下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

原爆投下

住吉 ラ・ボーディチッタ

今日は「原爆投下」です。
6145_l
「日本の女性や子供たちへの慈悲の思いは私にもある。人々を皆殺しにしてしまったことを後悔している」
(トルーマンの手紙8月9日)
このナレーションで始まる「決断なき原爆投下-米大統領71年目の真実-」NHKスペシャルを観ていました。
7月に広島原爆記念館に行ってから、なんで日本に原爆が投下されたのか、を考え始めました。
9781878668417
原爆投下の理由は諸説あります。
今までの主流の考えは、仮に米軍が本土上陸した場合は、100万人規模の日本国民が亡くなるのだけれど、2発の原爆投下では20万人の犠牲者ですんだ、というものでした。
その一方で、原爆投下で大勢の日本人が亡くなったが、何千人もの米兵が救われた、と語る退役軍人がいるように、まさに戦争の光と影なのであります。
この様な説もあります。
1945年7月25日、日本本土への原爆投下命令がだされ、その翌日26日に日本への降伏勧告のポツダム宣言が公表されたのです。
降服目前の死に体の日本に原爆投下したのは、マンハッタン計画の指揮官のグローブス准将が専断で作成した指示書だったのです。と申しますのは、この原爆投下命令書には大統領の署名はありませんでした。
即ち、原爆投下は、都市無差別爆撃の是非の検討も加えることなく遂行されたのです。
原爆投下の非人道性が明らかになった為に、この投下の是非が議論されたのは、はるか戦後になってからであります。

個人的には、原爆開発にはオッペンハイマー(ドイツ・ユダヤ系)、シラード,フェルミなど亡命科学者は言うは及ばず、軍人公務員など6万人が参加し予算総額20億ドル(2004年換算200億ドル≒2兆円)をも投入したものですから、それの説明責任だと思います。
当時の米国は軍事費が枯渇してきて、戦争プロバガンダ映画で国威高揚を喚起して、国債を売って戦費に充てていました。そんな中で2兆円の国家予算を投じたのに、それの効果測定をしなければグローブス准将は、国内右翼の憤怒の銃弾によって倒れていたでしょう。
1945年7月16日にニューメキシコ州で世界初の原爆実験が成功しました。
この原爆実験の成功で日本への投下が現実のものとなったのです。
日本ではすでに多くの都市が空襲で焼け野原となり上述の通り降伏は間近とみられていました。
グローブス准将は戦争が終わる前に原爆を使わなければならないと焦っていたのでしょう。
だから専断で落としたのです。

8月10日にトルーマンは全閣僚を集め、これ以上の原爆投下を中止する決断を伝えました。
トルーマンは、この場で「新たに10万人、特に子どもたちを殺すのは考えただけでも恐ろしい」と発言しました。
すでに3発目の準備をしていたグローブスですが、この大統領の決断には従うしかありませんでした。
これを受けて「3発目の準備を中止させた。大統領の新たな命令がない限り投下はできなくなった」とグローブス准将は、自らの忸怩たる気持ちを述べていました。

いずれにしても3発目の投下がなかったことは良かったのですが、戦争は誰しもの道義的脊髄(モラル・バックボーン)を欠損させることは自明の理です。
だから不毛なのです。
従いまして、あまり戦争ネタは書きたくありません。
書いた後に、胸の中に瓦礫が詰まったような不快な気持ちになり、しばらくその固まりが体内に固着するからです。


トト姉ちゃん「ワタシは酔わない」フルバージョン


今日は住吉に出没です。
IMG_4800
今日のお店は下町イタリアの名店「La Bodhi Citta (ラ・ボーディチッタ)」さんです。

住所: 東京都江東区住吉2-22-8
電話:03-5600-8456
定休日:月曜日

IMG_4789
お店の外観です。

IMG_4799

IMG_4792
店内の雰囲気です。

IMG_4790
メニューです。

今日のオーダー「パスタケーキセット」@980円です。

IMG_4791
席に座るやいなやテーブルセットが用意されました。

待つこと2分で「サラダ」の到着です。
IMG_4793
これはトマト甘しです。
醤油系の和風ドレッシングはこのトマトの甘さを際立させています。

待つこと7分で「パン」の到着です。
IMG_4794
かるくトーストしてあります。
このようなバターでトーストをいただきますと小学校の給食を思い出します。
懐かしい味です。

待つこと9分でパスタ(ベーコンと野菜のトマトソース)の到着です。
IMG_4795
まろやかなトマトソース味です。
うまく纏めています。
美味しいです。

デザートの「チョコレートケーキ」です。
IMG_4796
こういうのってB級ケーキとでもいうのでしょう。
甘さ控えめで私の好きな味です。

これで@920円ですか「コスパ良し」ですね。
さすがに下町イタリアンの名店の名に恥じませんね。
今度はディナーを食べにきましょう・・・

それでは(^_-)

勝どき ガーデンベイ晴海

今日は「戦争中秘話」の話です。 
戦争中には色々な秘話があったそうで、興味があったものを記してみました。

◆広島原爆投下
ロンドン発のBBC放送を中継したニューデリー放送が「米国は8月6日に広島に原爆を投下することを計画した模様です。投下地点では全てのものが焼き払われるでしょう」という内容を8月3日から5日までの3日間、一日三回、日本語で繰り返したそうです。
8月1日には、中波のサイパン放送では「8月5日に特殊爆弾で広島を攻撃するから、非戦闘員は非難しなさい」とのアナウンスが、繰り返し放送されたそうです。
広島ではアメリカが飛行機からビラを撒き、そのビラには「近々、広島に大きな土産を持っていくから、楽しみに待っていたまえ」と書かれていたそうです。これを受けて、広島の第二総軍では、日系二世の女子を20人程集めて国内外の放送の傍受にあたらせていたそうです。

これだけの予告情報を入手しながら、大本営は手をこまねいていたわけですね。
もともと情報とは軍事色の強い用語で語源は中国ではなく日本です。「敵情の報知」とか「敵情の報告」が短縮されたものです。
それなのに、日本の大本営はこの情報を無視したのです。歴史にIFはないのですが、もし民間人だけでも避難せていたらと思うところであります。

◆浅草のポスター
銀座線浅草駅の入り口のポスターには「ぜいたくは敵だ」というポスターが貼ってあったそうです。そこに心ある下町っ子が、「ぜいたくはス敵だ」と書き加えたそうです。
流石、下町っ子!

◆千人針
「兵隊さんは命がけ、銃後の私は襷がけ」という標語のもとに、国防婦人会の婦人達が千人針を作ってくれたそうです。しかし戦地の兵隊さんはこの心づくしの贈り物を喜んでいなかったようです。実は千人針の布が蚤やシラミの巣になったからです。笑えない話であります。
他の贈り物では、5銭や10銭硬貨をちりばめた布があったそうです。
「5銭」は「死線(4銭)」を超え、「10銭」は「苦戦(9銭)」を乗り越えるという意味があったようです。

◆初年兵
「貴様、ボケっとして何を考えとる!」
「いろんなことであります」
「いろんな事って、何だ!」
「いろ〜んな、ことであります」
「だから何だといっとるんだ!」
「イロオンナ、のことであります」
このくらいの余裕がありませんと、初年兵さんは軍隊でつぶれてしまうのでしょうね・・・
参考文献「秘話陸軍登戸研究所の青春」新多昭二著


Jesus Walks On Water



IMG_0185
今日は勝どきに出没です。
今日のお店は「ガーデン晴海〜ワイン&ドラマチックレストラン〜」さんです。
このお店で、一度イギリス人と日本国を代表してワインの飲み比べをしたことがあります。
なんとか勝利をもぎ取ったのですが、次の朝に表現し難いほどの酷いワインの二日酔を体感しました。

住所: 中央区晴海1-8-16 晴海トリトンスクエア1F
電話:03-5547-0561
定休日:無休

IMG_0175
お店の外観です。

IMG_0179
ランチメニューです。

IMG_0177

IMG_0180

IMG_0184
本日のオーダー「バジルライス(サラダ・スープ付)」@900円です。
待つこと7分で着皿です。
見た目、美バジル皿です。しかしこの量は女性用では・・・
私はこの量で充分ですが、若い男性には物足りないのではと思います。
味ですか、意外や意外、バジルソースが美味しいですネ。
レンズ豆も美味しいです。それがトロトロの温泉卵の卵黄と混じり合うとえも言われぬ味です。
これはイケますネ、この料理はマイルド感が際立っていてとても美味しい。
もしこのお皿の量で物足りない方は、斜め前にあるMacで補食してください???

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ