下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

喜多方

喜多方 生江食堂

今日は「蔵の街喜多方」の話です。 
IMG_0086
シバレるねぇ、小雪降る喜多方にクレームの陳謝で参りました。
それなりの大きな揉めネタなのでキタカッタ、違うか来たくなかったのですが、ハイ。
でも火事とクレームは初期動作が肝心なので致し方ありません。

IMG_0085
Automaticallyのドアの開閉に慣れきった私は、このドアが開くのを茫然と待っていたものですから、並んでいた会津っぽから顰蹙(ひんしゅく)をかいました。

今日は電車の到着時間の都合で珍しくお昼休みの時間が空きましたので、喜多方の街を散策しました。
ここから先はパチリでご覧ください。

IMG_0093
まずは五十嵐酒店です。
蔀戸(しとみど)の残る店内には、この屋敷内のたたずまいを示す立派な模型があり、この屋敷は、かつて用途別の蔵が群れをなしてあったことがわかります。

IMG_0100
喫茶くらです。
明治時代末期に建てられた蔵で元々は綿屋の店舗でした。
昭和54年に改修して喫茶店としてオープンしました。

IMG_0102
中の越後屋です。
明治の初めに上の越後屋から分家して、中の越後屋と呼ばれる旧家です。

IMG_0105
マーケット横町です。

IMG_0106
島慶園です。
かつて喜多方は茶の産地であり、ここも茶葉製造業として創業。
この屋敷の高い天井、座売りの空間、火鉢や並べられた昔の茶壷など老舗の風格がにじみ出ています。

IMG_0116
若喜レンガ蔵です。

IMG_0114

IMG_0115

IMG_0109

IMG_0110

IMG_0111

IMG_0112

IMG_0113
昭和レトロミュージアムです。

喜多方といえば喜多方ラーメンです。
前回のupで 喜多方No.1のお店は「生江食堂」と書きましたが、実はそれは聞き間違いで正しくは「喜一」さんだったのです。
IMG_0118
そして本日(金曜日)revengeで再訪したところ今日もお休みだったのです。
水曜日(前回水曜日が休みだった)が休業日ではなかったのですかビックリマーク
少し逆ギレしている
ということで初志貫徹して、今日のお店は「生江食堂ラーメン」さんです。

住所: 福島県喜多方市桜ケ丘1-26
電話:0241-22-2966
休日:木曜日

IMG_0087
お店の外観です。

IMG_0089

IMG_0090
店内の雰囲気です。

IMG_0088
メニューです。

IMG_0091

IMG_0092
今日のオーダー「みそチャーシュー」@780円です。
丼ぶりはご主人の手製だそうです、丼作りお上手ですネ。
待つこと13分で着丼です。
見た目どこからみても紛(まご)うこと無き「喜多方ラーメン」です。
スープはとんこつ・煮干し系で、お約束のスープの熱々は守られています。
さらにこのスープは焦げ茶色にまで丁寧に炒めたニンニクがバッチリ効いているのです。
味噌の味が深いのですが、さりとてショッパクはありません、美味しい。
麺は中太縮れ麺でこのコクあるスープに良く絡みます。
チャーシューのとろけ具合がgutですね、さすが喜多方、とてもイケます。
美味しいじゃないですか

とここで終われば大団円なのですが、妙な違和感が・・・
何だろう、答えは簡単した。
私が我が灰色の脳細胞に記憶したnetからの店舗画像がちがうのです。
私の格納した画像では店舗のイメージは紺だったのですがこのお店の店舗のイメージは誰が見ても赤ですよねぇ。
恐る恐るnetでreconfirmするとお店が同名他店だったのです。
私の行きたかった「生江食堂」は喜多方ではなく実は会津高田だったのです。
それでなくても喜多方には「生江(なまえ)食堂」と「食堂なまえ」が有って、「生江食堂」に行くときのtaxi内でも“なまえ”違いで一悶着あったし・・
紛らわしいゾ会津!下町っ子に喧嘩売ってんのか!アイズ(愛想)が尽きたぞ

それでは(^_-)

喜多方 あべ食堂

今日は「喜多方ラーメン」の話です。 
その歴史は大正末期から昭和初期にさかのぼります。 
当時、市内にはラーメン店というものはありませんでしたが、中国から渡ってきた一青年がチャルメラを吹き屋台を引いてラーメン(支那そば)を売り歩いていました。その手作り支那そばこそが70有余年の歴史を持つ喜多方ラーメンの元祖と言われています。
喜多方ラーメンがなぜこれほどまでに有名になったのか? 
その原点は「蔵のまち喜多方」にあると言えます。蔵の写真を撮るための観光客が喜多方ラーメンを有名にした最初の要因だったのです。 
喜多方ラーメンは、基本的には醤油味がベースになっていますが、その店によって色合いや風味は千差万別。塩味、醤油味、その中間の味といった様々な味があります。また、麺も店により太さ、縮れ具合、こしなど様々で、これがまったく同じ店などない。 
「平打ち熟成多加水麺」と呼ばれ、一般的には麺の幅が約四ミリの太麺で、水分を多く含ませじっくりねかせてつくるのですが、この麺にはコシと独特の縮れがあるのが特徴です。 
次に良質の水に恵まれていることです。その水を使い麺が作られ、高品質の醤油や味噌が作られ、豚骨や魚介類また地元でとれた野菜などによりスープがとられ、そして、麺がゆでられ絶妙な味をもつ喜多方ラーメンとなっていきます。
喜多方老麺会「喜多方ラーメンの歴史…」より転載
IMG_9516_1

IMG_9518
そうなのです、仕事で喜多方にきました。
ラーメン好きな私は喜多方には本当に来たかったのです・・・
しかしこの町は遠いですネ。家を6時半にでて池袋から大宮そしてそこで新幹線乗り換えて郡山に、そこから磐越西線に乗り換えて会津若松に、さらにここで乗り換えて喜多方に着きました。
喜多方に着いたのは11時17分ですので約5時間車窓の人となったのです、座り過ぎて腰が痛くなりました。
IMG_9519_1
このパチリは途中駅の岩苗代駅です。
喜多方駅に着いたら取引先の工場長が出迎えに来てくれました。
打合せの前に折角来たので「喜多方ラーメン」をご馳走しようということになり蔵の町喜多方の老麺(ラーメン)街に連れて行ってもらいました。
喜多方には全部で120店位のラーメン店があり、そのお店のほとんどがつぶれていないのが喜多方っ子の自慢の様です。
つまり観光客だけが「喜多方ラーメン」を支えているのではなく、地元民もかかさず食べているからラーメン店がつぶれないとのことです。
この工場長は二日酔いの朝は、朝ラーで体調を整えているようですよ。
IMG_9534
工場長は私を喜多方一番のラーメン屋「生江食堂」さんに連れて行ってくれたのですが、運の悪いことにこの日は定休日で休みでした。それではということで二番目に美味しいという「あべ食堂」さんに連れて行ってもらいました。

という事で今日のお店は「あべ食堂ラーメン」さんです。

住所: 福島県喜多方市緑町4506
電話:0241-22-2004
定休日:水曜日(祝日の場合は営業)(8:00〜14:00)

IMG_9512_1
お店の外観です。

IMG_9511
お店の前のパン屋さんです、すごいキャッチですね?

IMG_9515_1
今日のオーダー「チャーシュー麺」@850円(接待ラーメン)です。
松田優作さんではないのですが「何じゃこりゃ!」です。
丼ぶりのうえにはチャーシューが櫛比(しっぴ)の如くひしめきあっていました。
一体何枚あるのでしょうか(笑)
チャーシューは歯応えがよく、パサつき感なくしっとりと舌にからんできます
スープは半濁色で醤油の色合いが濃くどちらかというと黒っぽい感じです。ラード膜も張っていて背脂も若干浮いていますね。
さすが喜多方ラーメンです、醤油の馥郁(ふくいく)たる香りがたまりません。
麺は勿論、平打ちの太縮れ麺です、モチモチ、プリプリ、ツルツルと食感最高です。
味ですか喜多方で二番目のラーメン屋さんですよ。その先入観を外しても、ベタにマジ美味です、喜多方ラーメンに完膚なきまでknockoutされました、ハイ。
ご馳走様でした

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ