今日は「似非(えせ)デジャブ其の弐」の話です。 
デジャブ(既視感)は、実際は一度も体験したことがないのに、すでにどこかで体験したことのように感じることである。

奥様とTVを見ながら雑談していると
奥様「ねぇねぇ知っている。愛子様ってお昼を同級生じゃなくて雅子様とお二人きりで特別室で食べているのよ」
私「同級生と一緒に食べていた方がいいんじゃないの。それに一緒に食べれば同級生の最近の興味ある事も聞けるしね、話題の共有は小学生では必須だぜ」
奥様「雅子様って、愛子様に過保護じゃない。いつまで続けるのかしら?」
私「最近、雅子様から相談mailもこないしなぁ・・・」
ちょっと待てよ、何気なく聞いていたらこの話知っているのです。
Why?
暫時考えていますと、氷解しました。
我が家では私が愛読している週刊誌を読み終えると奥様に渡すのがお約束なのです。
私「おいおい、その話って週刊誌を読んで知ったんだろう?」
奥様「貴方も読んだの?」
私「いつも僕が読み終えてから渡しているじゃないか(笑)」
ネタバレじゃ!

会社の近辺を歩いていたらどこかで見た人に挨拶されました。
当然のことながら挨拶をかえしますが、誰だか分かりません。
それもここ最近2〜3回続いたのです。
粘着質の性格の為、考え始めると夜も寝られなくなるので挨拶の方(かた)を特定するのは早々と止めました。
しかし知っている顔だなぁって、いつも飲みに行くお店の面々を思い浮かべます。
分ら〜〜ん、Who is he?
暫くしていつも行くラーメン屋さんに飲みに行くとマスターが遅番なのか着替えていました。
そしてその姿はまさしく挨拶の方でした。
なんで私はいつも行くラーメン屋のマスターの顔に気がつかなかったのでしょうか・・・
答えは簡単です。
マスターは厨房にいるときは必ず厨房用の帽子をかぶっています。
しかし仕事以外のときは帽子をかぶっていませんよね。
ハゲだったのじゃ!

今日はお茶の水に出没です。
「越後そば」さんで美味しい蕎麦を頂いたので、今日のお店は私のホームの「ゆで太郎」さんは神田駿河台下店です。

住所: 東京都千代田区神田小川町3-7-13
電話:不明
定休日:日曜日

IMG_9998
お店の外観です。

IMG_0002
店内の雰囲気です。

ゆで太郎
メニューです。

今日のオーダー「唐揚せいろ定食」@650円です。
まずはゆで太郎水信社長のコメントです。
IMG_0004
大きなリニューアルでは「元気玉」が豚肉から唐揚2個に、「天丼」が「天とじ」になります。
新規では「唐揚」を使ったメニューが数品、「唐揚」の下味には「ゆで太郎のかえし」を使用した、オリジナルなもので、自信の一品になります。


IMG_0005

IMG_0006
待つこと10分でできたよcallです。
えっ!これってご飯がつくの、量多すぎます。
気を取り直して実食です。
あれっ、唐揚げ揚げたてじゃないですか、水信社長!
どうなんでしょう・・・最近の安美味蕎麦屋さんは揚げたてがtrendなのですが。
でも味はいいですよ。特に衣がイケます。
蕎麦は安定して美味しいですね、でも「越後そば」さんの方が美味しいです、ハイ。
ご飯がよけいでしたねsad

それでは(^_-)