下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

喪中葉書

銀座 桂庵

今日は「喪中葉書」です。
年末ですので喪中の葉書がポツポツとポストに入り始めます。
一年以内に近親者に不幸があった場合、喪に服するために新年の 挨拶を欠くことを事前に知らせる挨拶状は日本的であり礼にかなって宜しいことかと思います。
しか〜し、その一方で喪中であることを知らない相手にまで喪中葉書を送るのは慇懃無礼だと思っています。
最近では、そのような方にはあえて喪中葉書は送らず、「寒中見舞い」で代用する方が増えているのは望ましい事だと思います。

e73c2f72
ある日ポストの郵便物を取りに行きますと、悲しみの喪中葉書が入っていました。
差出人は、私の在札時代に仲の良かったお医者さんの奥様からです。
その文面は、酒と煙草を愛した人生でしたが、肺癌に天国に持っていかれ残念な幕切れになってしまいました。
△△さんとの再会を楽しみにしていました、という簡潔な文面でした。
実は次回の来札においてはこの友人との再会を楽しみにしていたのです。
二人の紐帯は小学校の「おやじの会」でした。
当時はこのような会が全盛でした。
二人ともノリノリの性格だったので、積極的に会をひっぱっておりました。
色々な企画をやりました。

千葉君
この画像の方は、現在は新進気鋭の考古学者であります。
彼は私たち「おやじの会」がサポートした小学生の一人です。
彼の小学校時代と申せば、恐竜が大好きな少年にとどまらず、好きな恐竜を独学で勉強をし続けていたのでした。
ある時、教科書に載っていた恐竜の写真と名前に違和感があったので、彼が詳しく調べたところ教科書会社の誤植ではないとかという事が分かったのです。
彼はその事を先生に報告し、そして先生がその旨を教科書会社に報告しましたところ、後日教科書会社から監修の際の誤植だった、と訂正を含めた丁重なお詫びの電話が入ったそうです。
私の記憶で申せば、恐竜の顎の形が微妙にちがう程度でしたので、この発見はスキー場で落としたコンタクトレンズを探すような快挙であります。
私達「おやじの会」では、彼の偉業をたたえ、発表会を企画実行し大好評裏に終了したのです。
もしかしたらこの発表会の感動が彼を考古学者にならしめたのではないかと思うところでもあります。

それにしても、医者が酒と煙草の飲み過ぎで早逝してしまうというのは残念です。
人生の最終章は、奥深く、味わいにあふれ且精神的に贅沢な生活になろうかと思います。
その証拠にドラマでも最終章がいちばん面白く且つ感動的なものになっているではありませんか。
それが、俺は酒と煙草を愛してやまないのでそれで死んでも仕方ないよ、といって人生をあきらめ投げ出すとしたのなら、それは人生に対してあいすまぬ怠慢と言わざるを得ません。
若しくは消極的な自殺と申しても良いでしょう。
いずれにしても、とても残念な北の国からの便りでした。
合掌・・・


こりゃスゴイ!


IMG_6691
今日は銀座に所用があり出向きました。

IMG_6699
その所用を片付けて目に飛び込んできたのがこの看板です。
来年は酉年だし、鳥どんでも食べるかとこのお店の暖簾をくぐったのです。
今日のお店は「桂庵」さんです。

住所: 東京都中央区銀座3丁目10-14
電話:03-3541-1704
定休日: 年末年始

IMG_6698
お店の外観です。

IMG_6704
店内の雰囲気です。

IMG_6700
メニューです。

IMG_6702
今日のオーダー「鳥どん」@650円です。
待つこと8分で「鳥どん」の到着です。
見た目、貧弱です。

IMG_6703
それでは実食です。
佐賀産の鶏肉はどちらかと申せば固めで私の好みではありません。
しか〜しここの衣が絶妙です。
カリカリ感がたまりません美味しいです。
甘しょっぱいタレも私の好みです。
なんだろう至福の美味さではありませんが、充分に美味しいです。
花の銀座でこのコスパは驚きです。
ちなみに素面で食事していたのは私だけでした。
お酒のついでに蕎麦ですか、昔の蕎麦屋さんみたいで結構でした(笑)

それでは(^_-)

神田 神田まつや

今日は「年末雑感」です。
喪中葉書
今年も日めくりの紙も薄くなり残すところもわずかとなりました。
皆様、年賀状だしましたか?
せっかちの性格の為に、私は年賀状を早々と作ります。
今年は年賀状の早刷りdiscountを利用した為に11月の1週には来年の年賀状が刷り上がっていました。
しか〜しいくらせっかちといいましても年賀状はすぐには出しません。
理由は簡単です。喪中葉書を待っているからです。
さすがに喪中葉書を頂いた先に年賀葉書をだすような欠礼はしたくありません。
12月中旬まで年賀状の印刷はしません、従いましてすぐには出せないのです。

もともと喪とは、死者の「魂(たま)呼ばい」と関係があったらしいのです。
古代では、人の死がいまのようにはっきりせず、死んだのか一時的に意識がなくなったのかわからぬまま、甦ることを願って、しばらく祈り続けていたのでした。
これが喪の始まりで、宮中で遺体をしばらく安置する「殯宮(もがりのみや)」なども、これに通じて、魂の復活を願っての行事です。
もう少し詳しく申しますと、殯(もがり)とは、日本の古代に行なわれていた葬儀儀礼で、死者を本葬するまでのかなり長い期間、棺に遺体を仮安置し、別れを惜しみ、死者の霊魂を畏れ、かつ慰め、死者の復活を願いつつも遺体の腐敗・白骨化などの物理的変化を確認することにより、死者の最終的な「死」を確認することなのです。
要は古代においては医学が発達していなかった為に直ぐには死の確定ができなかった事と亡くなられた方の再生を願い続けるという憐憫の情を併せもった期間なのです
これが次第に死者を弔う期間となり、近年になると、親子の死で五十日、兄弟で三十日、従兄弟で七日間、喪に服するのが一般的になったのですね。
本来はこの間、髪を剃らず、髪に油はつけず、女性は髪を束髪にし、頭に笠をかぶって顔をかくして過ごす人もいたらしいのです。大昔ですよ(笑)
要するに、死者との親しさによって、喪の期間も、その内容も違っていたというわけなのです。

神社本庁の喪の期間ガイドによりますと、私が喪中葉書不要とみなしている配偶者の祖父母の喪の期間は10日です。
本来であれば12月21日以降に亡くなった場合にのみ配偶者の祖父母の喪中葉書を出せばよいのです。
実際にはその時点では普通の日本人は年賀状を出してしまっているのであえて喪に忠実に喪中葉書を出し直す人はいないでしょう。
さらにいえば喪中葉書にかいてある「年末年始のご挨拶失礼させていただきます」という件(くだり)ですが、私はいまだかつて「おめでとう」と言って「私は喪中ですから挨拶は失礼させていただきます」というような慇懃無礼?な方にはお目通りしたことがありません。皆様も同様ではありませんか。

現代社会の中で古(いにしえ)のしきたりがいまだに数多く残っています。
喪に服す行為は神道行事の絶巓皇室の方々に委ねまししょう。
私達庶民は喪に服すことはきちんとして、その喪が年末年始にかからなければ、皆で新年を高らかに寿(ことぶ)きませんか。
私からの提案です・・・


海外のドッキリ(エレベータ内で殺人)


今日は神田に出没です。
神田で生まれなのにこのお店には一度もはいったことがありませんでした。
ということで今日のお店は創業明治17年の老舗「神田まつや」さんです。

住所: 東京都千代田区神田須田町1-13
電話:03-3251-1556
定休日:日曜日

IMG_7938

IMG_7937
お店の外観です。

IMG_7935
店内の雰囲気です。

IMG_7927
メニューです。

今日のオーダー「大もり」@800円です。
「江戸の蕎麦の味を現代に引き継ぐ」というキャッチのお店です。
江戸っ子の嗜好と今の人の嗜好って間違いなくちがいますので、江戸っ子が美味しいと思うものは今の私達にとって美味しくない場合もありますよね。
このキャッチは「不易流行」の事を言っていると思うのですが、「不易流行」を申したいのであればそのように書き直した方が良いのではないかなと思います。

閑話休題おはなしはもどりまして
店内は超混雑ですがほとんどが一見さんです。
池波正太郎先生のご贔屓の店です。
あらためてその影響力をマジマジと実感しました。
というのもお昼だというのにもりに熱燗という池波正太郎先生の食べ方をされた方が目の前におられました。
しか〜し先生のライフスタイルは一般人とちがうので、昼からの熱燗は止した方がよいような・・・余計なお世話でした。

IMG_7931

IMG_7932

IMG_7929

IMG_7934
待つこと3分で「大もり」の到着です。
ありゃりゃ蕎麦の表面が乾いていますね、ということは作り置きですか。
まぁ仕方ないでしょう、繁盛店ですから。
本当なら下町っ子ですので江戸っ子のように蕎麦をつるつるっと手繰って咽喉で食べるのですが、今のご時勢でそれをやると噺家の仕草みたいにみられかえって野暮になりますし、もともとこれは昔の蕎麦汁がからかったのでできた技なのです。
今様のからくない出汁で同じ様にやるのは如何なものでしょうか・・・
止めましょう、このような食べ方は、これは噺家とグルメレポーターに委ねて普通に食べるのが穏当だと思います。

そうそう味ですが蕎麦は冒頭のように作り置きなのでいまいちです。
蕎麦汁は鰹節がよく香っていて少し濃いめの味わいです。いわゆる下町の蕎麦屋の味です。
特筆するのはこのお店のおばちゃん店員の方の絶妙な客あしらいです。
老舗の繁盛店特有の外連味(けれんみ)がなく、すべてがスムーズです。
これでしょうこのお店の人気は・・・プラ〜ス老舗の貫目です。
コスパは悪くないと思いますので、お近くおいでになった時には如何でしょうか。

それでは(^_-)

訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ