下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

啖呵売

横浜中華街 愛群

今日は「士魂商才 其の壱」です。
私は父が起業していましたので、子供の頃から商売の仕方を教えられて、尚且つそれ程好きでもない武道(剣道)をやらされていたので、いわゆる士魂商才魂は幼き頃から叩き込まれて育ったのです。
従いまして、モノを売ることについては、同級生と比べますと卓越したものを持っていました、と偉そうに言っていますが、単に経験から学んだだけで商才があったというわけでもありませんでした。
で〜も、儲けるという事の内発的動機付けは、小学生の高学年において既に身に染みていたのでした。

ora00
大学3年生の時、英会話教材のアルバイトをしました。
と申してしてもノルマのあるアルバイトではなく、入学シーズンに一流大学を廻って英会話教材の実演販売をするものだったのです。
今このように思い返しても、このバイト先のマノス商会の社長のゲームプラン(戦術)は優れたものでした。
マノスの社長の考えは、二流大学の学生のほとんどは英会話教材を買わない。
これは、過去の実績が証明している。
買うのは難関大学の入学者だけだ。
彼らのプライドを極限までくすぐれ。
まして、都内に移住してくる学生は洗濯機、テレビ等の家電製品や新たな借家に納める多額の敷金・礼金等の支払いで金銭感覚がマヒしている。
さらに、彼らは地元では名士になっており、それにより祖母・親戚等から沢山の祝い金をもらっているはずなので財布は膨れている。
彼らのプライドをくすぐれば英会話教材なんか、油紙に火を付けるより簡単だ。
販売成績優秀者にはインセンティブ(報奨金)を付けるぞ、と私たちに激を飛ばしたのでした。

私のデビュー戦は一橋大学でした。
実演販売の仕度が終わった時に、社長が一回だけお手本を見せるから、後はそれに自ら工夫をして売れ、ということでした。
入学式が終わり、多くのエリート達が、私どものような業者のブースに三々五々でやってきました。
社長はその中から、大人しそうな学生をつかまえて、超難関大学名門一橋大学ご入学おめでとうございます。
ところで一橋大学に入るくらいなののですから、英語はできますでしょう。英会話はいかがですか、話せますか、と聞きますと、多少はできるとは思いますが・・・
実は話すのはそれ程自信がありません、と答えたのを聞いた時、社長の眼鏡の奥の両眼(りょうまなこ)がキラッと光ったのを私は見逃しませんでした。
社長は、私は長野の高校しか出ていなく大学には行っていません。
しか〜し、この教材を売るようになってからこれで英語をマスターしました。
一橋の学生さんですから、難易度の一番高いadvanced levelを使って同時通訳を実演してみます。
いいですか適当なところでこのテープを止めて始めます、と言ってからカセットテープレコーダーを回し適当な所でとめて再生ボタンを押し、そこから流れてきた英語に合わせて流暢な同時通訳を始めたのです。
20秒位してからおもむろにテープを止めて、どうですか、内容は合っていましたか、と聞きますと、すみません。
よく聞きとれませんでした、と答えたので、社長は高らかに莞爾として笑い、高卒でもこのくらいはできます。
ましてや一橋大学に入るくらいらの学力ですから、このテープで学習すれば英会話なんかすぐにマスターできますよ。ところで何で東大を受けなかったのですか、と聞きますと、少し偏差値が足りず、高校の先生から安全を見て一橋大学を受けろと言われたのです、と恥ずかしそうに答えたので、英会話で東大生を見返してやりましょう。
それではこのadvanced levelでいいすね、と言ってから、社長は売上伝票を書き始めると同時に、商品を手提げ袋に入れて、その学生に渡したのです。

41glc-IoMuL
私はこれを見ていて、なんだ、これはエリートを相手にしたタンカバイ(啖呵売=ごくあたりまえの品物を、巧みな話術で客を楽しませ、いい気分にさせて売りさばく商売手法)ではないかと思い、これなら自分の得意技だと、こみ上がってくる自信で自らの鼻を膨らませていたのでした。
後編は其の弐に続く。


圧倒的速さ、ソフトボール選手のドッジボール



今日は春めいた横浜中華街に出没です。
IMG_8586

IMG_8587

IMG_8588

IMG_8591

IMG_8592

IMG_8594

IMG_8610

IMG_8611

IMG_8614

IMG_8612


今日のお店は悩みませんでした。
IMG_8613
今日のお店は牛バラ肉ご飯の絶巓「愛群(アイチュン)」さんです。

住所: 神奈川県横浜市中区山下町138
電話:045-641-6245
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日休)

IMG_8595

IMG_8609
お店の外観です。

IMG_8599
店内の雰囲気です。

IMG_8593
TVでのフィーチャー歴です。

IMG_8608
メニューです。

今日のオーダー「牛腩会飯(牛バラ丼、スープ、漬物、杏仁豆腐)」@800円です。
IMG_8597
待つこと1分でお茶と搾菜が到着しました。
お腹が空いていたので卓上にある搾菜を一口つまみました。
あら、美味しいではないですか。
これは期待が持てますね。

IMG_8601
待つこと6分で牛バラ丼、スープ、杏仁豆腐の到着です。
見た目、光り輝いています。

IMG_8602
それでは実食です。
豚バラは全部で4切れ入っています。
正確には3.5切れですが・・・
うん、脂身の部分はトロトロです。
筆舌に尽くせない美味しさです。
それに反して正肉は少し硬めです。
個人的には全部脂身でお願いしたかったですね。
甘辛で八角がきいたタレも高評価です。

IMG_8606
後半、お店のママの推薦の山椒の辛味噌を加えましたら味が引き締まり、違う味わいに変じました。
これまた美味しです。

IMG_8607
杏仁豆腐は平板な味わいでした。
しか〜しこのパフォーマンスで@800円は大満足です。
ご機嫌な中華街ランチでした。

それでは(^_-)

日本橋 フランツィスカーナー バー&グリル

今日は「大ジメ師考」の話です。
昔浅草には大ジメ師(大道や広い場所を占領し、長広舌を振るって人を集め、弁舌の巧みさに依って商品を商う者の総称)がいました。
扱っていたものは、バンソロ(計算手引書)、サンキ(円型計算器)、エッキス(透けて見えるという覗き眼鏡で、いわゆるガセネタ)、リツ(法律書)、キンケン(統計表)、カリス(まじないの本)、ゴエイ(英会話速修書)、行者ウチ(漢方薬草書)などでした。
彼等は所定の場所があり、不定期な時間にやってきては、棒で線を引いてから、ここからはいっちゃいけないよ、と塩辛い声で周囲を威嚇しながら、持ってきたゴザの上に商品を並べ始めるのです。
私達ジャリ(幼少児)が、オジサン、今日は何売るの、って聞けば、オアシ(お金)の持ってないジャリはけえんな!ここはブルジョア達の勉学の集(つど)いだからよ、ってけんもほろろでした。
人が集まった頃を見計らって大ジメ師は、“掴み”をやります。
例えば、天に軌道がある如く、人それぞれに運命を持って生まれ合わせております。
とかく子(ネ)の干支の方は終わり晩年が色情的関係において良くない。
丙午(ヒノエウマ)の女は家に不幸をもたらす。
未(ヒツジ)の女は角にも立たすなというが、そこの若いお方、あなたの生まれ年は?
何ていう感じですか。
そしてこのようにきっかけの掴みが始まりますと、大ジメ師の啖呵売(たんかばい)のtoneが徐々にheat upしていくのです。

以下に記しますのはキンケン(勤倹奨励の略)師の紹介です。
昭和5年の本ですので少し古くさくはありますが、当時の雰囲気は大いに感じ取れるものかと思います。ご覧になってください
今これをやっている者は日本にたった一人しかいない。そのたった一人の後藤こそ、大正七、八年から十一、二年にかけて、流行歌うたいとしてその人ありと知られたる後藤紫雲の後身である。未だ今ほど景気が落ちないで、勤倹の統計表が盛んに売れる頃は、キンケン打ちも大勢あったのだが、それらは売れなくなるとたちどころにネタガエ(商品を代えること)をしてしまった。その中で、彼一人は頑強にこのキンケンを固守している。彼の勤倹奨励の演説たるや、白熱的で、むしろ凄槍の感に打たれる。その熱度は、彼の勤倹に対する信念か、統計表を売らんとする自らの生活に対する強執か、その辺は神韻標瀞として捕捉すべくもないが、一度彼の熱弁に接した人ならば、私と感を共にするに違いない。 
「白粉つけたり、香水つけたりはやめましょう。化粧する人が我国民中に一千五百万人として、その費用一人一日三銭ずつとみても、一ヵ年には実に一億六千四百二十五円となる。この金で、六干噸(トン)の汽船が百六十艙造られる」の類の文句をいろいろ並べる。そして、各国富比較、国債、輸出入、米の生産と費消高、酒、煙草などの統計を示し、我国がどういう経済状態にあるかを述べ、これを救うには勤倹あるのみであると力説する。 
その上で、その各種の統計表を売るのであるが、その勤倹の趣旨に従えば、そんな統計表なんか買わないで貯金した方がいい事になるのだが、そこまで勤倹の趣旨が徹底しちゃっては、彼の狂熱的饒舌が「意味」をなさなくなる。奇体なことには、さんざん勤倹の話を聞かされて納得したものが、みんな文句無しにその場で無駄使いをする。統計表を買わされてしまう。そこにマジックがあるというのである。
「六区展望」添田唖坊著より転載


如何ですか、大ジメ師の啖呵売(たんかばい)は?って書いたものの、啖呵売(たんかばい)というのは、的屋(てきや)とかがバナナの叩き売り(バナナのたたきうり)等で使う手法で、大ジメ師の口跡とは違うというのが私の認識です。 

我が父親が大ジメ師のバイ(売り口上)が好きで、子供の頃によく見ていました。
父親は「易もの」がすきで大ジメ師のバイ(売り口上)を聞くだけ聞いて、最後に四柱推命本を求めておりました。要は木戸銭みたいな感じだったのでしょう。
大ジメ師の四柱推命は良く当たっていましたよ。

ちなみに以下は私生年月日からの四柱推命の鑑定結果です。
警戒心が強く、親しい人以外はあまり話しません。控えめで、公言するより秘密にしておくほうが好きなタイプです。また、勉強好きな努力家ですが、プライドが高く、好き嫌いがはっきりしています。自信家のようで、実は気が小さいほうです。人を指導することが好きでその実力もありますが、理想を求めすぎて相手に反発されることもあるでしょう。
当たっているかですかって、これって当たるようになっているのです。
例えば最初の文ですが“警戒心が強く、親しい人以外はあまり話しません。控えめで、公言するより秘密にしておくほうが好きなタイプです。”と書かれています。
でもこれって警戒心が強い人って、見ず知らずの人とあまり話しませんよね。
ですので、このような説明に異をとなえる人はいません。
さらに“勉強好きな努力家ですが”という件(くだり)は多少でも思い当たることがあれば、ほとんどの人は自分の性格の一つである、間違いないとすると思います。
次に“自信家のようで、実は気が小さいほうです。”というのが自分と異なるのであれば、これは外れとして読み飛ばすでしょう。
ということでほとんどの人が自分の性格に当てはまるところを拾って読んでいけば、当り前ですがほとんどの性格診断は当たるのです。
万が一自分の性格にほとんど当てはまるところがなければ、この性格診断は外れだねといって終わらせて、外れたことの責をその診断元に返金要求まですることはないと思います。
まぁほとんどが無料診断ですからね(笑)
所謂この様な行為を中心化傾向といいます。
でもこの四柱推命の私の性格は当たっていましたョ?

閑話休題おはなしはもどりまして
私が父親に良く買ってもらったのは、サンキ(円型計算器)です。
これは多分計算尺の亜流品ですので、使い方をきちんと修得すればすごいものだったのでしょう。でも私は馬鹿に付けると馬鹿が治る薬みたいな気持で求めたものですから、細かい漢字で書かれた説明書を読むこともなく、まして小学校低学年ではそんなに高度な計算をする機会、必要もなく、いつも机の肥やしと成下がっていたのでした。


IMG_2192

IMG_2193
今日は日本橋に出没です。
このお姉さん、すごいですね。傘で電話していました・・・
今日のお店は「フランツィスカーナー バー&グリル」日本橋店さんです。

住所: 東京都中央区日本橋3-8-16 ぶよおビル B1F
電話:03-6225-5485
定休日:日曜日

IMG_2185

IMG_2186
お店の外観です。

IMG_2187
店内の雰囲気です。

IMG_2184
メニューです

今日のオーダー「シュぺッツレ(挽き肉とキャベツのクリームソース)ランチ」@1,000円です。
このお店はドイツグルメのお店です。まずはお店の惹句のご紹介です。
【ドイツ・ミュンヘンから直送!!】 老舗ビアホールの味を楽しめる店
いよいよ夏本番!ビールの季節到来です♪ミュンヘンより直輸入“フランツィスカーナーヴァイスビアー” “シュパーテン ミュンヘナーヘル”ここでしか味わえません! 数量限定でドイツ最北端の醸造所、フレンスブルガーより樽生入荷しました。早い者勝ちです♪ 夏のスパイシー激辛メニュー始めました!ビールがすすみます♪


IMG_2189
まずはサラダです。
特筆することもなく普通のサラダです。

IMG_2191
シュぺッツレ(挽き肉とキャベツのクリームソース)です。
シュぺッツレとはモチモチした食感が特徴的な南ドイツの生パスタです。
伝統のクリームソースが特徴です。
待つこと10分で着皿です。
見た目あまり美味しそうでない感じです。

それでは実食です。
これはラーメンなのかスープスパなのか判断の分かれるところであります。
もっとクリーミーなのかなと思いきや、かなりあっさりとしたスープです。
挽肉はパサパサしていてスープの足を引っ張っています。
キャベツの存在感は不明です。

ドイツ料理というのは以食為天というか悠々蒼天というか肉山脯林の様な感を持っていました。
しかし今日、このシュぺッツレを定期的に食べるドイツ人に生まれなくて良かったなと、衷心より思った次第であります。
味ですか、上述の文章でお察しください。
しかしハッキリといえることは、ここのコスパは悪いですね、間違いありません、ハイ。
ドイツビールは美味しそうでした・・・
こんな日もあります。

それでは(^_-)


五反野 松屋 五反野店

今日は「フトでる口癖」の話です。 
なくて七癖あって四十八癖といいますが、何気なく口に出る口癖ってありますよね。
昔の下町の人は、よく啖呵売(たんかばい)のような言葉が自然に口について出てきました。例えば以下の様な感じです。

◆「とんでもはっぷん、駅まで10分」
◆「おそれ入谷の鬼子母神」
◆「あたりきしゃりき車引き」
◆「合点承知の助」

今でも下町では使っている人はいるのでしょうか・・・

ちなみに私が自然と口についてでるのは
◆「余裕のよっちゃん」
◆「それを言っちゃお仕舞よ」
◆「頭がいいもんで、すぐ忘れちゃうんですよ」
◆「当り前田のクラッカー」です。
多分最後のは父親の口癖がうつったのだと思います・・・


「当り前田のクラッカー」といえば、「てなもんや三度笠」ですが。このコメディは、1962年5月6日〜1968年3月31日に朝日放送・TBS系で放送された人気テレビ番組です。殆どの時期が白黒放送ですが、最後の方になってはカラー放送になりました。
全部で309回放送。提供は菓子メーカーの前田製菓です。時代劇風なコメディ。公開録画で作成されていました。ただし番組初期の時代にはビデオに録画して放送する技術がまだ確立していなかったため、生放送で制作されていました。スタジオに組まれたセットの中でスピーディーに展開する物語を生本番でミスなく演じる出演者と、それを支えるスタッフの姿はまさに職人芸と言えるものだそうです。
「俺がこんなに強いのも、あたり前田のクラッカー!」や、「ヒッジョウニ、キビシ〜ッ!」などの流行語はこの番組から出ました。
ところでこの番組の演出の澤田隆二さんは全くアドリブを認めない人なので出演者の方は大変だったそうです。それと売れている芸人が自分のギャグをやると、その笑いに必然性がないと、木で鼻でくくったような言い方で、それのどこが面白いの、何で面白いの、と突き放すので、指摘された芸人は皆顔面蒼白となったようですよ。

今日は五反野に出没です。
お昼を食べようかと駅周辺でお店をさがしたところ、全く目ぼしいお店がなかったものですので、安定感ある「松屋」五反野店さんにお訪(とない)を入れました。

住所: 東京都足立区足立4-29-8 重沢ビル1F
電話:03-5845-5180
定休日:無休

IMG_0636
お店の外観です。

IMG_0634
店内の雰囲気です。

IMG_0635

IMG_0631

IMG_0632
今日のオーダーは「豚テキ定食」@630円です。
実は最近このメニューにハマっています。
良くできたメニューですよね。
アンデス高原豚をソテーしてにんにくタレで味付けですが、イイじゃないですか。
それにさり気無く真っ赤なキムチがone pointアクセントになっています。
松屋さんのセンスの良さを感じます。
しいて不満を申せばアンデス高原豚君はスジがおおくてカミキレンデス位でしょう。
味噌汁がついて、紅生姜食べ放題、松屋特製オリジナルカレー用辛味スパイス掛け放題ですものね。
ちなみに私流の「厚切り豚テキ」の食べ方は、サラダには胡麻ドレッシングをタップリ、ご飯には紅生姜をタップリ、厚切り豚テキにはオリジナルカレー用辛味スパイスをタップリです。
不味いわけがありません、松屋最高です。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ