今日は「名古屋新幹線地下街エスカ」の話です。
エスカとは「名古屋駅」の「新幹線改札口」からすぐの所にある「地下街」で1971年の開業、今年で約40年たちます。店舗エリアはおよそ6000屐△気蕕鵬竺の「駐車場」は1万屬剖瓩すさを誇ります。出張者ならば帰りの「新幹線」までの限られた時間でも訪問する事ができます。80を超す「テナント」の内、31店舗は「飲食店」で、「ひつまぶし」「きしめん」「みそかつ」「味噌煮込みうどん」などの「名古屋めし」が堪能できる他「若鯱屋カレーうどん」「コメダ珈琲店」「ラーメン寿がきや」など「名古屋」が発祥の店舗も充実しています。
ちなみに「エスカ」の由来は「駅西ショッピングセンターアベニュー」の「英単語」の頭文字をひとつずつ取ったそうです、 詳細は下記を御参照下さい。
E:eki nishi(駅西)
S:shopping(ショッピング)
C:center(センター)
A:avenue(アベニュー・通り)
「初芝スライリー#26」さんのblogを参照しました

この地下街はよくきますし、出張帰りの新幹線を待つ間軽く飲む憩いの場所でもあります。今回の出張でお昼を食べに立ち寄りました。いつもは「きしめんよしだ」さんが定番なのですがたまにはチャレンジしようと新規開拓をしました。
ちなみに今日のエスカの行列店は
味噌煮込みうどん 山本屋本店
みそかつ 矢部とん  
担担麺専門店 想吃担担面 
の順でした。やはりご当地topは「山本屋本店」なのでしょう…ちなみに私はこのお店高いのでいかないのです、というか50回以上はいっているのでサプライズもないこともあります。

若鯱家1

若鯱家2
このキットカットは東海・北陸限定の「みそ風味」です。そいういえば月曜日軽井沢に行ったら「一味唐辛子」のキットカットを売っていました。はたして美味しいのでしょうか、さすがに味噌はだめでしょうsad

ということで今日のお店はエスカのどこにしようか悩んだのですが、「スパイスとダシをあわせたピリ辛のオリジナルルゥは、とろみが強く極太のうどんにしっかりからみます」という惹句に惹かれて、暖簾をくぐったお店は「カレーうどん 若鯱家」さんです。

住所: 愛知県名古屋市中村区椿町6-9先
電話:052-453-5516
定休日:無休

若鯱家3
お店の外観です。

若鯱家4
店内の雰囲気です。

若鯱家5
今日のオーダーは「カレーうどん」@840です。本カツオの削り節をふんだんに用いた和風だしと様々なスパイスをブレンドしたスープに秘伝のカレー粉を加えた独自のルウとのことです。程よくルウに絡み合う秘伝の製法で打たれた極太麺も秀逸とのこと。具はアゲ、ネギ、豚肉、蒲鉾です。味ですか、美味しいことは美味しいですが、やはり「カレーうどん」は「カレーうどん」です、しいていえばスープがクリーミーでコクがあり最後まで飲めました。ということで期待が大きかったぶんだけ、サプライズが相殺されたエスカのランチでした。

それでは(^_-)