下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

四川料理

お茶の水 四川一貫

髪の毛が白くなるのは黒髪のもとになる色素幹細胞がストレスで枯渇するのが原因である事を、東京医科歯科大学西村栄美教授らが突き止めました。
色素幹細胞の働きを維持する事で白髪の予防になると期待されています。色素幹細胞は毛根部にあり、自己複製を繰り返しながら色素になる細胞を供給しています。
西村教授がマウスに紫外線を当て遺伝子を損傷するようなストレスを与えたところ、幹細胞は自己複製機能を失い、すべての色素の細胞に分化しました。色素の細胞のもとになる幹細胞がなくなるため白髪化が進む事がわかったそうです。

この学説によります白髪は老化ではなくストレスなんですね。ということは老人になっても白髪化してない人は実はストレスがなく幸せな人生だったという事ですか・・・ウラヤマシイ(笑)

今日のお店は御茶ノ水界隈では知られた四川料理の雄「四川一貫」です。
四川一貫1
お店の外観です。店舗の赤い色が胃酸を刺激します。

住所: 東京都千代田区神田美土代町11-1
電話番号:03-3291-9787
休日:無休

四川一貫2
今日の獲物は「麻婆豆腐定食」@840です。

四川一貫3
供された時に、四川の香辛料の香りがただよってこないので何やら厭な胸騒ぎがしました。まずは一口頂きましよう。あれれれ辛くナイジャンです。
四川の雄のお店が何ということでしょうか(笑)
総合的な味ですがそれほどでもありませんでした。普通の中華料理屋さんよりパンチはありますが、刺激と香りが単調です。四川の名店なら山椒以外にもその他の香辛料も参加させなければと思います。ここのところ四川系は外れてばかりですね。
こんな事もあります(笑)

それでは(^_-)

横浜中華街 景徳鎮

今日は大学の同級生が難病から奇跡の生還をしたのでそれの快気祝です。
仲の良かった同級生が皆集まり祝宴はそれなりに盛り上がったのですが、帰り際に彼が「人間ってこんな簡単に死んでしまうのか」とか「子供達が親っていうものは死ぬものだと悟った」とか厭世的な発言があり、同じ年の私としては感じいってしまったのでした。

今日のお店は横浜中華街「景徳鎮(ケイトクチン)です。
住所: 神奈川県横浜市中区山下町190
電話:045-641-4688
定休日:無休
続きを読む

芝蘭

今日は見世物小屋の話です。
子供の時浅草花屋敷の前に常設ではない小屋掛けの「見世物屋」がありました。
いつも塩辛声のオジサンが「親の因果が子に報い…〜♪♪可哀相なのはこの子でござい (中略)〜お代は見てからで結構だよ。さあさあさあさあ入って入って、間もなく始まるよ」という定番の名調子で客寄せをしています。

ウリは三本足の女です。この女(ヒト)オジサンが呼び込みを始めると小屋の隙間から現れ上から垂れ下がっている黄色のしごき帯を左右の手に掴み着崩した着物姿で艶(なまめ)かしく、ゆらゆらと揺れながら手招きをしてお客を誘いこみます。

なんか子供心にイカガワシく敷居が高かったのですが、小学高の高学年の時、意を決して友達二〜三人と見に行きました。当時のお金で木戸銭100円(今なら500円位)でした。

私がお金を払う時に「お代は見てからでいいんじゃないの」というと「ガキがナマ(生意気なこと)言うんじゃねえヨ。今のうちから減らず口たたいているとロクな大人になれねヨ(確かになってない)」とモギリのオジサンにケッチンを食らわされるのでした。
「したっけ三本足の人間なんか、いるわけ無いじゃん。インチキだったらお金返してね」と畳み掛けると「後ろがつっけえてぃるだろう」と言って無理矢理中に押し込むのです。

最初のコーナーは大きな板に赤い絵の具が塗ってあります。これ即ち「大イタチ(大板血)」です。その脇にはアマゾンの半漁人とか、髑髏怪人、河童とかの絵が陳列しています(怖かネエヨです)。

そして最初のデベソ(敷居板)伝いにその裏側に回ると「蛇女」のコーナーですが、ただの普通の汚いオバサンです。
このオバサンがなぜ蛇女になったのかの経緯(いきさつ)の口上を10分位聞かされます。そしてそれが終わると恐ろしいショーが始まりす。何のことは無い生きた蛇を食いちぎり、口の周りを血だらけにして、おまけにそれを飲み込もうとします。しかし決して飲み込みなぞはいたしません。口上のオジサンが恐ろしいだろって煽りますが・・・蛇が怖くて泥鰌が食えるか(意味不明)いくらなんでも子供をナメルナです。

そして次に移動すると巨大なイボ蛙の水槽がありました。これって花屋敷の釣堀でとってきたものだと思われます。

そして最後のデベソ(敷居板)を廻ると。三本足女のショーです。太鼓の音に併せて、シゴキ帯に引っ張られ上の方に上がってきます。化粧がとても濃くそれだけで気味が悪かったのですが、かなり乱れた着物姿が色っぽいのです。
ここでもなんで三本足になったのかの経緯(いきさつ)の口上を15分くらいやります。
周りの大人が段々飽きてきて「早く見せろヤ」と怒声を浴びせます。しかしここからジラセテ、ジラセテ、ジラセます。そして怒りが最高点に達した当たりで、強い真っ赤なスポットライトを三本足のつけ根当たりに浴びせかけます。さらに周辺を多角三角形の鏡で囲っているので、スポットライトの光が強烈な乱反射を起こし、何が何だか分からないうちに三本足の女は忽然と消えうせうるのです。

皆ヤラレタナと苦笑いしながら小屋から出て行きます。
「お代」ですか、出口には見世物小屋の中より怖いオジサンたちが睨んでいるので、恐ろしくていえる訳がありません。
蛇女よりこのオジサン達を立たせて、怒るまで卵を投げつけるショーの方が数倍怖いだろうと子供心におもいました(マジ)


今日は板橋区で四川料理一番といわれている「芝蘭(チーラン)」です。
今日獲物は「麻婆豆腐定食」@900です。
住所::  東京都板橋区赤塚3-3-20
電話番号:03−3939-4465
定休日:毎週月曜日

ここから後はパチリでご覧下さい。

光が丘公園
光が丘公園のスナップです。今日通院日だったので会社を休みです。通院の後光が丘図書館に本を借りにいった際のパチリです。


芝蘭エントランス
芝蘭入口です。あまりパットしません。そうそうこのお店の周辺駐車場が少ないので混雑時期は外した方が良いでしょう


芝蘭店内

中はそこそこ広いですね。定連さんは「汁なし担担麺」を食されます。かなり辛いとの評判より私は未体験です。


陳健民とのスナップ
ここの店主、以前は赤阪四川飯店で修行をしていました。そこでのオーナー陳健民とのスナップです。


麻婆豆腐定食









板橋一番の名に恥じない麻婆豆腐です。豆板醤と粉山椒の香りがタマリマセンでした。でも久々に食べたら味少し落ちたかも。最後まで熱々で美味しくイケマシタが、多分ラー油が多すぎて、しつこかったのかな(笑)


麻婆豆腐









麻婆豆腐のアップです



それ.では(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ