下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

司馬遼太郎

銀座 スパッソ リターンズ

今日は「『八重の桜』異聞」の話です。 
新島はアメリカに十年いました。基礎教課の学校を出てから、アーマスト大学(いま同志社と姉妹校になっています)に入り、ここを出てさらに神学校に入りました。 
その間、日本では急速に歴史が進みました。幕末の騒乱がおわり、明治国家がはじまったのです。明治七年(1874)、かれは、ヴァーモント州ラットランド市の伝道教会の年会で、演説者として指名された。 
新島は、日本で革命がおこなわれたことをのべ、 
「しかし、あたらしい国家は、大きな方針をまだみつけていない。わが同胞三千万の幸福は、物質文明の進歩や政治の改良によってもたらされるものではない」といったあと、「自分は日本においてキリスト教主義の大学をつくるつもりである。その資金が得られなければ日本に帰れない」とまでいいました。新島という人は、エキセントリックというより、自分で自分を責めてそのあげくに自分を鼓舞してしまうといったはげしい性格をもっています。 
それだけに、聴衆にあたえた感動は大きかったのでしょう。演説がおわるや、一人の紳士がたちあがって、千ドルの寄付を申しこみました。当時の千ドルというのは容易ならざる金額です。このひとは、Pater Parkerというお医者さんでした。場内、つぎつぎにたちあがって、たちまち5千ドルあまりの寄付があつまったといいます。大きなお金です。 新島が演壇をおりたとき、かれの前にまずしい服装の老農夫が近づいてきて、2ドルをさしだしました。かれのあり金ぜんぶでした。この2ドルはかれが家に帰るための汽車賃だったのです。歩いて帰るつもりだ、とかれはいいました。 
「明治という国家」司馬遼太郎著より転載

八重タン
新島穣さんっていえば2013年のNHKの大河ドラマ「八重の桜」の主人公新島八重さんのご主人ですね。私はほとんどTVを観ないのですが、唯一見ているがNHKの大河ドラマなのです。今年の「平清盛」は大滑りしましたが、この「八重の桜」の主人公の八重さんですか、「ならぬことはならぬのです」たとえ“悪妻”と呼ばれようが不義には生きない会津の頑固女の物語は今から楽しみにしています。

閑話休題おはなしはもどりまして
この話はいいですね。
私はクリスチャンでもないのですがこういう話は大感動してしまうのです。
またこの時代の息吹というものが大好きなのです。

明治時代ってこれが同じ日本人なのかと首をかしげてしまうくらい、この時代の人達のパラダイム(paradigm)って素晴らしいものだと思っています。
私は明治時代の人の精神の背骨になっているのが「武士道」だと思うのです。
「武士道」とは何かといえば「自律心」です。一度「諾」と言葉を発すれば、発した以上は命がけでその言葉を守ります。自分の名誉も命をかけても守ります。敵に対しては情(なさけ)をもち、さらには私心をもたないことです。

さらに言えば、その精神構造を作ってきたのが四民平等になるまでその存在があった武士でしょう。
とくに武士は読書を通して精神修養をし精神文化を高めていったので、今日のフリネタにでてくる新島穣のような熱い青年を生みだしたのだと思います。
日夜、日本の政治経済の低迷が新聞紙上をにぎわせています。
この時期今一度明治の頃の湧き上がるような息吹を思い起こして、物事を取り進めるべきではないかと思う今日この頃であります。


ロボット、人間、which is which?



IMG_3742

IMG_3741
今日は銀座に出没です。
今日は体がパスタを食べたい食べたいと訴えています。
こういう日はこのお店です。
今日のお店は、松坂屋の地下で行列ができるパスタ屋さん「パスタカフェ スパッソ」銀座店さんです。

住所: 東京都中央区銀座6-10-1 銀座松坂屋B1F
電話:03-5537-3001
定休日:不定休(銀座松坂屋の休館日に準ずる)

IMG_3746
お店の外観です。

IMG_3743
メニューです。

IMG_3744

IMG_3745
今日のオーダーはクリスマス限定メニュー「煮込みビーフのデミトマトソース(M)」@680円です。
待つこと8分で着皿です。
煮込みビーフが圧倒的存在感を示しています。
それでは実食です。
まずは主役の煮込みビーフの実食です。
フォークを軽く肉にいれるとホロホロって肉が崩れ落ちてきます。
すごく良く煮込まれていますネ。
味ですか程良い脂身が味覚神経を刺激します。
なな何て美味しいのでせう。
これはすごいですね。
逆にこれがトンガリすぎてデミトマトソースのパスタが顔色を失ってしまいました。
でも料理は総合芸術なのでこういうimbalanceもありなのではと思う今日この頃です。
でもこれで@680円とは、すごくお安くはないですか・・・

それでは(^_-)

続 神田 五指山

今日は「乃木将軍異聞」の話です。 
記者も印刷工も、口を揃へて乃木大将の悪口を言った。自殺それ自体を咎めたのではない。何もこんな忙しい日(明治天皇大葬の日)に死ななくたっていいのに、別の日に死んでくれればよかったのに、と罵ったのである。この意見の底には乃木の殉死に対する倫理的疑惑がわだかまつてゐたのかもしれない。とにかくあの殉死は新聞社内では評判が悪かった。 
みんなが口々に乃木を批判した。
若い植字工は、
「乃木大将は馬鹿だな」 
と大声で叫び、夕刊編集主任は、 
「本当に馬鹿だ。今夜死なないで、他の晩に死んでくれりゃいいんだ」
外交部長は言った。 
「もつと種のない時に死んでくれりや、どのくらゐ助かるかも知れないんだ。無駄なことをしたもんだな」
「全く助からない」
と若い職工長は言った。
【中略】
私はただ唖然として、新聞を下に置いた。昨夜乃木将軍を馬鹿だと言った社長のもとに極力罵倒した編集記者らの筆に依って起草され、職工殺しだと言った職工たちに活字に組まれ、とても助からないとこぼした校正係に依って校正され、そして出来上がったところは、「噫軍神乃木将軍」である。私はあまりに世の中の表裏をここに見せつけられたのであった。     
「双六で東海道」丸谷才一著より転載

これはメディアが歴史を作る一シーンですが、奇しくも上野動物園のジャイアントパンダ(ランラン)と同日に死んだため、翌朝の新聞のトップ記事は全てパンダであった三遊亭圓生さんとは大違いですね。

「坂の上の雲」で司馬遼太郎先生が精神主義者である乃木将軍は、高潔さや闘志でなく、兵器と兵站と作戦と国際広報が勝敗を決める身も蓋もない歴史的事業には不向きだったと断を下しています。
確かに203高地では第一回総攻撃で5,037人、第二回総攻撃で1,092人、第三回総攻撃で5,052人の兵隊を肉弾に変えたわけですので宜(うべ)なるかなではあるのです。
当然のことながら負傷者はこれの倍になっており、戦闘能力としは三個師団が全滅としたことに置き換えることができるのです。
司馬遼太郎先生は、203高地においてそれがすべて正面攻撃の力攻めで、はなはだ芸がなく、乃木将軍と第三軍の伊地知参謀長は全く頭脳に柔軟さを欠いていて無能だとしています。
さらにそれに気づかず、たとえ気づいたにしても、悲劇を「自分の美的世界に組み入れ」その主人公として憂鬱の中に安らぐ乃木将軍を唾棄する気配が濃厚にあります。

しかしこれに対して福田恒存先生は「乃木将軍と旅順攻略戦」にて、誰がやってもそうなったはずのことを、乃木・伊地知の「無能」に帰するのは酷だ、戦後に完成した精密な図面をにらみながら当時の作戦批評を行うのは「後知恵」にすぎず、アンフェアであるとしております。

でも乃木将軍の旧友児玉源太郎満州軍総参謀長は旅順に突如あらわれ乃木将軍よりの指揮権借用という離れ技で指揮をとり、あっという間に203高地を落として陥落させてそそくさと原職務に復帰しています。
従って福田恒存先生の説はなかなか受けいれにくいところでもあります。

乃木将軍は自刃の当日、奥様には自刃にはつきあわなくてもよいと言い渡したのですが、明治の倫理観からして奥様は乃木将軍の単独自裁を受け容れることはできず、いきおい共に自刃する道を選んだわけであり、これまた乃木的美意識の帰結に準じたのです。
かつて私は、旧乃木希典邸にて乃木夫妻が自刃した部屋をみました。
私が訪れた日は、木枯らしが吹き荒れており、ガタガタと震える薄い板硝子の悲鳴に乃木夫婦の寂寞たる情愛を重ねて合せていたのでした。


JFL Hidden Camera Pranks & Gags: Canadian Crocodile Attack



IMG_0264
今日は東京駅6時始発の新幹線で奈良に行き打合せをして午後一番には東京にとんぼ返りするという身体に優しい半日でした。
寝不足のためか、妙に身体がけだるく、しゃきっとしようと訪れたのが、アヒアヒの四川料理店「五指山」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-9-10 光間正ビル 1F
電話:03-3292-0080
定休日:日曜日、突然休が得意

IMG_0257
お店の外観です。

IMG_0258
ランチメニューです。

IMG_0259
ディナーメニューです。

IMG_0260

IMG_0262
本日のオーダー「麻辣湯麺(タンタンメン)+小ライス」@900円です。
待つこと10分で着丼です。
見た目色鮮やかな濃厚なゾル麺です。
挽肉が盛られており、花椒(ホワジャオ)が振りかけられています。
トッピングは青梗菜が2本のっています。
それでは実食です。
スープは濃厚な胡麻、ココナッツのゾロ系スープです。
お約束の熱々は守られています。
花椒(ホワジャオ)は量が少ない為それ程きつくはありません。
ほのかな野菜の甘みと酸味が感じられます。
麺はユルユルの細麺です。
これは胡麻のドロドロ麺ですね。
あまりにコッテリしているので麺だけですと飽きてきます。
従ってライスに掛けて食べる方が合います。
アヒアヒ系を期待していくのであれば「麻婆土鍋ご飯」@900円をお奨めします。
なんか期待を裏切られた様な感もありますが、セサミンが豊富なので元気が出てきたような気になりました.

それでは(^_-)

続 燕三条 小島屋総本店 県央店

今日は「巌流島決闘」の話です。
宮本武蔵と佐佐木小次郎との「巌流島の決闘」は宮本武蔵の一太刀で雌雄を決しましたがこの勝因は何だったのでしょうか。
1612年(慶長17年)5月13日、実力伯仲の佐々木小次郎との、巌流島での戦いでは、武蔵が燕返しの刃渡り3尺1寸(94cm)の刀に対して、4尺2寸(1m27cm)の「木太刀(きだち)」を武器としたことが最大の勝因です。武蔵はその武器を木太刀(きだち)で作ろうとして、鉋(かんな)、鋸(のこぎり)を使って古びた櫂を削りだしたのです。結果この工作のために決闘の時間に遅れたのですが、兵法家の武蔵としては織り込み済みの遅延です。
一方の小次郎は武蔵が二刀流で打ち向かってくるものと確信しており、二刀の場合、長剣のほうはあまり長くてはあつかいに困ります。よって小次郎は自分の長剣の方が有利という自ら作った陥穽(かんせい)にはまっていったのです。結果この33cmの差によって小次郎は脳天を砕かれ、武蔵はむこう鉢巻の結び目が切れただけで終わったのです。
実際の戦いの場では武蔵は最後の最後まで、「木太刀(きだち)」の長さを小次郎に悟られないように、背の後ろに斜めに構えて対戦に望み、小次郎のほうは、物干し竿と呼び名される自分の長い武器を信頼し、武蔵の所持する武器について長さを判断せずに、最後まで確認することなく戦ったために負けたのです。
「宮本武蔵」司馬遼太郎著より転載
武蔵の勝因は意図的な遅れは勿論ですが、なぜ鞘を捨てる、という声かけ心理作戦も奏功したのはいうまでもありあません。また現場をよく下見をして、干満の砂地の状態・太陽の位置・海に反射する陽光などを調べたことなどの環境分析も勝利に貢献したのです。
生涯に試合うこと六十余度、勝利を得ざることなし---剣の道を極めた武蔵、この巌流島においても今迄の戦歴のdatabaseが活かされています、さすがですね。

小島屋総本店1
今日は新潟は燕三条に出張です。
今日のお店はへぎそば名店の「小島屋総本店」県央店さんです。

住所: 新潟県燕市井土巻3-65
:0256-66-3003
休日:不明


小島屋総本店22
お店の外観です。

小島屋総本店23
店内の雰囲気です。

小島屋総本店24
「へぎ」の語源です。

小島屋総本店27
ゴマを擂(す)ってツケ汁に入れます。

小島屋総本店25

小島屋総本店26
今日のオーダーは「へぎそば」@735です。
良く冷えてedgeのきいた蕎麦です、さすが本場の味ですね。
石臼挽きによる製粉ですが、あまり蕎麦の香りは強くないものの口当たりよく結構でした。
美味しゅうございました、ご馳走様でした

それでは(^_-)

月島 あざみ

今日は「誰がお父さん?」の話です。
種の不厳密性について司馬遼太郎先生は自著「司馬遼太郎が考えたこと」で以下のように述べられています。
娘をもっている親で、若衆が夜這いに来ないようなことなら、親のほうがそのこと を苦にした」ということを高知の西の端の中村で、土地の教育関係の人からきいた。 熊野の山村で、「複数の若衆が行っていて、もし娘さんが妊娠したりするとどうなる のですか」ときいてみたことがある。故老はおだやかな表情で、「そういうときは娘 に指名権があるのです」といった。故老によれば、たれのたねであるかは問題ない、たれもが村の若衆である、たねがたれのものであっても似たようなものだ、という思想が基底にある。娘は、自分の好きな感じの、あるいは将来を安定させてくれそうな若者を、恣意的に指名すればよい。
「司馬遼太郎が考えたこと(南方古俗と西郷の乱)」司馬遼太郎著より転載
このようなことは北方アジアの遊牧民族には決してありえないようです。かれらには骨の信仰がありました。男のたねが子供の骨を作ると信じ、骨が子々孫々へ相続していくと信じていたのです。そういう意味で少なくとも西日本の農村漁村は南方的だと述べています。
このような風習(若衆組)が特に色濃く残っていたのは、鹿児島県、高知県、和歌山県熊野地方のようです。高知県といえば坂本龍馬ですが、彼も夜這いには良く参加していたようですよ、なんとも微笑ましいものですね。
しかし娘さんに夫の選択権があるとか、どうなんでしょうか個人的には女性有利な制度と思っています・・・

相変わらず仕事が忙しくここのところセブンイレブンでおまけにサンデー毎日という日々です。しかし忙中閑ありですか、なんとかblogを続けております、ハイ。
あざみ1
ところでこの女性電車の中で爆睡し完璧に私を枕代わりにしています。こういうとき他の人達はどのように対処するのでしょうか?
1. 迷惑なことをつげて起こす。
2. 触れ合っている部位を駆使してその人の体を起こす。
3. 他の席に移動する。
4. 仕方ないので枕になってやる
皆さん、何処(いずこ)も過剰労働のようでお疲れ様ですweep

ここのところ蒸し暑いですね、ということでサッパリしたものが食べたくてこのお店の暖簾をくぐりました。今日のお店は月島「あざみ」さんです。

住所: 東京都中央区月島4丁目10−11
:03-5560-9347
定休日:日曜日

あざみ2
お店の外観です。

あざみ3
店内の雰囲気です。意外に中が広いのでビックリです。初見参ですが、偶然にも業界の知り合いがいて、昼間だというのに生ビールをガンガンやっていました。
私もつられて頼もうとしたのですが・・・夜の楽しみ、楽しみ(笑)

あざみ4
今日のオーダー「稲庭冷やし五目うどん」@850です。
厨房から聞こえる小気味よい包丁の音、ここの板前さんかなりの腕と拝察しました。
それでは実食です。トッピングは細切ハム、錦糸玉子、ワカメ、大葉、紫蘇、胡瓜、葱、紅生姜の面々です。
麺は腰があって美味しいですが、もう少し冷えていたほうが良かったのでは思います。
出汁(だし)もいいですね。しかしほんの少しのコンタミ(野菜のエグミ)が出汁(だし)に入っており、画竜点睛(がりょうてんせい)を欠くとまでは申しませんが残念でした、ハイ。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ