今日は「谷風伝説」です
426px-Yokozuna_Tanikaze_Kajinosuke[1]
天名2年(1872年)の二月場所七日目、谷風が破れました。決まり手は小股すくい。倒したのは新鋭の小野川喜三郎です。江戸中がひっくり返る様な大騒ぎになりました。
というのも1778年(安永7年)3月場所初日から1782年(天明2年)2月場所7日目まで分・預・休をはさみながらではありますが、江戸本場所で土つかずの63連勝が止まったのです。とこのように書くとピンとこないかもしれませんが、足かけ五年間無敗だったのですよ!
のち昭和の時代に双葉山が69連勝を達成するまで、約150年にわたって記録保持者であり続けたのです。もっとも、この63連勝は江戸本場所のみの連勝記録であり、京都本場所、大坂本場所での成績も含めると98連勝となるのです。一般に連勝記録は江戸本場所のみの63連勝を指しますが、江戸本場所、京都本場所、大坂本場所まで含めた連勝記録である98連勝は最多連勝記録であり、いまだに破られていません。
さらにその敗北の後に43連勝を記録。さらにその後8年間で、7連勝、21連勝、10連勝、9連勝、最後35連勝を続けているなかインフルエンザで死亡したのです。
もし薬石効あり、生き返っていれば連勝記録続行の可能性があったのです?
江戸本場所における通算成績は49場所258勝14敗16分16預5無勝負112休で勝率9割4分9厘、優勝相当21回と「天下無敵」の名にふさわしい記録が残っています。
また、天下無双の大横綱にふさわしい実績から四股名「谷風」は止め名になっています。連勝を止められたその後も小野川との対戦は興行が札止めになっても観客が詰めかける話題の取組となりました。
あらためてすごい横綱だったのですね!
参考文献「Wikipedia」、「ホリイのずんずん調査」堀井憲一郎著より転載
IMG_6655
実は相撲好きで、大相撲はよく見に行きました。下町育ちで近隣に相撲部屋があり、相撲取りが身近にいたせいかもしれません。
贔屓の関取が勝つととてもうれしくTV桟敷の前でガッツポーズをしていました。
一度札幌巡業で当時の横綱貴乃花関に、貴、頑張るんだぜ!って肩を叩いて、気合を入れたら、守衛のオジに、横綱になな何て事するんですか、って死ぬほど怒られたことがありました、ハイ。
横綱の肩を叩いてはいけないなんて、全く知らなかったのですね・・・反省

あまり飲みにいった場所は取り上げたくないのですが、たまにはいいでしょう(笑)
今日のお店は神楽坂のdeep spot「山ちゃん」さんです。取引先とヘラヘラ状態で入店しました。

住所: 東京都新宿区神楽坂4-4-3
電話:03-5261-1828
定休日:火曜日

IMG_6608
いつも来るたびに思うのですが、神楽坂って小京都ですよね。しかもその小京都がHigh-endのお店とJunkなお店が混在しているのですからタマリマセン。

IMG_6642
お店の外観です。見るからに無国籍です、ここは香港か!

IMG_6648
店内の雰囲気です。このお店はお兄ちゃんとそのお母さんの二人体制できりまわしています。ちなみにこのお兄ちゃんは独身です、営業時間が18時から4時までですので女性と付き合う時間がないからね、と言っておりましたが、私は違う理由のためと思っています・・・
お店に入るやいなや、お客さん、料理だけでは駄目よ、うちは必ずお酒頼んでもらうんだからね、とそのお母さんからキメダシがあります。
そんなこと知ってらい、といって即にビールを頼みました、いいんですか、splashさん、このお店で三軒目ですよ、大分聞こし召してますよ!

IMG_6640
まずは「お通し」@200です。「お通し」が野菜炒めですか信じられません!
とても美味しかったですね、酔っていたのでよく覚えていませんが、あらためてパチリでみると色々な野菜が入っていたのでした。

IMG_6650

IMG_6646
「辛い麻婆豆腐」@900です。、これも酔っていたのでよく覚えていませんが、ネギがこんもりとのっていたのでした。このお店は「麻婆豆腐」の隠れた有名店です。味ですか私的には辛さが少し足りなかったのですが、美味しかったです。

これでお分かりかと思いますが、お酒を飲んだ時には、記憶がなくなる傾向があるので、blogが成り立たないのです、だから取り上げたくなかったのですが・・・
最後にお母さん、二人でいったので@200×2+900=1,300にお酒代が加わるのですが、何でピッタリと@4,000になるのですか、2,700も飲んでないですよ(笑)

それでは(^_-)