下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

吉良上野介

続 御徒町 肉の大山

今日は「水野十郎左衛門異聞」の話です。
歴史上の人物や著名人の墓を巡って、故人の足跡に思いをはせる人を「墓マイラー」と言います。このblogを良くご覧になられる方なら私がstereotypeの「墓マイラー」なのはご承知のことだと思います。
この日のBlogの通り泉岳寺にある赤穂浪士の墓参に出向いた私は、吉良上野介の墓参もしなければいけないだろうと考え、netで吉良上野介の墓を探していたのです。
吉良上野介の墓は中野区上高田にある萬昌院功運寺というお寺でした。それなら自宅よりすぐにでも行けるなとほくそ笑んでいたら、なな何とこのお寺には旗本奴、水野十郎左衛門の墓もあるではないですか。
実は私は水野十郎左衛門について、すご〜く興味を持っていた時期があったので、この偶然には歓喜雀躍したのでした。

水野十郎左衛門は、生年不詳ながら実在の人物です。
「旗本奴」の首領として悪名を馳(は)せた人物です。そして「旗本奴」と並ぶもう一方のヤクザ集団である「町奴(まちやっこ)」の親分「幡随院長兵衛(ばんずいいんちょうべえ)」を裏三番町の自宅の風呂場で謀殺したことで有名です。
生涯その不法な行動は止むことはなく、寛文4年(1664)、遂に切腹させられたということです。
切腹させられたのは「幡随院長兵衛(ばんずいいんちょうべえ)」を謀殺したことではありませんでした。「幡随院長兵衛(ばんずいいんちょうべえ)」を謀殺したのは明暦3年(1657年)7月18日でしたが、この事件について水野重郎左衛門はお咎めなしだったのですね。
その7年後の寛文4年(1664年)3月27日、行状不行跡(ぎょうじょうふぎょうせき)により幕府評定所に召喚された水野十郎左衛門は、わざと袴も着けず、ふり乱した髪には泥を塗りつけ、乞食同然の身なりだったといいます。これに激怒した時の幕府老中・土屋但馬守の命により、水野は即日切腹、水野家は家名断絶となったとのことです。

徳川家康が征夷大将軍となり江戸幕府が開かれたのは、慶長8年(1603)のことですが、2代将軍秀忠を経て、3代将軍家光の頃になると徳川幕府は安定期に入り、徳川家に反旗を翻(ひるがえ)す者はもういなくなりました。これから明治維新まで、200年以上も戦争のない平和な時代が続きます。
戦争がなくなると、武士は無用の長物となっていくのは自然の成り行きですが、そうなると武士の間に不平不満が蓄積していくのもこれまた自然の成り行きです。

徳川家直属の家来を旗本と呼ぶのですが、この旗本でも直接将軍に謁見(えっけん)する資格(御目見=おめみえと言います)のない者を御家人(ごけにん)と呼びます。このクラスの武士にとっては、ただ決められた俸禄(ほうろく、給料のことです)を受けるだけで何の役職にもつけません。サラリーマンで言えば窓際族の生活を送っているだけで出世の機会は永遠にありません。それでもまだ家督(かとく)を継げる長男ならまだしも、次男以下になると、長男が貰ったサラリーのおこぼれを頂戴して生きていくだけのやっかい者になってしまいます。
ちなみに水野十左衛門の家は3千石のお殿様でしたが、長男でない彼は只の穀潰(ごくつぶ)しだったのです。今でいえばセレブの出自でありながらニート、それなのに文武においては溢れんばかりの才能があります。
従ってこの溢れんばかりの才能を封止するがために、勢い飄逸奔放(ひょういつほんぽう)で自堕落な日常の中に自らを埋没させるしかなかったのですね。

そしてこのように世に受け入れられないこうした不平分子が徒党を組み、乱暴・狼藉(ろうぜき)を働く無頼(ぶらい)の集団になっていく訳ですが、これが水野十郎左衛門に代表される「旗本奴(はたもとやっこ)」だったのです。男伊達(おとこだて)を競い、喧嘩(けんか)と博打(ばくち)に明け暮れ、江戸市中を我が物顔で横行する「旗本奴」は、それでも身分が旗本であるだけに庶民からみれば全くもって迷惑な存在だったようです。

水野十郎左衛門が組織した「旗本奴」は、「白柄組(しらつかぐみ)」と呼ぶのですが、この他に「大小神祇組(だいしょうじんぎぐみ)」、「六法組」、「吉弥組(きちやぐみ)」、「鉄砲組」、「鶺鴒組(せきれいぐみ)」「笊籠組(ざるぐみ)と呼ばれる組がありました。それに対抗する町奴の頂点が幡随院長兵衛(ばんずいいんちょうべえ)の率いる「浅草組」だったのです。

そんな水野十郎左衛門達がよく行っていたeventの一つが「風流我慢会」でした。
彼等は夏と冬を取り違えることをもって、風流と心得ていたのです。
冬に夏の遊びをし、夏に冬の遊びをして、これを持って自己鍛錬としていました。

水野十郎左衛門は蝉も暑さで落ちんばかりの盛夏の日に、伝法院での「風流我慢会」に幡随院長兵衛(ばんずいいんちょうべえ)を招待しています。
当日は薪をうず高く盛った焚火を数か所に配置し、どれもこれも勢いのよい小山のような立ち昇った炎をみせていました。Dress codeは特別に厚くしたてた“どてら”の三枚重ねです。綿の重さだけで7.5kgあったというheavy dutyです。そして飲み物はチンチンと沸き立った熱湯熱燗です。このような中で「今日は、冷えるぜ」と真っ赤な顔で、そしてその顔面からは滝の様な汗を滴らせて大宴会を行っていたのでした。

ということで冒頭の通り、私は水野十郎左衛門について、このようにすごく興味を持っていたのです。如何ですか、私の拙文で水野十郎左衛門の心の闇を垣間見て頂ければ幸甚です。

ここから後は画像も見てください。

IMG_2117

IMG_2112
まずは萬昌院功運寺の外観です。

IMG_2114

IMG_2113
吉良上野介の墓です。

IMG_2115

IMG_2116
水野十郎左衛門の墓です。

幡隋院長兵衛


銀座ブラジル1
幡随院長兵衛(ばんずいんちょうべい)の墓です。この画像は浅草の源空寺「幡隋院長兵衛(ばんずいいん ちょうべえ)の菩提寺)」さんが、正月の墓参客用の為に開いていたのでわざわざ撮ってきたものです。


IMG_2096

IMG_2110

IMG_2111
今日は上野に次男と出没です。
マラソンのrunning formをheal contact running(踵着地走法)からforefoot strike running(爪先着地走法)に変えたことから、それに合わせてrunning shoesを変えなければなりません。そのためにアートスポーツさんにrunning shoesを求めに来たのです。
今日はお盆期間中なのかいつも行くお気に入りのお店は休みでした。
ということで今日のお店は、唯一お盆期間中にもかかわらず営業していた「肉の大山」さんです。

住所: 東京都台東区上野6-13-2
電話番号:03-3831-9007
休日:元旦のみ

IMG_2109
御徒町のlandmark「吉池」さんが忽然となくなっていました。
建て直しのようですが全く知りませんでした。

IMG_2108
お店の外観です。

IMG_2100
店内の雰囲気です。

IMG_2098

IMG_2101

IMG_2102
メニューです。

IMG_2107
私のオーダー「牛肉生姜焼き&唐揚定食+ドリンクバー」@680円です。

IMG_2105
次男のオーダー「豚肉生姜焼き&唐揚定食+ドリンクバー+特製メンチ」@680円+@210=890円です。

IMG_2103
まずはメンチカツです。
ちょっと揚がりすぎですが安定した美味しい味です。
これは肉がとてもおいしいですね。

牛肉生姜焼き、豚肉生姜焼き&唐揚定食ですが、笑っちゃいけないのですが、これってほとんど肉そのものの味です。
たしかに肉屋さん直営のお店なので肉に自信があるのは結構なのですが、調理された味がほとんどないというのは驚きです。
IMG_2106
でもドリンクバーがついて、このボリューム、特に豚汁の肉の量のすごいことにはあらためてクリビツしました。
あいかわらず頓珍漢な接客をするマネージャーさんも、その頓珍漢振りを含めて健在でしたし、下町の洋食屋さんらしくてよい店だなとあらためて瞠目した次第です。
たまに下町に来た時に行くなら、こんなお店っていう感じでしょうか・・・

それでは(^_-)

虎ノ門 バルボア

今日は「忠臣蔵私見」の話です。
夏休み3日目です。色々とやることがあるので多忙です。
今日は予(かね)てから行きたかった高輪にある泉岳寺に四十七士の墓参に次男と参りました。

IMG_2086

IMG_2093
まずは泉岳寺の外観です。

IMG_2088

IMG_2087
血染めの石、血染めの梅です。
300年前に飛び散ったものですので、さすがに今では血痕の跡ははあとかたもありません。
安心して見ることができます。

IMG_2090

IMG_2089
首洗い井戸です。
ちょっと生々しいですかね。

IMG_2092
四十七士の墓です。

IMG_2091
大石良雄、通称「内蔵助」さんの墓です。

IMG_2094
ご存じ喧嘩安兵衛こと高田馬場の決闘で江戸中にその名をはせた堀部安兵衛さんの墓です。
埋葬されて300年以上経っているのに墓碑銘がきれいなので泉岳寺のお坊さんに確認したら一度もrenewalしてないそうです、墓石が特殊なのでしょうか、すごく気になりました。

そうそう墓参の後境内内にあるトイレを借りようとしたら、男性トイレの表記が分かりにくかったのでまごまごしていました。
すると近くの長椅子に座っていた露西亜系の外国の方に、違うよ、そこじゃないよ、右に曲がったところだよ、とたどたどしい日本語で教えてもらいました。
この時期に泉岳寺に来られる外国人って、一体何の目的で来られているのでしょうか、そしてこの外国人が泉岳寺のトイレを熟知しているのは何故なのでしょうか、謎が深まります。

忠臣蔵の発端は江戸城の松の廊下で、浅野内匠頭が吉良上野介に対して刃傷に及んだことに始まります。上野介は軽症でしたが、殿中での刃傷ということで浅野内匠頭は切腹を命じられました。
喧嘩両成敗のご時勢なのに、上野介にはお咎めはなしとなりました。そこで、それに異を唱える赤穂浪士が主君の仇ということで、ここ吉良邸に討ち入ったのです。それが12月14日、正確には15日の未明、午前3時ごろだそうですよ
上野介の首を落としたのは午前6時ごろだそうです。もちろん死亡したのは上野介だけではありません。屋敷にいた吉良家の家臣16人が死亡、負傷者は23人でした。赤穂浪士側は数名の負傷です。その後、赤穂浪士は回向院へ向かいますが。回向院側はかかわりたくなかったのか、門を開けなかったそうです。

個人的にはこの話は冷静な歴史的判断がなされていないと思います。
そもそも浅野内匠頭は癲癇(てんかん)気質で、今でいうキレやすい人だったそうです。
一方江戸城で浅野内匠頭に切りつかれた吉良上野介は、当時高家肝煎の筆頭だったのですよ。今でいえば内閣官房長官的statusの高級官僚に対して、地方小都市の知事が国会内で傷害罪、殺人未遂罪を犯したようなものです。
切りつけた理由は、定かではありませんが、京都より朝廷から派遣された勅使と、上皇から派遣された院使に将軍が対面する大切な儀式が行われるので、その準備に際して、吉良上野介は儀式そのものに不慣れな浅野内匠頭に対して何かと注意をしていました。
それが浅野内匠頭のstressとなりそのstressが溜まり溜まって、3月14日の儀式の日に暴発したというように私は考えています。
吉良上野介が浅野内匠頭に注意するのは当り前ではないでしょうか。
吉良上野介は万が一浅野内匠頭の粗相のために、この儀式が不調法に終われば、責任はすべて吉良上野介、彼自身が負わらなければならないのですよ。
この逆ネジ的怨恨は浅野内匠頭の浅慮と言わざるえません。
さらにいえばこのケースは喧嘩両成敗にあたらないと思います。
元禄の時代といえども、責任人者の業務上の叱責、指導が喧嘩に相当すわけがなく、そのように判断した方はほとんどいなかったのではないかと思います。

そして討ち入りは、単なるテロです。
許されないのは、漆黒の闇の中での乱闘となった為に無抵抗な屋敷内の使用人も被害に遭い落命したり、負傷したりしています。
これこそ当時の武士の精神規範である”武士道”に反しているのではないでしょうか。
さらに言えば、朝方炭小屋にいた吉良上野介を偶然にも発見でき、その首級を落とすことができたから、幕府もそれなりに遇したのでしょう。
もしこの僥倖がなければ、明け方このテロに気がついた隣家の通報で、幕府による四十七士への大捕り物が行われたのではないかと思いを巡らしています。
何れにしても、運があったのが赤穂浪士で運が無かったのは吉良家の面々だったと断じてよいのではないでしょうか?

赤穂浪士
ところで吉良亭から泉岳寺までの行程がわかりました。
四十七士は回向院前から竪川の一ツ目橋を渡り、隅田川に沿って、小名木川の万年橋から上の橋、中の橋、下の橋を通って、永代橋を渡り、霊岸島から稲荷橋、そして浅野家の旧屋敷の築地鉄砲洲を通り、汐留橋に出、日比谷から金杉橋、将監橋という道順で無事泉岳寺にたどり着いています。
距離にして約10km、時間は3時間と泉岳寺境内にある赤穂義士記念館のビデオが紹介していました。
四十七士たちは浅野内匠頭の墓がある泉岳寺をめざしますが、両国橋を渡ると武家屋敷が多いので武家に見つかってしまっては幕府に通報されるので、このような裏道を選んだそうですよ。

IMG_2085

IMG_2084
これは三井グループの懇親が行われる三井倶楽部です。
この隣にあるイタリア大使舘で大石主税良金ら十浪士の切腹が行われました。
内庭の池泉は往時そのままと伝えられています。
場所は綱坂の途中にあります、たまさかイタリア大使舘は改装中で外観が分からなかったため三井倶楽部をパチリしました。

赤穂義士記念館内に吉良上野介の首の受取状がありました。
吉良左兵衛内(上野介の養子の奥方のこと)の受取確認書の中には、泉岳寺の僧侶が届けて、家老左右田孫兵衛と斎藤宮内がこれを受領した旨の記載がありました。
この返還ですが、道義上正しい行為かと思います。
しかし厳寒の冬とはいえ、吉良上野介の首の匂いが厳しかったかったのではないかと邪推します。
幕末の志士、清川八郎が麻布四の橋で幕府の暗殺者佐佐木只三郎のだまし打ちで暗殺された時に、その友人が幕府の役人に強談判してその首だけを取り戻して清川八郎の自宅に届けています。しかしその首が発する悪臭で近隣から苦情が殺到し、その匂いを消すのに清川家およびその友人がものすごい苦労をしたという実話があったからです。
ちなみにこの返還された首は、吉良上野介胴体とつなぎ合わせられて、ねんごろに埋葬されたといいます。その首と胴体をつなぎ合わせたのが、当時の蘭学医である栗崎道有という医者でした。
歴史には意外性がありますね・・・


今日は冒頭の通り次男と一緒に行動していたので勢いランチはガッツリしたものとなりました。
今日のランチはロメスパ「バルボア」虎ノ門店さんです。

住所: 東京都港区虎ノ門1-16-2 岩尾ビル1F
電話:03-5510-6821
休日:土曜・日曜・祝日

IMG_2077
お店の外観です。

IMG_2083
店内の雰囲気です。

IMG_2078

IMG_2079
メニューです。

IMG_2080

IMG_2081
私のオーダー「塩バジリコ(350g)」@550円です。
トッピングは刻んだトマトです。豚の薄切り、玉ねぎ、小松菜と太麺を一緒に炒めてあります。
味ですか、意外とあっさりしていて食べやすかったですね。
しいていえば室町店よりパスタに対する加熱が弱かったので、パスタそのものがパリッとしていなく、焦げ目も今一つでした。ロメスパって火力の扱い方の巧拙で美味しさが決まるのですね。
でも美味しかったですよ。

IMG_2082
次男のオーダー「しょうゆアサリ(350g)」@550円です。
これは次男が絶賛していました。シンプルでありながらアサリの美味しさが充満していたとのことです。個人的にも塩バジリコよりはしょうゆアサリの方が数段上ですね。
これは美味しいです。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ