下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

神田 内神田うてな 8th

今日は「貴方の嘘が分るのよ♪」です。
私の部門にはベテランの女性もいます。この中で、頭のネジが2〜3本抜けている女史がおりまして、とある飲み会でそのネジ抜け女史が私の眼の前に座りました。
この女史は酒癖があまりよろしくありません。
加えて大言壮語を吐くのですが、ほとんどが自慢話です。
それもご主人の一族が名家みたいで酔うと必ずご主人の家の自慢話になります。
個人的には、嫁いだ先が名家だったというだけで、それ以上それ以下でもないわけなのであり、必要以上に拡散されますと鼻白んできます。

605868_show
今回も似たような自慢話でした。
ご主人の実家は、名前を聞けば誰でも知っている老舗の天麩羅屋です。
その歴史は古くて、創業は慶應2年との事です。
ちなみにご主人は次男坊で、実家の仕事は手伝わず、倉庫会社で営業をやっています。
彼女の話によりますと、ご主人の母親即ち彼女の義母は、ご主人が亡くなってその息子(長男)に代が変わっても、依然おおいなる権勢を誇っているとの事でして、たまにお店に行きますと相も変わらず睨みを利かせているとの事でした。私はまたかよ、と言う感じで聞いていました。
ここまではよくある話ですが、酔っている人間の自慢話は本当に噴飯物であります。
まして、聞いている私は100%しらふなのですから。

ある時、お客様と会食するにあたり、そのお客様は下町の風情を楽しみながら、老舗天麩羅屋で食事をしたいという希望を言われたので設営の準備を始めました。
個人的には、彼女の実家での会食は夢想だにしなかったのですが、為念、彼女のご主人の実家のHPも見ました。
すると驚くべき事実が判明したのです。
まずご主人の苗字と、事業を継承している老舗天麩羅屋の社長との苗字が一致していません。
要は兄弟なのに長男、次男の苗字が違うのです。
どういう事なのでしょう。
彼女のご主人は、彼女の家に養子に来たわけでもありあませんので苗字は不変です。
それでは創業家が養子をもらうのかと申せば、次男がいますのでそのような珍事はあり得るわけもありません。
そこで悩んだ私は、その老舗天麩羅屋さんの会社名と彼女のご主人の苗字とでググってみましたら、ある項目にヒットしました。
そのサイトとはその老舗天麩羅屋さんの、採用担当の方の苗字が、彼女のご主人の苗字と同じだったのです。
頭の中に?マークでいっぱいになりました。
整理してみますと、彼女のご主人の兄は、老舗天麩羅屋の跡取りではなく、老舗天麩羅屋には採用担当して働いているという事は、このお店の関係者だと思われます。
そこから敷衍できるのは彼女のご主人の母親は、老舗天麩羅屋に嫁いだ方の妹で、何らかの形でその祖業の仕事にかかわっていたというのが正しいのではないかと思います。
そしてその息子はそのご縁でその老舗天麩羅屋で働いているとしたら、全ての辻褄が合ってきます。
ご主人の現在の年齢から演繹しますと、その母親の御年は少なくても85歳超えです。
そんな高齢の方が今でもお店で目を光らせているとすれば、それは化け猫に他なりません(笑)
この仮説が正しいかどうかは分りませんが、かなりトリッキーな名門伝説です。
もしそうであれば、かなりの印象誘導ですよね。
そこまでして、夫の家を自慢したいのでしょうか。
理解に苦しみます・・・


中条きよし うそ



IMG_3103
今日は神田に出没です。
今日のお店は、私のお気に入りの「内神田うてな」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-11-5 カーサ内神田 1F
電話:03-5577-4844
定休日: 日曜日定休 祝日不定休

IMG_3105
お店の外観です。

IMG_3108
店内の雰囲気です。

IMG_3106
メニューです。

今日のオーダー「日替わり定食」@1,000円です。
定食の内容は、鯛茶漬け、鴨ロース煮、卯の花のトリュフ煮、茄子・青菜浸し、牛蒡胡麻酢和え、チーズカステラ玉子、里芋粉かつお、漬物です。
最近、このお店でランチをいただくのは至難の業となってきました。
どうやら限定数が30食であることが分りました。
仕方ないですよね、二人で仕込みをやっているのですから。

IMG_3110
待つこと13分で「日替わり定食」の到着です。
見た目「The和」であります。

IMG_3112
まずは鯛茶漬けを頂きました。
鯛美味しです。
想像を超えた鯛の身の弾力にノックアウトされました。
さらに味噌出汁がこれまた美味しです。
鯛は味噌出汁の中で泳いでも美味しいのですね・・・

IMG_3111
副菜も美味しいです。
鴨ロース煮はもっと沢山食べたい感ありです。
この鴨ロース煮は類を見ない美味しさです。
里芋粉かつおの里芋は、粉かつおをコーティングしますと別な味わいに変じます。
これは香りでいただきます。
卯の花のトリュフ煮は、洋風ですが和の食べ物みたいな変幻自在の味です。
チーズカステラ玉子も纏めて食べたいですね。
このお店のご主人はチーズを使った和テーストが匠であります。
全て大変美味しゅうございました。
ご馳走さまでした

それでは(^_-)

神田 朝野屋本店

今日は「ついてよい嘘」です。
世の中は「ウソ」にあふれている。人を思いやるためのウソもあれば、自分を守るためのウソ、悪質なウソもある。そんな “ウソ” について意外に知られていない、興味深い10の真実を紹介しよう。

◆1. 病的なウソつきは頭が良い
病的に虚言癖がある人は、認知と判断力をつかさどる脳の前頭前野皮質の白質が、平均より約25パーセント多いという。これは思考力が高いことを意味する。

◆2. 嘘発見器は役立たず
嘘発見器は被験者の不安やストレスを検知できるが、虚言そのものを検知できない。筋金入りの二枚舌は、軽く検査をパスしてしまうのだ。

◆3. 自白剤は効果がない
映画などでよく使われている自白剤は、実際のところ効果はない。薬の作用であらゆることを話すようにはなるが、それが真実とは限らないそうだ。

◆4. 目は泳がない
よく「ウソをついている時は目が泳ぐ」と言われるが、それは間違いだという。ある心理学者が、ウソをついている人と真実を述べている人の目の動きを研究した結果、眼球の動きに大差は見られなかったそうだ。

◆5. 実は騙されやすい
ウソをつき慣れている人は、「他人の作り話など簡単に見破ることができる」と余裕をかましているため、逆に騙されやすい。

◆6.急いでいる時は要注意
オランダの心理学者の研究で、人は急いでいる時ほどウソが多くなることが証明されている。急げば急ぐほど、自分の道徳観や信念に背くようなことまで言ってしまうそうだ。

◆7. アメリカ人は1日に1回はウソをつく
アンケート調査により、アメリカ人は1日に1回はウソをつくという結果が出ている。そして回答者の半数以上が、バレずに済んでいると思っているとのこと。

◆8. 共同生活には必要不可欠
ウソは原始時代から存在する。厳しい環境を生き残り、他人と共同生活を営む上で、必要にせまられて進化してきたものと考えられている。

◆9. 子どもにも油断は禁物
「子どもは純粋だから人を騙したりしない」などと思ってはいけない。人間は歩き始める頃から、ウソをつく能力を身につけるそうだ。

◆10. 紀元前400年前から政治家はウソつき
政治家は今も昔も変わらない。記録によると、紀元前400年前から政治家がウソつきであった証拠が数多く発見されているという。

日常生活を送る上で、人とうまくやっていくために必要にせまられるウソもある。できればウソをつくにしても、人を思いやる場合だけに留めておきたいものだ。
「livedoor NEWS」より転載

私のブログは嘘ネタ結構多いですね、嘘です。
これで2回目です。事程左様に人は嘘をつきます。
嘘ってcommunicationの潤滑油であると思いますので悪質でなければいいと思います。
悪質でないというのはすぐにばれる嘘です。

ザギンのいつものクラブに行ったらすごくモテちゃってさ、チャンネーが俺にまとわりついてさぁ・・・特にナンバーワンの美穂が俺にアツくて大変だったよ。俺に惚れるなよ、ヤケドするぜ、って一応言っておいたけれどね、モテル男はつらいね、なんかは即バレの嘘ですよね。勿論私の話ではありませんから。
ちなみに私の好きな女性の名前は“美穂”さんです。過去の恋愛話からではなく私の感性からのものです。
多分銀座のクラブに行こうと思って歩いていたらご執心の美穂さんがパリッとした紳士と同伴でお店に入るところを見てしまったので、ヤキモチからかその店には行かず、有楽町のガード下の焼鳥屋でホッピーを馬鹿飲みしてウサ晴らをしたのがその日の顛末だったでしょう、ついつい同僚には上記のように盛ってしまったのです(笑)
このような嘘は可愛いものです。
ところで今の若い人達って銀座に飲みにいかないのですね・・・
さらに同伴をした事がないというかその言葉の意味そのものを理解していませんでした・・・
これには本当に驚きました。所謂一つのculture gapというかculture holeなのですね(悲)

嘘といえば女性です。
女性は打算的?な嘘はついていいようですね。
あまりにも社会通念として定着?固着してきているので今度の臨時国会で某党の女性議員から法案提出されるみたいですが・・・
例えば「貴方のために素敵な奥さんになるわ」から始まって「貴方のために毎日美味しい料理を作るわ」「貴方のためにいつもお家(うち)はきれいしておくわ」「貴方が帰ってくるまで寝ずにまっているわ」等々のできもしない嘘?本当の話をするきらいがあります。
このようなお約束(嘘?)を聞かれた男性諸氏(除く私)は多いかと思います。
これは、生活のための労働は夫に任せることで安定した生活を得て、自分は趣味を生かした「価値のある」仕事をすることだというような、さら〜に申せば普通の人が欲しいものは10倍欲しい、特にファッションや美容特に美しくなりたいという欲望に対しては本当に屈折した部分をまったく持ってないものですから上述のお約束(嘘?)は目的地に行くための入国申請みたいなものなのでしょうね・・・
虚偽申請といえばそうかもしれませんがどちらかというとresolution(将来の夢)を婉曲的に語ると導入部はそのような言い回しになるのです。
ちょっと演繹的論理展開の起承転結としては破綻がありますが・・・
いいのですよ、女性はいつまでも太陽のように輝いていてください。
その為には男性を働き蜂にしておけばいいのです。
全く問題ありません、男性とはそのようものです。
私なんか仕事と趣味(マラソン等)さえ満喫させてもらえば欲しいものは何もありません。
ましてカッコよくなりたいという願望はとうに埋葬してありますので・・・


私の好きなミュージックビデオ、堂々一位はこの OK Goです。ピタゴラ・スイッチの完成度がやたら高いのです。
最後まで見てくださいねm(__)m



IMG_6900
今日は神田に出没です。
今日のお店はこの間のアド街ック天国「内神田」編で第七位にランクされた「朝野家本店」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田2-7-9
電話:03-3254-4351
定休日:土曜日(第一・三)・日曜日・祝日

IMG_6899
お店の外観です。

IMG_6898

IMG_6890
店内の雰囲気です。

IMG_6888

IMG_6887
メニューです。

本日のオーダー「焼き鳥そば」@850円です。
まずはアド街の紹介文からです。
明治5(1872)年創業の蕎麦屋。
東京、および近県にある「浅野屋」の本店。こちらの蕎麦は、そば粉10に対して、つなぎの小麦粉が2の、いわゆる「外二八」の蕎麦です。この時期は、北海道の新蕎麦を使用しているため香りも最高です。


TVの放映日が8月24日(土)でしたのでさすがに混みのピークは引いたとおもったのですが、まだ余震はのこっていて大混雑していました。
しか〜し久々に接客の悪いお店にめぐり会いました(笑)

IMG_6892
入店11分後にお水の到着です(笑)

IMG_6894

IMG_6895
入店28分後に「焼き鳥そば」の到着です(笑)
店内しっちゃかめっちゃかです。
料理がこない、とか、お茶がこない、とか、蕎麦湯がこない、とか半分以上のお客から催促の嵐です。
そして白髪まじりの小太りのオバさんは言うに事欠いて、注文がうるさくて通らないのよ、ですと、それなら厨房近くまで行って大きな声で注文を通すのが普通の対応です。
だいたいこの発言は誰に対して物申しているのでしょうか?
新種のクシャミですか?
これは、私がわるいのではない、と幼児がよく口にする他罰的言訳です。
おばさん、一体お年はいくつなのですか、お客様を待たせているという“申し訳なさ”はないのですか、あげくに蕎麦湯は使い回しにしているし、口があんぐりと空きっぱなしになったのでトボケた蚊が入ってきました。
私の口は蚊取り線香を入れる瀬戸物の豚さんではありません。この当たりはちょっと盛っていますが・・・

ひどい接客です、多分ですよ、customer satisfaction(顧客満足)というかそういう認識は皆無なのでしょうね。
そもそもTVにでてserviceの質が落ちるくらいなら暖簾大事な老舗ですからTVなんかにでなければいいのです。
今回のアド街の取り上げ店でも居酒屋系以外は真の老舗繁盛店はでていません。これが老舗というか暖簾大事の感覚でないのでしょうか、でるからには私みたいな一見の客が雲霞のようにくるので、パートさんを増員してserviceの低下を防ぐことを講じるべきではないのですか。まぁいいです、これ以上いうと蕎麦が伸びますから・・・

それでは気を取り直して実食です。
焼鳥はよい焼け具合というかよいテリ具合です。
蕎麦と焼鳥とを天地返しにて食べ始めました。
うん、美味しいですね。
蕎麦はコシがあり冷えもいいいです。
ツユは鰹出汁(だし)がきいていて美味しいです。
なかなかイケますね。
焼鳥もジューシーでおいしいですね。
蕎麦が二八でこの値段ならコスパはよいと思います。
しか〜し忙しい時には避けた方が良いお店かと思います。
私はあのオバさんが辞めたら再訪します、ハイ。
  
それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ