下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

原爆ドーム

Good bye 2016❣

今日は「Wishing you all the best for 2017❣」です。
2016年も後残すところ16時間になりました。
まさに「光陰矢の如し」であります。
今年を振り返えってみましたら、今年もよく旅行をしていました。
そこでオムニバスですがこの一年間を紹介して今年を締めさせていただきます。

無題1

7e7f1dffdfcdf02f7

無題

e99fe8dd-s
英語がしゃべれないので海外旅行をヘジっていた奥様ですが、なぜか「台湾に行きタイワン」という事となり台湾に行きました。台湾は、Tourist-friendlyの国で沢山の良い思い出ができました。

無題2

無題3
奥様はもう行かないと言っていたのに19回目の春の京都に行きました。
今年の桜はきれいでした。

IMG_4359

IMG_4371

IMG_4515

IMG_4519

13912429_1

13876202_10
倉敷、尾道、安芸の宮島、広島原爆ドームに行きました。
原爆の惨劇には心が痛みました。
NO MORE WAR❣であります。
原爆の日に海外のSNSの友人に宛てたメールを紹介します。
その日の私の心象風景であります。
あまりウマい英語ではないのですが、意味は通じていたようです・・・
While Japanese war situation was predominantly disadvantageous, United States of America had three options as second word war ended.
1. Japan’s mainland landing operation.
2. Request the Soviet Union to join them to end this war.
3. A guarantee of continuation of the Emperor system over Japan.
Under this circumstance, if they can end this war by using the atomic bomb, they limit the chance of the Soviet Union spreading after the war.
And they can justify a massive amount of atomic bomb’s development expenses for the country.
What defined Hiroshima as the first aim, was because they thought that there were no the prisoners' camp among aimed cities (Hiroshima, Kokura, Niigata, and Nagasaki).
As a result, the holy lives of approximately 140,000 people were lost by the end of December, 1945.
70 years passed and atomic bombs victims’ include people from third and fourth generation in Hiroshima. And it is difficult to perpetuate memories regarding this event.
Particularly, young persons tend to tell that they do not understand meaning of the war, including atomic bomb.I believe we have to pass down the memory of bomb victims who took great pain for the next generations.
It would protect us from nuclear calamity.

日本の戦況が圧倒的に不利な中、アメリカは戦争終結手段として、日本本土上陸作戦、ソ連への対日参戦の要請、天皇制存続の保証、原爆の使用という選択肢がありました。
こうした状況の下、原爆投下により戦争を終結する事ができれば、戦後ソ連の影響力が広がるのを避けられ、また膨大な経費を使った原爆開発を国内向けに正当化できるとも考えたのだそうです。
広島を第一目標としたのは、目標都市(広島、小倉、新潟、長崎)の中で唯一、連合国軍の捕虜収容所がないと思ったためです。
いずれにしても1945年12月末までに約14万人の尊い命が失われたのです。
戦後70年経て、当地広島でも被爆者の方々も第三世代から第四世代に入り、戦争そのものが風化しています。
特に若い人からは、原爆のこと、戦争のことはわからない、との発言が多くなっています。
個人的には非常な苦痛を被った被爆者達の記憶を後世に伝える事が、核の破滅から私たちを守ってくれる事だと信じています。

14102728_10

14089160_
夏には伊豆に泳ぎに行き、宿泊したホテルで疑似食中毒となり散々な目にあいました。
プールで死ぬほど泳ごうという事になっていたのですがわずか100Mしか泳げず、大ショックを受けました。

IMG_6267

IMG_6357

IMG_6546

15232209_

15203154_

IMG_6540
秋には神戸と20回目の京都に行きました。
京都には伊藤若冲展を観にいったのですが、その筆致の素晴らしさには感動しました。

IMG_6738 - コピー
年末には家族が増えました。
今年はこれが最大の快事であります。
家族が増えるのはうれしい事です。

IMG_0268
個人的にはよく勉強しました。
ある国家資格を取ろうと刻苦奮闘の努力をしました。
来年はそのXデイがやってきます。
さらに精進しましょう。
いよいよそれなりの年が近づいてきました。
人生の最終章は、奥深く、味わいにあふれ且精神的に贅沢な生活になろうかと思います。
いまだに未開の地平を開拓していくような、そんな意気込みで新年を迎えようと思います。

15542408_
Wishing you all the best for 2017❣ 
2017年が皆様にとって最善の1年になりますように祈っております。
よいお年をお迎えください。
来年もよろしくお願い致します。

Good bye 2016❣

広島 むすび むさし

今日は「センチメンタルジャーニー 其の四」です。
今回の旅行の地は大学の頃、友人と行った観光名所なのですが、休憩してはちょっと飲み、休憩してはちょっと飲みで、旅行しましたという思い出は残ったものの、ほとんど酔っていて記憶に残っておりませんでした。
そこで今回はそのリベンジということで奥様を誘い「安芸の宮島・厳島神社と原爆ドームと平和記念公園二日間」という旅行に参加しました。
今日は二日目です。
今日は平和記念公園です。
ここは二回目の見参です。
しか〜し前回の時、原爆ドームは改修中でしたので、ただ車で通る時にその存在を確認しただけです。
宜しかったらお付き合いください。

#原爆ドーム
IMG_4540

IMG_4533
原爆ドームは、1945年(昭和20年)8月6日、爆心地からわずか160メートルの至近距離で被爆しました。
ほぼ真上から爆風が到達したため、建物の壁の一部は崩壊を免れたそうです。
原爆炸裂後の1秒以内には3階建ての本体部分がほぼ全壊、という凄まじい威力を物語っています。
ドームが全壊しなかったのは、衝撃波を受けた方向が真上だったことの他に、窓が多いために爆風が窓から吹き抜けた、ドーム部分の構成材が銅板であった事等の要因が重なったことが理由に挙げられています。
補足しますと、銅は鉄に比べて融点が低いため、爆風到達前の熱線により屋根が融解し、爆風が通過しやすくなったようです。
しか〜し建物内で勤務していた内務省(建設省)職員ら約30名は、爆発に伴う大量放射線被曝や熱線・爆風により全員即死したと推定されています。
実は非常識なのですが、私はこのドームに入場ができて、中に資料館があると今日の今日まで思っていたのです。今回の来広で自らの不明が正されて良かったと思っています。

#千羽鶴
IMG_4537

IMG_4536
爆心地から北方約2キロメートルの広島市内三篠町の自宅 で2歳のとき被爆した広島の小学6年生の少女佐々木禎子さんは、1955年2月に急性リンパ腺白血病と診断されて、広島赤十字病院に入院しました。
その禎子さんは、千羽鶴を折れば、願いが届くと祈りながら鶴を折り始めましたが、願いもむなしく55年10月25日原爆症で12歳の人生を閉じました。
禎子さんは644枚を折りあげて亡くなり、残りの356枚は彼女の同級生によって折られ、彼女と一緒に埋葬されました。
IMG_4578
爾後、多くの方が千羽鶴を折り「原爆の子の像」に自由に捧げることができるようになったようです。
一時期その千羽鶴は焼却処理をされていたのですが、現在では再生紙(絵葉書)として利用されています。

#平和の火
IMG_4541
水を求めてやまなかった犠牲者を慰め、核兵器廃絶と世界恒久平和を希求するために作られました。
台座は、手首を合わせ、手のひらを大空にひろげた形を表現しているそうです。
ちなみにこの炎は、世界中から原爆が無くなった日に消えることになっています。
世界の国から核爆弾が無くなる日はいつでしょうか・・・

#原爆死没者慰霊碑
IMG_4542

IMG_4543
世界最初の原子爆弾によって壊滅した広島市を、平和都市として再建することを念願して建立されたこの碑は、東京大学教授(当時)丹下健三さんが設計したものです。
原爆犠牲者の霊を雨露から守りたいという気持ちから、屋根の部分がはにわの家型をしています。
碑には、「安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから」という碑文がきざまれており、中央の石室には、国内外を問わず、亡くなった原爆被爆者の名前を記帳した原爆死没者名簿が納められています。
名簿は関係者の申し出により書き加えられ、平成27年(2015年)8月6日現在で、109冊(297,684人の名前が記帳された108冊と「氏名不詳者多数」と記された1冊)になっています。
cached
2016年5月27日、オバマ大統領が、現職米大統領として初めて被爆地・広島を訪問しました。
平和記念資料館を見学した後に原爆死没者慰霊碑に献花されました。当初の予定では数分と言われていたにもかかわらず、17分に渡って語られたその素晴らしいスピーチは、私たちの心を強く揺さぶりました。
そして被爆者の森重昭さんをしっかりと抱き寄せたシーンは、多くの人の 胸を打ち、思わず涙してしまった人も多かった事でしょう。

#広島平和記念資料館
IMG_4544

IMG_4546

IMG_4547

IMG_4555

IMG_4553
広島平和記念資料館は、原子爆弾による被害の実相を世界中の人々に伝え、ヒロシマの心である核兵器廃絶と世界恒久平和の実現に寄与することを目的に、1955年(昭和30年)に開館したのです。
1945年(昭和20年)8月6日午前8時15分、広島は世界で初めて原子爆弾による被害を受けました。
まちはほとんどが破壊され、多くの人々の生命が奪われました。
かろうじて生き残った人も、心と体に大きな痛手を受け、多くの被爆者が今なお苦しんでいます。
平和記念資料館は、東館・本館からなり、被爆者の遺品や被爆の惨状を示す写真や資料を収集・展示するとともに、広島の被爆前後の歩みや核時代の状況などについて紹介しています。
実はここも始めてだったのです。
時間の関係で中はじっくりと見られなかったのですが雰囲気だけで心が押しつぶされました。

IMG_4549

IMG_4548

IMG_4551
爆心地です。

IMG_4554
この画像はガイドさんが是非見てくれといったものです。
これは朝炊いたご飯が熱風によって炭化したものです。

IMG_4558

IMG_4562

IMG_4557
オバマ大統領のメッセージと自らが折った千羽鶴です。
私はガイドさんに、オバマ大統領のスピーチは素晴らしかったが広島に対する謝罪がない、と申しましたら、アメリカの大統領ですからあそこまでがギリギリだったのでしょう。
広島市民としては、アメリカが広島原爆投下に対してしっかりと向き合ってくれただけで由としますよ、と優しく答えていたのが意外でした。

IMG_4556
1955年(昭和30年)には丹下健三さんの設計による広島平和記念公園(平和公園)が完成しました。
この公園は、原爆ドームを北の起点として平和の火・原爆死没者慰霊碑・広島平和記念資料館が南北方向に一直線上に位置するよう設計されており、原爆ドームをシンボルとして際立たせる意図があったようです。

日本の戦況が圧倒的に不利な中、アメリカは戦争終結手段として、日本本土上陸作戦、ソ連への対日参戦の要請、天皇制存続の保証、原爆の使用という選択肢がありました。
こうした状況の下、原爆投下により戦争を終結する事ができれば、戦後ソ連の影響力が広がるのを避けられ、また膨大な経費を使った原爆開発を国内向けに正当化できるとも考えたのだそうです。
広島を第一目標としたのは、目標都市(広島、小倉、新潟、長崎)の中で唯一、連合国軍の捕虜収容所がないと思ったためです。
いずれにしても1945年12月末までに約14万人の尊い命が失われたのです。
戦後70年経て、当地広島でも被爆者の方々も第三世代から第四世代に入り、戦争そのものが風化しています。
特に若い人からは、原爆のこと、戦争のことはわからない、との発言が多くなっています。
個人的には非常な苦痛を被った被爆者達の記憶を後世に伝える事が、核の破滅から私たちを守ってくれる事だと信じています。
人類の過去の記録に向き合う事で、未来が広がる事を祈りましょう。
そしてある被爆者の方が言われていた、辛い時には笑顔でふるまうのだ、が心に深く突き刺さりました・・・
最後に亡くなれた無辜(むこ)の被爆者の方々に合掌・・・


一応B級グルメブログなので食べ物の話を・・・
IMG_4565

IMG_4566
平和記念公園を後にしました私たちは一路広島駅に向かいました。
そこでお弁当とお土産を買いました。
今日のお店は「むすび むさし」新幹線店さんです。

住所: 広島県広島市南区松原町1-2 広島新幹線名店街
電話:082-261-0634
定休日:無休

original
お店の外観です。

今回のお弁当は「清盛むすび」@1,000円です。
IMG_4573

IMG_4574
ご飯は銀シャリの大きなむすびが2つ入っています。
おかずには煮物や揚げ物、酢の物が入っています。
そしてなんと広島名物「もみじ饅頭」が入っていいます。
小鰯の天ぷらや、定番の蓮根の煮物、濃い味付けのこんにゃく等定番のメニューも入っていて充実度満載です。
味ですか、小鰯の天ぷらが魚臭くていけません。
名物の銀シャリの大きなむすびは美味しいですね。
個人的には小鰯の天ぷらの代わりに唐揚げにすればよかったのにと思いました。
まぁ、広島名物じゃけん、食べてきんさい的な観光名物的お弁当でしょう。
まずまずのお味でしたよ(笑)
広島一のお弁当を食べられてプチ満足でした。

IMG_4570
ということで広島からは最終の新幹線に乗り、帰宅したのは0時近くでした。
今回は私の思い出巡り旅でしたが期待をはるかに超えたものでした。
特に今まで広島平和記念公園に行ってなかったのは、私のモラル・バックボーン(道義的脊髄)を脆弱にしていました。今回の旅行で私の長年の宿痾(しゅくあ)が寛解(かんかい)したような気持ちになりました・・・

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ