振ぶりの再訪です。

住所: 東京都中央区築地6-21-1
電話番号:03-3541-8294
休日:土、日、祝日

IMG_5736
お店の外観です。

IMG_5733
メニューです。

本日のオーダーは「焼鳥丼(もも肉×5、ポン尻×1」@1,100円です。
最初行列にすぐに並んだのですが、混雑に嫌気がさして行列から離れたのですが、結局場外が休みの為に良いお店がなくて戻ってきてしまいました。

待つこと14分で着丼です。
見た目、匂いは写らないのでおいしさが分からない、丼です。

IMG_5734

IMG_5735
それでは実食です。
ウン、ここの焼鳥丼は美味しい!
まず鳥肉が柔らかくとてもjuicyなのです。
焼き加減照りともども結構です。
脂ののりも過不足なく結構です。
とくにポン尻は超秀逸です。美味しい。
私はこの焼鳥丼、後半には山椒とタレをかけて味の冗長化を防いでいます。
これにより味がさらに引き締まります。
これをすることで最後の一切れまで美味しくいただけるのです。

このお店の初めての方はサービス丼(もも肉×3、つくね×2、スープ付」@1,000円をお勧めしますが、このサービス丼ではここの焼鳥の美味しさは満喫できません。
そしてその物足りなさが再訪につながるのです。
もしかしてこれってお店の深謀遠慮だったりして・・・

それでは(^_-)