下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

味万

心斎橋 味万 リターンズ

今日は「大垣共立銀行」です。
OKB4
今日のフリネタ「大垣共立銀行」は、日本経済新聞による金融機関の顧客満足度ランキングで2011年は総合1位(ネット系銀行を除く)、2012年はトップ10入りし、地銀では1位に輝いた岐阜県の地方銀行です。
この大垣共立銀行は、岐阜県内シェア44%、大垣市シェア82%という地元密着型の銀行で、すばらしいサービスで差別化していることでも有名です
このようにすばらしいサービスを提供している大垣共立銀行ですが、銀行のサービスを変革することがなぜできたのでしょうか。ちなみにこの美女たちはここの行員さんですから。

OKB3
その答えは、頭取の土屋氏の掲げた「我々は金融業ではなくてサービス業だ」という言葉にあります。
自らを「サービス業」と定義することは、スタッフひとりひとりの意識を変え、組織一丸となってサービス変革を推進するためには、極めて効果的なのです。
ちなみに地元トップ地銀の十六銀行を一方的にライバル視する大垣共立銀行です。
その本店ビルが17階建てなのは十六のひとつ上という意味があると言われています。

それではまず、具体的にどんなサービスを行っているのか、その一例を挙げてみたいと思います。
# 全国初のキャッシュコーナーの365日年中無休稼働。定休日を気にせず利用できます。
# 移動ATM「ひだ1号」。銀行機能をのせたバスが過疎地域を巡回してくれます。
# ドライブスルーATM。わざわざ車を降りずにATMを利用できます。
# ATMに説明スタッフ配備。不慣れなご老人などに何度でも親切に対応してくれます。
# 商談でリラックスできるように、高齢者には和風、奥さまにはキッチン風の商談室が用意されています。
OKB2

IMG_5670

IMG_5671

IMG_5672

スロットサービス開始においては、評論家の勝谷誠彦が、週刊誌「SPA!」、TBSラジオ「ストリーム」2005年7月20日の「コラムの花道」 や自身のウェブなどで、「金融機関が射幸心をあおるのはいかがなものか」、「銀行がパチンコ屋を始めた」、「不良債権処理に対しての公金投入や、低金利に加え、ATMや両替での手数料を蓄え、微々たる手数料を抽籤で免除するなど、巨馬鹿」などと批判を繰り返してきましが、同行を全国的に有名にした宣伝効果も含めて、メディアや利用者の反応は概ね好意的であったようです。
ちなみに以下のルーレットで運よく当たれば最高1,000円なので一英世さんが入金されます。
OKB1

IMG_5673
「誠 誠 Biz.ID 誠 Style 誠ブログ」他参照


今日は大阪に出没です。
この街の食べ物は安いですね。

IMG_5637
飲み放題で980円ですか。
これは竜馬でなくても「たまらんぜよ」ですね。

IMG_5655

IMG_5656

IMG_5657

IMG_5658

IMG_5659

IMG_5660

IMG_5661
キッチュな食堂街です。
なんで「焼きそば定食」が@630円で供せるのでしょうか。
もしかして消費税はいまだ5%ですか、信じられません・・・

IMG_5643

IMG_5645
ということで遅いlunchです。
今日は心斎橋に出没です。
心斎橋といえばここでしょう。
ここの「カツ丼」を食べないと大阪に来た気になりません。
今日のお店は私のお気に入りの「味万」さんです。

住所: 大阪府大阪市中央区北久宝寺町3-6-12
電話:06-6252-0612
定休日:土曜日

IMG_5646

IMG_5647
お店の外観です。

IMG_5649
店内の雰囲気です

IMG_5650
メニューです。

IMG_5652
IMG_5653
今日のオーダー「カツ丼」@820円です。
待つこと7分で「カツ丼」の到着です。
揺(たゆ)う揺(たゆ)うした玉子が美味しそうです。

それでは実食です。
カツは揚げたてです。今日のカツ丼もちょっと火が入りすぎたような感じです。
もしかしたらこれがstandardだったりして・・・
カツ丼なのでカツを煮るからですからね。
玉子は半熟トロトロです。
出汁は関西風なのですこし薄めの味付けです。
これが素材の美味しさを極大化しています。
この味わいは、大阪では他の追従を許さない美味しさだと思います。
もし取調室でこのカツ丼がだされたら自白者続出でしょう(笑)
大満足の心斎橋のlate lunchでございました。

それでは(^_-)

心斎橋 味万

今日はオムニバスです。 
ここのところ体調が悪く15日間もお酒を飲んでいません。
過去禁酒は5年間の実績がありやれば禁酒はできるタイプなのです。
かといってこのまま酒なし人生になるのも嫌でございまして、一日も早く健康が回復するように祈念している今日この頃です。

IMG_0015
街はクリスマスの季節です。そして街は色づき始めました。
冷たい木枯らしの中、枯葉が寂しげにくるくると錐もみしながら、小走りに街を駆け抜ける人並みに当たりながら跳ね上がります。
その光景を眺めていると、私はこのメロディの桎梏(しっこく)となってしまうのです。
シンシア(南沙織)もすでにいいオバサンになっているのでしょうね。



IMG_0035

IMG_0036
所用で出かけて帰宅したら、奥様が安住紳一郎の「日曜天国」で投稿ネタが読まれたわよといってくれました。
通算7回目の快挙です。
今回読まれたネタは blogにupしたものと同じです。

以下は今まで頂いたにち10オリジナルポストカードの面々です。
IMG_0029IMG_0030

IMG_0032IMG_0031

IMG_0033IMG_0034

 
初回投稿ネタは以下の通りです。

札幌は定山渓の旅館で業界の忘年会が行われ時の話です。
小用で中座し宴席に戻った私は、先ほどかから盛り上がっていた「今年の巨人はどうなのよ」という話を続けました。
私は酔っていたせいもあり日頃から思っていた「選手起用論かくあるべし」という話をさらに長々とぶち上げたのです。
この持論は宴席の皆々から、目から鱗がおちますな、と絶賛の嵐でした。
さらに盛り上がってきた私はビールが無いのに怒り、ビールを催促しました。

するとその中の一人が、お部屋となりですよ、とポッリといいました。
その言葉に反応して一座の面々をみたら、知った顔が一人もいません・・・
恥ずかしげに部屋をでるとき、一座の笑い声が背中につきささりました。
そんなこと席につくなり言えよ、カッコわるいじゃないか!


上述の通り「カッコ悪い話」という内容です。ラジオネーム「マラソンマン」が私です。
三番目が私のネタの紹介です。お暇でしたら実録も聞いてみて下さい。


IMG_0016
今日は大阪は心斎橋に出没です。
寒かったのでウロンでも食べるかと訪れたのがこちら「味万」さんです。

住所: 大阪府大阪市中央区北久宝寺町3-6-12
電話:06-6252-0612
定休日:土曜日

IMG_0023
お店の外観です。
このお店は大阪在勤時代良く食べにきていたのでお馴染のお店です。
カレーうどんが美味しいんですよ!

IMG_0017
店内の雰囲気です。
閉店(19:00)ギリギリに入店したものですから客は私一人です。

IMG_0020
お店のコダワリです。

IMG_0018
メニューです。

IMG_0021

IMG_0022
今日のオーダー「鍋煮込うどん」@920円です。
待つこと15分で着丼です。
具は海老天、葱、蒲鉾、ドンコ、茸、卵、カシワ、筍、椎茸です。
料理を運んできた店員さんが、熱いので絶対に鍋を待たないでくださいね、といわれたので最初は意味がわかりませんでした。しかし数秒後にこのwarningの意味が良くわかりました。
この料理すべてが熱いのです。前回upした錦糸町の「海亀」さんの料理が熱いと書きましたが、このお店の熱さの前ではまるでお子チャマです。
筍なんかあまりに熱くて口に入れた途端勝手に飛び出していきました、ちょっとない熱サデス。
天麩羅も揚げたてで熱々なのがこの熱い出汁(だし)の中で泳いでいるわけですから、何をか言わむやです、ハイ。
味ですか、熱さばかり強調していますが、味はいいのです。
出汁(だし)が秀逸です、鰹節の複雑な味が美味しさをふくよかにしています。
麺はつるんつるんしており、よく出汁(だし)に絡みます。
大阪のauthentic(ホンマモン)の味です。
しいていえば閉店時間だからといって、悲しげな童謡(雪の降る街、飛べ飛べトンビ等)を流さないでください、悲しげな旋律に思わず心が折れそうになりました。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ